20190930-00010018-goal-002-3-view[1]

スポンサード リンク




 ヴィッセル神戸は28日、明治安田生命J1リーグ第27節の川崎フロンターレ戦を2-1で勝利。一時は残留争いで厳しい戦いを強いられることも予想されたが、直近5試合で4勝1敗と好調を維持。その不安を払拭し始めている。なぜ、ここに来て神戸のチーム状態が向上しているのか。川崎戦で顕著に表れた部分をスポーツライターの飯尾篤史氏はこう指摘する。

◆3バックシステムの安定

 J1リーグも残り7試合――。優勝争いのカギを握る存在になりそうだ。トルステン・フィンク監督率いる、現在9位のヴィッセル神戸のことである。

 6位のサンフレッチェ広島(28節)、首位のFC東京(29節)、4位のセレッソ大阪(32節)、2位の鹿島アントラーズ(33節)と、上位陣との対戦を残しているだけでなく、そのすべてに勝利してもおかしくないほど今、充実の一途を辿っているからだ。

 実際、9月28日に行なわれた27節では5位(試合前の時点では4位)の川崎フロンターレを2-1で下し、勝点3をもぎ取った。

 ここに来て、なぜ、チーム状態が向上したのか――。

 「後ろ3枚のフォーメーションがハマっているし、(酒井)高徳や(飯倉)大樹くんとか、神戸のやりたいサッカーにフィットした選手たちが入って来てくれた。これは、すごく大きかった」

 そう語るのは、山口蛍だ。システムは、夏に加入したトーマス・フェルマーレンを3バックの左に、同じく今夏、ドイツから復帰した酒井を左ウイングバックに配した3-3-2-2。フェルマーレン、大崎玲央、ダンクレーの3バックはいずれもビルドアップ能力に優れ、アンカーのセルジ・サンペールを加えた4人でボールを展開していく。

 むろん、そうしたパターンは川崎も分析済み。そこで前線の4人――小林悠、家長昭博、阿部浩之、中村憲剛がマンマーク気味にプレッシャーを掛けに行く。すると、神戸はすかさずGKの飯倉がビルドアップに加わり、数的優位を築いてしまう。

 「(9月18日に対戦した)天皇杯ではハメられていたので、僕が前に行くことで2対1(飯倉&大崎と小林)を作れると思っていた」と飯倉が明かす。

 リーグ戦3試合ぶりの復帰となったアンドレス・イニエスタの正確かつ意表を突くパスワークも冴えたが、そのイニエスタをストレスなくプレーさせる酒井、フェルマーレン、サンペールらのサポートも見逃せない。なかでも酒井は、イニエスタとのコンビネーションからの突破で何度か川崎の右サイドを破った。

 さらに、先制点を生み出した古橋亨梧の圧倒的なスピード、ワンチャンスを確実にモノにしたダビド・ビジャの決定力も素晴らしかった。

◆王者を苦しめたデュエルの激しさ

 だが、この日、最もインパクトを受けたのは、神戸のボール回収力だ。

 ボールホルダーに次々と襲いかかる神戸の選手たち。その激しい当たりに、田中碧や阿部は何度かボールを奪われ、中村も苦しんでいた。

 J1連覇中の川崎はボールの回収力に磨きを掛けてきたが、この日に限れば、プレスの速さ、デュエルの激しさは神戸のほうが上回っていた。酒井が手応えを覗かせる。

 「僕が来た当時と今を比べると、みんなの意識が変わってきたのを感じます。僕も『もっと強く行け』と要求しているし、僕が練習中、ウェリントンやトーマスとガチガチやっているのを見て、周りも『あれが必要なんだな』と感じ取っていると思う。Jリーグのいろいろな試合を見ますが、神戸の球際の部分はJでも異質になってきたかなって」

 酒井、フェルマーレン、飯倉の加入によって神戸の戦力が高まったのは間違いないが、もっと大きいのは意識の変化――。これこそが、今の頭を充実させている要因かもしれない。飯倉もチームの変化を説明する。

 「『チームを変えていこう』って高徳、蛍と3人でよく話している。今までは蛍ひとりでやっていたけど、俺と高徳が来て、良い意味で分散できている。いい選手はいっぱいいるけど、それが点と点で、線にならないっていうのがこれまでの課題だった。プロとしての姿勢をチームに落とし込めたら、もっと良くなると思う」

 酒井がチームに加入した23節の浦和レッズ戦以降、4勝1敗の成績を収め、チームは残留争いから一歩抜け出した。だが、「まだまだです。もっとできる」と西大伍が言えば、飯倉も「自分たちがやりたいサッカーはまだ60~70%。もっと効率的にボールを回したい」と力を込める。

 9位という順位に惑わされてはいけない。上位陣にとって今の神戸は、かなり厄介な敵として、目の前に立ちはだかるに違いない。

飯尾篤史
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-00010018-goal-socc



1 2019/09/30(月)
フェルマーレンや飯倉といった守備陣の補強,3バックへの変更によって役割が明確になった事,サンペールがようやくフィットしてきた事…,どれも上向きになってきた要因だけど,一番は監督と外国人選手と日本人選手を一気にリンクさせた高徳の存在だと思う。
素晴らしいプレーはもちろん,その存在感がここまで大きいとは思わなかった。
チームスポーツは,やはりコミュニケーションが大切。
長年迷走してきた神戸がその大切さを本当に理解したら,もっと強いチームになれる。

2 2019/09/30(月)
やっぱりドイツで揉まれた指導者が監督をしてるのが大きいと思うな。言葉に説得力があるから大物外国人もついてくるんだろうし。もうバルサ化なんかに拘らないでやっていけばいいんじゃないかな。神戸の独自のスタイルを構築すれば良いと思う。

3 2019/09/30(月)
リーグ戦はあとどれだけ順位を上げられるかに
なりますが
天皇杯も現在ベスト8まで残っているだけに
このままうまくいけば念願のタイトルだって
決して夢ではありません。
天皇杯が獲れたらACL出場権もついてきますしね。

4 2019/09/30(月)
J見てる人ならわかるけど、酒井とフェルマーレン来てから見違えるほど強くなった。

5 2019/09/30(月)
酒井の加入は大きかった。
そして、フェルマーレン。
やっぱり前線だけ強くても守備の安定は必須だなと分かるケースだったと思います。

7 2019/09/30(月)
今季は厳しい戦いになると思うけど、来年は優勝争いに食らいついていけそうな雰囲気。
神戸の急成長は明らかだし、川崎に2戦連続で勝てている結果を見れば誰も神戸の力を疑わなくなるよね。

8 2019/09/30(月)
さあ、期待し続けて良かったといえる状況になって来た。ようやく、個人がその力を発揮できるようになれた。酒井の存在が相当でかい。後は上を見るだけ、怖いものはもうない。神戸はここからだ。上位陣は戦々恐々としているだろう。

9 2019/09/30(月)
フロンターレ戦では少し調子が悪そうに見えたけど勝ち切った。
ビジャの一撃には恐れ入るがイニエスタ、古橋のコンビはかなりの脅威になるはず。
一敗はホームでの不可解なジャッジの連発の札幌なんで無視していい。
でもリーグ戦も大切だがこのチームをACLで見たいから是が非でも天皇杯を取って欲しい!
23日は必ず見に行く!

10 2019/09/30(月)
3バックにアンカー1人がディフェンシブ。キーパー入れて5人。残り6人がオフェンシブ。普通ならディフェンスが弱いはずである。代表なんて4バック2ボランチに、キーパー足したら7人がディフェンシブだから、攻撃陣4人な訳で、かなり凄いシステムだ。普通なら簡単に攻略されそうだが、運動量が凄い。だってダブルじゃなくシングルだから自分しか居ない訳。お見合いなんて起きないし、譲り合いも起きない。1人だから。このシステムは、観ていてワクワクする。キーパー上がるのハラハラだけど面白い。

11 2019/09/30(月)
やはりサッカーは守備が安定したら強いチームになる。守備が安定することで豪華な前線もより輝くという相乗効果が出てる。
この調子で来シーズンに繋げていって欲しい。

12 2019/09/30(月)
ポテンシャルの高さはもともと神戸にはあったからようやく各ポジションに核となるプレーヤーができて一気に歯車が合った感じ
来年は優勝も狙えそう

13 2019/09/30(月)
今季は天皇杯をとって、来季はACLにJ1と天皇杯の三冠が出来れば最高だろうね。

15 2019/09/30(月)

以前は守備に大きな穴があった。
どんなにスーパーゴールで得点を決めても
直後に学生サッカーかってくらい酷い失点されては
他のモチベーションも下がる。
いまは守備がだいぶ安定してきた。

16 2019/09/30(月)
おそらく、監督さんのイメージとプレーヤーの意識のズレがなくなってきたのでしょう。とても強いチームです。イニエスタやボルドスキのプレーではない存在感も大きいと思いますね。

17 2019/09/30(月)
最終的には4位くらいまで順位を上げてると思う。
やってるサッカーも面白いし、天皇杯とったら来年のACLなんかすごく期待しちゃいます。

19 2019/09/30(月)
高徳が加入したのもいいと思う。
もっとお互いが、遠慮せずに要求し合う形を望んでいたので高徳選手が外国人と日本人選手の架け橋になっている気がする。

20 2019/09/30(月)
シュート数が川崎17、神戸4で、ボール支配率が川崎45.4%、神戸54.6%が意味するのは、神戸はボールを持ったが攻められなかったと言えると思います。神戸はまだまだやりたい事はできていないと思います。

21 2019/09/30(月)
初瀬→高徳が完全に上位互換すぎた。

23 2019/09/30(月)
ディフェンスがかなり前から問題だったが、やっと補強されて機能してきたんじゃないかな?特にフェルマーレンの存在はでかい

24 2019/09/30(月)
無尽の資金力を誇るチームだから、選手等は活躍すれば、相当分のカネがくるのでモチベーションを上げてやっているかと思う。

25 2019/09/30(月)
残りの対戦相手を考えるともしかすると本当に、飯倉選手が言った通りマリノスの優勝をアシストしてしまうかもしれない。それほど今の神戸は強い。

27 2019/09/30(月)
前半戦までの成金の買い物みたいな補強は大嫌いだったけど、最近の強さはいくら嫌いでも認めざるを得ないね。8月の浦和戦以降かな?素晴らしいサッカーをしてると思う。
今の神戸とセレッソはどこのチームも当たりたくないだろうな。

28 2019/09/30(月)
コストパフォーマンスから考えたら、まだまだ満足できる内容ではない、まずは残留確定させ来季に向けたチーム作りを考えたいな、今季あれだけ金掛けて少し勝ち出すのがリーグ戦終盤?迷走と言われても反論できないフロントの能力不足、来季はアンダーのスタッフも含め総入れ換えして信念をもって有効に資金を使って負けたらニュースなるようなチームを作ってほしい。

31 2019/09/30(月)
イニエスタを起点とした中からの崩し、ビジャ古橋の個人技&カウンター、フェルマーレンから西、高徳へのワイドな展……攻撃パターン多彩すぎませんかね。高徳はプレーだけでなく監督や豪華助っ人陣と神戸の日本人選手を繋げる役目も果たしていますし本当に良い補強でしたね。

32 2019/09/30(月)
やっぱ日本に足りないのは接触するときの激しさだな〜
海外のリーグを観ても滅多なことじゃ笛鳴らさないからね
Jリーグではよくても世界の舞台に立てばデュエルは避けられない

33 2019/09/30(月)
来期は優勝候補でしょう。
勝利のメンタルを兼ね備えてる選手がいることも大きい。
強いて言うならビジャが90分持たないことが心配だ。

34 2019/09/30(月)
守備陣がようやくJ1対応仕様になったからだと思うな。
どんだけビジャが得点、イニエスタがポドルスキがウェリントンがってなっても守備陣が大穴では攻撃も結果的に機能しなくなるし。

35 2019/09/30(月)
どー考えても後半戦から入ったフェルマーレン・飯倉・ゴートクの3人がハマったこととサンペールのフィットが要因。特にゴートク・フェルマーレンの入った左サイドは弱点から一気にストロングポイントになった。ビジャの衰えや古橋の海外流出といった心配もあるが来季は優勝候補になる可能性も秘めてる

36 2019/09/30(月)
どう考えても高徳の加入が大きい
スペインの選手にも言いたいことが言える日本人が必要だった

38 2019/09/30(月)
いやいや、補強でしょ!
酒井のプレーみたら分かるでしょー
攻守への安定感が素晴らしい!右には西がいるのだから来季はこのメンツでスタートされたら優勝争いでしょーw











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ