20190911-00010012-goal-000-6-view[2]

スポンサード リンク




◆違和感

ここはスペイン首都のマドリー郊外にあるアルコルコン。人口は16万人ほどで、電車の駅から降りれば、その閑静さにすぐベッドタウンであることが分かる。道を歩いているのは、ほとんどが人口66万人を誇るサラゴサからやって来たレアル・サラゴサのサポーターだ。彼らは僕の東洋顔を見るたびに「そういうことだろう」とでも言いたげな笑みを投げかけてきた。背番号23と「KAGAWA」をプリントしたユニフォームを来ているサポーターが、特にそうだった。

ここに拠を構えるADアルコルコンのスタジアム、サント・ドミンゴの収容人数は5500人で、リーガ1部クラブのスタジアム周辺に比べるとやはり人はまばらだ。人混みをかき分けて進む必要などなく、それぞれがどんな表情で試合を迎えようとしているのかを確認して歩く余裕すらある。そんな風に歩きながら記者の受付口へ向かっていると、後ろからマドリーの中心街でたこ焼き屋を営む日本人の知り合いに声をかけられた。彼のお目当ては、僕と同じく、もちろん香川真司である。

「このスタジアムは前にも一回来たことあるんですけど、ここで香川を見られるなんて思いもしませんでした」、若くしてたこ焼き屋を経営する彼はそう言った。

確かに、違和感はある。普段は何十列も上にある記者席だって、サント・ドミンゴならば一桁台にあり、コーナーフラッグあたりの芝生は席に腰を下ろしたならば完全に隠れてしまう。ラージョ・バジェカーノの監督パコ・ヘメスにインタビューした際に「ピッチレベルでは、はっきり言って何が起こっているか分からない。今日の試合は最低だったと思って家に帰って、テレビで見返してみると、とても良かったってことがある」と話していたが、それが少し理解できるくらいにピッチを見下ろすための角度がない。

当たり前のことだけれど、当たり前という感覚を与えることなく香川はピッチにいた。これだけ近い位置から見ると、ほかの選手と比べて体格が小さいことが浮き彫りになる。しかしアップ中から誰よりも手を叩いて、チームメートを鼓舞していたのが彼だった。誰よりも軽そうな体で、誰よりも重い責任を背負っていたのが、彼だった……。

◆最高の挑戦

サラゴサにとって香川は、鳴り物入りで加入した救世主のような存在だ。サラゴサが彼の獲得を発表したとき、サポーターは大きな喜びに包まれた。2013-14シーズンに2部に降格し、財政難に苦しみながら1部に戻る術を失っていたクラブのサポーターにとって「Shinji Kagawa」という選手はあまりにも高名であり、我がクラブに加入するなど信じられないことだった。それはクラブのスポーツダイレクターを務めるラロ・アランテギも「香川という名前が挙がったとき、当たり前だが獲得は不可能なように思えた」と認めるところだ。

だが、この日本人MFのスペインで挑戦したいという熱意が飛び越えられないハードルを下げ、不可能に思えたことは可能になった。おそらく香川であれば、まだ通用するかどうかを証明していなかったスペイン以外では、これまでの実積にふさわしい舞台で戦えることだってできたろう。ところが、彼は泥にまみれることを厭わなかった。覚悟を決めていた。だからこそサラゴサの入団会見で、スペインでの日々を2部からスタートすることを「最高の挑戦」とまで形容したのだった。

「僕にとって最高の挑戦なんじゃないかと。ドルトムントやマンチェスターでいろいろな経験をさせてもらって30代に入り、本当に最高の挑戦ができるのではないかなと。自分の決断に満足しているし、このチームを昇格させるためにすべてを出し尽くして、頑張っていきたいと思っています」
 
◆格
さて、アルコルコンとサラゴサの試合が始まる。ピッチで繰り広げられるのは、いつも通りの2部らしい試合である。組織的ではあるものの、1部と比べれば技術が追いつかず、パスが少しずれる分だけ激しい肉弾戦の回数が増える。レアル・サラゴサは再び香川をトップ下とする4-3-1-2を使用したが、連携はいまだにスムーズとは言えず、彼を省略してルイス・スアレス、ラファエル・ドゥワメナの2トップに直接ボールを出す展開も少なくはなかった。

だが、アルコルコンのMFとDFのライン間のスペースが空くことも間々あり、加えてCKやFKも得られていたために香川が攻撃に絡む回数はこれまでより増えた。そして彼がボールに触れさえすれば、サラゴサのフィニッシュの確度は間違いなく上がり、チームの恩恵となる。日本人MFがライン間でボールを受けて素早く反転してから出すスルーパス、クロス、コーナーキック、フリーキックの精度と美しさは、2部レベルでは群を抜く。

36分に迎えたペナルティーエリア手前からのフリーキックの場面、香川がエリア内左に送ったボールは、鋭く曲がりながら急落下してニエトのヘディングシュートを導き出している。1部レベルだとしてもそうは見ない弾道だったが、2部でもとりわけローカル感が強い、ピッチを見下ろせないスタジアムだったためにボールの軌道をこの目で、映像での確認を必要とせずに見届けることができるなど、皮肉以外の何物でもなかった。サラゴサのある選手は、泥臭くもある2部の試合で香川が触れたボールは「香水がふりかけられたようだ」と語っていたが、その直喩表現には全面的に頷きたくなる。前半だけで4回もアシスト未遂をした香川のプレーは、2部で見るには贅沢なものだった。

ただし、香川はボールに上等な香水をつけても、自らにつくその匂いは汗でかき消していた。攻守両面でチームメートに何度も指示を送り、自分自身はそう指示する理由を体現すべく泥臭く走って、走って、走りまくっていた。その姿から連想したのは、大物バンドのボーカルが、本来は出るはずのない地方のフェスに殴り込む感じだ。目をぎらつかせてステージ狭しと走り回り、バンドメンバーを鼓舞して、今日が引退の日であるかのように声を張り上げる……。音楽、というかフットボールの原始的なものが残る場で、なぜそこが似つかわしくないまでの高みに到達したのかを、香川は示したかのようだった。彼は、格が違った。

褒美

サラゴサ加入後初となるフル出場を果たした香川は、終了間際にサラゴサが仕掛けたカウンターからの得点にヒールパスで絡み、3-0の勝利に貢献。流麗なパスワークによって、チーム全体で決めたゴールは、日本MFが発揮する姿勢、リーダーシップに呼応したみたいだった。しかし、これはフットボールであり、一人だけ格を見せつければいいというものではない。香川の目標は、サラゴサとともに1部に昇格すること、結果を出すことにほかならない。試合後、彼が強調したのは満足感ではなく、そこを見据えて歩み続ける必要性だった。

「勝ちたいですし、勝つために来たので。やはり物足りないことはたくさんあるし、それを練習の中からやり続けていくしかない。もっともっと僕たちは……攻守の切り替えも、連動も、意識を高めていかなくちゃいけない。チームにもそのことに気づいてもらうために練習から声をかけていますし、選手たちもみんな聞く耳を持ってくれています」

「誰がどう言おうが、周りがどう言おうが、やっぱり最後に昇格できているのか、結果を残しているのかというところに目を向けてこの1年やりたいので、そういう意味でやることはたくさんあるし、そのやることを楽しみながらやり続けていければ、必ず達成できると思っています」

憧れの地スペインでの挑戦を、香川はストイックにスタートさせた。それはこれまでのキャリアの褒美などではなく、這い上がるための挑戦。彼にしてみれば「最高の挑戦」だ。スタジアムからの帰り道、大挙として押し寄せていたサラゴサのサポーターは僕の顔を見ると、試合前以上の、はち切れんばかりの笑顔を見せた。今日のフェスには大満足で、たぶん、こちらが両手を広げれば迷うことなくハグをしてくれただろう。彼らにとっての香川は、これまで苦しんできた末の褒美なのかもしれない。

取材・文/江間慎一郎(スペイン在住ジャーナリスト)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00010012-goal-socc&p=1



1 2019/09/11(水)
ドルトの伝説にして幾多ものゴールとアシストを積み重ねた香川は、2部なら無敵になれる。本来なら1部クラブに獲られる所を奇跡が起こったと思わなきゃね。
久保の前にドドンと立ちはだかり、俺を超えられるもんなら超えてみろと、これぐらいの力はある。

2 2019/09/11(水)
俺はドルトムント第1期での
牛若丸のように、スイスイと前に進んでいくプレースタイルが大好きだったし、皆さんもYouTubeなどで見てる方も多いはず
右足と左足の精度に遜色ないんだよね
今も時折そんなプレーを見せることもあるが、当時と違うのはやはり体の作りかな
良い意味でも寂しいところでもあるが、重厚感が凄い出たよね
あとは立場が変わり、無我夢中にプレーだけしていた頃と違い、いろんな責任を持ってプレーしていると思うよ
スペインだろうが2部の舞台では、培ってきたモノが違い過ぎる
W杯スコアラー、CLスコアラー、プレミア優勝、ブンデスリーガ優勝など、こんなステータス持っている選手はほぼ皆無でしょ?
今年一年はサラゴサ昇格させ、来年は残るにも移籍するにも、間違いなく一部でやるべき

3 2019/09/11(水)
誰しも香川には以前の様にゴールに貪欲になって欲しいと思っているけど、2部だとなかなか難しい。あれだけ決定幾を作りだしてもアシストも記録されないということは、周りの精度の問題もある。そこにきて香川まで縁の下の力持ち的な役割を放棄したらガタガタいっちゃいそう。
ドルトムントやマンチェスターでは香川と同等かそれ以上の選手ばかりだったから自身もフィニッシュまで行けていたけど

4 2019/09/11(水)
香川の件に触れる前に
文章のセンスが素晴らしく情景が浮かんでくる。
読んでいてとても心地よい気持ちになった。
なぜか香川がサッカーを楽しんでいる感じさえ伝わる。
ありがとうございます。

6 2019/09/11(水)
アルコルコン戦はバンバン香川にエグアラスやロスから縦パス入るようになってて驚いたわ
足元が下手なメンツまでそこそこパス回しができるようになってたしな
香川を欲しがったってだけあってフェルナンデスはマジで香川を中心にチームを作ってるんだな
後半相手が攻略してきたら即カード切ってロス入れて立て直したのも上手かった
合宿なしのぶっつけ公式戦3試合でここまで仕上げた監督もすげえわ

7 2019/09/11(水)
珍しく良い記事ですね。
香川本人がドルトムントの選手達もこの移籍は理解できないと思うって言ってたけど、フル出場した試合ではチームで一番走ってたのがベテランでスター選手の香川。
覚悟と責任を持って来てるその姿勢は周りの選手やサラゴサのサポーターにも伝わってると思う。

8 2019/09/11(水)
二部に移籍したからって選手としての質が落ちたわけではないし、格が違うのは当然だと思います。
最高の挑戦と言えるのはサッカーが好きだからこそ。香川選手を代表でもまた見たいですし、スペインで活躍してほしい。

10 2019/09/11(水)
現地の様子がよくわかりいい記事でした。
厳しい環境でプレイしなければと選んだチームサラゴサ、1部昇格を目指してみんなで頑張れ!応援してます

11 2019/09/11(水)
銭金抜きに希望通りに移籍してよかったと思う
30歳まだ若い
十分結果残して
また代表で見てみたい。

12 2019/09/11(水)
今の代表はパスを回して崩すのは前の代表よりは少し劣る。
その代わり前の代表より比較にならないくらい推進力がある。
試合の展開次第では前へ前へ進むだけでなく、ボールを回しながら遅攻しなければならないときもあると思う。
香川はそこで間違いなく生きる。
なんならそのサッカーなら久保との相性も合う。
日本代表としても、もうひと花咲かせてほしいな。

13 2019/09/11(水)
今年のリーガのサラリーキャップが発表されてサラゴサは756万ユーロ、ユナイテッド時代の香川なら1人でほぼ使い切るくらいの小規模のクラブに給料9割くらいカットしてまで香川が来てくれたらそりゃ嬉しいし期待するよね。
前節まではチグハグだった連携がドルトムントを彷彿とさせるワンタッチの連携やカウンターが出てきて楽しいチームになってきた。

14 2019/09/11(水)
ブンデスなら余裕で一部でやれたけどあえてスペイン二部で正解だったんじゃないか
香川を中心にチームが成長していくのを見るのは楽しい

15 2019/09/11(水)
ファーガソンが続投していたらManUでスターになった可能性が高いと思っています。大変惜しい思いを我々ファンもしています。が、スペインでの挑戦、2部からでもいいじゃないですか。今度は幸運を祈ります。

17 2019/09/11(水)
当たり前だがドルトムントのシグナル・イドゥナ・パークとは大きく違うなw
そのドルトやマンUなどでプレーしてきた香川が、スペインの2部では格が違うのもわかるしまだまだ老け込む歳でもない。
でも本人たっての希望でスペインに移籍出来たのだから、今シーズンはサラゴサを1部昇格に導いて来期以降に繋げて欲しいですね。

18 2019/09/11(水)
香川の挑戦にもワクワクするがこの記者さんの記事にもワクワクさせられました!良い記事!

19 2019/09/11(水)
素晴らしい記事だと思います。
現地の記事を張り付けるだけの文面が多い中で
これだけ現場の匂いと熱気を伝えてくれる記事はそうないと思います。
これからも新しい記事を期待しています

20 2019/09/11(水)
何万人ものサポーターから「シンジ カガワ」コールが起こるスタジアムを観たとき泣けた。中村俊輔のセルティック・パークもこんな感じだったのかな… と思う。
海外リーグのユニフォームを纏う選手の出で立ちだけでも格好いいと感じるのに、そのリーグでチームをトップに導く。凄まじいことですよ。色んな国を歩けば、「イチロー!」とか「ナカ!」という具合にそこで活躍するスポーツ選手の名前で声をかけられる。こんな遠い国で有名なんだ…報道より凄い…と感じる。
昨日のミャンマー戦の後半、ここに香川が居たらどうだったかな… とか一瞬考えた。代表は素晴らしくなったなぁと思うけれど、そこまでの実績をあげた選手はまだ居ない。
改めてサラゴサの香川を視たとき、年齢を重ねただけの逞しさを感じました。それは昨日のW杯予選では誰も持ち合わせていなかったくらいのオーラで。

22 2019/09/11(水)
いい記事だね!
かっこいいし凄く頼もしい。
香川の挑戦を応援しています。

23 2019/09/11(水)
久々に良い記事で最後まで読みました。サラゴサで永遠に語り継がれる活躍をして来期はぜひ1部で見てみたい!なんか活き活きしてるよ。

24 2019/09/11(水)
最初から香川もスペインに拘っていたけど、乾、中村俊、岡崎もスペインが夢だって移籍したね。
やっぱりサッカー選手として特別なものがあるのかな。
是非一度は現地で観戦してみたいとこの記事を見て思いました。

25 2019/09/11(水)
日本でこれだけ、努力してる、サッカー選手が、いるだろうかと言うぐらい努力が見えて、日本人として、誇りに思う。香川選手の挑戦、期待してます。がんばってください!

27 2019/09/11(水)
自分だけ昇格するのではなくサラゴサと一緒に一部に昇格してほしい。香川システムでどれだけ一部で活躍できるか楽しみ。

28 2019/09/11(水)
経験とたゆまぬ努力で30歳をすぎてからキャリアハイを迎える選手も最近では珍しくない。おそらくはじめてのスペインで語学力も十分ではないだろうけど、それでも誰よりも声を上げてチームを鼓舞し、誰よりも走り回る姿にはただ感動する。仮にシーズン途中で1部から引き抜かれたとしても、十分すぎるほどのものを残せると思う。頑張れ香川真司!

30 2019/09/11(水)
とても文学的な記事ですね
全盛期は過ぎたとてこれまでの香川のテクニックに魅了された人は多いはず
香川の行く末に幸多からんことを祈ります

31 2019/09/11(水)
選手にリスペクトがある良い記事!
アシスト未遂はドルトムントでもユナイテッドでも良く見たので香川には自分で決める意識をもっと持ってほしい。
もっとやれると思うし、期待しちゃう。

33 2019/09/11(水)
強い意志を持って 挑戦してほしい
彼の才能は
まだまだ 可能性に満ちている.......

34 2019/09/11(水)
テクニシャンが多いスペインは香川選手に合ってると思う。
来季はラ・リーガで見れることを期待したい。

35 2019/09/11(水)
必要とされる舞台で自分の能力の限界に挑む。
今の香川は純粋にサッカーを楽しんでいる感じ。

36 2019/09/11(水)
最高のサラゴサになってくれ。

37 2019/09/11(水)
素晴らしい記事ですね。
香川選手は成功を掴んでから、また挑戦していく姿勢が素晴らしいと思う。
応援したくなりますね。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ