20190712-00865090-sportiva-000-1-view[1]


スポンサード リンク




7月7日、スペインのスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティーボ』は、バルセロナが鹿島アントラーズの攻撃的MF、安部裕葵(20歳)と契約を結んだことを伝えている。年俸は110万ユーロ(約1億4000万円)で、3年契約プラス2年延長のオプション付き。7月6日に行なわれたジュビロ磐田戦が、日本での最後の試合だと報じている。

「ホセ・マリア・バケーロ(バルサ強化部長)は個人的に、久保建英より先に安部を追っていた。今年の1月からだ」

 同紙は、安部こそがターゲットだったと強調している。安部以外に、セレッソ大阪の攻撃的MF西川潤(17歳)にも触手を伸ばしている状況を記事にしている。こちらは国際的な移籍が解禁になる18歳になった時点で獲得する目論見か。

 安部は近日中にバルサに合流。当面は、セカンドチームであるバルサBが主戦場になる。ただし、トップチームが7月下旬に予定しているアジアツアーへの参加予定もあるという。

 はたして、バルサは安部のどこに惚れたのか?  まずバルサには、EU外の有力外国人選手をバルサBで獲得するという背景があった。  2014年4月、バルサはFIFAから「18歳未満の外国人選手獲得及び登録に違反がある」とされて、補強禁止の制裁を受けている。これにより当時14歳だった久保建英も、帰国せざるを得なかった。この裁定によって、バルサは"青田買い"が制限され、下部組織であるラ・マシアの強化において政策の転換を迫られた。

 それ以来、バルサBは18~20歳の有力な若手に絞って、世界中から積極的に補強するようになった。18歳未満の選手は獲得できず、じっくり育成できない。そんな状況下での苦肉の策だった。

 ただし今のところ、このやり方は成功を収めているとは言い難い。

 2部残留を目指していた2017-18シーズンは、あえなく2部B(実質3部)に降格。主力だったブラジル人のビッチーニョ、ホンジュラス人のアンソニー・ロサーノ、アルゼンチン人のマティアス・ナウエルは、いずれもすでに退団している。2部Bで昇格を目標に据えた2018-19シーズンも8位にとどまり、プレーオフにも届かなかった。コートジボアール系のカナダ代表FWやウルグアイ人の有力センターバックなど、各国から人材を集めたものの、結果は出せていない。
なにより、この移籍ケースでのトップチーム定着が1件もないという現状がある。


 現実的に考えれば、実質3部で活躍しても、その選手をトップチームには引き上げることはできない。それはたとえ2部でも、そう変わらないだろう。レベルの差がありすぎるのだ。

 下部組織を通じて育てられた選手なら、トップでプレーするうえでの利点がある。クラブのプレー規範が叩き込まれているからだ。しかし20歳前後でやってくる選手はそうではない。それだったら1部リーグの有力選手を補強する方が手っ取り早いのだ。

<バルサのブランドで箔付けし、中堅クラブに高く売る>

 実際には、バルサBの選手はそうなる可能性のほうが高い。たとえば500万ユーロ(約6億5000万円)で獲得したブラジル人DFマルロン・サントスは、1シーズン、バルサBでプレーさせ(トップチームでも2試合出場)、ニース(フランス)に貸し出し後、サッスオーロ(イタリア)に600万ユーロ(約7億5000万円)プラス出来高(50試合出場)600万ユーロで売却。堅実に利益を上げた。

 選手にとっても悪い話ではない。トップチームに昇格する可能性は常にある。同時に、それが無理でも中堅クラブでセカンドチャンスが得られるのだ。  フローニンゲン(オランダ)で堂安律のチームメイトだった18歳のMFルドヴィト・ライスも、来季はバルサBに加入する。展開力や持ち上がる迫力だけでなく、ボールを奪う能力も際立つ。戦闘力の高い選手である。

 安部も20歳と若いが、物怖じせずに技術を出せる。コパ・アメリカでも、南米の手練れを相手に1対1で対峙しても負けていなかった。ゴールに近づくにつれ、怖さを増し、ひ弱さを見せなかった。

 その点でも安部はバルサのお眼鏡にかなったということかもしれない。

 おそらく安倍は、逆足の左サイドアタッカー、もしくは「フェイク9」での起用になる。左サイドから中へ切り込み、右足で決定的仕事をするか、ボックス付近でゴールに迫り、プレーメイクにも絡む。
過去のトップチームでいうと、前者はアンドレス・イニエスタ、ペドロ、アレクシス・サンチェス、ネイマール、フィリペ・コウチーニョ、ウスマン・デンベレらが担当し、後者はセスク・ファブレガスやリオネル・メッシが任されてきた。

 共通するのは、ゴール、もしくはそれを引き起こす仕事が求められる点だ。

 新シーズン、バルサBを率いる監督候補に、クラブ史上最高のGKのひとり、ビクトル・バルデスの名前が挙がっている。現監督のガルシア・ピミエンタは、トップのコーチになる可能性が濃厚と言われる。クラブとしては"レジェンド"の登用で、育成部門の再編成を図りたいところか。

 安部はポテンシャル的には申し分ない。ただ、語学力などコミュニケーション全般で苦労するだろう。この点では久保よりもハンデがある。それを乗り越えて、まずはバルサBで結果を叩き出す必要がある。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190712-00865090-sportiva-socc&p=1



1 2019/07/12(金)
久保選手を宿敵に奪われて日本マーケットで出遅れたのを巻き返すだけの
移籍話。
戦力としてはカウントしていない。
安部選手もそんなことはわかっているがチャンスには違いないので頑張って欲しい。

2 2019/07/12(金)
なるほどね。カンテラは育てて使うのでなく、育てて売るのが今のバルサのクラブビジネスの一つなのね。
確かに選手にしてもたとえBチームといえどバルサのトップチームに上がれる可能性がある環境でサッカーが出来るのは良いし、仮に上がらなくても他のクラブからすれば金の卵に見えるもんな。
最近はトップに上がる若手がほとんどいないのはこういう傾向が強まっているのは間違いないんだな。
まぁ安部もバルサのサッカーに近い能力を持っているから順調に成長すれば欧州で活躍出来るだろう。

3 2019/07/12(金)
現実的に厳しいと言わざるを得ない
まず言葉の問題。ここまで急になると準備はしてないだろうしバルサのトップチームに上がることはかなりの高い確率で無い
チャンスとは聞こえが良いが単なる留学と同じレベル
結局2年後にどこかに移籍して日本に帰ってくるパターンのような気がする
期待出来る素晴らしい選手だけに他の道を選択してもらいたいと個人的に思うけどね

4 2019/07/12(金)
7/4の日刊スポーツの記事では『日本市場の開拓を狙うバルセロナは今夏、20年東京五輪世代に照準を定めて調査。Rマドリードに移籍した久保や、南米選手権に出ていた他の複数の日本代表選手に接触したが断られ、なんとしても安部を獲得したい状況だ』
と、安部は久保の代役の更に代役みたいな形での接触みたいに書かれていましたね

どっちを先に目をつけていたのか?はわかりませんが久保より先に目をつけていたなら久保より先に交渉すると思うのだがそれがなかったということは・・・日刊スポーツの記事の方が信憑性はありそうだなと個人的には思う

ただ、安部にはどんな経緯であれ海外挑戦の機会を得た以上は頑張ってもらいたいとは思っている

6 2019/07/12(金)
久保よりも先に安部が追ってたという強化部長の発言は奇妙ですね。
安部に注目したのは今年の1月で久保よりも早いというが、そもそも久保は9歳でバルサの入団テストに合格した選手。帰国後も年始にはバルセロナの練習に参加してきた。
そして、初めて年始の練習に不参加だったのが今年の1月。当時はFC東京に集中するためと説明されたけど、1月の段階で交渉が破断に近かったのかもしれない。
その時点でバルセロナは慌てて代役探しを始めて、昨年末のU20予選で久保と共にエース扱いでクラブW杯にも出場してた安部に目をつけたのが実情でしょう。
楽天とバルセロナの契約は16~20年。本来なら今夏にバルサ移籍した久保が「楽天」を胸に注目されて来年の東京五輪でヒーローになり、バルサとの契約延長は久保のトップ昇格の現実味次第……というところだったのでしょう。
ところがバルサは日本人の敵へ。必死の代役探しも当然のこと。

7 2019/07/12(金)
10代から20代に変わるころに成長するのに大事なのは、フィジカルへの対応力と周りを見ながらプレイ選択を正しくできるかだと思う。
堂安の伸び悩みはプレイ選択の遅さ少なさ、久保はプレイ選択は天才でフィジカルの成長で急激に伸びた、安部はどうなるんだろうね~

8 2019/07/12(金)
バルサのトップチームには上がれないだろうけど、
Bチームでも試合に出てれば、
欧州の移籍マーケットに乗りやすいし、
中堅〜下位クラブへの移籍はしやすいだろう。
バルサもそれを目論んでるだろうし、
安部にとっても欧州の他のクラブに見てもらいやすいだろうだろうから、悪い話じゃない。
1年ぐらい頑張って、良いクラブに移籍出来るとよいな。
西川に関しては、来年高校卒業して
これからセレッソでしっかり働いてもらうつもりで入団させてるから、
18歳になったからってすぐ出すとは思えないけどな。
西川本人がすぐにでも行きたいとかなら成立しちゃうかもだけど。
セレッソ側からしたら時期尚早ってとこだろうなぁ。

10 2019/07/12(金)
確かに安部はゲームメイクも出来るしドリブルで自分から仕掛けていくタイプなので身体のキレがある若いうちに勝負するのは賢明な判断だと思います。未だに日本人が成し得ていないスペイン中位〜上位クラブでの活躍を期待したいです。
移籍金が当初の報道より下回っているのだけは気になりますが。

11 2019/07/12(金)
流石に苦しい言い訳だな。
楽天がスポンサーにある以上日本のサッカー市場をガン無視する訳にはいかないから苦肉の策として取った意味合いが大きいと思う。育てれば欧州のどこかには売れると算段つけばラッキー、最悪スポンサーとの緩衝材になれば良いくらいの考え方なのかな。いずれにしてもチャンスなことに変わりないから頑張ってほしい。

12 2019/07/12(金)
日本代表としてみると、バルサの独特な組み立てで動ける司令塔とストライカーがいるというのは非常にプラスに働くと思う。
ポゼッションサッカーの基本であるいかにプレッシャーを受けずにボールを受けるか?という技術もフィードバックするには1人より2人の方が良い。
安部個人の活躍も期待するが、2022に向けていい材料だと思う。

13 2019/07/12(金)
久保より先に追っていたなら、久保より前に交渉してたのかな?どう考えても久保が駄目だったから楽天の手前。日本人を獲得しないとという風に見えるが?まあ、それなら、久保はレアルの方が評価してたんだろうから、レアルに行くのは仕方ないよね。安部は頑張れば欧州への足掛かりだから。悪くないのかな?けど、どうなんだろう。

15 2019/07/12(金)
今回の久保の獲得失敗の一連の流れをみていて、今のバルサのやり方が気に入らない。今まで信頼して応援していたが、今回のことでとても失望したよ。安部選手がどうとか言うつもりはなくて、バルサのやり方がダサくてイラつく。安部選手はチャンスだと思うなら移籍すればいい。
久保より先に追っていたなら、なぜ先に交渉しなかったんだよw ビジャやプジョル、ジオ、オレゲルが居た時代はマシア出身が最大8人以上出場していた。あの時はバルサが商売上手だと思ったが、今の有様は何だ。金で寄せ集めるレアルと何も変わらないだろ。このやり方じゃ長くクヲリティを維持できないし、クラブから出て行くお金も大きくなる。ラマシアや株主はどう思ってるのだろうか?

16 2019/07/12(金)
選手側からしたらビッグクラブで夢もあるだろうが、過去昇格0でほぼ売却目的は見え見え
久保君とられた仕返しは言い過ぎかもしれないが、日本の才能ある若手を弄ばないで欲しいなぁ。鹿島でトップチームの10番で経験積んで、欧州の中堅にレギュラーとして移籍してほしかった

18 2019/07/12(金)
別にバルサのトップに上がれなくてもよいんだよ。
リーガのトップでもいいし、他国リーグのレンタルでもいいし。

年齢的にまだまだなんだから、今は経験とおもって外に出ればよいと思います。

19 2019/07/12(金)
海外でプレーをしながら海外移籍を目指すって感じ。日本にいるよりは多くのスカウトに見られるのだからメリットはかなりデカイ。頑張って!

20 2019/07/12(金)
何故久保よりも年齢が上で先に追ってた阿部を、久保がマドリーに掻っ攫われてから獲得したの?
先に追ってたなら、他クラブと契約される前に、それこそ久保の結果が出る前に獲得してるやろ。
ただの負け惜しみだわ。
松坂をレッドソックスに拐われ、悔し紛れに井川を獲得して大失敗したヤンキースみたい。

21 2019/07/12(金)
日本ではバルサに移籍のように報道されているが、そうじゃないのはサッカーファンには承知の事実。
それでも次のステップにはかわりない。個人的に好きなプレイヤーなので、ぜひ成長してほしい。

22 2019/07/12(金)
現状では確かに厳しいけど、岡崎や長友、中島みたいにベンチだった選手が突如覚醒したりと、何があるか分からない。バルサではダメだったとしても二十歳前後で欧州の空気を吸うのは良い経験になると思う。まずは語学をしっかり。欧州移籍で失敗した選手は大半がそれで泣いて帰ってくる。

24 2019/07/12(金)
久保より先に追っていたは明らかな嘘だろう。阿部選手には頑張って欲しい。

25 2019/07/12(金)
欧州移籍が目標なら、行ったほうが良いでしょう。
たとえ3部でも、日本に居るよりもバルサのBチームのほうが他チームのスカウトの目に留まりやすいだろうし、クラブも積極的に売り込みするだろうし。
1~2年の辛抱じゃないかな?

26 2019/07/12(金)
応援している選手の一人だが、このレベルで考えると「運」もある。
チャンスに遭遇し、結果だしたとたん大きく成長し化けるのだが。
阿部選手は、千載一遇のチャンスをしっかりと自分のものにして人生を変えるかも。応援している。

28 2019/07/12(金)
大半の人がトップに上がるのは難しいと分かってるだろうけど、それでもバルサの看板が付くのは大きいと思う。

30 2019/07/12(金)
久保より先に云々はでまかせでしょうが、移籍自体は悪い話じゃないと思う。
今回を機に彼は日本で一気に名を挙げた。少なくとも鹿島で地道にやるよりははるかに早くネームバリューがついたわけだ。活かせるかは本人次第。

31 2019/07/12(金)
最低限スペイン語を覚えて欲しい。そうすればもしバルサで成功できなくても欧州での道は広がるので。

32 2019/07/12(金)
久保より先に安部を追ってたとか、強化部の子供じみた言い訳にしか聞こえない。このネット時代、もしそうであったならばもっと早く話は上がってたはず。バルサの強化部の無能さが伝わってくる。

33 2019/07/12(金)
コパの試合観たけどドリブルがほとんど引っかかってたのをみるとまだ海外は早いように思う
鹿島でも試合には出てるけどこれといった成績は残せてないしバルサなんてBチームでも厳しそう

35 2019/07/12(金)
今の実力ではトップチームでスタメン定着は絶対に無理といえる
国王杯で数試合出れれば大成功ってレベルじゃないかな
ただしバルサBで活躍すれば他チームから声かかるかもしれないし年棒的にも跳ね上がるわけだしプロとして行くべきだね

36 2019/07/12(金)
楽天とのスポンサー契約が切れるあと2年のためだけの2年契約と現地では報じられている。
普通期待の若手ならバルサBで3〜5年契約なんだけどな。期待されてないし、多分Bでも試合出してもらえない。言葉の壁とか難癖つけられて。
チャンスはあるとはいうけどチャンスも何もない。

38 2019/07/12(金)
鹿島では控え選手の安部
今シーズンに関しては伸び悩んでいると言われても仕方ない消極的なプレーが多すぎる
そんな状況で移籍しても良いことはない
まずは鹿島と代表でしっかりと実績を作って、五輪後あたりに戦力として認めてくれる欧州トップリーグからのオファーがあったら移籍すべきだと思う

39 2019/07/12(金)
この記事はバルサだけが若い選手を売るみたいな感じで話してるが、マドリーも同じでビッグクラブ全てがそう。
若い選手を青田買いで買って、化ければ儲けもので、駄目でも売れば良いという久保も同じ。
反対に小さなクラブが取る方が予算や将来性を本気で考えていることが多い













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ