20190822-00212051-soccermzw-000-13-view[1]


スポンサード リンク




◆世界的スターが加入1年足らずで引退 鳥栖同僚や監督がその人物像を証言

 2019年6月21日、元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが突然の現役引退を発表した。サガン鳥栖に加入してからわずか1年足らずでの出来事。確かに全盛期に比べるとスピードや持久力などは落ちたかもしれない。それでも十分にJ1でプレーできていただけに、誰もが「なぜ?」と思ったに違いない。チームメートで同胞のFWイサック・クエンカも「もっとできるだろ!」と言ったが、トーレスの決意は固く、聞き入れてもらえなかったという。

「自分の中にサッカーのレベル、パフォーマンスのレベルがある。決断した理由としては、そこに到達できていないという疑問があった。オプションで残り1年あるが、最後までやり遂げるより、そこのレベルに到達しているなかで終えたい」

 これが、トーレスが引退を決めた理由だ。サッカーをはじめ、多くのことに対して誠実に取り組んできた彼らしい決断だと思えた。今季終了時という選択肢もあっただろうが、彼はそれを良しとしなかった。スペイン代表でワールドカップ優勝など数々の栄光をともに勝ち獲ってきたMFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャを擁する23日の第24節ヴィッセル神戸戦を自らの引退試合に選んだ。

 この1年でトーレスは、鳥栖というJ1で一番小さなホームタウンを持つクラブに何をもたらしたのか。

 最も大きかった効果は、鳥栖を世界に知らしめたことだろう。トーレスの加入が決まった昨夏、鳥栖はJ1に昇格して7シーズン目。リーグ戦をはじめ、カップ戦のタイトルを獲得したことのない単なる地方クラブだった。そんなクラブに世界的なスーパースターのトーレスが加入したことは「衝撃」だった。鳥栖を率いる金明輝監督はこう話す。

「世界的に(サガン鳥栖を)認知してもらった。日本の中でもアウェーに行ってもスタジアムがいっぱいですし、ホームでもお客さんが増えた。そういった意味ではサガン鳥栖というクラブを広めてくれたのが第一にあると思います。世界でやってきた経験や取り組む姿勢、彼くらいの選手が練習でも手を抜かないとかそういった部分は今後、サッカーをしていくうえで選手たちにとっていい経験になっていくと思います。あとは試合に出てもそうですけど、一生懸命やってくれる。なかなか点を取らせてあげられなかったのはありますけど、いい準備をして積極的に取り組んでくれたのは他の選手にできない、残してくれたものだと思います」

◆フェアプレーのなかで見せたプロフェッショナルとしてのあるべき姿と勝利へのこだわり

 練習や試合などサッカーに取り組む真摯な姿勢は、トーレスを語る時に誰もが口にする。元日本代表であり、日本プロサッカー選手会会長のMF高橋秀人もその1人だ。さらに高橋秀人はこう付け加える。

「プロとしてあるべき姿を示し続けてくれた。例えば、審判にフェルナンドが意見を言いに行くことが顕著に見られました。これはサガン鳥栖のユニフォームを着た以上、勝つために審判をリスペクトしたなかで、『今のジャッジは違うんじゃないか?』と毅然とした態度で物を言うというのは、サガン鳥栖に欠けていた部分でした。それに、ボールを絶対に取られないとか、ボールを取られたらファウルをしてでも取り返すとか、本当にサッカー選手として当たり前のことですけど、時間の経過やマンネリ化が起きるなかでそれを示し続けるのはすごく難しい。本当に彼はそれを示し続けてくれた」

 これだけでなく、トーレスは今後の高橋秀人にも影響を与えている。

「フェルナンドがいなくなった後に、『この局面でフェルナンドだったらこうするだろう?』と自分の中で思い描きながら、これからの僕のサッカー人生における指標として、サッカーをしていくだろうと思います」

 数々の経験を積んできた高橋秀人のサッカー観にも影響を与えるトーレスだけに、若い選手への言葉は絶大だ。高校3年生でありながらプロ契約を結んだ松岡大起は、トーレスからこんな言葉をかけられたという。

「(周りから)どんなに言われてもプレーするのは自分。自分を信じて、自分が思ったことをやるべきだ。ミスをしてもいいし、ミスの数だけ成長できる。ミスを恐れずやってほしい」

◆現主将の福田は「すべてに対してリスペクトできるし、誇りに思ってやれる」と感謝

 その言葉を胸に、18歳の松岡はハツラツとしたプレーをピッチ上で見せ、試合を重ねるごとに存在感を大きくしている。今季途中にトーレスを含む5人のキャプテンからその座を受け継ぎ、トーレスのJリーグ初ゴール(18年8月26日・第24節ガンバ大阪戦)をアシストしたキャプテンのMF福田晃斗は、その存在をこう語る。

「本当のスター選手で、僕もテレビで見ていた。一緒にプレーできるとは……。アシストした時もすごい反響がありましたし、一緒にプレーすることで、みんながいろんなところから評価を受け、注目される。そういう面でも僕らにいい影響をもたらしてくれた。この前(8月14日)の天皇杯3回戦・柏(レイソル)戦もそうですし、去年の残留争いの(横浜F・)マリノス戦もそうですけど、大事な試合で点を取れるのは“持っている”だけじゃなくて、それが実力。勝負強さを備えた選手だと思う。まだまだ世界のどこでも行けた選手だと思うなかで、サガン鳥栖での引退を決めて、最後に一緒にプレーできたことは光栄だし、彼のすべてに対してリスペクトできる。これからも誇りに思ってやれる」

 こんな偉大な選手がチームに加わったことで、鳥栖のサッカーは変わったのか――。結論から言えば、それは「ノー」だ。ハードワークすることや球際で激しく戦うという“鳥栖らしいサッカー”にブレが生じることはなかった。だが、その質に関しては、少なからず影響を与えている。再び、福田の言葉を借りよう。

「フェルナンドがファウルした時も、『これくらいでファウルなのか?』という雰囲気を出している。世界では、あんな感じで行ってもファウルじゃないところもあるのかなと感じた。それを間近で見られたのは、自分たちにとってプラス」

◆最古参の高橋義希も証言「大きな都市じゃない鳥栖に来てくれたことは大きい」

 鳥栖で通算14年目となるMF高橋義希は、クラブの良い時も悪い時も知っている。彼はトーレスのことをどう思っていたのだろうか。

「あれだけのスター選手なのにあの人柄だし、練習への取り組みや準備、振る舞いなど素晴らしい。ああいう選手が鳥栖の地、大きな都市じゃないところに来てくれたことは大きいですよね。スターなのにわがままを言うことはまったくなく、そこも尊敬できました。誰よりもジムワームをやっていましたし、あれだけやらないとああいう強い体にはならないのかなと、特に若い選手の刺激になったと思います」

 情熱にあふれるプレー、そして誰もが認め、尊敬できる人柄の良さ。だからこそ、トーレスは世界中から愛されるスーパースターになった。そんな彼が、ついに8月23日の神戸戦でラストマッチを迎える。“神の子”トーレスのラストプレーを、しっかりとその目に焼き付けてほしい。

荒木英喜/Hideki Araki

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00212051-soccermzw-socc&p=1



1 2019/08/22(木)
サッカー史に残る偉大な選手が
日本で、鳥栖という地方クラブで引退する事に
寂しさと同時に、大きな感謝を感じてます。
ありがトーレス。

2 2019/08/22(木)
「(周りから)どんなに言われてもプレーするのは自分。自分を信じて、自分が思ったことをやるべきだ。ミスをしてもいいし、ミスの数だけ成長できる。ミスを恐れずやってほしい」
これを言われるのはありがたいね

3 2019/08/22(木)
何れにせよ「トーレス後」に鳥栖はどうするのか、この選手を活かすも殺すもそれ如何だろう
現在やってるサッカーは熱くて好きなのだが限界はある
今後ますます質を高めていけるか

4 2019/08/22(木)
サガン鳥栖にとっては、多額の年俸が発生してしまっただろうし大きなスポンサーが途中で撤退したので負債はたしかにある。
でも、今までビッグクラブにいた選手がしかも真面目にサッカーに取り組む姿勢や試合について近い距離で習得することは大きかったと思う。
トーレスが来たことによって、サガン鳥栖に関心を持つ人も増えたし、イニエスタとトーレスの共演がJリーグでできた功績は宝と言ってもいいと思う。
クラブとしては順位が思わしくない結果ではあるが、トーレスがもたらしたサッカーに対する思いは周りの選手の成長につながるのではと思ってます。
他サポですけど、やはりトーレスは見たかった選手なのでサガン鳥栖には感謝しかありません。

5 2019/08/22(木)
ほんとに鳥栖に来たよ!!
っていう衝撃はすごかったけど、やっぱり一緒にプレーした鳥栖や
対戦したJの他チームの経験はそれ以上だよね。
晩年ではないプレーを見せてくれたことには感謝しかない。
ぜひ、この流れを風化させずに、強豪クラブになってほしい。

7 2019/08/22(木)
スポーツ選手の引き際に正解はない。
体力のピークを過ぎた時に、自分のメージと実際にできることのギャップができる。
このギャップを踏まえた上で対応できる選手は現役を続けることができるが、それが難しい場合は結果も出ないしケガをする可能性は高まるし、最悪の場合はメンタルを壊して日常生活も難しくなる。
本人が引退を決断したのなら、他人が引き留めるべきではない。

8 2019/08/22(木)
鹿島の地に降り立ったジーコのそれと似てるのかな。自分の経験をチームに注ぎ、プロとしての姿勢を自ら示す。
鳥栖にとってはトーレスが引退した後にこそその真価が問われる。鹿島がジーコイズムと言われているように、鳥栖にとってもトーレスがもたらした忘れてはいけないものをしっかりと生かし続けることこそが一番重要だと思う。

9 2019/08/22(木)
鳥栖は、トーレスという世界的な選手が加入してくれたこと、そして、鳥栖で現役生活を終えてくれるという重大さを今後に生かしてほしい。
選手だけでなく、クラブ、そして鳥栖という町自体がいつまでもトレースをクラブに多大な影響を与えた選手として尊敬の念を持ち続けてほしい。
それが、鳥栖の歴史と文化になって根付いていくと思う。
そして、トーレスにはスーパーバイザーなどで関わり持ってもらい、定期的に鳥栖に帰ってきてくれることを願います。
日本に来てくれてほんとにありがとう。

11 2019/08/22(木)
明日スタジアム駆けつけます。
良い席で見られませんが、
偉大な選手の引退試合に立ち合えるという幸せを感じながら
最後の勇姿目に焼付けたいと思います。
サガン鳥栖に来てくれてありがトーレス!

12 2019/08/22(木)
本当に鳥栖を選んでくれてありがとうございます。フラストレーションが溜まる事も沢山あっただろうに、人柄もプレーも超一流。
ピッチ内外で好影響を与えてくれたと思います。

13 2019/08/22(木)
誰からも愛される優しいトーレスにはこれからもサッカーに関わってほしい。明日でトーレスのサッカー選手としての姿がみれなくなるのはすごく悲しい。だから、明日は思う存分楽しんでやってほしい。そして、最後にトーレスの笑顔と涙がみれたらそれだけで嬉しいです。18年間お疲れ様でした。El Niño

14 2019/08/22(木)
鳥栖の皆さん、サッカーに限らず、色んなイベントにトーレスを呼んで交流を続けていってください。
現役最後を鳥栖に選んでくれたことを街ぐるみで感謝してリスペクトしていってください。
トーレスの引退後の活躍も楽しみにしています。

16 2019/08/22(木)
アトレティコ・マドリードの顔だった頃から、彼のゴールには幾度も感心させられました。タラゴナ戦で生で見ると速くて上手かったけど、技術的に難しいゴールも簡単に見せちゃうから、ポジショニングの良さなどが霞んでしまって、少し損をしたかも。ただ、リバプールでのCL優勝、痛めた足を引きずってのW杯優勝までも勝ち取ったトーレス選手が私達の国のJリーグで引退してくれることは、私達にとっても誇らしいこと。今後の彼の人生の門出を笑顔で送ってあげたいな。

17 2019/08/22(木)
トーレス加入前に鳥栖に来るっていう噂が出たときは、ガセに決まってる!いい加減にしてくれ!って半ば呆れて報道をみてましたが、移籍が決まったときは天地がひっくり返ったなって目を疑ってしまい、1人興奮してました!トーレスはスタンフォードブリッジの敷地内にあるボードを観てから気になり、チェルシーのチームと共にみてました!1番記憶に残ってるのが
CL決勝バイエルン戦で途中出場してコーナー獲得→ドログバの土壇場のヘディング同点ゴールの一連の流れです。あの頃から勝負強さ健在でしたね。
Jリーグに来てくれただけで奇跡でしたが自分の実家から近い鳥栖に来てくれて、ホーム戦は食い入るようにみてました。
明日がいよいよ最期となると、悲しくて悲しくて。ボーイズ・トゥー・ギャングの曲聴くだけでうるっときます!
明日はゴール裏3階から全力で応援しようと思います!

18 2019/08/22(木)
サガン鳥栖を広めていただき感謝・・・
しかしサガンは降格圏内・・・今季で降格となったら今度はいつ昇格になるか不安・・・できれば今季残留してほしい。
トーレスの加入を生かしてほしいし、トーレス引退と同時に降格は避けてほしいな・・・

20 2019/08/22(木)
引退が惜しまれるが、そこは仕方ない。
本人が納得して引退するのが一番。
試合を観に行けないが、勝って引退試合としたいものだ。
鳥栖に来てくれてありがとうございました!

21 2019/08/22(木)
個人的には鳥栖だけでなく、日本のサッカー、Jリーグそのものを見るキッカケになった。
ヨーロッパのリーグが好きで、Jに興味なかったけど、サッカーの楽しみ方はレベルや技術だけじゃないんだな、と。今更ながら気づきました。

22 2019/08/22(木)
野球に例えるのは違うかもしれないが、
あの王貞治さんが30本塁打を記録した
年に引退表明したことと被った。
誰もがまだ出来ると撤回要求をしたが、
それを聞き入れず身を引いた。
トーレスも勿論、自分ならではの美学が
あっての決断だからね。
尊重しないといけませんね。

23 2019/08/22(木)
遠くスペインから日本のサガン鳥栖という小さなクラブにトーレスが本当に来ると決まった時々、鳥栖のユニフォームを着てピッチに立った時の衝撃。
テレビで試合観てましたが『マジか……本当にトーレス来ちゃったよ((( ;゚Д゚)))サガン鳥栖のユニフォーム着ちゃってるよ!!日本のチームでサッカーしてるよ!!』てワクワクしたのを今でも忘れません。
そして日本で引退するなんて……日本に来てくれて、短い間だったけど世界的スターのプレーをテレビを通してだけど観れて良かったです。
あぁ~、一度で良いからスターのプレーを生で観戦したかった!!本当に残念すぎる。
お疲れ様でした。明日の引退試合、サッカー楽しんでください!応援してます!!

25 2019/08/22(木)
トーレスと関わった若い選手は彼の姿を忘れずに飛躍してほしいですね。
ただ高橋義希選手、あなたの運動量もすごいですよ。

26 2019/08/22(木)
ジーコが住友金属に来たときは本当に驚いたが、トーレスにも驚いた。
ジーコもトーレスもクラブに大きなものをもたらしてくれたと思う。

27 2019/08/22(木)
まあ、鳥栖の事だから既に後釜リストアップ済みだと思うが、彼が若手に与えた影響は大きいのでは。

29 2019/08/22(木)
今後も世界の一流どころを迎えたら、戦力/売り上げだけでなく、一流選手の所作などもどんどん吸収していただきたい。
そうすれば、現役数年の効果が軽く10年もののチームの財産になる。

31 2019/08/22(木)
2試合アウェーでプレイを見せてもらいました。
確かにスピードもキレも全盛期には遠い印象だったけど、ピッチにいるだけでオーラみたいなのは感じましたね。

32 2019/08/22(木)
トーレスが若手育成アドバイザーとして今後も関わってくれるそうだし、
ますます強く、求心力のあるユースチームになりそうだ。
海外遠征にも積極的だし、優秀な人材も集まる。
トーレスへの投資は今後も目に見えないところで現れそうだ。

33 2019/08/22(木)
他サポですけど、羨ましい そして残念 一度プレーを見たかったなぁ
テレビで見る彼のプレーはJリーグの中では力強さが日本人のそれとは違った とくに前線からのチェイシングは流石だった
鳥栖にパスを出せる選手がいれば違ったでしょうねぇ

35 2019/08/22(木)
鹿島におけるジーコのような、そういった存在として鳥栖はいつまでもリスペクトとその精神を引き継いでいくべき。
これができるのは鳥栖だけの特権なのだからトーレスがここにいたこの奇跡をなくさないようどうかチームとしていつまでも受け継いでいってほしい

36 2019/08/22(木)
素晴らしい選手が日本の地をキャリア最後に選んでくれた幸せ

37 2019/08/22(木)
イニエスタらと違って、まさかといっては失礼だが、強豪でもない、しかも都会ではないというか田舎町の鳥栖を選んだことに驚いた。
神戸なんかだとマドリードやバルセロナ以上に便利な街だろうに、鳥栖だと色々と面倒なことも多かったと思う。

38 2019/08/22(木)
50過ぎて客寄せパンダといわれても生涯現役でやり続けるカズがいいのか自身のパフォーマンスに限界を感じまだ早いと思われつつ引退するトーレスがいいのか評価が分かれる部分だけどね
1年間ありがとうとしかいえないよ












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ