20190927-00872650-sportiva-000-1-view[1]

スポンサード リンク




9月25日、マジョルカの本拠地ソン・モッシュで行なわれたアトレティコ・マドリード戦。久保建英はマジョルカ入り後、初めてスタメンを飾った。

 結果は0-2。アトレティコ期待の19歳、ジョアン・フェリックスがゴールを決めたのに対し、久保は2度シュートチャンスに遭遇したものの、ゴールを決めることができなかった。

 マジョルカ所属ながら、レンタル元はレアル・マドリードだ。アトレティコはそのライバルであり、ジョアン・フェリックスも、久保個人としては負けられない相手になる。アトレティコ戦はゴールがほしい試合だった。

 久保のプレーについての良し悪しを語る時、難しいのは話の前提だ。どのレベルで語るのが適切か。この試合、採点の平均点を6とするならば、久保のプレーは「6.5」はいけそうな出来映えだった。並の選手なら6.5という採点は一応、高評価だ。しかし、久保がマジョルカに在籍するまでの経緯を踏まえると、それでは少々、物足りなく感じる。他のマジョルカの選手と同レベルで久保を見るわけにはいかないのだ。

 実際、この試合を見た一番の印象はマジョルカのレベルの低さだった。開幕戦に勝利したものの、その後の5試合は1分4敗。降格候補であることは、試合の中身を見れば一目瞭然だった。

 なにより選手のクオリティーが低い。久保に迫る選手はいない。アトレティコとは10回試合をして1回も勝てそうもない強者と弱者の関係にあった。しかし、その中にあって断トツにうまい久保に、最初からパスがよく集まったわけではなかった。マジョルカの選手のパスを意図的につなぐ能力が低いこともあるが、そもそも久保に依存しようとする姿勢が見られなかった。

 それはこの日、初めて抱いた感想ではない。交替で出場した過去3戦も同様な傾向が見え隠れした。仲間としてまだ正式に迎えられていないという感じだ。敷居の高さを見た気がしたが、時間の経過とともに、彼らのそうしたつまらないプライドは薄れていった。パスは次第に回ってくるようになった。

アトレティコ戦のハイライトは、0-1で迎えた後半開始早々に訪れた。中盤で相手ボールを拾った久保は、サポートの動きを確認しながら、速からず遅からずドリブルで前進。まずサルバ・セビージャとパス交換し、続いてドリブルを交えながら右側を走るダニ・ロドリゲスにボールを預けた。

 そして久保が前方のスペースに縦に走ると、ダニ・ロドリゲスからリターンが来た。シュートチャンスが到来した瞬間だった。ゴール左を狙った右足シュートは、DFステファン・サビッチに当たりながらポストを強襲。アトレティコの名GKヤン・オブラクが慌てて掻き出したため、ゴールはならなかったが、そこに至るまでの展開は、両軍通じてこの日、最もスムーズで鮮やかだった。そのリズムを作ったのは他ならぬ久保。強者アトレティコ相手にそれを発揮できたことは、非凡な才能の持ち主であることの証しになる。

 その直後にも久保は得点のチャンスをつかんでいた。相手GKオブラクの蹴り損ないが、久保の目の前に転がってきたのだ。切れ込んでシュートに出た久保だったが、身体を開きすぎてしまったのか、シュートは枠を大きく外れた。

 このどちらかのシーンでゴールを奪っていれば、採点は「6.5」から「7.5」に跳ね上がっていただろう。後半19分、アトレティコに2点目のゴールをもたらしたジョアン・フェリックスの評価がまさにそれだ。この「7.5」と「6.5」には大きな差がある。

 一流選手になれるか、超一流選手になれるか、それとも単なる好選手で終わるのか。チャンピオンズリーグに100試合出場する選手になるか。日本人最高の32回(香川真司)を超えたくらいで終わるか。どのレベルの選手に収まるのか。18歳の久保はいまその分かれ目にいる。選手としての評価が確定している28歳の選手ではない。1年で急成長するかもしれないし、このまま伸びずに終わる可能性もある。その幅は大きいのだ。

 久保がこの試合で最も可能性を感じさせたシーンは、対峙する相手との1対1だ。ほぼすべて逃げずに向かっていた。顔を上げ、相手を見据えるように威嚇していた。物怖じしていない様子がそのシルエットに現れていた。アトレティコの選手に対し、一切、恐れを抱いていない様子だった。アトレティコの一員になっても十分やっていけそうだとの可能性をそこに垣間見ることができた。

久保は先発フル出場。これでようやくスタートラインに立ったという印象だ。チームメートの見る目も変わってきている。乗っていきたいところだが、スケジュールに目をやれば、10月10日、15日には日本代表戦が控えている。ホームのモンゴル戦とアウェーのタジキスタン戦だ。

 久保は今回も招集されることになるのか。筆者は、それは久保の成長の妨げになると考える。前回はマジョルカで1試合、交代出場するや、早くもチームを離れて帰国。日本代表合宿に合流した。結局、10日以上もチームを離れることになった。チームに馴染むのに時間がかかった原因と言っていい。

 今回は19日にレアル・マドリード戦が控えている。アピールする絶好の機会である。いまはチームから離れるべきではないタイミングだ。森保監督はそれでも久保を招集するつもりなのか。

 繰り返すがまだ18歳だ。何よりまだ身体ができていない。このアトレティコ戦でも久保は終盤、くたくただった。その身体にエネルギーは残っていなかった。見ていて痛々しいぐらい疲れ切っていた。交代枠を使い切ってしまったために、そのような姿をさらけ出すことになったわけだが、のるかそるか、微妙な時期を迎えている18歳には、細心の注意が必要なのだ。変にフル稼働させてはいけない。

 怪我の心配もある。かつて19歳の小野伸二が、シドニー五輪予選で、フィリピン相手に猛タックルを受けた過去を忘れてはいけない。休ませることも必要なのだ。19日のレアル・マドリード戦に久保が準備万端の態勢で臨むことは、日本代表がモンゴルやタジキスタンに大勝することよりはるかに重要なのである。

 日本代表のメンバー発表は10月3日だ。そこに久保の名前はあるのか。森保一監督の決断が注目される。

杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00872650-sportiva-socc&p=1



1 2019/09/27(金)
チーム力に差があるにも関わらず、アトレティコ相手にあそこまで迫れる選手が他にいるとしたら、日本では中島だけ。日本人はスペースがないと厳しい選手が多いが、中島とこの久保はタイトな状況でも事態を動かせるだけの技量がある。久保はまだ高校生で成長途上にも関わらず、既に代表トップの実力を持っていることに、今更ながら驚嘆させられるばかり。チームメートに感情的な複雑なものがあったとしても、パスを出さざるを得ないというレベルの高さ。久保に限った話ではないが、所属クラブで大事な時期を迎えている選手には、クラブ優先して欲しいなと思ってしまう。久保に関しては若いとは言え体力も未完成で、代表招集はそれなりの負担がかかるだろうから。

2 2019/09/27(金)
10月の二次予選では、中島、堂安、久保、遠藤は召集せず、クラブに専念させた方が良いと思う。
中島、堂安、久保は、徐々に起用されチームの戦力として馴染みつつあるので、まずは主力メンバーとして活躍出来る様に専念して貰いたい。
遠藤に関しては、未だ試合で起用されていないので、所属クラブで早く戦力として起用される様になって貰いたい。
大迫の代役として永井、武蔵以外で鎌田や古橋など試しても面白いなのではないだろうか。
他に国内組から柏、前田直や欧州組からは三好などチャンスを与えても良いと思う。
可能性のある選手はどんどん試し、選手達の意識を高く持たせる事で、主力メンバーの怪我や体調不良で起用出来ない場合に活躍の場を与えれば、後に戦力としてのオプションになれば、代表にとってプラスになると思う。
二次予選で結果(活躍)を残せた選手は、最終予選でも継続的に召集し、戦力として起用すれば良いと思う。

3 2019/09/27(金)
WC二次予選、先日の初戦で日本はベストメンバーを招集し、そこに久保も含まれていた。今後の戦いを見据えて、初戦にベストメンバーを招集する意味はあったと思う。
森保監督は早い段階で予選突破を決めて、五輪代表を試す機会にしたい思惑があると思う。その意味では今の段階で戦力を落とすことはしたくないかもしれない。
海外移籍組が多い代表選手の中で、クラブで先発に定着していないメンバーをどう扱うか。単に二次予選だけの問題ではない。チームとして日本代表を作っていかなくてはならない。久保だけではなくて代表招集は難しい問題だと思う。

4 2019/09/27(金)
マジョルカの選手たちのレベルでは、一部残留が最大にして唯一の目標。
それでも、プロである以上プライドがあるので、新参者である久保へ警戒心(敵対心)のようなものがが少なからずあるのは試合からも感じられる。
そんなことは欧州では当たり前だし、こればかりは試合の中で結果を出すしかないし、時間とともに久保にボールが回ってくるのは間違いない。
そのような所属クラブの事情があるにもかかわらず、森保監督というよりも、協会やスポンサーなどの商業的な意向によって代表に招集されている現実は不愉快でしかない。
そもそも2次予選くらいは国内組で着実に勝ち上がってくれないと、日本代表の底上げも何もできないでしょう。
W杯で勝ちたいなら目先の金儲けにばかり走ってはだめ。
っていっても協会やスポンサー、テレビ局には伝わらないだろうけど。

5 2019/09/27(金)
ここまでいい感じでキャリアを積んできていることを思えば、この時期に負傷することが一番心配
アジア予選でつまらない削られ方をして、選手生命を棒に振るようなことはあってはならない
少なくともリーガ1部の公式戦なら、相手側もリスクを負って勝負してくるわけで、削られたとしても、むしろ乗り越えるべき壁として割り切ることができる

7 2019/09/27(金)
中島、久保はクラブに集中すべき時期でしょ。
プラス、久保に関しては日本のマスコミが騒ぎすぎ。
監督が毎試合久保に関してコメントを求められることに辟易していると話すなど、チーム内での立ち位置を本人ではなく周りが悪くしているフシもある。
今は試合を重ねるたび着実に成長できる。

8 2019/09/27(金)
2次予選は国内組だけで勝ち上がる位でなくては、代表のレベル底上げが期待できなくなる。
Jの選手も代表でアピールしたいだろうーし、そうして行きたい選手は海外に挑戦したいだろう。
また、国内だけでも強さを堅持して、欧州から望んで選手が来るような競争力のあるリーグにしていくべきだし。

9 2019/09/27(金)
欧州のクラブに移籍して主力として出れてる選手は今が重要な時期だから招集するべきでない。
三好、前田とか途中交代ながらクラブで結果を出してる選手に、代表でもチャンスを与えるべき機会にして欲しい。

10 2019/09/27(金)
レアルマドリードの主力を目標にプレーしている久保にとって、レアルとの直接対決が特別な意味合いを持ってるのは言うまでもない。
自分の価値をアピールする上で、現在レアルの主力に定着する選手たちと戦うことほど効果的な方法はない。
もちろんW杯予選は重要な試合だが、久保はスタメン起用されてない。呼ばれてもベンチに座って多くても30分程度しかプレーしないことが濃厚だ。
念の為に居て欲しい、それは日本人がレアルのスタメンになるという前代未聞の挑戦を妨げる理由としては弱すぎると思う。
強制力があるからって、なんでもかんでも呼べば良いってものじゃない。

12 2019/09/27(金)
代表は移動だけでも大変でその分体調管理も大変。
そして久保は今マジョルカで信頼を獲得して出場
機会を増やさなければならないし、チームが低迷している
現状を打破しないといけない。
代表よりマジョルカでのプレーを優先して欲しいです。

13 2019/09/27(金)
代表監督がチーム全体より、いち選手を優先して選手選考してたらおかしいでしょwww
チームに馴染むのに時間が~というのも何も久保に限った話ではない
この夏移籍した選手は何人もいますw
代表活動期間抜けただけでチームに居場所がなくなるのはそもそも論として実力不足なのだと思う
それを代表のせいにするのは論外でしょw
代表に必要と思えば招集されるだろうし、必要とされなければ呼ばれない
久保も呼ばれれば行くし、呼ばれなければクラブで頑張る
それだけでしょ?
怪我の心配もある?
怪我は代表にいこうがクラブに留まろうがリスクはありますよ
小野伸二が、シドニー五輪予選で大怪我し、それを例に休ませることも必要なのだ・・・と言いますが疲労があったから小野は怪我したのではなく、相手の危険なタックルで大怪我したのですからね
休みが足りなかったから・・・が理由ではない

14 2019/09/27(金)
香川がマンU所属時に試合への出場機会に恵まれず大きく調子を落としてしまったことを思い出す。久保にしてもチームに馴染むのが遅くなることで所属クラブでの試合の出場機会が減ってしまえば同じことになるのではないか心配。のちのち日本代表にとって欠かせない戦力になる選手なのだから今はマジョルカに専念させ成長を促したほうが良いと思う。

15 2019/09/27(金)
森保監督!10月の日本代表のモンゴル戦タジキスタン戦はわざわざ久保を呼ばないで下さい。今はスペインマジョルカでしっかり地位を築いて欲しい。一番の人気選手だからキリンカップはしょうがないけど、オリンピック出場に向けて無駄な代表招集はしないでしっかり休養と自力をつけてもらう事が重要だ。

17 2019/09/27(金)
Jリーグにもいい選手はいるし、欧州でプレーしている選手も増えた。選手層の厚さはアジアでは随一なのだから、これも武器にして戦ってほしい。久保は今回は呼ばないで欲しいな。

18 2019/09/27(金)
W杯予選が重要なのは分かる。
があくまで2次予選。フルメンバーでないとこけるようなら、そもそも出る資格はない。
せめて海外組も、冨安や南野と言ったチームでの地位を既に確立した選手だけにして欲しい。
レギュラー争いを繰り広げてる選手は免除するくらいの余裕を見せて欲しい。

19 2019/09/27(金)
はっきり言って、未だ18歳。身体が出来ていない。それは、タックルを受けてその後の転び方で、感じていた。何よりも怪我をせずやってほしい。身体造りもしっかりとコーチを受けて頑張ってほしい。

20 2019/09/27(金)
久保の成長は嬉しいが、
試合に出る度に私の体調管理がおざなりになっていきます。
、、、引き続き頑張ってリアルタイム視聴します!

22 2019/09/27(金)
森保も協会もスポンサーと目先の利益に保身テレビ局への忖度で呼びそう
直ぐにプロだから当たり前とか皆同じとか言うが同じなわけない平等なんてありえないサッカーの発展を本当に願うなら
今回のレベルの予選に呼ぶべきでない
リーガで、地位を築き身体やメンタルが本当にきちんとできてからで良いはず。

23 2019/09/27(金)

チームを優先した方が良い人は、呼んだら駄目でしょ。
代表での久保の使われ方なら、無理に呼ぶ必要はないでしょ。
早く点を取るきっかけを作るためにも、ここは呼んであげないで欲しいよね。

24 2019/09/27(金)
アジア2次予選なのだから伸びしろがある若手はヨーロッパのリーグに集中して頑張ってほしいと思うファンは多いけど、森保(というかサッカー協会)は呼ぶだろうな・・・

26 2019/09/27(金)
久保対レアルマドリードの試合楽しみですね。ですから森保監督には次回の招集はぜひ見送ってもらいたいですね。

28 2019/09/27(金)
森保は日本代表優先。
マジョルカ監督はマスコミの興味が日本代表に行ってほしい。
なので今度も代表戦に招集でしょうね。
そういう 体力的にも精神的にも超キツイ環境に不満の一言も漏らさず対応してる18歳に、ゴールがゴールが なんてオレは言えない。
1PK1アシストでも充分過ぎる結果出してると思う。

29 2019/09/27(金)
アジア2次予選の代表よりクラブが大事なのは本人もわかってるでしょ
ただ協会や監督は久保を呼びたいわけでそれを拒否するのは難しい
事前に話し合って招集しないでくれと言えるかどうか

30 2019/09/27(金)
この記事の説得力には本当に感心!確かに今後の数カ月次第で久保の大まかな未来が決まる気がする。
日本の宝だから大切に育てたいね。W杯予選には今回は招集しない方が良いと思う

31 2019/09/27(金)
杉山にしては同意できる意見だった。

32 2019/09/27(金)

この試合見ていたけど、久保はマジョルカで一番上手いしまだまだ伸びる。
フィジカル面で、他の選手に太刀打ち出来なかったけど、判断力とプレースピードは抜群だった。
前途洋洋、何も心配する必要は無いと感じた。

33 2019/09/27(金)
久保をスターターとして使うなら招集してもいいが、どのみち試合の終盤でお茶濁しのため使うことしか考えてないのだろうから、今は招集すべきではない。

34 2019/09/27(金)
今レギュラーの当落線上選手はリーグ戦を優先させてやって欲しいですね。
勿論代表監督の優先順位本位ですが、力があれば呼ばれて帰った後も出場できるでしょう。
そういう考え方もありますが・・・?
ですが、一昔前の選手層ではなくなっているとも思います。
そういう考え方もできると思いますが、如何でしょうか?

36 2019/09/27(金)
この杉山氏の記事は全面同意だ。
それと代表招集に関して久保だけでなくというコメントをよく見るが、それは違う。代表にベストメンバーは親善試合以外は鉄則で、他の国もこの原則に基本忠実だ。
ではなぜ久保だけ特別視するのか?それは簡単。日本のサッカー史における前人未到の領域に18歳にして挑戦しているからだ。他の日本人選手と同様の価値観で見るべきじゃない選手。目線はレアルマドリーでの活躍、CLへの常連出場、バロンドールにリストアップされること。
森保さんも協会も我々もそういう扱いをしないときっと後悔する。

37 2019/09/27(金)
代表召集についてはまったくの同意
前回でお披露目は済んだ
もうしばらくはそういうのはいい
久保をスタメンでと森保監督が確信できるまで呼ばなくていい
ここまで非常に順調に来ている
たった数試合でチームの中心になりつつある
このままマジョルカで突き進んで欲しい











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ