20190905-00337159-footballc-000-1-view[1]

スポンサード リンク




 元ブラジル代表DFであるカフー氏の長男が、サッカーをプレーしていた際に心臓発作を起こして30歳の若さで命を落とした。ブラジル『グローボエスポルチ』など複数メディアが伝えている。

 カフー氏の長男であるダニーロ・フェリシアーノ・ジ・モラエス氏は、サンパウロ近郊の町バルエリで現地時間4日に友人たちと一緒にサッカーをしていた際に発作を起こした。病院へ搬送されたが死去が確認されたとのことだ。

 カフー氏が現役時代に在籍したクラブであるサンパウロやパルメイラスなどは、公式SNSを通してダニーロ氏の死去に追悼の言葉を述べている。

 カフー氏はブラジル代表の右サイドバックとして長年にわたって活躍し、1994年と2002年の2回のワールドカップ優勝などに貢献。ブラジル代表の歴代最多キャップ数記録(142)も保持している。

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190905-00337159-footballc-socc



1 2019/09/05(木)
割と最近まで現役だったイメージがあるから「もう30歳の息子がいたの?」と思ったけど、自身が19歳の時に産んだ子だったのか…

2019/09/05(木)
親より早くこの世を去るなんてカフーさんもショックでしょうね。

3 2019/09/05(木)
エンリケもそうだったけど、自分の子供を亡くすって、本当に辛いと思う。
心から御察し申し上げます。
自分のお金も過去の栄光もいらないから、生きていて欲しいと思うよ。

4 2019/09/05(木)
サッカー選手が心臓発作で亡くなるケースが多いような気がするのですが、何か関係があるのでしょうか。バスケ選手が心臓発作で亡くなるケースなどは耳にしたことがなくて..

5 2019/09/05(木)
右のサイドバックはカフー、左のサイドバックはロベルト・カルロス。凄い。凄すぎる。

6 2019/09/05(木)
子供を見送らなきゃいけないって、胸が張り裂けそうに辛いやろうね。

8 2019/09/05(木)
これは切ないな。子供が親を看取るのは順番だから仕方ないけど親より子供が先に逝くほど残酷なものはない。ましてサッカーしててだから尚更辛いね。

9 2019/09/05(木)
サッカー中の悲劇というのが何とも言えない。。

10 2019/09/05(木)
心臓の近くでボールを受けるなど心拍とのタイミングによっては心停止するらしい

11 2019/09/05(木)
心からご冥福をお祈りいたします。

12 2019/09/05(木)
息子さんはプロではなく草サッカーしてたのかな

14 2019/09/05(木)
ブラジル代表の最多キャップとは素晴らしい記録だ。

15 2019/09/05(木)
今まで見た中で、ディフェンスの選手の中で、特に足元の技術は最高だった!

16 2019/09/05(木)
カフー声高くて驚く。 関係ないけど

18 2019/09/05(木)
AEDがあれば…。

19 2019/09/05(木)
カフーといえばマリノスを思い出す。お悔やみ申し上げます。

20 2019/09/05(木)
1994年、1998年、2002年と3大会連続W杯決勝に行って2回優勝とか凄すぎ

21 2019/09/05(木)
まだ30歳の子供を、しかもサッカーで亡くすなんて、悲し過ぎる。

22 2019/09/05(木)
これはサッカーファンとしてショックだ。

24 2019/09/05(木)
お父さんはいつ心臓止まってもおかしくないほど激しい上下動していたんだけどな。

25 2019/09/05(木)
誰にだって間違いはあるよ!

26 2019/09/05(木)
大好きなサッカーで亡くなるなんて、、可哀想に。

28 2019/09/05(木)
30歳 若かっただけに残念です。
ご冥福をお祈りします。

29 2019/09/05(木)
カフーの息子が30歳である事にビックリ・・。ご冥福をお祈りします。

31 2019/09/05(木)
まさか愛するサッカーで愛する我が子を失うことになるとは…。

32 2019/09/05(木)
カフーは強心臓じゃなかった?

33 2019/09/05(木)

親より先に逝くなんて…
そんな親不孝、絶対ダメ…ダメなんだよ…
本人にどうしようもないけど…

34 2019/09/05(木)
フェヘール・ミクローシュ思い出した。

35 2019/09/05(木)
とりあえず薬物検査だな












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ