20190810-00062637-sdigestw-000-5-view[1]


スポンサード リンク




◆10歳の時のかけがえのない思い出

 現地時間8月8日、プレミアリーグの移籍期限最終日に、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが、アーセナルへ駆け込み移籍を果たした。

【PHOTO】2019年夏の移籍市場で新天地を求めたビッグネームたち

 現在22歳のティアニーはセルティックの下部組織出身の新鋭SBで、2015年4月にトップチームデビューを飾って以来、両SBとCBを巧みにこなす守備のマルチとして活躍。スコットランドの名門の主力として、着実に声価を高めてきた。

 今夏の移籍市場では、リバプールやトッテナムなどのライバルクラブも獲得に動いていが、セルティックに対して3度のオファーを送るなど、熱意を見せたアーセナルが、最終的に移籍金2500万ポンド(約32億5000万円)を分割で払う形で争奪戦を制した。

 そのティアニーは、熱心なセルティック・ファンでもある。入団に際してアーセナルの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ここにいられることを嬉しく思う」と語った一方で、「少し前までの僕の野望は常にセルティックに尽くすことで、それが夢だった」と正直に告白するほどだ。

 そんな若きスコットランド代表DFには、“憧れのスター”がいる。かつてセルティックのアイコン的存在でもあった元日本代表MFの中村俊輔だ。英紙『The Sun』の取材で本人が明かしている。

 9歳でセルティックの下部組織に入団したティアニーが、日本代表のレジェンドに憧れを抱いたのは、2006年のことだった。当時の中村はチャンピオンズ・リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦でFKを決めるなど、鮮烈なインパクトを残し、チームきってのスターとして君臨していた。

 当時10歳だったティアニー少年は、そんなスターからクラブが主催したイベントでスパイクをプレゼントされ、幼心に感銘を受けたという。

「その時、僕らはナカが見ていたなんて知らなかったんだ。それはクラブが用意したサプライズで、彼は一緒に参加してくれたんだよ。それでトレーニングを終えた後に僕らがベンチに座っていたら、彼が通訳を通じて『君が今日のベストな選手だ』と言ってくれてスパイクをくれたんだ。本当に嬉しかったよ」

 その思わぬ出来事をきっかけに、ティアニーは中村の虜となった。そのインタビューでこう続けている。

「僕が初めて見たオールドファーム(レンジャースとのダービー)でも、ナカは30ヤードほど(約27メートル)のスーパーゴールを決めていたと思う。あれは僕にとって忘れられない強烈な一撃だよ。あれから、何千試合以上ありとあらゆる試合を見たけど、あそこまで素晴らしいゴールを、それもビッグマッチで決めた選手は、ナカの他に記憶がないね。

 僕はずっとナカを目指してきたんだ。いまだに全てのセルティック・ファンと選手が彼を愛しているからね。フリーキックやGKを欺くプレー、彼の技術はすべてが最高なんだ。いつでもどんな時も彼は頼りにされていた。本当にワールドクラスの選手さ」

 スコットランドで異彩を放ったサムライへの憧れを抱き続ける俊英DFは、新天地となるノースロンドンで、そのヒーローのような活躍ができるのか――。大いに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00062637-sdigestw-socc



1 2019/08/10(土)
スコットランド代表の正GKマクレガーの逆をついた、シュート回転のスーパーミドルですね。
あれは、本当に鳥肌立ったなぁ。

2 2019/08/10(土)
いきなり怪我しちゃってるけど早く治して頑張って欲しい。年齢からか、身体能力的に結構厳しそうなモンレアル。いい時は良いけど安定感に欠けるコルシナツ。サイドバックは補強ポジションだったよね。ナイス補強。頑張れティアニー。

5 2019/08/10(土)
自分のとっての「憧れの選手」に国境は関係ない…それをハッキリさせてくれたニュースだ。
その事を心の支えに、アーセナルでもガンバレ!

6 2019/08/10(土)
ティアニーは生粋のセルティックっ子でファンからも愛されあの若さでキャプテンまで務めた経験もある。ユニフォームをシャツインしたりアーセナルの選手と初対面の時の緊張した表情から非常に真面目さとか彼の性格が伝わってきてプレーする前だが非常に好感が持てた。早く怪我から復帰してエミレーツの左サイドを支配してもらいたいね。

7 2019/08/10(土)
未だに日本人がCLで決めたゴールで
中村俊輔のFKを超えるもながない。

9 2019/08/10(土)
この青年が中村からスパイクを贈られた時の映像をYOUTUBEで観たことがあるので、ずいぶん時間が過ぎたのだと実感。
自分も異国で出会ったスコティシュとサッカー談義に花が咲いた時、レンジャーズファンの彼もナカムラは別格と言っていた。中村が残した功績は未だ脈々と語り続けられているんだね。

11 2019/08/10(土)
一流選手からのこの様なコメントは、中村俊輔にとっても選手冥利につきるだろうね。
しかも彼が少年時代のプレーを見て、自らが評価し、スパイクをプレゼントした選手なんだから尚更だと思います。

12 2019/08/10(土)
セルティックで活躍するということはどういうことなのか教えてくれますね。
他の国の主要クラブでエースとして活躍すると忘れられないものなんでしょうね。
 
13 2019/08/10(土)
当時のアカデミーの少年がアーセナル入りか。
しかも中村もまだ現役で走り続けてるし、
お互い今でもいい刺激になってるんじゃないかな。

15 2019/08/10(土)
ベッカムと中村俊輔だけは昔、蹴り方の解説動画とか見て、思い浮かべながら真似してずっとフリーキックの練習してたな。ティアニー、好きなクラブ離れてもアーセナルに来てくれてありがとう。アーセナルも好きになって欲しいし、移籍前の怪我しっかり直してアーセナルでも頑張ってくれ!

16 2019/08/10(土)
ユーゴ紛争のせいでセルビアは世界的には悪者扱いされてることが多いらしいが、日本は例外的に親セルビアの人が多いらしい。名古屋にいた妖精の影響の方がアメリカのプロパガンダより強い。
 
18 2019/08/10(土)
ティアニーがジュニア時代に「ナカターンの練習をしてるんだ!」言ってる動画は、今でもYouTubeにあるから是非みんな見て欲しい。

19 2019/08/10(土)
中村俊輔がスパイクをプレゼントしたあの少年がティアニーだったの!?
スパイクをきれいな箱に入れて部屋に飾ってた子が、まさかアーセナルに行くような選手になるなんて…!

20 2019/08/10(土)
以前ユーチューブで、スパイクを渡された時と
そのあとそれをガラスケースに入れて保存をして
コメントをしている動画を見たことがあります。
日本人として誇りに思います。
しかし、あのレンジャーズ戦のアウトサイドで回転をかけた
シュートはエグかったですね。
横のドライブシュート的な感じで。

22 2019/08/10(土)
中村と中田は生まれる時代間違えたかもな・・・。
でもパイオニアがいたから今があるわけで、感謝だよね。

23 2019/08/10(土)
左ティアニー右ベジェリンとかホンマに嬉しい
出来るだけ健康体で試合にで続けて欲しいぞ

25 2019/08/10(土)
こーゆー話がいちばん好きだな笑
ティアニーがんばれよ!!

26 2019/08/10(土)
YouTubeに中村俊輔の当時の映像があるけど
今見ても何回見ても半端ない

28 2019/08/10(土)
日本人選手がこうまで言われるなんて俊輔くらいじゃないかな
アーセナルで孤軍奮闘て言われるくらい頑張って欲しい

29 2019/08/10(土)
当時の日本のファンは「あーあ、スコットランドか。イタリアからはオファー無しか。。。」と中村はもう終わった感があったが、こういう子供が一人でもいると良い移籍だったなと思わされる。

30 2019/08/10(土)
セルティック時代のゴール集、たまにYouTubeで見ます。見飽きない。ゴール宇良のカメラ映像見ると、あり得ない曲がり方をする。

31 2019/08/10(土)
何故か泣きそうになった……

32 2019/08/10(土)
実況の「NAKAMURAーー!!!」って言うのも良い演出になってて何度も見返す。
あのアウトサイドに曲がるシュートはエグい

33 2019/08/10(土)
セルティックのNAKAMURAとして本物のスーパースターになったのは、あのダービーでの一撃。あれで熱狂的サポーターから戦士として認められ、みな両手を挙げて中村に降参した。個人的には自力優勝決めたキルマーノック戦のFKがベストゴール。シャツを脱ぎ振り回しながら敵地に乗り込んだサポーターが待つスタンドに駆け寄りもみくちゃにされたシーン。当時から現在までいつ見ても熱くなる。中村は他に類を見ないワールドクラス。彼の様な選手はもう多分現れない

35 2019/08/10(土)
確かに当時の俊輔はキレッキレでやばかった
CLのFK2発は一生セルティックで語り継がれるだろね

36 2019/08/10(土)
セルティックの時の中村俊輔は本当に凄かった!!

37 2019/08/10(土)
中村俊輔のFK技術は世界最高だと本当に思う

38 2019/08/10(土)
ゴール前でフリーキックもらったら1点入ることが当たり前みたいだった2000年代の日本代表。
あれがあったからみんなゴール近くなると転びやすくなってましたね。

40 2019/08/10(土)
今は連絡の取れなくなったスコッティッシュの友人は、あの頃、喜んでいてくれてたな。
兄が青、父が緑/白の強烈なサポであったから、複雑だっただろうな。グラスゴーに会いにいかなかったことが悔やまれる。

42 2019/08/10(土)
応援したいね













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ