20190713-00061364-sdigestw-000-8-view[1]


スポンサード リンク




◆中盤は頭数が足りていない

 レアル・マドリーは現在、ジネディーヌ・ジダン監督の下、カナダのモントリオールでプレシーズンキャンプを実施中だ。

 いずれもコパ・アメリカ代表に出場したブラジル代表MFカゼミーロ、ブラジル代表DFエデル・ミリタン、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデに加え、U-21欧州選手権でスペインの優勝に貢献したダニ・セバジョス(移籍が濃厚)とヘスス・バジェホは合流していない。

 代わりに、新加入の久保建英らBチームの選手が5人加わり、総勢29人がトレーニングに励んでいる。キャンプ終了後は、7月20日にバイエルン・ミュンヘン、同23日にアーセナル、そして同26日にアトレティコ・マドリーとプレシーズンマッチを戦う予定だ。

 日本のファンが注目しているのは、この3試合で久保がどれぐらい出番を与えられるか。ひいては、今シーズン中にトップデビューが果たせるのか、という点だろう。18歳のニューカマーの立ち位置はどのポジションの何番手なのか? この北米遠征に参加している29人の序列を整理した。

 フォーメーションは、近年のマドリーのベースとなっている4-3-3とした。ただ、アンカーのカゼミーロが不在のため、このツアーでは4-2-3-1を採用するかもしれない。

 GKは、ティボー・クルトワが正守護神となりそうだ。ベンフィカやパリSGなどへの移籍が取り沙汰されているナバスが退団すれば、U-20ワールドカップでウクライナ初優勝の立役者となったアンドリー・ルニンが第2GKへ昇格するだろう。

 ナバスが残留すれば、ルニンは昨シーズンと同様に武者修行に出される可能性がある。ちなみに、昨季に第3GKだったジダン監督の次男リュカは、ラシン・サンタンデール(2部)へレンタルされている。
 
 最終ラインは、右SBダニエル・カルバハル、ラファエル・ヴァランヌ&セルヒオ・ラモスのCBペアは鉄板。注目は左SBで、昨シーズンは一時的にセルヒオ・レギロン(ビジャレアルにレンタル移籍が決定)に定位置を奪われたマルセロが捲土重来なるか。リヨンから加入したフェルラン・メンディとの熾烈なポジション争いが予想されるが、コパ・アメリカのメンバーから外れたことで英気を養えた重鎮に、一日の長があるだろう。

 中盤は、前述したようにコパ・アメリカで決勝まで戦ったカゼミーロの合流が遅れるため、本職のアンカーが不在。トニ・クロースとルカ・モドリッチを横に並べ、イスコがトップ下に入るトライアングルの配置も十分に考えられる。

 マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバの獲得を狙うなど、補強ポイントとなっているセクションで、不参加組もいて現状では頭数が足りていないため、久保と同じBチームのハイメ・セオアネとアルバロ・フィダルコもこの遠征ではそれなりのチャンスがもらえそうだ。

◆久保の現時点での立ち位置は?

 CFは、昨シーズン中盤から調子を上げ、キャリアハイとも言える成績を残したカリム・ベンゼマが一番手。実質不在だったバックアッパーには、ブンデスリーガで17ゴールを挙げたルカ・ヨビッチがフランクフルトから加わり、憂いはなくなった。鳴かず飛ばずに終わったマリアーノ・ディアスは放出が濃厚だ。

 注目のウイングは、左のエデン・アザールはもちろん決まり。昨夏のクリスチアーノ・ロナウド退団以降、ファンが首を長くして待ち望んだビッグネームだ。2番手が、鋭い突破で昨シーズンに衝撃を与えたヴィニシウス・ジュニオール。本格ブレイクを狙うブラヒム・ディアスと、まずはBチームで実戦経験を積む予定のロドリゴがそれに続く。
 
 本命不在で最激戦区と言ってもいいのが右ウイングだ。まだそのポテンシャルを十分に発揮できていないとはいえ、現状ではマルコ・アセンシオが半歩リードか。ただ、ルーカス・バスケスの献身性もジダン監督は高く評価しており、対戦相手や状況に応じて使い分けられることになるだろう。

 指揮官が「戦力外」を告げたガレス・ベイルは、本人が残留を希望。マドリーは売却を目論むも、落ち目のウインガーに適正なオファーが届くかどうかは不透明で、残留の可能性も残されている。久保はそのウェールズ代表FWに次ぐ4番手か。

 といっても、便宜上左と右に分けたが、ほぼ全員が両サイドで機能するため、実際はウイングの8番手という位置づけになる。トップデビューを果たすには、この序列をひっくり返す必要があり、改めて簡単な道のりではないことを思い知らされる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190713-00061364-sdigestw-socc&p=1



1 2019/07/13(土)
何試合か数分はプレーするかもしれないが、良くても今はまだトップチームに上がるべきではないと思う。常時スタメンは難しいからバックアップ要員で出場機会が少なくなる。この年齢で試合に出られないのが一番無駄。
23歳前後くらいでトップに上がるのがベスト。早ければいいってもんじゃない。

2 2019/07/13(土)
入団は素晴らしい快挙だが、継続してチームに貢献できるようになるのは4~5年後。
ネタがないからと、無駄に煽るな。商業的にデビューは早いはずだし、公式戦も来年なら期待できる。
マドリーは10代の選手に頼る程度のチームではあってならない。
作シーズンのチーム状況が異常だっただけ。

4 2019/07/13(土)
いつかはトップに定着してほしいけど、こういうメンバーの中で出るのって相当厳しそう!
今は将来を見据えて遠征に帯同だろうけど、それでもすごいな!
あと、チームは違うけど、メッシとかクリロナとかビッグクラブであんな若い時から出ていたかと思うとホントすごい。特別なんだろうけど!

5 2019/07/13(土)
去年のマドリーの失墜はロナウドのような絶対的なエースの不在と中盤の支配力の低下が原因だったと思う。クロースの守備力が低いのはもともとわかっていたが、パスの精度も昨年は低かった。モドリッチはバロンドールを獲得したが、ワールドカップの疲れか精彩を欠いていた。その他の選手達もこの2人を脅かす活躍ができなかった。ここの補強をしないとまた昨年と同じような結果になりそうだが。

7 2019/07/13(土)
左サイドに比べたらまだ可能性はある

8 2019/07/13(土)
まだまだ長い目で見ていくべき。マドリーレベルのクラブは18歳の序列をそう簡単に上げたりはしないからね。昨季のスクランブル状態でこそヴィニシウスが台頭したけど、ここ数十年の間でそんな選手はラウルくらい。バルサでもメッシのみ。久保にもそれが出来たら本当の神童ってことだよ。

10 2019/07/13(土)
>コパ・アメリカのメンバーから外れたことで英気を養えた重鎮
「英気」とは気力や元気の事でメンタル面を表す言葉。代表落選して英気を養えたというのは奇妙な話。
さておき、長年Rマドリーは、鹿島相手でさえ堅守速攻を貫き3トップの能力を全面に出すスタイルだったが、Cロナウドの移籍に加えてベイルも外す方針となれば中盤の支配重視にシフトしていく可能性もある。アザールにロングボールを蹴って独力ゴールを期待するのは無理がある。
となると将来的に上がり目左8番兼10番ポジションとしてアザールに近い所に久保を置くのもない話ではないだろう。

11 2019/07/13(土)
まぁトップチームに居るなんて本当の最低限だからな
改めてこの層の厚さを見て厳し過ぎる争いだなぁと思う
まぁイスコやハメスでさえ安定した出場機会が与えられなかったりするチームだから

13 2019/07/13(土)
イスコ、モドリッチ辺りで使うのも手だよな。
イスコは波があるし、モドリッチも年齢を考えるとフルでシーズン酷使するのは難しいと思う。
日本代表の中島と久保の関係みたく、アザールと久保を並べたら面白そう。

14 2019/07/13(土)
レアルやバルサが若手を集めているのは将来のための投資。
バルサでサッカーの基礎を学んだ少年が、Jリーグやレアルで育てられて、
どこまで伸びるか楽しみではあるが、序列とかは時期尚早。

15 2019/07/13(土)
まあ久保は8番手っていうかまだBの選手だから。
ヴィニシウス、ロドリゴとは扱いが違うよ。
しかしマリアーノ、ルーバケ、ディアス、イスコとかみんな移籍したり、怪我人続出なら契約上、トップチームに上がれるから何が起こるか分からない。
でも今回の遠征でジダンにアピールして、しっかりBで結果を残す事がまず最初の目標だね。
言葉の壁もないし、環境も知ってるしチームメイトと良い関係を築いて頑張ってほしい。

18 2019/07/13(土)
レアルよりバルサスタイルで教育受けた久保では
身体能力に差があり過ぎて
いきなり実績のあるトップメンバーと
ポジション争いは正直厳しいと思う
中堅クラブでしっかり実績を作ってからがいい
レアルはそれだけBから使える選手が選ばれるのは難しい
バルサBにも入れなかったのが痛いなー

19 2019/07/13(土)
まだまだ戦力としてのカウントではないだろう。あくまで、今後期待の若手として、直に監督が見てみたいから呼んだ位では?
ただ、呼んだら、今回のツアーのどこかでデビューはあると思うけど。

21 2019/07/13(土)
仮に今年、来年トップチーム登録されてもよほどの事ではない限り 控えメンバー扱いだろうから

下手に昇格してベンチと練習だけの日々を18~20歳までの時間を過ごすべきではないと思う

22 2019/07/13(土)
いやそんな事はない。
こうやって見ると、アザールは鉄壁だとしても、
あとの7人はそれほど大きな差はない。
活躍次第で、いくらでもひっくりかえせる。
そういう意味では今回の遠征は
久保の今後を占う上で重要ですね。
チャンスをもらった試合で
得点に絡む活躍をすれば、チャンスが広がるだろうし
ダメなプレーをすれば、今後干される可能性も有る。
勝負が一番のプロの世界で、年齢とか移籍金とか関係ない。
チームに貢献できる実力と、
監督の戦術に合って認められること
この2つが揃わないと、試合に出られない。
まぁレアルみたいなチームだと、みんな実力はあるので
ジダンとの相性ですかね。
チャンスはそんなに多くないから
ジダンに認められるように頑張って欲しいですね。

23 2019/07/13(土)
ナバスは移籍するべきだと思う
一線級の選手なだけにベンチに座らせておくのはもったいない
引く手数多だろうからレアルから飛び出すのも視野に入れて欲しい

24 2019/07/13(土)
何で煽る記事を書くんだろう。今のトップチームにはまだ入れない。カスティージャでどれだけやれるのかなんだよ。ヴィニシウスやロドリゴの同世代も強烈だから、カスティージャでも現時点ではスタメンすら難しい。遠征メンバーに入ったのは能力を知るだけだと思うし、少し長い目で見てやってほしい。

25 2019/07/13(土)
この気持ち悪い久保ヨイショ記事もそろそろやめてほしい。
継続的にサッカーを見ていれば、いくら同胞日本人とはいえ、無理があり過ぎると思わないのかと。
本当にマドリーでレギュラーを狙えるレベルなら、身近で成長をみてきたバルサが手放すはずがない。金銭的に解決させなかったのが答えだよ。

28 2019/07/13(土)
そもそもウイングよりインサイドハーフでボールを捌きながらゴール前に飛び出していくほうが合ってると思うんだよな
守備面での強度をこれから数年で伸ばしていければモドリッチの後釜として期待できると思う

29 2019/07/13(土)
久保はウイングなの…?
イスコのとこかと思ってた。 序列じゃ1番下だろうけど、何とかアピールして基本Bチームの方にいるけど、ターンオーバーとかの時はトップチームに呼ばれるようになって欲しい。

31 2019/07/13(土)
マドリーのトップチームは、キャリアハイの最高到達地点。
まずはカスティージャで頑張って、その後は他チームへのレンタルで1部リーグでのレギュラー出場の経験を積んで欲しい。
そこで台頭できれば、トップチームに呼び戻されるだろう。

32 2019/07/13(土)
プレシーズンだけを見てるとはいえ
まだ序列とか早いわ。
久保に関してはあくまで
実力やポテンシャルをみたいって
招集されてるんやし。
どんだけ試合に出れるかわからんけど
出場したらしっかり応援する
それだけで十分やろ。

33 2019/07/13(土)
まだ本領発揮は来年以降なくらいの気持ちで、
いい意味で焦らないでほしい。
遠征中は、あくまでもサッカーを楽しんで。

36 2019/07/13(土)
個人的にはイスコやモドリッチの位置が久保には合ってると思うんだが

37 2019/07/13(土)
ビジネス的要素が大きいでしょう。
騒いでくれている日本のメディアとファンへのサービスと早めに年棒分を回収したいでしょうからね。

38 2019/07/13(土)
まずはコパデルレイで出場して、そこで結果を残さないとな。
リーグ戦は外国人枠もあって登録されること自体が非常に難しいし、登録される=主力級ということだから。

39 2019/07/13(土)
まだ試合にも出場してないのに毎日久保の記事ばかりでウンザリ
期待が大きいのはわかるけどもう少しそっとしておいてあげるべき。

41 2019/07/13(土)
このメンツの中であえて久保を使う意味はないだろうな。相当な人数怪我人が出ればベンチぐらいには入るかもしれんけど。
CL決勝時の宇佐美のように。

42 2019/07/13(土)
アザール、ヨビッチが入るだけで層が一気に厚くなった感じがするな

43 2019/07/13(土)
カスティージョ出身者はそれほどトップチームで出場していなくてもカスティージョで結果を残していればいいオファーくる。それほどカスティージョにはブランド力がある。だから失敗云々を考えずに頑張ってほしい。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ