20190901-00870120-sportiva-000-1-view[1]

スポンサード リンク




「難しい試合になることは予想していた。実際に戦ってみて、スコアとしてはどちらが勝利してもおかしくなかった。運を味方にし、3ポイントを稼ぐことができた」

 敵地でヴィッセル神戸に2-3の勝利を収めた後、北海道コンサドーレ札幌のミハイロ・ペトロヴィッチ監督は正直に吐露している。

 試合の岐路となる判定があった。1-1の同点で迎えた後半7分、札幌は右CKを得ると、ゴール前は混戦に。これをジェイが巨体を生かして押し込んだ。

 しかしジェイは腕でボールにコンタクトし、ひじは神戸のディフェンダーの顔面に入っていた。なおかつ、ボールがラインを割ったかどうかも微妙。これに神戸の選手たちは猛抗議したが、判定は覆らなかった。

「手に当たったか、ゴールラインを越えたか、わからない。最近はアンラッキーな試合が続いていた。今日は運があったが、シーズンは長い」

 取材エリアに出て来たジェイは淡々と言った。試合結果に、判定が作用したのは事実だろう。しかし、神戸は単に不運で敗れたのか? 8月31日、ノエビアスタジアム神戸。2連勝で降格圏から脱していた神戸は、7位の札幌と対戦した。

 神戸は前節、アウエーでサガン鳥栖を1-6と粉砕。フェルナンド・トーレスの引退セレモニーを、自分たちの祭りにした。その主役は"トーレスの盟友"、アンドレス・イニエスタだった。変幻自在にポジションをとってプレーを動かし、決定的な仕事を連発。神がかったイニエスタに触発されるように、中心選手が黄金の輝きを見せた。

 この夜も、神戸は試合を支配している。ボールポゼッション率で上回り、相手陣内に攻め込む回数も多かった。前半43分には、押し込んだ展開から、右サイドからのクロスに田中順也がファーサイドで先制点を決めた。

「理想としているポゼッションに近づきつつある。相手よりも最後の3分の1まで多く攻め込むこともできた」

 神戸のトルステン・フィンク監督は言う。6月に監督就任以来、チームはどん底からは脱した。守りが安定し、攻撃が回り出すようになった。トーマス・フェルマーレン、酒井高徳、飯倉大樹、藤本憲明らの大型補強も競争力を高め、功を奏している。

しかし鳥栖戦と比較すると、札幌戦のプレー精度は格段に落ちていた。ボールを回していても、プレースピードが一定のため、誰も、どこも、マークが外れない。後ろで回す時間が長く、プレスをかけられての不用意なパスミスも少なくなかった。それが、相手にセットプレーを与える結果にもなっていた。

 対照的に、札幌は戦術的成熟度の高さを見せている。とくに後半は前線の3人を2トップにし、チャナティップが一つ下がり、神戸のアンカーであるセルジ・サンペールを潰す布陣に変更。これによって、神戸のビルドアップを狂わせた。

 神戸は昨シーズンから監督がころころ変わり、成熟度は低い。その分、適応する柔軟性に欠ける。田中順也の同点弾で追いついたものの、セットプレーから再び一発を喰い、終盤はフェルマーレンを前線に上げるパワープレーしか打つ手がなかった。

<イニエスタの「不在の在」>

 そう言わざるを得ない試合展開だった。鳥栖戦での全力プレーの代償か、スペインのエースはケガに見舞われ、この日は出場していない。

 イニエスタは要所で起点になることができる。絶妙なタイミングでエアポケットに入り、体を振って視線を変えながら幻惑し、「チャレンジにいけない」と対戦相手を悩ませる。事実、飛び込んだら、ほぼ間違いなく入れ替わられる。しかし誰も来ないと、イニエスタは悠々とボールを運び、相手をギリギリまで引きつけ、それによって空いたスペースや味方へ絶好のパスを送る。

「アンドレス(イニエスタ)に預けられる」

 その信頼感が、各自のプレーも確信に満ちるのだ。まさに「イニエスタが戦術」だが、それがひとつの限界点にもなっている。イニエスタがいない状況をどう克服するべきか。それは神戸の今後の戦いを左右する課題だ。

 試合後、イニエスタの次に圧倒的な実力を示しているベルギー代表DFフェルマーレンに話を聞いた。

――イニエスタがいるときといないときで、あまりにプレーレベルが違う。

「今日、アンドレス(イニエスタ)がいれば、と思ったのは事実だよ。彼はクリエイティブな能力がある。簡単にチャンスを作り出せてしまうから」

――イニエスタは別次元の選手ではある。

「そうだね。本当に信じられないプレーをする」

――あなた自身、チームの戦いを大きく改善しているが......。

「僕は全力を尽くすだけだし、培ってきた経験で貢献できたら、と思っている。でも、自分次第というのはない。僕はチームのためにプレーするし、それはアンドレスも同じはずだ」

 フェルマーレンは簡潔に答えた。イニエスタの存在は圧倒的だが、結局は各選手がチームのために自分の持ち味を出すしかない。現状ではプレーモデルを確立するまでに至らず、それはチームの不安定なマネジメントのツケだ。

「自分が(神戸に)来てから3連勝したことがない。まずはそれが目標」  イニエスタはそう言っていたが、またしても記録は2連勝で途切れた。残り9試合。神戸は、「不在」と「在」の間での戦いを余儀なくされる。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190901-00870120-sportiva-socc&p=1



1 2019/09/01(日)
来季以降もイニエスタの稼働率は6割強あれば良い方だろう。
ソレを考えると、イニエスタ抜きでも勝ち点を積み上げられるチームにならないとJ1制覇は不可能。
ただ、昨日の試合を観ると、異次元選手イニエスタが抜けた影響は大きいものの、神戸が札幌のような強いチーム相手にも十分に戦えるようになってきたことにも注目したい。誤審がなければ神戸の勝ち、最低でも引き分けには持ち込めた可能性は低くない。
イニエスタは重要な選手だが、神戸がチームとしてもっと連携面などを強化してチームとしてもっと進化するとJ1がもっと面白くなる。
ぜひ頑張ってください!!

2 2019/09/01(日)
サンペールのパスミスが多かったり、
流れを変える選手交代で藤本を投入したけど、
昨日のポジションなら
郷家の方が良かったかなと思った。
まだ、藤本は遠慮している感じだし・・・。
良さが出てない。
昨日はサイド攻撃が多く、真ん中で受ける選手がいなかった。
サイドに流れて、苦しくなると後ろへパスをする回数が多く
札幌もやりやすかったと思う。
誤審問題は残念だけど、
札幌は強かったと思うし、
神戸も悪くなかったと思う。

3 2019/09/01(日)
イニエスタが不在のときに難しい試合になるのは仕方ない。それほどの選手だからね。
問題はいかに失点を防ぐか。毎回3点も4点も取れるわけじゃないしイニエスタがいなければ尚更だろうから、0に出来ればそりゃ理想だけど神戸の攻撃力があれば複数失点さえ防げば引き分け以上に持ち込める力はあると思う。

4 2019/09/01(日)
十分よくやってたと思う。支配率であそこまで札幌を圧倒できるチームは今ないからね。パス成功率も八割超えてたし。逆にイニエスタいたら守備が疎かになる分札幌に圧倒されてた可能性もあると思うよ。札幌との差は監督のJリーグへの理解度かな。低レベルな審判への理解と適切な選手マネジメントが出来てれば3失点はなかった。

5 2019/09/01(日)
まぁ確かに最後の崩しの部分では、イニエスタ不在の影響は大きかったと思うけど、今までのイニエスタ不在のゲームの中では、一番質が落ちていない内容だったと思う。

7 2019/09/01(日)
ある意味仕方ない事。
ただ、相手あっての事もあるが、複数点を取れたのはデカイ!
後は点を取った後、スーっと集中力が抜ける所があるので、ポイントはそこではないか?
まぁ、前ならズルズル失点を重ねていたんだから、監督が言う様にドン底からは脱してるんじゃないか?

8 2019/09/01(日)
イニエスタ不在はしょうがない何処のチームにも居る所には居る。
これからもお金を使い続けるなら、日本を代表するチームにいつかはなると思うしなって欲しいです。

10 2019/09/01(日)
現地で見てたけどイニエスタは唯一無二。特に影響大なのは古橋。サンペールも人が変わったようになる。イニエスタ頼りからは脱却出来ないよ。それくらいのプレイヤーだもの。

11 2019/09/01(日)
実際鳥栖戦のイニエスタはピッチ上にいる22人の中で1人だけ完全に次元が違った。
ただ神戸はそれ以外にも素晴らしい選手が多いから、今後はイニエスタ無しでも勝てるようにならなきゃいけないと思う。

12 2019/09/01(日)
2点は取ってるんだから失点の問題の方が大きいと思うんだが
誤審は差し引いてもね

13 2019/09/01(日)
昨日の札幌は戦術的にも食いついて守備をすると神戸の術中にはまるのを考えて引いて守ってた。

14 2019/09/01(日)
理想としては、イニエスタの後継者を育成から育てられれば良いけど。
イニエスタのポジションにそのまま入れる選手が育てば良いね。

16 2019/09/01(日)
イニエスタ頼りということは、イニエスタを活かし、イニエスタに活かされてるという事だから、神戸の最初の段階としては間違ってない。
これまでは大物を連れてきても活かすことすらできないチームもたくさんあった訳だし。

17 2019/09/01(日)
イニエスタは試合に出るとすげえのは当たり前
でも、年齢的に欠場が多目になってしまうことも、人間なんだから当たり前
どっちもイニエスタという選手を考えれば誰でもあらかじめ簡単にわかること
ということは優勝とかACLを本気で狙うなら、あらかじめイニエスタ欠場の場合も勝てるような対策をしておかないと、かなり厳しいと思う

18 2019/09/01(日)
選手も歳をとるって事を忘れずに。補強補強じゃ恒久的な強さは得られない。夢を与えるチームが必ずしも強い訳じゃないと思うよ。

19 2019/09/01(日)
選手が良くても戦術がないから長続きはしないと思います

21 2019/09/01(日)
すごく面白い試合だった。札幌は粘り強いが、神戸の方がイニエスタ不在でもよかった。ジェイはハンドと肘打ちファウルで、本来イエロー2枚目で退場。逆に終了間際のゴール前ハンドPkも流した。審判は難しい仕事だが、たくさんの人の迷惑になるので、あのレベルで采配するのはやめて欲しい。

22 2019/09/01(日)
まぁしょうがないと言えばしょうがない。
あのバルサですらイニエスタが居なくなった影響は大きいからね(笑)

23 2019/09/01(日)
そのためのイニエスタなわけで、イニエスタがいなくても、やれるならイニエスタいらないじゃん?ってなる。
イニエスタかいるから流れや状況が一変するわけなんだから、イニエスタがいるの時と比較したりする意味がない。
もちろんいないならいないなり、って、今はしていくしかないと、思う。そこは練習でイニエスタやビジャがいるパターンといないパターンで練習して掴んでいくしかないと思う。

24 2019/09/01(日)
あのバルサですらメッシいないと別チームになるんだから、バルサ目指してる神戸が主軸のイニエスタ抜けたら酷いことになるのは目に見えてた

26 2019/09/01(日)
イニエスタが怪我しましたで出てくるのが20歳の若手って層薄ない?

27 2019/09/01(日)
もう降格は無いんだし、あとは来期に向けての強化期間でしょ。騒ぐほどのことではない。

28 2019/09/01(日)
3失点目とかも含めてまだまだ優勝争いするクオリティまで来てないかな。チャナティップがフェルマーレンや山口を翻弄していた。そういう難敵が札幌以外にもまだある。鳥栖浦和に完勝出来たといえどそう甘くないよ。

30 2019/09/01(日)
今後の課題やな

31 2019/09/01(日)
Jリーグが拮抗してるように、選手レベルも同程度だもんね

32 2019/09/01(日)
やっぱり小宮やと思ったわ

33 2019/09/01(日)
イニエスタ依存症は修正しないといけない。

34 2019/09/01(日)
しかし、サッカーってのはつくづく難しいスポーツだな。
大金つぎ込んでいい選手取ってきたって、このザマだもんな。しかも、世界的な名選手に日本代表とか揃えての上だもんな。

35 2019/09/01(日)
思いつくだけでもチャナを札幌から取るとか、酒井をイニエスタの所に置いてフェルマーレン、オマリ、ダンクレー、西にしたら強い

36 2019/09/01(日)
負け続けた時はイニエスタみたいな全盛期過ぎた選手が足引っ張ってるって言ってたヤフコメ多かったのに、今度はイニエスタがいないと勝てないって、なんてテキトーな奴らの多いこと(笑)













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ