20190816-00062908-sdigestw-000-4-view[2]


スポンサード リンク




◆メッシも「ナンバー1はビクトル」と認めていたほど

 かつてバルセロナのカンテラ史上「最強」と呼ばれたチームがあった。2002-2003シーズンのカデーテA(U-16)だ。

 最終ラインにジェラール・ピケとマルク・バリエンテのCBコンビが君臨し、中盤ではセスク・ファブレガスがゲームメイク。そして、トップ下のリオネル・メッシとともにゴールを量産していたのが、ビクトル・バスケスだ(攻撃的MFが主戦場ながら、当時はセカンドトップとして起用されていた)。

 もちろん、メッシは当時から極上の輝きを放っていたが、V・バスケスも決して引けを取らなかった。実際、メッシも「ナンバー1はビクトル」と認めていたほどだ。セスクも後にこう振り返っている。

「あのふたりは別格だった。よくゴールを競い合っていたよ。ひとりが4点を決めれば、次の試合でもうひとりが5点を奪うといった具合にね」

 ふたりはお互いの存在を高め合う、良き好敵手だったのだ。
 
 しかし、その後のキャリアは残酷なほどに明暗が分かれた。メッシがスーパースターへの階段を駆け上がっていった一方、V・バスケスはトップチームでわずか3試合しかピッチに立てなかった。Bチーム時代に指導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督にも、「特別な才能を持っている」と言わしめた逸材は、なぜ大成できなかったのか――。その最大の要因となったのは、故障だった。

 2008年4月に21歳でトップデビューを飾り、まさにこれからという時だった。2009年の2月、Bチームの試合で右膝を負傷する。関節がずれ、選手生命が危ぶまれるほどの大怪我で、14か月のリハビリを余儀なくされた。当時のバルサは、グアルディオラ監督の下、ピケ、セルヒオ・ブスケッツ、ペドロ・ロドリゲスといった同世代のカンテラーノが次々にブレイクしていた。それなのに、カンテラ時代はトップランナーのひとりだった自分は、過酷なリハビリの日々。その心中は察するに余りある。

 周囲のサポートもあり、何とか戦線に復帰したV・バスケスは、2010年12月のチャンピオンズ・リーグ(ルビン・カザン戦)で復活のゴールを挙げる。だが、これがトップチームでの最初で最後の得点となった。

◆バルサ退団後のキャリアは?

 当時のバルサは、クラブ史上最高とも言える黄金期。膝に爆弾を抱えた若手が居場所を見出すのは、あまりに困難だった。トップチームではまったく出番が与えられず、24歳の時にやむなく退団を決意。新天地として選んだのはクラブ・ブルージュだった。

 都落ちである。しかし、このベルギーの名門でついに輝きを放つ。4シーズン半、主力として活躍し、2014-2015シーズンにはリーグのMVPに選ばれてもいる。その後、「まったく環境に馴染めなかった」というメキシコのクルス・アスルでの1年を経て、トロントFCへ。これが大正解で、攻撃の中心としてクラブを初のMLS制覇に導くのだ。
 
 今年1月にカタールのアル・アラビに籍を移したV・バスケスは、入団会見で次のように語っている(シーズン終了後に同じカタールのウム・サラルへ移籍)。

「これまでプレーしてきたどのクラブでも、自分のスタイルを貫くことで存在価値を示してきた。ここでもやることに変わりはない」

 もちろん、当初の期待値を考えれば、辿ってきたキャリアは随分と物足りないものになってしまった。かつてのライバル、メッシはもはや雲の上の存在だ。ただ、大怪我を経験しながらも、腐ることなく真摯にサッカー人生を歩んでいるその姿は、華やかな舞台でプレーすることだけが成功ではないと語っているようだ。

文●下村正幸
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190816-00062908-sdigestw-socc



1 2019/08/16(金)
期待されてて怪我で消えていった若手はたくさんいる。ワールドクラスになっても怪我でそれまでの輝きを失ったりね。怪物ロナウドやロッベンも怪我さえなければもっと凄い選手になってたはず。
一方でキャリア通して大きな怪我してないってそれ自体一つの才能だよなあ。メッシ然り、ロナウド然り、イブラ然り。

2019/08/16(金)
人それぞれの人生がある。メッシと比べる必要はない。
その後の経歴を見ても大成功の部類に入ると思う。

3 2019/08/16(金)
無事これ名馬という言葉があるが、スポーツ選手においては怪我というのは非常に大きな出来事だと思う。
ペップの頃のバルサでは、食事の管理も徹底されてたようだけど、それでも彼やラフィーニャのように大怪我をする選手が居た。
メッシも若い頃は怪我がちだったけども、ペップの助言や、イタリアの医師の指導の元、魚中心の食事にするなど改善して行った。
本人の体質もあるだろうが、今のようなタイトな試合数の中では、チームあげての怪我に対する試合数のコントロールやケア、本人の医療に対する知識やケアが高いレベルで求められるだろう。
夢を叶えても生活のコントロールや勉強がいろんな面で必要で、他チームやチームメイトとの競争などもあり、シーズン中はなかなか大変だろうね。

5 2019/08/16(金)
トロントでの彼は、リーグでも別格の存在だった。
彼抜きでは優勝はありえなかったと思う。ジョヴィンコ、アルティドール、ブラッドリーというタレントを抱えるチームの中でも、もっとも重要な選手だった。
テクニック、アイデアともにずば抜けていて、元バルサという経歴も納得のプレーぶり。
過去のことは詳しく知らないけど、大ケガさえなければ大成していたかもしれない。
でも、少なくともトロントのファンは彼に感謝してもしきれないし、最高級に愛されていた。
ファンにとっても、そして彼にとっても、幸せな時間だったと思うし、そうであってほしいと願います。

6 2019/08/16(金)
何をもって表舞台と言うかだけど、サッカー選手としては十分に素晴らしいキャリアだと思う。ただ怪我は悔やまれるよなぁ。日本で言えば小野伸二が怪我してなかったら…と思ってしまうことは今でもある。

7 2019/08/16(金)
常に注目されて自由がない暮らしよりそこそこ裕福で、楽しく暮らす方が良いかもしれません。人生は一度きりですから、自分の人生が良いと思うように生きるのが勝ちでは?この選手の入団発言は乗り越えた人の強さを感じます。

8 2019/08/16(金)
プロアスリートにとって、その競技自体のスキルは大前提として、大怪我しないことこそが一番の才能なのではと思います。

10 2019/08/16(金)
体が言うことを効かないのは、一番の痛手。
ハンデを背負ってプレーしているのと同じだからね。
特にサッカーは、全身を使うスポーツで、更にプロ、更に世界のバルサなら尚更だよね。
少しの故障でもかなりの差が出ると思うよ。
人一倍頑張ったんだと思うよ。

11 2019/08/16(金)
日本人でも小野伸二選手や財前宣之選手も、もしこの選手が怪我なく最高のキャリアをおくっていたらと想像してしまいます。
一番悔しい思いをされたのはご本人でしょうが。
しかしスポーツに怪我は付き物とはいえ、相手に怪我をさせるようなプレーはしないでもらいたいですね。
勿論天才といわれる選手相手でなくても。

12 2019/08/16(金)
30歳超えてサッカーでご飯食べれるのは成功やと思う

13 2019/08/16(金)
怪我しないフィジカルは一つの才能だよね
食生活の改善はプロではやっていかないと厳しいんだろうね
中3で試合は想像以上にハード

15 2019/08/16(金)
表舞台をバルサのトップチームとメガクラブに限るなら合ってるけど、プロサッカー選手としては成功しているのでは?カンテラからプロになれずに辞めていく選手が腐るほどいる事実をまずは報道すべき。

16 2019/08/16(金)
ほんと人生ってわからないもんだよなー。
この記事読んで、久保君を連想しちゃったよ。怪我には気を付けてくれ。もちろん怪我にビビってたら活躍できないかもしれないけどさ。
競技は変わるけど、
MLBのイチローって凄いんだなーって改めて思った。
テニスのBIG3も凄いよね。バケモンだねあれは!!

17 2019/08/16(金)
このキャリアは、サッカー選手としては、十分成功したと言える。

18 2019/08/16(金)
怪我をしないのも才能のうち と良く言うけれど、不可抗力で後のキャリアに影をさす大怪我を負った選手の事を考えると、確かにその言葉の通りかも知れないが、いつもとても残酷な言葉に感じるね

20 2019/08/16(金)
メッシが守備免除されてるのは、怪我回避の面もあると思うよ。

21 2019/08/16(金)
スピード系の選手って一度大怪我すると輝きを取り戻すのは難しい。
だからこそ若い時はスピードに頼らず、技術と判断力を磨く事が大事になってくる。

22 2019/08/16(金)
怪我も実力だからな
しかし腐らずに続けてるのは素晴らしいね

23 2019/08/16(金)
若い時にいろいろ期待されてたけど
世間が思うほど結果残せなかった選手なんて沢山いるよね。

25 2019/08/16(金)
プロで活躍できてるだけで凄い。

26 2019/08/16(金)
久保くんにも怪我には本当に気をつけてほしい。
 
27 2019/08/16(金)
ケガしないのも才能ですね。小野伸二、野球で言えば伊藤智も大怪我無ければもっと偉大な選手になってたはず。

28 2019/08/16(金)
ぜひJリーグで見たい選手。日本のチームがオファー出してほしい。

29 2019/08/16(金)
一昨年トロントでMLS観たんだけど、ジョビンコともう1人めちゃくちゃ上手いやつおるな〜 って思って調べたら、このバスケスだったわ
確かあの年は移籍一年目で優勝とベストイレブンとってた気が
確かに表舞台からは消えちゃったかもしれないけど、遠い北米で生で観た選手が、こうやって日本でクローズアップされるのは結構嬉しい

31 2019/08/16(金)
名前忘れたけど
FIFAのサッカー番組で取り上げられた子供で
彼が同時12才ぐらい、年齢はメッシより少し下ぐらいで
特別な才能の持ち主でその時既にボカかリーベルに行ってプロ契約云々の話が出ていたけど、
親はもう1.2年他の子供と同じ環境をということで内容でだったけど、彼はどこいったんやろ?
可愛い顔しててカニーヒアに似てたかなぁロンゲで。例のごとくアルゼンチン!
ペップが言ってたことで印象的なのは
メッシはロナウドにも言えるが
あらゆる才能を凌駕する程にケガをしない才能が凄い。年間50.60試合出て50.60点決める。こんなにコストパフォーマンスのいい選手はいない監督としてありがたい。その分守備のタスクを回避するというリスクを差し引いても。
ケガは大きい日本人でもそう。小野、内田は最たる例。長友も復活したけどケガしてしばらくパフォーマンス落ちて、その以前の左サイド無双状態ではなくなった

32 2019/08/16(金)
メッシの輝かしい実績には見劣るがリーグMVPにアメリカでもリーグ制覇に導き、30超えてもオファーがあるって素晴らしいプロキャリアだと思う。
 
33 2019/08/16(金)
小野伸二もこれに当てはまったかもしれないけど、この先残るのは記憶より記録になっていくんだよな。

35 2019/08/16(金)
レアル・マドリードにも居ましたね。ヘセロドリゲスって言う選手が...まあ彼は昨シーズン最終説で古巣相手に点決めるくらいには頑張ってますけど

36 2019/08/16(金)
こういうの見ると改めてメッシとCロナウドの凄さが浮き彫りになる。
短期間凄まじい輝きを放つ選手はちらほらいるが、この二人は史上最高レベルの活躍を10年以上続けてる…。
もはやどっちが凄いとかどうでもよくなるくらいどっちも半端ねぇっす!

37 2019/08/16(金)
こんな選手がいたのは知らなかった。
小野みたいに、復活(完全ではないが)できる選手のほうが珍しいのかもね












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ