20190810-43470328-gekisaka-000-6-view[1]


スポンサード リンク




 北海道コンサドーレ札幌は10日、「#小野伸二に聞きたい44のこと」と題し、SNSで事前に募集した質問に答えるMF小野伸二の動画をクラブ公式サイトで公開した。

 5日にFC琉球への完全移籍が発表された小野。札幌ラストマッチとなった10日のJ1第22節ホーム浦和戦(1-1)は出番なしとなったが、試合後には退団セレモニーが行われ、チームメイトやスタッフ、サポーターに温かく送り出された。

 自身の背番号44にちなんだ「#小野伸二に聞きたい44のこと」では、プライベートやサッカーに至るまで、さまざまな質問に回答している。

 他クラブと比べて札幌が誇れることを問われた小野は、「チーム愛というか、クラブ、監督、スタッフ、全ての選手、サポーターも含めてファミリーになっていたという感じがします」と答えた。

 また、サポーターの存在について「どんな時でもアウェーにもかかわらず、たくさんの人が来てくれて心強かったです」と話し、印象に残っている試合・シーンとして、2016年4月23日に開催されたJ2第9節のホームC大阪戦(1-0)で戦友のMF稲本潤一(相模原)が終盤に決めたゴールを取り上げた。

 期待する札幌の若手選手については「みんなに期待していますけど」と前置きし、現在特別指定で来季から正式加入する日本大MF金子拓郎と回答。ペトロヴィッチ監督に関しては「素晴らしいの一言です。サッカー観だけでなく人間観がすごく尊敬できます」と語った。

 さらにオランダのフェイエノールトをはじめ海外でのプレー経験も豊富な小野は、海外に挑戦する選手に向けたアドバイスを求められ、「自分から何でも飛び込んでいく。言葉が喋られないとかは関係なく、自分から行くということが大事かなと。そういう姿勢を見せてほしいなと思います」と言及。今までで一番手強いと思った選手は「手強いというか、敵わないと思った選手はジダンですね」と、レアル・マドリー現指揮官の名前を挙げている。

 終盤には「小野伸二にとってサッカーとは?」と聞かれ、「人生そのもの。サッカーがなくなってしまったら自分がなくなってしまうというくらい、サッカーは大事なものです」と語った。

 琉球に旅立つ“永遠のサッカー小僧”は札幌の選手たちに「J2からJ1に上がって、今すごく自分たちが乗っているなという気持ちでいると思うんですけど、まだまだ上があると思うし、ここで気持ちを途切れさせず、もっともっと上を目指してほしいとともに、あとはサッカー選手としてだけでなく、人間としてみんなに好かれるような選手になってほしいと思います」とエール。

 最後にサポーターへ「本当にサポーターの人たちの応援は、僕の中で心に残りましたし、いつも声が枯れるまで勝っても負けても応援してくれるのはすごく嬉しく思いました。これからも残る選手、また新しく来る選手、未来のコンサドーレを応援してほしいと思います」とメッセージを送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-43470328-gekisaka-socc



1 2019/08/10(土)
この写真は小野伸二の凄さを物語る一枚だと思う。

2 2019/08/10(土)
第三者が小野伸二を語る上でフィリピン戦での怪我が必ず挙げられるけど本人もあの怪我から自分の思うようにプレー出来なくなったって言うくらいだからあの怪我が無ければ今の数段上の評価を受けてたんじゃないのかなって思う。

3 2019/08/10(土)
名指しされた金子羨ましいね。
来季正式加入する高嶺も田中(彼は小野の高校時代のプレーから研究してプレーに活かしてるとのこと)も当然楽しみなんだけど、金子は特に楽しみな選手。
万能でもあるし突破力もある。この前のユニバーシアードでも活躍してるし。

4 2019/08/10(土)
この写真は凄え

5 2019/08/10(土)
純粋なボールコントロールなら日本歴代一位かもしれない、と思っています。
全員偉大ですが中田や中村、本田や香川らと比較しても、その点なら引けを取らないかと。
身体的にはサイズはなく、スピードやパワーは平均的で、ゴールを量産するようなタイプでもなかったのと、怪我もあり本当のメガクラブで活躍とはいかなかったかもしれませんが、夢をみさせてくれる選手でしたね。

6 2019/08/10(土)
フィーゴとジダンか
凄い時代にいたんだな

7 2019/08/10(土)
ジダンを間近で見たというのがすでに財産。経験て大事だな。若手の手本としても頑張ってほしい。

8 2019/08/10(土)
今までの日本人で一番欧州で数字と言う実績と、ドイツ『キッカー』、スペイン『マルカ』、ポルトガル『ボラ』ら欧州屈指のメディアが編成する『ヨーロピアン・スポーツ・メディア(ESM)』が年間ベスト11を発表し、ドルトムントMF香川真司が選出された香川が歴代の日本人で一番海外で成功した選手だと思う
でも小野と俊輔という生まれるのが早すぎたこの天才二人のテクニックは香川以上だとも思う。とにかく小野も俊輔も香川も本当に技術が上手いと思った。この三人に引けを取らなそうな選手は久保君だと思う。今後は久保君に期待したいな

9 2019/08/10(土)
一発の怖さや得点力、印象に残るゴールが多かったとかと言う点で同じMFなら中田英寿や中村俊輔の方が怖い選手だったかもしれないが、やっぱり絶対的に上手いって言うのは同じサッカー選手達からしたら目を惹かれ憧れる対象なんだろうな。それに加えて小野の場合はいつも笑顔で誰にでも明るく接する人間力で慕われる人徳もあるから、小野選手には人が集まって来る。

10 2019/08/10(土)
あの大怪我がなければとも思うけど、怪我があって見えた所や長くできた所もあると思う。
偉大な選手。

11 2019/08/10(土)
この画像はパネルにして飾りたい!できれば三人のサイン入りで。お宝ですな。
ジダンとフィーゴの間を突破する小野伸二!
テクニックなら日本人歴代でも間違いなくトップ3に入る小野が敵わないと言ったのはやはりジダンですか。
素人目にもジダンからボールを奪える選手なんかいないと思うもん、もて遊ばれるわな。
 
12 2019/08/10(土)
怪我さえ無ければビッグクラブでも活躍出来た選手だと思う、才能ある若い選手は怪我だけは気をつけて欲しい。

13 2019/08/10(土)
写真のチョイス☆☆
道民です。ゴンさんから始まったレジェンド達の加入は本当に心が泡立ちました!!
沖縄でも楽しそうにサッカーをする小野選手が容易に想像できます、身体に気を付けて1日でも永くワクワクするサッカーを魅せて下さい
応援してます!!
 
14 2019/08/10(土)
宮の沢、厚別や札幌ドーム等で見てこんなに楽しそうにボールを扱う選手を見た事はありませんでした。
ファンサービスも超一流で街で会ってもナイスガイでした。
沖縄でも活躍して下さい。
札幌に来てくれてありがとう。

15 2019/08/10(土)
めっちゃいい写真。

16 2019/08/10(土)
小野伸二がその二人に割って入って行く…
凄くいい画像。
同時に怪我さえなきゃ…
と切なさを思い出した。。

17 2019/08/10(土)
この一枚の写真が小野伸二の凄さを物語ってるよ、あの中田ですらここまでの写真はない
 
18 2019/08/10(土)
この写真だけで天才っぷりがわかる!
かっこよすぎる

19 2019/08/10(土)
今日、世界の小野を見れて感動した。試合に出れなかったのが心残りだか存在感が別格でした。

20 2019/08/10(土)
ピクシーのボールタッチも柔らかくて上手かったけど、小野も負けてないと思う。

21 2019/08/10(土)
フィーゴとジダンの間をってのがカッコよすぎる…

22 2019/08/10(土)
小野の記事を見るたびに何時も思うが、あの怪我さえなければ本当にどれだけ欧州で活躍できた事かと思ってしまう。

23 2019/08/10(土)
ジダンとフィーゴと小野伸二
この時のフェイエノールトは小野のチームだった
ファンペルシーが知ってるサッカー選手で一番うまいのはオノだと言っていた
本当に素晴らしかった
 
24 2019/08/10(土)
フィーゴとジダンにチェックされてる小野伸二。
なんか胸熱な写真だな。。。
こういうことを昔に感じるほど日本サッカーも歴史が積み上がってきたのかな。

25 2019/08/10(土)
小野は天才だったな。フェイエノールトでタイトル取ったのも凄いけど。このUEFAスーパーカップの相手がマドリーで臆することなくテクニックを見せた瞬間は鮮明に覚えてる。

26 2019/08/10(土)
皆さん怪我さえしてなければって口揃えて言いますね。
世界のスーパースターは怪我を乗り越えてます。

27 2019/08/10(土)
日本人歴代怪我さえなければランキング断トツで1位。
フェイエのときは凄かった。

28 2019/08/10(土)
フィーゴとジダンの間を割る小野伸二。
何度見ても最高の一枚。
初めて浦和でみた小野伸二に魅力されて虜になった。
どこにいても応援してるぞ!伸二!!
エンジェルパスがまた見たい。

29 2019/08/10(土)
すごい写真!

30 2019/08/10(土)
サッカーは最高に上手く天才やった。
が、思ったほど大成しなかった。
なぜやろか













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ