20190709-00864900-sportiva-000-1-view[1]


スポンサード リンク




今から1年前。レアル・マドリードはチャンピオンズリーグ3連覇という華々しい偉業を達成した。その瞬間、彼らは間違いなくスポーツ界が世の中に供する「最強」の形容、象徴だった。だがしかし、やはりフットボールには今、この瞬間しか存在しないのだ。世界最高のクラブを自負するレアル・マドリードならば、なおさらである。

「ア・ポル・ラ・デシモクアルタ(通算14回目のチャンピオンズカップ/リーグ優勝へ)!」

 デシモテルセーラ(13回目の優勝)を果たした直後から、レアル・マドリードのファンはそう叫んだ。ここまで、どれだけの喜びを享受しようとも、彼らの欲求には果てがない。容赦もない。そして欲求が満たされなければ、生じるのは失望だ。今年3月のホームスタジアム、サンティアゴ・ベルナベウでは、わずか1週間の内にその感情がこれ以上ないほどに充満することになった。

 コパ・デル・レイ準決勝セカンドレグのバルセロナ戦(0-3、2戦合計1-4)、リーガ・エスパニョーラ第26節のバルセロナ戦(0-1)、そしてチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのアヤックス戦(1-4、2戦合計3-5)......。ひとつの敗戦はひとつのタイトルを失うことを意味し、ファンはもう負けると判断した時点で席を立ち、家路につくことを繰り返した。意気盛んな若者も、酸いも甘いも噛み締めた年配の人たちも......。「最強」の形容、黄金期の輝きは、色褪せないどころかわずか1週間でメッキのごとく剥がれ落ちた。

 昨季メジャータイトル無冠と、ものの見事につまずいたレアル・マドリード。再び常勝クラブへと舞い戻るために打った手は、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とともに直前の黄金期を支えたジネディーヌ・ジダンの監督復帰、そして彼とともに陣容に変化を加えることだった。陣容変更の動きは、試合を戦い続けるモチベーションを失い、ただただ負け数を増やしていくことになる3月の時点で始まっており、ジダン監督とクラブは互いに意見を擦り合わせながら補強、放出する選手を決めていった。

そしてシーズン終了後の6月に入って行なわれたのは、怒涛の入団セレモニーである。まず12日に昨季ブレイクを果たした新星ストライカーのルカ・ヨヴィッチ(フランクフルトから獲得)、13日に押しも押されもせぬ世界的スターであるエデン・アザール(チェルシー)、18日にブラジルの次世代の至宝ロドリゴ(サントス)、19日には、衰えが指摘されるマルセロとのレギュラー争いに臨むべく加わったフェルラン・メンディ(リヨン)......。

 会長のフロレンティーノ・ペレスは、まるで担任の先生のようにほとんど日を空けることなく登壇して、ピッカピカの転校生のひとりひとりに「君は世界で最も厳しい要求を課されるクラブに加入したのだ」という、おなじみのメッセージを口にしていった。とりわけアザールのセレモニーは、2014年に獲得したハメス・ロドリゲス以来の大々的なものとなり、じつに5万人ものファンがサンティアゴ・ベルナベウに集結している。

 レアル・マドリードの補強は以上の4選手と、ブラジル代表としてコパ・アメリカに参加していたエデル・ミリトン(ポルト)で大方終了している(久保建英はレアル・マドリードBチーム、カスティージャの補強であり、クラブ関係者はトップチームまで到達するにしても、あと1~2年は必要と見ている)。ヨヴィッチの移籍金が6000万ユーロ、アザールが1億ユーロ、ロドリゴが4500万ユーロ、ミリトンが5000万ユーロと、合計獲得費用はじつに2億9800万ユーロ。これはペレス会長が第2次政権をスタートさせ、ロナウド、カカ、ベンゼマらを獲得した2009年夏の2億5800万ユーロを上回り、一市場におけるクラブ史上最高額の出費だ。残る補強はMFのみとなっており、第1候補はジダン監督たっての希望であるマンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバ。ジダン監督の同胞のこのフランス人獲得が無理ならば、アヤックスのドニー・ファン・デ・ベークか、ナポリのファビアン・ルイスを獲得する方針を立てている。

そして加入する選手がいれば、もちろん出て行く選手もいる。超エリート集団たるレアル・マドリードは、若手選手をトップチーム内にとどめて成長を待つことはせず(ヴィニシウスやロドリゴなど大金をかけた選手なら別だが......)、もう活躍は見込めないと判断した選手を切り捨てていく。ファイナンシャルフェアプレーにより、選手獲得費用が売却収入を1億ユーロ以上上回ってはならないという基準が定められた現状では、なおのことである。ポグバ獲得によって、さらに1億ユーロ以上の出費が予想される状況で、レアル・マドリードは3億ユーロ近くの売却収入を手にすることを目指している。

 昨季までのトップチーム所属選手では、ここまでにマルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリード)が完全移籍、またレギロン・ロドリゲス(セビージャ)がレンタルでクラブを離れることが決定。昨季のレンタル組ではジダン監督率いるチームで出場機会の少なさに不満を感じていたマテオ・コバチッチ(チェルシー)のほか、テオ・エルナンデス(ミラン)、ラウール・デ・トマス(ベンフィカ)が完全移籍で退団し、神童と持て囃されながら20歳を迎えたマルティン・ウーデゴールがレアル・ソシエダに貸し出されている。現状の売却収入はジョレンテ3000 万ユーロ、コバチッチ4500万ユーロ、テオ2000万ユーロ、デ・トマス2000万ユーロで、合計1億1500万ユーロとなっている。

 クラブの放出オペレーションは継続中。現在は、ロナウドに代わりチーム最大のスターになることが期待されながら、相変わらずケガがちで結果を残せなかったガレス・ベイルの移籍先を見つけることに躍起だ。そのほかバイエルンが買い取らなかったハメス・ロドリゲスの売却、スペインのU-21EURO優勝の立役者でありながらも、ジダン監督から信頼を得られていないダニ・セバージョスのレンタルか買い戻しオプション付きでの放出も確実で、さらにマリアーノ、ボルハ・マジョラルのFW2人の売却も狙っている。

レアル・マドリードは、刷新とまではいかないまでも、しかしながら大きな変化を加えて今季に臨むことになる。ジダン監督が最初に解決しなければならない問題は、明確である。それは1シーズンにつき50ゴール前後を約束してくれた存在、ロナウドの穴を今度こそ埋めること。ロナウドが在籍した最終シーズンの公式戦得点率が1試合平均2.38得点(62試合148得点)であったのに対して、昨季は1.89得点(57試合108得点)まで落ち込んだ。まさに彼がいない分だけ、ゴールが足りない状況がそこにはあった。

 その観点からすれば、今夏の補強方針はわかりやすい。ベンゼマのスペースメイク力を生かしながら、縦への推進力と決定力を併せ持つアザールがネットを揺らす場面は容易に想像可能だ。ベンゼマのバックアッパーとして加えられたヨヴィッチも得点力の増加に一役買うだろうし、ルカ・モドリッチが昨季4得点、トニ・クロースが1得点とパンチが欠けた中盤に、昨季16得点を決めたポグバを加えたい考えも理解できる。以上の得点力の改善ほか、昨季のレアル・マドリードはアヤックスに15キロも走り負けたデータがあるように、ワールドカップの疲労が残ったモドリッチをはじめフィジカル的な脆弱さが目立った。ポグバ獲得の動きはそうしたことを加味し、中盤にさらなるダイナミズムを加える意図もあるのだろう。

 兎にも角にも、プレシーズンマッチすら戦っていない現状では、レアル・マドリードがどのような顔つきで今季に立ち向かっていくのかは、まだ不透明である。たしかなのは、彼らが今すぐに、再び「最強」を目指さなくてはならないということだ。たとえ心機一転で新たなスタートを切るとしても、「ア・ポル・ラ・デシモクアルタ!」の欲求に小休止など存在しない。どんな状況にあっても、1試合目で勝てなければサプライズ、2試合目でつまずけば大スランプ、3試合目で敗れようものならばクライシス突入......。それがフロレンティーノ"先生"の口癖である「世界で最も厳しい要求を課されるクラブ」を取り巻く環境なのだから。

 レアル・マドリードの、今、この時だけの黄金の瞬間を手にする挑戦が、また始まる。

江間慎一郎●文 text by Ema Shinichiro

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00864900-sportiva-socc&p=1



1 2019/07/09(火)
ロナウドの穴埋めなんぞ事実上不可能。彼以上にシーズン通して計算できる選手なんていないし、彼以上に決定力のあるストライカーは現在では存在しない。ロナウドを放出した時点で得点は100%ロナウドがいた時より少なくなる。レアルが復活するためには今までやっていたサッカーを根本的に作り変えなければいけない。

2 2019/07/09(火)
個人的にはヨビッチに期待。アザールが基本チャンスメイクをガンガンしてくれると思うから、ベンゼマとタッグでワンタッチとかで決めていければ一気にレアル復活もありうると思う。

3 2019/07/09(火)
ポグバは無理がきく選手だからね
身長も高いしフィジカルもある、セットプレイでもヴァラン、ラモス、ポグバがいれば安心だし
エリクセンはモドリッチの後釜になれると思うし、アザールとの連携が見てみたい
交渉の立場だとレアルの方が上だからなんなら二人ともとって欲しいな

4 2019/07/09(火)
アザールは活躍してくれると思うけど、問題は一番高齢化してる中盤の選手を現状、誰も取れてない事だよな。このままでは序盤こそ幸先良く行けても、終盤の過密スケジュールに失速するイメージしかない。セバージョス放出するとして、もう2人はいないと怪我等のアクシデント時に対応するのに厳しいと思う。

5 2019/07/09(火)
俺はサッカーを語る上で必ず机上の空論だが、、、と加えて話したり語ったりするのだけど、メッシとロナウドだけは机上通りの結果と計算できる数字を必ずだしてくれる。そーなるとこの記事の通りロナウドの数字の穴埋めを出来れば良いのだが、それはやっぱり机上の空論です。

6 2019/07/09(火)
アザールほどの選手が環境変えた途端に鳴かず飛ばずとは考えにくいし、期待値を大きく下回ることは多分無い
鍵はやっぱりヨビッチだな
ベンゼマがサポートに回ってヨビッチが決める形が出来れば楽しみなチームになる

7 2019/07/09(火)
ロナウドの後釜は存在しないという前提で、左右のウィング、CF、中盤でロナウドが居た時並みの総得点数を全体で出せばいい話。
まっ後は別にロナウドが居た時ほど得点数出さなくても1-0とか手堅い勝ちを増やせばそもそもそこまで得点数にこだわらなくてもいいんだけどね。
ただ、そんな戦い方サポーターが許さなそうだが…。

8 2019/07/09(火)
上手く放出できてると思うけどジョレンテは出してはいけなかった気がする
残っててもジダンは使わない気がするけどアトレティコからしたら相当な戦力になる

9 2019/07/09(火)
ロナウドの穴埋めは無理でしょ。
他ビッククラブのエースの一つ上を行き、
ここと言う場面で決めてくれるのが、
ロナウド、メッシ。
昨季よりはマシだと思うけど、
銀河系と呼ぶまでには至ってない。

10 2019/07/09(火)
世界的名手のアザール、伸び代がかなりありそうなヨビッチの加入は頼もしい。
が、とんでもない投資をしてPPを獲得する必要があるのかは疑問に思う。

11 2019/07/09(火)
クリロナとカカ両取りしたときに比べたら、まだまだインパクト不足。ネイマールはともかくエムバペ、ケインあたり複数のスターを獲得するのでは?
夢物語だけど、マドリーは昔は奇跡的なトレードよくやってましたからね。。。

12 2019/07/09(火)
ムバッペやネイマールを確保したならド派手補強だが、契約が残り1年のアザールに多数の選手獲得したが、金額が今の移籍市場のバブル価格に比べたらさみしいけどね。
 
13 2019/07/09(火)
来年の夏には間違いなくエムバペがくるだろうから今年はフィッティングと準備運動ってとこかな。バルサもマドリーも世代交代をはじめてきて良きライバルで良いゲームをみせて欲しい。
 
14 2019/07/09(火)
ロナウドとアザールはまったくタイプが違うストライカーだかは、役割がそもそも違くなるはず

15 2019/07/09(火)
サッカーとか野球とか、自分でチームに所属してプレーするなら、やりがいもあり楽しいかと思います。
でも私は今スポーツは何もしていないので、サッカーも野球も興味を持たない様にしています。だからどこが勝っても嬉しくもありません。
強いてあげれば巨人が負けたら嬉しいかな。

16 2019/07/09(火)
ベンゼマの奮起とヨビッチがスペインでどれだけ通用するかだな。
ヨビッチはある意味未知数。
中堅クラブでドイツとELで結果残したに過ぎないからね。
まぁ、マドリーでも期待してます。

17 2019/07/09(火)
アザールとヨビッチの補強は良いけど
この先誰を取りどの選手を売るか楽しみ。

18 2019/07/09(火)
江間さんの書く記事は本当に読みやすく、かつ的確。マドリーを良く分かってらっしゃる。
さすが現地に住んで毎日取材してる方。
これ以上の記者はなかなかいないと思う。

19 2019/07/09(火)
アザール、ポグバ、マルセロでどう守備対応するのか見てみたいだけに
ポグバ獲得には期待だなぁ~
昨シーズンはホームでアヤックスに良いようにパスを回され
守備がアレだったけど
ジダンはどう修正するんだろ…

20 2019/07/09(火)
ポグバ、エリクセンのW獲りして欲しい。
マリアーノ、ベイル、バスケス、ハメス、ナバス、マジョラル このメンバー上手く売却出来ればいけると思うんだけどなー
後格安のエルモソを獲得してバジェオorナチョを売却して欲しい。

21 2019/07/09(火)
今の段階での放出は マジョラルは確実だろうが、ベイルとマリアーノに関しては、ロドリゴ、ヨビッチの順応次第だろう。でもベイルは無いとおもうな。代理人が無いと言っているしね。代理人は本人とクラブのそれぞれの話を聞いている立場だからな。ポグバに関しては俺が前々から言っている通りの話になってきたな。でもここにきてかなり怪しいけどなw

22 2019/07/09(火)
読み応えのある記事でした。
ジダンの現役時代である『銀河系軍団』の輝きを取り戻してほしい。

23 2019/07/09(火)
ムバッペ右アザール左ネイマール真ん中見てみたい。
皆はネイマールいらんって言うと思うし実現しんやろうけど見たい。

24 2019/07/09(火)
お金は結構使ってるけど、ど派手って感じはしないけどな。

25 2019/07/09(火)
売り時が上手いよね
一定以上のパラメータがない選手は売ってる感じ

26 2019/07/09(火)
第三次銀河系軍団って言われてるけど、1.2と比べたらかなり劣る。獲得した中で超ワールドクラスなのはアザールだけ。

27 2019/07/09(火)
なんだかんだベンゼマって必要だし生き残ってる。

28 2019/07/09(火)
Cロナの凄さは数字もだけどやっぱりここ一番での勝負強さかな。

29 2019/07/09(火)
コバチッチはジダンが監督の時は重宝されていた。
 
30 2019/07/09(火)
ポグバを低く評価してるのはユナイテッドファンだけやと思うよ













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ