20190830-00010004-footballc-000-7-view[1]


スポンサード リンク




 日本代表MF香川真司がスペイン2部サラゴサへ移籍し、中心選手として活躍している。ただ、リーグのレベルに対して少々オーバースペック過ぎるのではないかという印象もある。そういった選手のクオリティとマッチしない可能性のある環境へ移籍することの是非とは。(文:舩木渉)

 日本でかつてこれほどまでにスペイン2部に注目が集まったことはあっただろうか。

 この夏、昨季まで同国1部のヘタフェで10番を背負っていた柴崎岳が2部のデポルティボ・ラ・コルーニャへ移籍。さらにボルシア・ドルトムントで居場所を失っていた香川真司も、2部のサラゴサへ移籍してスペイン挑戦の夢を叶えた。まだ選手登録は済んでいないが、レスターの一員としてプレミアリーグ制覇の経験を持つ岡崎慎司もマラガと契約を交わしている。

 彼らはいずれも日本代表で中心的な役割を果たしてきた、あるいは現在進行形で主力を担う選手だ。欧州のトップリーグや国際舞台での実績も豊富で、香川や岡崎に関してはチーム内で最も市場価値の高い選手となっている。

 欧州の市場では少しでもパフォーマンスが落ちれば、あっという間に居場所がなくなってしまう。競争の激しさは日本国内の比ではないし、遅れを取ればすぐに忘れられてしまう。常に自分の存在をピッチ上のパフォーマンスをもってアピールし続けなければ生き残っていけない世界なのは間違いない。

 時の流れの早さも実感する。テクノロジーやトレーニング手法の発展にともない選手寿命が伸びる一方、猛烈な勢いで成長してくる最新の戦術を身につけた若手の台頭や有望株の青田買い合戦は激化の一途を辿り、それにともなって選手の入れ替わりも激しくなっているのだ。

 いまや欧州トップレベルのクラブでは主力のほとんどが20代前半で、15歳や16歳で破格の高給を受け取りながら最高峰の舞台に立つ選手も珍しくない。彼らは1990年代後半の生まれ、あるいは2000年代生まれの選手たちだ。

 逆に少し前まで年齢を気にすることすらなかった香川や岡崎は、いつのまにかベテランとして扱われる。前者は1989年生まれの30歳、後者は1986年生まれの33歳。彼らだけではなく、30代に入ったばかりで脂の乗った選手が、すでに第一線では忘れられた存在になっているのは少し寂しい。

●香川に重なる2年前の柴崎の姿

 1992年生まれで「プラチナ世代」の一員として注目されてきた柴崎も、もはや中堅と言われる年齢になった。数年後には欧州市場の中で存在感はさらに希薄になっているかもしれない危機感は当然あるだろう。

 だが、彼らはまだまだ輝ける。スペイン2部が決してレベルが低いリーグだとは思わないし、むしろ非常に競争力のある難しいコンペティションだと考えているが、選手として今後のキャリアをどう描いていくかという観点で、ちょっとした疑問が湧いてきたのも事実だ。

 特にサラゴサでの香川を見ていると、どこか2017年のテネリフェ時代の柴崎の姿を思い出す。

 当時海外初挑戦だった柴崎は、適応に時間こそかかったものの、ピッチ上ではすぐに周囲の信頼を勝ち取った。いつの間にかテネリフェは柴崎なしでは戦えないチームになっていて、すべての攻撃が日本人MFを経由して成り立つほどに欠かせないキーマンとなった。

 おそらく渡欧したばかりで今ほどスペイン語も流暢ではなく、周囲とのコミュニケーションを図ることは容易でなかっただろうが、サッカーの実力で自分の存在を認めさせたのである。結局、テネリフェは1部昇格プレーオフに進出してヘタフェと最後まで昇格を争った。柴崎は次のシーズン、プレーオフの対戦相手だったヘタフェに引き抜かれてスペイン1部の舞台に立つことになる。

 もちろんどこまで“個人昇格”を意識してテネリフェ行きを選んだかはわからない。スペインへの挑戦を望んでいた柴崎は、移籍市場閉幕のギリギリまで粘って離島の2部クラブとの契約にこぎつけた。そこでしっかりと実力を証明して、1部への階段を登ったのだった。

 香川はどうだろうか。彼にしてもこれまでスペイン挑戦の夢を隠すことはなかったので、ある意味その夢が叶ったとも言える。だが、2部だ。ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドでチャンピオンズリーグの舞台にも立ち、ヨーロッパのトップリーグで十分に戦えるクオリティと価値がありながら、おそらく金銭的な条件面でも相当なマイナスがあるはずの環境に飛び込んだ。

 もちろん近年は継続的な出場機会に恵まれず、昨季後半戦にレンタル移籍していたトルコ1部のベシクタシュでもベンチスタートが多かった。実戦から離れているというマイナス要素こそあれど、スペイン2部で香川はオーバースペック過ぎるのではないかと感じる。

●2部でプレーすることの是非

 実際、サラゴサ加入時にスーパースター的歓待を受けた香川は、瞬く間にポジションを勝ち取った。ビクトル・フェルナンデス監督からトップ下を任された背番号23の日本人MFは、言葉の壁もありながら、ピッチ上では別格の技術とプレービジョンを見せている。

 攻撃時にボールは自然と集まってくるし、守備でも身振り手振りを交えながら周りに指示を出す。すでに初ゴールも挙げ、信頼は確固たるものになっている。地元メディアによれば、指揮官も「彼の順応には目を見張るものがある。とても謙虚で、言葉はまだ難しいようだが、いつも笑っていてグループの中に溶け込んでいる」と香川の振る舞いを絶賛したという。

 とはいえ、もはやそこに競争はないのかもしれない。実力があるからといえばそれまでだが、基本的に試合に出られる状況が保証されていることをどう捉えるか。トップコンディションを保つため、再び市場価値を高めるため、ステップアップを狙うためには常に試合に出られる環境は重要だが、競争がないことによって選手としての何かしらの殻を突き破るような成長があるかは微妙なところだ。

 クラブにとってそのレベルを超越した選手が加入することは願ったり叶ったりだろう。香川は当然スペイン1部でのプレーを目指していただろうが、満足のいくオファーがなく、あえて2部を選んだのかもしれない。

 だとすれば、サラゴサで継続的に出場を重ねることで自身の価値を証明し、短期間での“個人昇格”や、チームを昇格させての1部参戦を目論んでいてもおかしくはない。とはいえそういった将来は何も保証されているわけではない。与えられた環境で掴み取らなければいけないもので、現状から大きくブレイクスルーしなければ、チャンスは巡ってこないかもしれない。

 また、国際Aマッチウィークに中断がなく試合が行われる2部リーグでのプレーは、日本代表に返り咲くためには障害にもなりうる。クラブとして選手の供出義務があるため日本代表招集に応じなければならないが、離脱している間にポジションを失ったり、チームの成績が落ち込んでいたりする可能性もあるのだ。

 香川にはまだまだ輝いていてほしい。かつてのように溌剌としたプレーをトップレベルの舞台で見たい。もちろん本人がスペインでのプレーに喜びを感じているなら素晴らしいことだが、将来を考えれば、2部への移籍を手放しで喜んではいけないのではないだろうか。

(文:舩木渉)
フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00010004-footballc-socc



1 2019/08/30(金)
ファブレ監督の構想外になっただけで、ブンデス一部のクラブは香川を欲しいクラブもあったはず。
監督次第なところもあるので、沢山あるオファーの中から監督の熱意を感じたサラゴサを選択したんでしょうね。
スペインが夢だと公言していたし、香川自身も楽しそう。
多少コンディションが悪くても使ってもらえてるし、今は一部に昇格することを一番に考えていると思うので頑張ってほしい。

2 2019/08/30(金)
スペインのメディアでは好条件の1部クラブ含む10クラブがオファーしてたって報道されてるしその中には久保のマジョルカの名前を出してた記事もある。
今の香川の発言では長期的にモチベーションを保つことがスペイン以外では困難でそのスペインの中で最も監督が求めてくれたのがサラゴサだったと言ってるから二部とかもはや気にしてすらいないと思う。
とにかく香川の良いプレーをスタメンで見れれば二部でも別にもう気にならない

3 2019/08/30(金)
歴代の日本人選手としては最高評価を受けてきた香川としては、どんな好条件よりもどうしてもスペインでやりたかったのだろう。選手生命も残りわずか。悔いの残らない選択をしたのだと思う。
リーガはEU圏外枠が3人しか認められていないので、ほとんどのチームが南米選手にその枠を使う。外国人枠が事実上ないに等しいドイツと違って、完全なる助っ人扱い。日本人選手がその3枠に食い込むためには、相応の評価が必要になる。
もう少し年齢が若ければ、ビッグクラブへの移籍金狙いで獲得してくれる中堅クラブもあり得たが、香川の年齢ではそれも難しい。今現在のパフォーマンスをそのまま評価されるということ。
スペインでの適性は2部でも評価してもらえると思うので、圧倒的な存在感を示していけば、1部クラブから声がかかることも十分にあり得る。
そういう観点では、何年もリーガで活躍している乾は特筆すべき存在だ。
2人とも頑張ってほしい。

4 2019/08/30(金)
2部程のチームじゃなきゃここまで使ってもらえなかった可能性もあるし
試合勘を取り戻すという意味でも2部への移籍は正解だったと思うけどな
出れない1部より出れる2部だと思う
1部のチームにいても今みたいにボールが常に香川に集まってくるような状況にはならないと思う

5 2019/08/30(金)
言わんとしてることは分かるけど、それを述べることにどんな意味があるのであろう。プロサッカー選手はチームと契約し監督が試合で使うかどうかが全てだ。過去にどこでとんな実績があるかなんて関係ない。現在の話だ。
香川の理想があっても、上の両者をクリアしない限りはどうしようもないない。これが今の現実だ。少なくても、本人が楽しみながらトライしようとしているんだから、ファンならそれを見守って応援すれば良い。代表にも復帰しようと全力で毎日を送っているはずだ。今回の代表選出メンバーからは外れたみたいだけど、諦めてないと思うよ。

6 2019/08/30(金)
とりあえず今後すこしでもいいクラブに移籍する為には今いるチームで無双する位の活躍が必要で、そういう意味で今回の香川の選択は正解だった!

8 2019/08/30(金)
香川真司自身の意志を尊重したいです。
いろんな意見があるが、今は安定して試合に出れることが何より重要。
コンディションが上がってくれば、それこそ2部に値しないプレーの連続を目の当たりにすることだろう。
これからに期待している‥‥

9 2019/08/30(金)
香川はスペイン1部への夢は諦めてないと思う。
ただ、移籍が夢ではなくスタメンとして試合にコンスタントに出れることが目標だと思うので、ドイツ他クラブへ移籍するより2部ではあるがスペインへ移籍した方が1部へ移籍しやすいと考えたのかもしれない。

11 2019/08/30(金)
マネーゲーム化した移籍市場の影響か、相対的に将来性ある若手重視でEU枠外のアラサーは非常に厳しい環境
香川もここ何年もレギュラー取れてない…
助っ人で数字残してもあまり評価されない…
だったら2部でも必要とされる環境でガンガンやって欲しい!
ある意味後が無くなったわけだが、もしも香川の活躍で一部昇格なんてことなったらアラサー世代の移籍でこれ以上ない前例になるのでは?
何よりファンとしては今の香川が毎試合出たらどれだけ数字を残せるのか、非常に興味深い!
活躍の心配はしてないが、怪我だけはしないで!

12 2019/08/30(金)
香川にとっては良い移籍になったと思う。
給料も減り、2部ではあるがコンスタントに試合に出れる環境になった。
代表でアピールすることより今はサラゴサを1部昇格を目指して頑張って欲しいと思う。
親善試合やキリンカップみたいなのに無理に代表に帰って来ない方が良い。
時差ボケで調整に時間がかかったり体調を崩したり、怪我でもしたら全く意味がなくなる。
今はサラゴサでレギュラーを張って活躍することで全てがついてくると思う。

13 2019/08/30(金)
そもそも昨シーズンから一部のチームにトップ下の空きがあるところがなかった。なので二部でも移籍して近年失っていた出場数を稼ぎたいというのは理解に値する決断。一旦給与を下げることにもなるが、それが個人昇格の時に逆にネックにならなくなる。
一部からのオファーもあったみたいだけど、外国籍枠も少ないスペインで控えで出場数が少なくなる危険性もある。一年頑張って語学も適応したところを見せれば他のチームも手を伸ばしやすくなるでしょう

15 2019/08/30(金)
もっと前にスペイン行って欲しかった。なんとなく香川にはスペイン合ってるなと。二部でも大活躍して欲しい!
DFもスペイン移籍して欲しいね、バルサやレアルマドリードの攻撃陣と闘って欲しいんだよね!

16 2019/08/30(金)
今でイイと思うんだけどな・・・
確かに、香川は輝かしいメガクラブに所属していたので都落ちはしてるかもしれないけど、選手なんだからコンスタントに出れないより新たなトライは個人的に賛同ですね。
リーガ1部でもトップ3以下の中堅クラブは対戦相手はレベル高いがクラブ自体はやはりトップクラブに見劣りするし、
オファー出来る資金が無いから色々と問題が出てくる気がします・・・
部でも輝かせる自分をコンスタントにプレー出来ればまたメガクランがオファーしてくれる、その時点で香川が再度トライするか?考えて欲しいと私は思います。

17 2019/08/30(金)
落ちたと言われたパフォーマンスを披露する場がトルコではダメだったと言う事。最終の目的はスペインリーグの1部だしトルコではそのアピールには最適ではなかったと言う事でしょう。チームを一部にあげる事も目標では有るが自分のパフォーマンスが1部チームの目に止まれば移籍と言う事もありえる訳で。他のリーグ1部でそこそこ頑張ったとしてもその輝きはなかなか3大リーグには届かない。

18 2019/08/30(金)
どんなBIGクラブに移籍してもベンチ外なら中堅や2部でもレギュラーででる方がいいと思うのは素人考えなのかね?
特に香川選手の今までを見てるとそう思うんだけど
まだまだ老け込む年じゃないし最低5年はやれるはずだし頑張ってほしいケドね

19 2019/08/30(金)
リーガは外国人枠があって結果残さないと厳しいけど、やり甲斐もあるだろうね。
二部では間違いなくビッグネームで警戒されると思うけど、頑張って。

20 2019/08/30(金)
これ面白いのは、サラゴサは一部に戻ってさえしまえば、テネリフェやマラガなんかと違ってある程度中位につけれるクラブであるという部分でいうと、そんなにまずい選択ではないと思う。
むしろ腰を据えて、今季なんとか昇格を果たして、来シーズンもサラゴサで迎えてどこまでやれるかで香川の評価は決まる気がする。

22 2019/08/30(金)
ここで、香川にはゴールにこだわって欲しい。ゴール量産すれば、半年でスペイン1部のクラブからオファーが来るかもしれない。ゲームメイクもいいけど、やっぱりゴールという結果が一番。

23 2019/08/30(金)
年齢、EU外枠が3つしかないという時点でスペインの敷居は日本人選手にとって極めて高い。
しかし、これだけの実績と名誉がありながら、憧れのラリーガとはいえ、2部に挑戦するハートは大したもんだと思うよ!
願わくば、シーズン通して結果を出して新しい未来を切り開いてほしいもんだ。
 
24 2019/08/30(金)
エルチェの監督も香川は別のレベルにいると言っていた
本来なら一部でやれる選手
期待に応える活躍をしてほしいわ

26 2019/08/30(金)
1部のチームだと、先発で毎試合出れるか分からないし、言い方悪いけど「王様」扱いになるぐらいのチームのほうが充実感があるんじゃないかな。
まぁ、王様は言いすぎだけど、とにかく主力として考えてくれるチームだから良かったと思う。

27 2019/08/30(金)
チームに必要とされて本人がやりたい場所でできればいいと思う。最後は本人次第だし。周りがとやかく言う事じゃないと思う。応援するのみ!フットボールチャンネルのこの記事書いた人は記者引退をお勧めします。本人次第だけど。

28 2019/08/30(金)
チームは香川を「局面を変える存在」と見ているだろうし、決定的な仕事をして当然、とサポーターは思っているはず
質が違うだけで、香川にかかるプレッシャーは言うほど小さくはないと思うけど

30 2019/08/30(金)
「すでに2部のレベルを超越」「オーバースペック」
香川に関しては、まだ数試合しかしていないのに評価を下すのは早い気がする。
リーガの2部はそんなに簡単ではない。足下の技術は通じるけど戦術理解が求められ日本人選手は苦しんできた。
シーズン通して継続的に結果を残す事が必要。

31 2019/08/30(金)
スペインで2部だが、これだけ出来るってアピールすることでも良かったと思う。
2部で無双したらサラゴサが仮に昇格出来なくても1部のクラブからオファーあるかもしれない。

32 2019/08/30(金)
香川自身は、生き生きとしていて楽しそうだけどな。

33 2019/08/30(金)
2部とはいえスペインでやればスペインの上位クラブに誘われてランクアップ出来るかもしれないし、
出来なくても来期1部に上がれる可能性のあるスタメンで出れるチーム
という意味で正解だと思う。

35 2019/08/30(金)
ドルトムントは居場所はなく、スペイン1部からは本気で求めてくれるチームがなかったのだから正解もなにもない。サラゴサで活躍して1部昇格しか香川に残された道はなかった。
そして我々は応援するのみ。

36 2019/08/30(金)
香川の場合は監督の好みでチームを出ないといけなくなった。
それを思えば、今の監督は香川をきちんと評価している。

38 2019/08/30(金)
香川の選んだサラゴサも柴崎・岡崎のデポルティーボやマラガもかつてはプリメラの常連・強豪で伝統があり、スペインでは実質準1部的なクラブです。あまり他国と比べてもしょうがありませんがプレミアやブンデスの下位クラブより実力的には見劣りしませんし経験としてそこらに行くよりも得られるものは多いと思いますよ。UEFA国ランキングではスペインはずっとブッチギリの1位の国なんですから。。。













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ