20190723-00010001-wordleafs-000-1-view[1]


スポンサード リンク




 FCバルセロナの選手が26人集うはずの町田市立陸上競技場のピッチに、最後の一人がなかなか姿を現さない。センターサークル付近で作られた輪が解かれ、いくつかのグループに分かれて始まったウォーミングアップにも、鹿島アントラーズから加入したばかりのFW安部裕葵(20)は加わらなかった。

 プレミアリーグの強豪チェルシーFCと埼玉スタジアムで対峙する、23日の『Rakuten CUP』を前日に控えた公式練習。あいにくの小雨が降りしきるなかで、メディアに公開された冒頭15分間の3分の1ほどの時間を、安部は室内で右腰付近のアイシング治療に充てていた。

 まさかのアクシデントに見舞われたのは、スペイン時間の17日午前に行われたバルセロナBの練習中だった。接触プレーで右腰を打撲し、移籍後で初めてとなる記者会見をはさんで行われた午後の練習をキャンセルした。患部がちょっと腫れていたこともあり、大事を取って休養に努めた。

 安部のもとへバルセロナからのオファーが届いたのは、森保ジャパンの一員としてフル代表デビューを果たした6月のコパ・アメリカ前だった。当初は驚きを隠せなかった安部の心は時間の経過とともに移籍へと傾き、今月12日に交渉がクラブ間で合意。14日にバルセロナへ向けて離日し、メディカルチェックなどをへて現地時間15日に正式契約を結んだ。

 バルセロナの公式サイトによれば契約期間は4年間で、バルセロナからアントラーズに対しては110万ユーロ(約1億3300万円)の移籍金が支払われる。同時にバルセロナから他のチームへ移籍する際の契約解除金として、バルセロナB在籍中は4000万ユーロ(約48億4000万円)が、トップチームに昇格している場合は最大1億ユーロ(約121億円)が設定されている。

 金額の高さは寄せられる期待度の表れと言っていい。正式契約を結んだ直後には、クラブの公式インタビューに答えている安部の様子が、バルセロナBの公式ツイッターで公開されている。

「本当に自分は恵まれていると感じますし、この環境にいることを幸せに思います。(バルセロナは)夢にも語れないくらいの存在だったので、ここにいる自分が不思議でしょうがないです」

 連覇を達成した2018-19シーズンを含めてラ・リーガ1部を26度、ヨーロッパの頂点を決めるUEFAチャンピオンズリーグを5度制している、スペインを代表する名門クラブの一員となった喜びを安部はこう語っている。そして、3日後の18日にはさらなる吉報が届けられた。

 日本で開催される『Rakuten CUP』へ参加するトップチームの選手17人に、バルセロナBからも9人の若手選手が加わることになり、そのなかに安部の名前も含まれた。日本を発ってから1週間後の21日に、羽田空港着のチャーター機で安部は“凱旋”を果たす形となった。

 バルセロナから日本までの長時間フライトが、痛めている腰によくない影響を与えたおそれもある。もっとも、安部は海外へ移籍した日本人選手の多くが直面してきた“壁”とも戦っていた。

 公式練習に先駆けて前日会見が行われた。ひな壇に座ったのはクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチ(31)と、アトレティコ・マドリードから移籍金1億2000万ユーロ(約145億2300万円)で加入したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)。バルセロナの一員になって6シーズン目を迎える前者には、質疑応答のなかで安部に抱いた印象が問われている。

「彼はバルセロナに移籍してきたばかりで、まだ一緒に練習をしたことがない。ただ、バルセロナに移籍してくるということは大変いい選手だと、加わるだけの能力があると思っていた」

1899年のクラブ創設から120年となる長い歴史上で、初めての日本人選手となる安部への期待を込めたラキティッチは、現時点において気になっている点をあげることも忘れなかった。

「ただ、ちょっと内気なところがあるように見受けられる。言葉の問題もあると思うけれども、ファミリーとして彼を心から歓迎しているし、一緒に質の高いプレーをして楽しみたいと考えています」

 海外志向が強かった安部は、プレミアリーグでプレーする自分自身の姿を思い描きながら英語の勉強をスタートさせていた。しかし、スペイン語はまだまだ未知の世界なのだろう。前述のクラブの公式インタビューでは「いまは言葉を覚えるのに必死です」と、偽らざる胸中を明かしている。

 新天地レアル・マドリードで、流暢なスペイン語と習得中の英語を介して威風堂々とした存在感を放ち、スムーズに溶け込んでいる日本代表MF久保建英(18)を見ても言葉の大切さがわかる。

 安部の場合はスペイン語をなかなか口にできない様子が、ラキティッチの目に「ちょっと内気なところがある」と映ったのだろう。チームへ溶け込んでいくうえで決していい状況とは言えないが、安部は公式インタビューの続きで努めて前を向いている。

「(自分は)とても器用なので、サッカーや生活面にもすぐに順応できると思います。僕のサッカー人生は基本、攻撃をずっとやってきたので、ゴールという目に見える形で貢献したい。(中略)個人としても日本人の代表としても、成長するために自分自身へ責任をもってやりたい」

 約5分遅れで姿を現した公式練習でも、安部はピッチの隅で別メニュー調整を行った。チェルシー戦の出場は厳しいかもしれないが、それでもスパイクを履いて練習していたことからも、それほど重傷ではないことがうかがえる。

 先のコパ・アメリカを戦ったFWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス、MFフィリペ・コウチーニョ、MFアルトゥーロ・ビダルらがこぞって不参加となった、今回の『Rakuten CUP』でベンチ入りできるのは最大28人。さらに選手の交代枠に上限は設けられていない。

 つまり、バルセロナの場合はグリーズマンやオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(22)らの新戦力を含めた、26人の遠征メンバー全員がピッチに立てる資格をもつ。安部の場合は舞台をノエビアスタジアム神戸に移して27日に行われる、ヴィッセル神戸戦の出場を視野に入れていると見ていい。

「これから直面するさまざまな困難や壁も、自分の成長には絶対に必要なことだと信じています。そして、鹿島アントラーズというクラブで経験したすべてを糧に、これからも一日一日、一瞬一瞬を大切にしながらフットボールと向き合っていきたい」

 アントラーズを旅立つときに、安部は覚悟と決意をこんな言葉で表している。別メニューを余儀なくされた打撲や難解なスペイン語の習得は、まさに困難や壁にあたる。だからこそ、安部は目の前に存在するすべてをポジティブに受け止めながら前へ進んでいく。

(文責・藤江直人/スポーツライター)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00010001-wordleafs-socc



1 2019/07/23(火)
クラブワールドカップで見せた動きが常に出来るような状態にして
コミュニケーションが取れるようになれば期待は出来る。
ただ現状では一人のファンとして見ると相当難しいだろうな。
キレキレの時の安部は魅力あるから頑張って欲しい。

3 2019/07/23(火)
練習してそのあとスペイン語の勉強して、当然スペインでの日本と違う生活にも慣れなきゃいけなくて。大変だろうけど移籍したくたって移籍できないようなチームにいるんだし、ましてやまだ若いんだからなんでも頑張って楽しんでほしい。
そこにトップチームに昇格する結果がついてきてくれれば最高だし。

5 2019/07/23(火)
安部は言語の習得やバルサのサッカーの理解、スペインの生活への適応など身に付けることが山積みで可哀想だな。久保とは違ってゼロからのスタートだから、本当に大変だよね。でも絶対成功して欲しい。
頑張れ!裕葵!

7 2019/07/23(火)
コミュニケーションは非常に大事な要素だけど言葉の壁は大人になってからはすごく大変だと思う、仕事柄最近ポルトガル語の練習することあったけどすごく大変だし、まず発音が難しくて舌が回らない!大変だろうけど頑張ってください
 
10 2019/07/23(火)
頼むからグリーズマンに安部の事聞くのやめてくれ。グリーズマンからすれば移籍したばっかりで認識してるかすら怪しいのに。久保もメディアに自粛をお願いする時チームメイトからいい顔されないと言っていた。今はメディアが久保や安部の壁になっているよ。

12 2019/07/23(火)
本人もよくわかっていると思うがスタートラインが他の人よりも違うんだから死ぬ気でやらないと差がさらにでるだけだぞ。
言葉が通じないから内気なんて言ってられないぞ。特にリーガはコミュニケーション取れないと難しい。頑張れ。
ラキティッチは優しいな。

13 2019/07/23(火)
スペイン語は、フランス語やドイツ語よりは親しみやすいと思う。人称による動詞の変化、男性名詞、女性名詞の区分けがややこしい。文法が多少違っても、必ず相手に伝わります。スペインは美人の国。彼女作ってスペイン語マスターしよう。マドリードよりは住みやすい。

16 2019/07/23(火)
久保の場合はその才能もさることながら、やはりコミュニケーション力と言葉の問題をクリアしているところが大きいと思います。

17 2019/07/23(火)
素人目に見ても正直かなり厳しいと思う
けどバルサから声が掛かるなんてサッカー選手にとって夢のような話
絶対振り落とされない様に頑張ってほしい

18 2019/07/23(火)
やはりコミュニケーション能力を高めないとね。

21 2019/07/23(火)
言語の問題はかなり重要だと思う
長谷部もドイツ語堪能みたいだしね
安部はスペイン語必死に勉強したほうが良いね!

22 2019/07/23(火)
まだハタチ。大丈夫、ちゃんと現地に溶け込もうとすれば1、2年でそれなりに話せるようになるよ。焦ってもしょうがない!

23 2019/07/23(火)
スペイン語の勉強できるかが鍵だと思うよ。
しゃべらないとチームから浮くよ。
久保の方が有利だね。

25 2019/07/23(火)
スペインに染まってこのままスペインで活躍してほしい!

26 2019/07/23(火)
久保と違って言語に問題あるから
相当疲れるし、大変だろうな
でも、
頑張れ!

28 2019/07/23(火)
もう安部の記事はしばらく見ない。
それが安部のためなんだとわかった。
過熱報道で得するのはメディアだけ。
久保の記事もしばらくはいいかな。(レアルのYOUTUBEだけで満足)
安部も久保も地頭が良い。
安部はジーコ・小笠原・内田・大迫の太鼓判を捺されてるし、アドバイスももらってるだろうから大丈夫。
近くに同門出身の柴崎もいる。
慣れるまで3カ月以上はかかるだろうけど見守ります。がんばれ!

31 2019/07/23(火)
まあ実力の差もあるけど久保と比べるのは違う。

32 2019/07/23(火)
現地語がベラベラの選手はだいたい成功する。

33 2019/07/23(火)
上から目線で語学が言葉がというが、実際に海外で生活して習得した経験はあるのだろうか?多分経験がないから、そこしかフォーカスされないんだと思う。

36 2019/07/23(火)
壁の正体は、スペイン語
読んで損した
最近の記事はくだらなくて長いのが特徴ですね

37 2019/07/23(火)
久保くんと比べるとあらゆる面で差が歴然。
これは時間の問題だな。
しかしバルサは安部のどこに惹かれたのだろう…

38 2019/07/23(火)
アジア人は舐められてる上に言葉も喋らないで内気だったらこりゃやべーな。頑張れ

40 2019/07/23(火)
移籍金が安すぎない?

41 2019/07/23(火)
まあ、このジャパンツアーのための要員でしょうからね。これが最初で最後の晴れ舞台でしょう。さようなら

42 2019/07/23(火)
語学力が先進国の中でもワーストクラスで低い日本、その中で久保建英の存在は抜きん出てる。だからメディアも取り上げたがる。

44 2019/07/23(火)
とにかく言葉だ!
上手くてもコミュが取れなかったら、使いづらい。

45 2019/07/23(火)
とにかく言葉を覚えてね!

47 2019/07/23(火)
ほんま何しにいくん?この人













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ