20191021-00010001-realspo-000-4-view[1]

スポンサード リンク




日本ではまだ“タトゥー”に対してネガティブな感情を抱く人が多い現状がある。

ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場する各国の選手たちに対して、ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーより日本では“タトゥー”を隠すよう指示があったという。「日本の文化を尊重する」と選手側から反発する意見はほとんど出なかった中、日本では賛否両論さまざまな意見が飛び交った。

海外のクラブで4シーズン目を過ごす日本代表選手でありながら、タトゥーが理由で日本では「個人スポンサーはまずつかないでしょうね」と言い切る小林祐希は、どのような想いで体にタトゥーを刻み、そしてタトゥーとともに生きる現在をどう感じているのだろうか?

◆「日本だとタトゥーは受け入れられないからダメ」

――タトゥーを入れたきっかけを教えてください。

小林 もともとタトゥーに興味はあって。ロサンゼルスに住んでいるHIROさんというアーティストの方がいて、「タトゥー入れたいです。入れたい内容ももう決まっているんです」って話してたんですけど、「日本だとタトゥーは受け入れられないからダメ。お前のことは好きだからお前には入れない」と2年くらい断わられていたんです。「なんでだよ。自分が入れたいんだからいいじゃん!」って思っていたんですけど。「じゃあ、HIROさん、俺が家まで訪ねたらやってくれますか?」って聞いたら、「来ちゃったら考えるよ」って言われたから、本当に家まで行ったんですよ。住所を聞いて、この日に行くんでって。そしたら、やるしかないなってことになって、デザインを考えてもらいました。

――それはいつ頃ですか?

小林 23歳の時ですね。まだジュビロ(磐田)でJ2の時です。まず家族の名前を一番最初に入れました。妹2人とお母さんの名前をデザインしてもらって。実は親父がすごく厳しい人で、親父には何も言わずにタトゥーを入れて帰ったんですけど。

――お父さんの名前は入れてないんですよね?

小林 そう。そしたら電話がかかってきて、絶対怒られる……と思ったら、「なんで俺の名前が入ってないんだよ」って言われたんです(笑)。

――タトゥーを入れたことは怒られなかったのですか?

小林 入れたことは怒られなくて(笑)。親父の名前も入れる内容が決まっていたので、次の年に反対側の腕に親父の名前を入れたんですよ。そうやって意味のあるものがちょっとずつ増えていきました。その時の自分の信条とか感情とかを、刻んで。

◆自己満足ではない。いろんな人の想いが詰まっている

――そういう周りの人たちの想いを背負って戦うという意味で、タトゥーの文化って世界中で愛されているわけですよね。日本の場合は入れ墨と結びついたイメージがあったけれど、それを変えていく必要がありますよね。

小林 そうですね。実際今自分が彫っているタトゥーで、自分に対する自分の想いみたいなものは一個くらいしかなくて、あとは全部“人”のことなんですよ。だから、ただの自己満足で入れているのではなくて、いろんな人の想いが詰まっているんです。

――さすがに付き合っている女性の名前とかはないですよね? よく、ヨーロッパの選手がそれをやって、別れたあと、気まずい感じになっちゃってますが(笑)。

小林 それはない(笑)。それは絶対やらないです(笑)。

――自分自身の想いのメッセージはどのようなものがありますか?

小林 「自分の人生は自分で決める」とか「自分のメソッドをつくる」という意味を持つ好きな言葉「OWN」は、オランダに着いた日に入れました。日付も、オランダにいた期間。唯一ここだけ文字で、他はできるだけ柄のデザインで表現したくて。

――お母さんと妹さんのタトゥーは?

小林 これは、ひらがなをデザインしてもらいました。親父は「タクヤ」という名前なんですけど、“開拓”の拓なので、開拓をイメージするツルハシのイラストを使って、父という漢字にして、巳年なので蛇のマークを入れました。というふうに、一個一個意味があって。

 実は背中にも大きく入ってるんですよ。これは鏡に映らないと読めないんです。鏡文字になっていて。「愛・感謝・縁・楽しむ・挑戦・道」と自分の好きな文字を並べて。これらの文字は信念でもあるから、自分の中心の背骨に入れました。これは名古屋で出会った書家の先生がいて、その人が鏡文字としてこのまま書いてくれたんですよ。そういう人の想いとかも詰まっているんです。

◆代表へ行ったら長袖を着ないといけない

――最初は止められて、入れてから3年くらい経ちましたが、実際ネガティブなこともあるのですか?
小林 いや、相当ありますよ。代表へ行ったら長袖を着ないといけないし、日本で経営者や目上の人と会う時は夏でも長袖にジャケット着ていくし、出せない場面もたくさんあるので、ネガティブというか不便な点はあります。けど、それが俺なので、ありのままに受け入れてもらって、あとは中身を知ってもらうしかないなと。

――そういう文化を変えていきたいという思いはあるのですか?

小林 変えていきたいというよりも、そういう人もいるよってくらいでいいんですけど。受け入れられない人は受け入れられないと思うので、無理に受け入れてくれとは言わないです。そういう人もいるんだなくらいの感覚で見ていてくれれば。

――逆にいうと、なんで受け入れられないのでしょうか?

小林 それはそれぞれの人の考え方なので。日本でもだいぶ今の若い人たちはタトゥーに対する抵抗は薄れてきましたけど、上の人たちはまだ違った考え方があると思うので。

――日本と海外のギャップでいうと、ヨーロッパのチームメートやファンは小林選手のタトゥーを見てどういう反応ですか?

小林 「Fuck’n cool!!(めっちゃいいね!)」って言われますよ。特に背中の漢字を見て、そんなの初めて見たって。

――日本人から見てもかっこいいですもんね。

小林 海外の人に、俺のイメージを漢字で書いてくれと言われたりもします。やっぱり日本人とヨーロッパの人の考え方はまったく違うので。

 あと、スポンサー絡みになると出せないとかが多いです。別に悪い人間ではないのに、タトゥーによって企業イメージが悪くなってしまうからと使われないこともあるので。日本の個人スポンサーはまずつかないでしょうね。そういう人たちには、もう少しだけ優しい目で見てほしいなと。

 (リオネル・)メッシが来たら、たぶん当たり前のように日本の銭湯入れるじゃないですか。お前とメッシは違うだろうってなりますけど、「同じ人間じゃん、何でどちらかは良くてどちらかはダメなの?」みたいな。大崎にある友人の実家が銭湯なんですけど、いつか銭湯のポスター作ろうかなと思っています。後々、いろんな地域の銭湯を再生させたいという想いもあるので。

◆それでも代表に呼ばれるというような選手になるべき

――銭湯のポスターにタトゥーが入ったアスリートが登場するというのは、とてもクールでいいですね。
小林 そうですね。ないじゃないですか。外国人もこれからたくさん来ると思うし、日本のお風呂文化に触れてほしいので。

――そうですよね。日本のお風呂文化は素晴らしいから、外国人が日本に来たら入りたいですよね。

小林 でもそこで帰されたら、「なんで?」ってなるじゃないですか。

――タトゥーOKな銭湯・温泉ガイドブックとかを出したらどうですか?

小林 だいぶそういう場所も増えてきていますよね。大分県はタトゥーOKの温泉施設を積極的に発信しているみたいですよ。

――大分はそれでインバウンドがかなり伸びているみたいですよね。

小林 次のチーム(編集部注:本取材は8月29日に実施。9月6日にベルギー1部のワースラント=ベフェレンへの加入が決定)では、タトゥーの映像を撮って、自分のコメントつきで出していこうと思っているので。

――そこまでこだわってやっているのだったら、それはセールスポイントとなりますね。

小林 そう。それで代表に選ばれなかったら、それはしょうがないので。ただ、それでも呼ばれるような選手になるべきだと思っています。

<了>

[PROFILE]
小林祐希(こばやし・ゆうき)
1992年生まれ、東京都出身。ワースラント=ベフェレン所属。ポジションはミッドフィルダー。東京ヴェルディ下部組織を経て、2011年にトップチーム昇格。1年目から中心選手として存在感を発揮し、2012年にジュビロ磐田に移籍。2013年にオランダ1部のヘーレンフェーンに移籍して欧州の地でもボランチとして確固たる地位を築き、2019年9月にベルギー1部のワースラント=ベフェレンに新天地を求めた。背番号10。
インタビュー=岩本義弘[『REAL SPORTS』編集長]、構成=REAL SPORTS編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010001-realspo-socc



1 2019/10/21(月)
「変えていきたいというよりも、そういう人もいるよってくらいでいいんですけど。受け入れられない人は受け入れられないと思うので、無理に受け入れてくれとは言わないです。そういう人もいるんだなくらいの感覚で見ていてくれれば。」
このくらいのスタンスでいるのがいいと思う。
受け入れるべきだーとか多様性がーとか、ギャアギャア騒いでる人達よりいさぎよい感じがする。

2 2019/10/21(月)
記事を読んでいてタトゥーを認めるのは個人の自由ってスタンスの小林に共感する。
むしろ、インタビュアーがタトゥーを認めない日本を変えなければいけない、遅れているというスタンスの方がおかしい。海外でもタトゥーが認められていない場は確実にありTPOは大事だし、認めるも認めないも個人の判断。
日本のタトゥー推しの人は受け入れられないのを他人のせいにするそういった姿勢がおかしいと思うわ。

3 2019/10/21(月)
この人がしたいようにする分いいんやない?
日本では受け入れ難いのは仕方ない。
やっぱりいいイメージ持たない人が多いのは事実だし。
してる人に文句はないしただ日本がそうだからって日本がどうこう批判する人いるけどそれは違うと思う。

4 2019/10/21(月)
過剰に批判されるのは間違っているし、海外では普通だよなどと一般化されるのも間違っている。
けしからんとされる国は沢山あるし、タトゥーくらいでピーピー騒ぐなって感じの国もまた沢山ある。
だが、タトゥーを入れることが全世界的に賞賛されることではない以上、批判されるリスクは確実に高い。
そこを本人が納得できるなら別になんら問題ないと思う。
結局、気にする人もしない人も千差万別。
皆がみんな自分の意見が正しいと思ってるため、一定の結論など出るわけがない。
ちなみに、個人的には信念や想いをわざわざ体に刻む必要性はないと思う。
オシャレの一環だと言われた方がまだ理解出来る。

5 2019/10/21(月)
自分の身体なので自己責任でやるのはいい事です。
ただ、日本はタトゥー文化が根付いていないので
それを批判したり、遅れてる発言今後もしない方がいい。
それが、日本という国の文化なのだから仕方ない事、いずれタトゥーが認められる事になるかもしれないけれど、今は違うのですから、それを批判するのはおかしいし、余計に認められなくなるのでね。
小林選手の生き方でタトゥーの意味を主張していけばいい、今後も頑張ってください

6 2019/10/21(月)
タトゥーを入れたければ入れるのは構わないと思う。が!!
ただ、日本に戻るのは厳しくなったね。
小林もあと10年も現役を続けられないだろう。
引退後の残りの人生、プランはあるのだろうか?
日本では企業や育成・・・どこも受け入れてもらえないと思う。
大した実績もないから解説の仕事もないだろうし、
子供達への悪影響と保護者から反対意見もあるだろうから不適切として指導者にもなれないだろう。

7 2019/10/21(月)
タトゥーを入れた理由を聞くのも話すのも理解できない。入れようが入れまいが好きにしたらいい。ただ、主義主張感性は社会が受け入れたら一気に輝かなくなる物。タトゥーを入れたからには権利だの文化だの逃げ道をつくるんじゃなく、妥協せず反骨心を持ち続けるべき。
格好良さがあるとすればタトゥーより、そんな生きる姿勢だと思う。

8 2019/10/21(月)
日本では刺青は特定の職業の方々(例えば火消しとか職人とか)が入れるものだという昔からの文化がある。
文化っていうのは、そうやって土着のものとして自然と出来上がっていくものなので、そもそも変えるとか変えないとか、受け入れるとか受け入れないとかの話じゃないと思うんですよ。
だいぶ後から日本に入ってきた「タトゥー」というものが文化として定着するには、それこそ刺青と同じくらいの時間がかかるんじゃないでしょうか。

9 2019/10/21(月)
海外の人やアイヌ、沖縄出身者とかであればそれほど抵抗はないのでは
刺青を入れるのは構わないけど、やはり距離を置きたくなる
それを「受け入れない奴は時代錯誤だ」と言われても、勝手だなと思う
日本でいきなり日本人が欧米の挨拶をしたきっと引かれるだろう
勝手に一つのことだけを取り上げて、「海外では当たり前」と言われても困ってしまう

10 2019/10/21(月)
タトゥーって風紀を乱すってイメージが強いのかと。他の人影響力があると思っての行動をしないと、個人では自由だけど、日本の団体の中では和を乱すと判断されがち。人の為のタトゥーっていうけども、親がくれた体を傷をつけるって価値観も捨てがたい。

11 2019/10/21(月)
自分の体やから、自由にすれば良い。俺は嫌やけど。
嫌な方々もいるということを考えられる人になってほしい。公共の場やTPOにあわせて、見せないようにしてくれれば別に関係ない。

12 2019/10/21(月)
自分は銭湯が好きでよく子供と行くのだが、やっぱり古い日本の刺青入った人見ると近寄りたくない気持ちになる。でもポリネシアンのタトゥー見ても何とも思わない。これは心情的なものだが、日本人と外国人のタトゥーで入湯可否を区別するのは難しいだろうし、となるとやっぱり全面的に許可するか禁止するか白黒の判断になってしまう。

13 2019/10/21(月)
町に落書きがあると犯罪率が高い。
刺青を入れる人が多い国の犯罪率は高いと思う。
多くの日本人が刺青を白い目で見る、公共の場所には入れないなどの感覚は正しいと思う。

14 2019/10/21(月)
代表に呼ばれないのはタトゥーのせいではなく単純に実力だと思われます。

15 2019/10/21(月)
タトゥー入れてる人…個人的には怖くて近寄り難い。
そもそも何のためにわざわざ入れているのかわからなくて。理由を聞いてもピンとこない。自分にはない感覚だから怖いんだと思う。
認めるべきだ!と、強く多様性を主張するのには納得いかないけど、この方が言うように「そんな人もいるよね~」くらいに思えたらちょうどいいんじゃないかな。

16 2019/10/21(月)
自分のポリシーと思えない。
内容含め結局、真似事でしかない。
それを入れても良い地位に立ってんなら好きにすればいい。
ただサッカーの講師等、教える立場の人にはにはならないでくれ。
それも含めの仕方がないだと思うが。

17 2019/10/21(月)
べつにいいんじゃないの自分の体だし、でも日本だと行動範囲に影響あるけどね、自分はこういうのは最初デザインが気に入ってもいつか必ず飽きるんだよなあ、飽きて消したくても消せないし、かっこいいとかも思わないし

18 2019/10/21(月)
タトゥーうんぬんよりもサッカー頑張りましょうか。
サッカー経験者の個人的な意見ですが代表に呼ばれるほどの実力はないと思います。特になにか長けているところもないと思いますし。ビックマウスは本田圭佑をマネただけに思えるし。

19 2019/10/21(月)
日本人は親からもらった体には
キズをつけてはならないと昔から
教えられて来ました。
入れ墨は古来より犯罪者の刻印及びヤクザ者と一般人と判別する為の物だったので海外のタトゥーと意味が違います。
今でも半グレがタトゥーを入れてますが
俺は普通じゃない特別な存在をアピールしたいだけでしょう。

20 2019/10/21(月)
別に良いんじゃないの。個人の勝手だし。
こちら側が受け入れるか否かも個人の勝手。
でもダサいなと思うのは、いちいち意味とか説明すること。聞かれたから言ったんだろうけどさ。

21 2019/10/21(月)
別に入れ墨のイメージだからとかではなく、タトゥーに対しては抵抗感を感じてしまうんだよね。己の信条だとか、大切なものとか、どうしてわざわざ体に書く必要があるんだろうか?目に見える形に残さないと消えてしまうような不安定なものなのか?チャラチャラした若者特有の「軽さ」の象徴のように思える。本当に自分の人生で重要なものなら、心に秘めておくのが一番クールなのでは。

22 2019/10/21(月)
タトゥーとか正直どうでも良い。見るからにワルのタトゥーは見ていて恐怖を感じたりするけど、実生活で何か被害受けたわけでもないし、過剰反応する人の方がむしろ不愉快まである。それより小林はオランダであれだけ試合に出ていて、なぜベルギーしか移籍先がなかったんだろう。もう一歩、惜しい選手だなぁ。

23 2019/10/21(月)
タトゥーに関しては否定しないよ、素敵だと思う。
ただ、サッカー頑張りましょうか。

24 2019/10/21(月)
自己満足ではなく、色んな人の想いが〜って言ってますが、記事読んでいくと、結局は自己満足の部分が大きいかなと。

25 2019/10/21(月)
掘るのと代表は別。結果が出てるなら代表にも選ばれる。別に代表戦は隠して出てたやん

26 2019/10/21(月)
入れ墨に嫌悪感のある国でも、やるやらないは個人の自由。
ただ、入れ墨を彫ってから国がおかしいと言われても困ります、個人の責任でお願いします。

27 2019/10/21(月)
タトゥーに関してはまだ日本は世界との差はかなりあると思う。民族的なことでいきなり世界水準までの理解を日本に求めるのはどうかなって思う。

28 2019/10/21(月)
肝臓にも悪いらしいからね、好きで入れるのは本人の勝手ですから否定しませんが、自ら消す事の出来ない物を身体に描くのは自分は好きではない。

29 2019/10/21(月)
感じ方もそれぞれ、受け入れ方もそれぞれ
それでいいよね
小林も個人スポンサーはつかない部分とかも分かってて入れてる
他人がどうこう言う問題ではないよね
ただ、タトゥーいらてイキがってる輩がウザいくらい
僕自身も入れているが、不便と感じる部分にはめちゃくちゃ同意

30 2019/10/21(月)
個人の自由だよ
カッコいいと思うかダサいと思うかも人それぞれです













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ