20190705-00010000-nksportsg-000-2-view[1]


スポンサード リンク




“白い巨人”と呼ばれる世界一のビッグクラブ、レアル・マドリード(スペイン)。その一員となったサッカー日本代表MF久保建英(18)は、今や世界がその未来を注視するほどの存在となった。

この7月には、プレシーズンマッチで米国遠征するレアル・マドリードのトップチームに同行するから恐れ入る。日本人選手が、あの「銀河系軍団」に交じることになるのだ。米経済誌「フォーブス」が発表した最新の「世界で最も価値あるサッカーチーム」では、約42億4000万ドル(約4650億円)で堂々のトップ。2位にバルセロナ(約40億ドル=約4390億円)が続く。

【写真】バルセロナに所属していた12歳の久保

◆1度も弱音漏らさず

2016年11月5日、J3に参戦するFC東京U-23(23歳以下)のメンバーとして、AC長野パルセイロ戦にJリーグ史上最年少となる15歳5カ月1日でデビュー。まだ中学3年だった久保を初めて取材した。以来、「天才少年」を追い続けてきた。

覚えている限り、久保が弱音を漏らしたことは、ただの1度もなかった。ICレコーダーに残った久保の言葉をあらためてたどっても、見当たらなかった。

年上の選手とのやり合いについて聞けば「自分はよく年齢について言われるけど、ピッチに立てば関係ありません」。

暑さによる疲労を気遣えば「自分たちの半面(のピッチ)だけが暑いわけではないので」。

世代別日本代表として参加した17年5月のU-20ワールドカップ(W杯)韓国大会、同年10月のU-17W杯インド大会といった国際大会。今季は首位を独走する東京での活躍を見続け、6月のキリンチャレンジ杯エルサルバドル戦でのA代表デビュー、南米選手権が行われた日本の裏側、ブラジルにも足を運んだ。感情をあらわにせず、常に毅然(きぜん)とした振る舞いを一貫していた。

だからこそ、胸に残る言葉だった。

◆「練習に行きたくなかった」

6月29日、味の素スタジアム。レアル・マドリード挑戦への壮行セレモニーを東京が開いた。降りしきる雨の中でピッチの中央に1人立つと、これまで秘めた思いを口にした。

「日本に帰ってからずっと東京でやってきて。最初はあまり練習もいきたくなくて、つらい時期もありました」

FCバルセロナの規約違反(※国際サッカー連盟の規約19条「18歳未満の国際移籍・登録を原則禁止」)により、15年3月に帰国を余儀なくされた。

入団テストを受け、9歳で異例の合格通知をもらい、憧れのメッシのいるスペインへと渡った。世界最高の指導スタッフに練習環境で、順調に成長を重ねた。スペイン語の辞書を真っ黒にするほどの情熱でつかみ取った夢の舞台-。だが、そこから半ば強制的に離されることになった。忘れることのできない、苦い経験だった。決して口にすることのなかった思いが、感極まった場であふれ出た。

◆「バルセロナ」は暗黙のNG

思えば久保が帰国して以降、バルセロナに関する話題は「タブー」だった。他にない貴重な経験であるはずなのに、その時間について尋ねることは暗黙でNGとされた。

FC東京が「次の試合のことに関する質問で」と報道陣をけん制することはあったが、クラブや本人が明確に取材拒否を発表した経緯はない。思い返せば、久保は10代にして、大人たちに質問をさせないような雰囲気すら放っていた。

久保がバルセロナでどんな時間を過ごし、何を感じ、何を得たのか。それは今も、世間には何も知らされていない。

南米選手権の日本代表に選ばれた5月下旬。バルセロナという経歴について聞いた。その時の言葉はこうだった。

「バルセロナといってもトップチームと下部組織の小学生ではレベルが違う。正直、もう過去のこと。自分としても、そういうのを言われるのはあまり好きではない」

冷静な言葉の中に、フラストレーションを感じた。自身の実力とは関係なく、不完全燃焼に終わった挑戦。その虚無感を掘り返されることを嫌ったようだった。

同時に日本人で唯一バルセロナの扉を開き、その先の厳しい世界に身を置いた者だからからこそ、短絡的な質問に憤りを覚えているようにも感じた。

帰国直後から、久保にはいつも「バルセロナ出身の」という枕詞(まくらことば)がついて回った。実力を世に知らせるために使われ続けた「バルセロナ」は、常に重圧を与える呪縛ともなった。周囲と違うプレーはできて当たり前。1つミスをすれば「こんなもんか」と、減点方式の目にさらされた。

◆試合に出るために考えたこと

昨年はもがき続けた。アイデアにあふれるパスにドリブル、技術なら随一。それでも東京では出場機会に恵まれず、単独で監督室のドアをノックしたこともあった。プレー時間を求めて期限付き移籍した横浜でも、思うような時間は得られなかった。

苦しい時間の中で、チームの方針に沿った仕事をこなす重要性を17歳で知った。

「サッカーはチームスポーツ。『俺が、俺が』ではいけない。選手の特徴はそれぞれあっても、コンセプトのところができなければ試合には出られない。それを10代の早い段階で分かったのは大きかった」
バルセロナ下部組織時代は、1シーズン30試合で74得点という突き抜けた数字を残したことも。攻撃力という明らかな武器を持ちつつ、さらに上のカテゴリーでは要求が増えることを理解した。

東京で求められるのは、ハードに走る守備への貢献だった。復帰した今季の開幕前キャンプでは、1日の走行距離がチームトップになる日もあった。

「子どもだったメンタルが大人になってきた」と長谷川健太監督の信頼を得た今季は、開幕からスタメンに名を連ねた。キラーパスで数々のチャンスを作ると、5月12日のジュビロ磐田戦で今季のJ1初得点を記録した。ここから2戦連発を含む4試合4ゴール。別人のようなプレーを続けた。

◆本気の南米勢に通用する技術

6月には南米選手権に出場。大会前には、冗談交じりに「負けたらまた自分のせいになる」とチームメートに漏らしたこともあった。自身の意思に関係なく、常に主人公。ただ、世代別代表でそれを嫌がっていた姿とは違った。ずっと心の奥にあった「自分はまだなにもしていないのに」というもどかしい気持ちは、J1で突き抜けたパフォーマンスを見せたことで消えた。

「びびっていたらもったいない」

そう言って向かった王国ブラジルの地。本気の南米勢が相手でも、得意のドリブルとパスは通用した。
持っている力を発揮する方法を知り、飛躍を遂げた久保を待っていたのは、海外超ビッグクラブによる争奪戦だった。既定路線とされていたバルセロナB(スペイン3部)への復帰をも飛び越えた、レアル・マドリードとの契約。15歳の頃から切り離されることのなかった「バルセロナ」を、実力で上回った。
ライバル同士で「犬猿の仲」とされる、バルサからレアルへの移籍。かつてルイス・フィーゴ(ポルトガル)が移籍した際には「禁断の移籍」と呼ばれ、大きな話題となった。今回の久保の移籍も、スペインの有力紙「アス」や「マルカ」で1面にも取り上げられるなど、大々的な報道が続いている。「バルセロナから奪った才能」という経緯が、現地サポーターの関心を大きく高めている。

◆道がより具体的なレアルを選択

時期を同じくして、バルセロナは鹿島アントラーズMF安部裕葵(20)に獲得オファーを出した。一部では、久保を引き戻せなかったことが引き金だともささやかれる。真相は不明だが、少なくとも、世界的2大クラブがどこか競うように極東の才能に目を向けている。

そんな2クラブの長く深い因縁も、気鋭の久保にはどこ吹く風だ。慣れ親しんだバルセロナではなく、マドリードへ向かう決断も、軸はぶれなかった。将来像、待遇も含め、戦力としてより具体的な挑戦の道を示したのはマドリードだった。過去のつながりにこだわることなく、飽くなき向上心がかき立てられる場所を選んだにすぎない。成長の可能性を感じて、プロデビューした東京を離れ横浜に飛び込んだように。プロフェッショナルとして-。それだけのことである。

今、日本人としてかつてなく高い壁の前に、18歳にしてたどり着いた。用意されているのはスター街道でなく、銀河系という高みを目指す、サッカー界随一のいばらの道だ。

ケガ、挫折、レンタル移籍-。久保の言葉のとおり「何が起こるかわからない」ほどの困難を乗り越えた向こう側に、本拠地「サンチャゴ・ベルナベウ」、そのピッチから見える世界一の景色が待っている。【岡崎悠利】
 
◆連載【その壁を超えてゆけ】~アスリートはいかに課題解決したのか

ニッカンスポーツ・コムとYahoo!ニュースによる連携企画記事です。誰もがぶつかる壁、クリアしなければいけない壁、物事を隔てる壁など、世の中には多くの「壁」があります。アスリートやスポーツの世界に生きる人たちは、その壁をどうやって超えてきたのか。今まさに壁に直面する若者の心の内に迫ります。

日刊スポーツ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00010000-nksportsg-socc



1 2019/07/05(金)
面白い記事でした
アスリートであれ、サラリーマンであれメンタルの部分は非常に重要ですね
才能の有る若手選手が私生活も含めた取り組み姿勢が高くなく、誰もが欲しがる才能を伸ばせずに消えてしまったのを見てきました
逆に本田や長友のように「天才」ではない人間が大きく才能を伸ばすのも見てきた
本人は否定するだろうが久保選手は努力も含め「天才」と呼ばれる選手だと思う
そんな選手が努力を続けて行った結果どこまで行けるのか見てみたい気もします
これからは途方もないプレッシャーに襲われることもあるだろうけれど、気負わずこれまでの久保選手のままで頑張って下さい

2 2019/07/05(金)
コメント欄を見てもバルサ批判がちらほらある。バルサが日本選手に次々興味を示しているのはこのままバルサが日本人の敵になってしまうことを避けるためでもあるだろう。
また、マドリーに日本マーケットを独占されないためにもバルサは日本選手をとろうとしているのだろう。しかし、マーケティングで久保を上回る日本選手なんてまずいない。安部も良い選手だけど日本国内の知名度は歴然。久保という一人の選手を獲れなかった以上にバルサが受けるダメージは大きい。

3 2019/07/05(金)
日本人として
レアル、バルサに拘らず久保を応援していきたい
レアルじゃトップ定着は容易ではないだろうが
物凄く期待しています
頑張れ、久保!

4 2019/07/05(金)
セレモニーで「元バルサ」も「レアル」も出さず、「元横浜」「元東京」を名乗ったことに彼なりのこだわりを感じる。サポに対しての感謝の意味もあるだろうが、ここでちゃんとステップを踏んだというある種の自信がついたのかなと。
レアルでは競争は厳しいだろうが、楽しくてしかたないのではないかと思う。「レアルの久保です」と名乗ってくれる日が、いつの日か来たらいいな。たとえそうならなかったとしても、挑戦し続けてくれる限り応援します!

7 2019/07/05(金)
ほんとあの退団セレモニーで「練習行きたくなかった」って言葉は色々考えさせられた。常に元バルサ、期待のヒーロー、高校生が何するのも注目されて大変だったろうな。それでなくても自分の責任でない所で居場所を追いやられて帰国したのに、落ち込んで休む時間もなかっただろうし。部活して恋愛して塾行ってっていう普通の人には想像できないような時間の過ごし方で、あの出来すぎた受け答えの人格になったのかと思うと頭が下がる。
日本の期待なんか気負いすぎず、自分のサッカーのためだけに頑張って欲しい。

8 2019/07/05(金)
バルサは日本の10歳の少年をスペインに連れて行くために親を説得したはずだ。
なのに、バルサが不正を働いたせいで、裏切られた形で15歳で強制帰国しなければならなかった。
久保君はそれでもめげずに、目覚ましく成長を遂げた。

そんな彼に対して、バルサは約束を果たすための条件を提示しなかった。
それは誠意が足りなかったという証拠だと思う。
だからバルサの何倍もの金額を提示してくれたレアルを選ぶのはタブーでも何でもない。
後にバルサが取り返しのつかない大きな後悔をすることも含めてが、
不正へのペナルティなんだと思う。

9 2019/07/05(金)
忘れられないのが、久保が高一年代のプレミアリーグEAST最終戦。すでにJ3と行き来してたので、後半から途中出場だった。入ってすぐに、あっさり得点を入れていた。相手は青森山田、高校年代のトップレベルのフィジカルを持つ相手に高一の久保がスピードで凌駕していた。
常に上の世代と戦っていたので、フィジカルばかり言われて大変だったと思う。それでも地に足を付け、自分の強みを伸ばし弱みを克服する努力は並々ならないものと想像します。この先も本当楽しみです。たとえ、どこかで挫折しても、僕は応援し続けます。

11 2019/07/05(金)
「スペイン語の辞書を真っ黒にする」くらい、幼い頃から好きなサッカーのみならず努力できることが本当にすごい。
スターはみんな凄まじい努力をしているし、彼らのそういう姿勢がアスリート以外にも多くの人に良い影響を与えていると思う。

12 2019/07/05(金)
以前バルセロナでプレーしていたから久保選手には他にはわからない思い入れや複雑な心境もあると思う。けどそれは過去の事で、今の久保選手を見て高く評価したのがレアルだっただけの話。アマチュアでやるんじゃないし、嫌らしいかもしれないけどプロでやるなら金銭面の折り合いありきで期待してくれるチームに行くのが普通の事。

14 2019/07/05(金)
>スペイン語の辞書を真っ黒にするほどの情熱でつかみ取った夢の舞台
今回のレアルへの移籍で、「言葉が出来るから、宇佐美等に比べてアドバンテージがある」という発言が、よくあったけど、ちゃんと努力していたのがよく分かる。
また、使っていなければ外国語は鈍るものだけど、コパでもスペイン語で受け答え出来ているということは、帰国してからも勉強は続けていたのだろう。
カズも中田もそうだった。今ヨーロッパで活躍している長谷部も吉田も、そして長友も、そこは当たり前に出来ている。そこを忘れていけない。他の競技以上にサッカーは言葉が重要なんだもの。そして、それをいかに吸収するかで、活躍の度合いが違ってくる。

15 2019/07/05(金)
日産サティオ島根/千両箱フェアご成
天才という看板を勝手に掲げられ、その期待を常に超え続けなくてはならないのは物凄い重圧だと思うが、ぜひスタメンを勝ち取ってもらいたい。
エルクラシコで久保が決勝弾とか想像しただけで胸が熱すぎますね!!!

16 2019/07/05(金)
バルサと日本の関係って
久保くん入団

楽天がバルサのスポンサー

神戸バルサ化発言

イニエスタ神戸入団、の流れが完璧で
あとは久保くんがバルサに復帰すれば
日本やアジアのマーケットは
バルサがコンプリートって感じだった。
レアルからしたら中井くんが所属していても
いまいちマーケット的には
インパクトが弱かったと思うけど
久保くんをかっさらったことで
一気にレアル=アジアマーケットの主役という
一発逆転劇を食らわした感じだな。
 
18 2019/07/05(金)
夢だったバルサでのプレーを続けられなくなり日本に帰国することになった時、自身が前に進むためにバルサへの思いを断ち切る必要があったのかなって思いました。

19 2019/07/05(金)
>バルセロナ下部組織時代は、1シーズン30試合で74得点という突き抜けた数字を残したことも。攻撃力という明らかな武器を持ちつつ、さらに上のカテゴリーでは要求が増えることを理解した。
東京で求められるのは、ハードに走る守備への貢献だった。復帰した今季の開幕前キャンプでは、1日の走行距離がチームトップになる日もあった。「子どもだったメンタルが大人になってきた」と長谷川健太監督

チームが勝つことを考えれば仕方ないのかもしれないが、これが日本にストライカーが育たない理由ではないかとも思う。

21 2019/07/05(金)
久保選手の18歳としては図抜けたメンタリティと頭の良さが、今のサッカーレベルに直結してる。
わずか9歳でスペインに行って、努力して向こうの生活に馴染んでバルサに飛び込んでいくってかなり凄いこと。
もしかしたら技術だけなら久保選手に近いレベルになれる子は出てくるかもしれないが、9歳であのメンタリティと技術を合わせ持つ子はなかなか現れない。

23 2019/07/05(金)
「バルセロナ。正直、もう過去のこと。あまり好きではない」。その通りだと思うよ。マスゴミは大坂なおみ、貴景勝にしても、一点集中で(というか、単眼的)で一つのことばかり執拗に食い下がるも、アスリートにしてみたら「過去は過去、現在の自分をtake upして欲しい」と思ってると思う。大坂なおみの「抹茶アイス」、もう忘れたかもしれないが。たけふさ君、どこにいてもいつも応援してるよ、可能性ある限り。

24 2019/07/05(金)
元バルサの表現は止めて元東京にすべき。別にバルサのトップチームに所属していたわけではないし元バルサの下部組織の選手なんてスペインに腐るほど存在する。ただ自分に落ち度のない理不尽な理由でバルサを離れることになったことは残念だしメンタル的に強くなったと思う。

26 2019/07/05(金)
スペイン語の辞書が真っ黒になるくらい、スペイン語の勉強した所読んで涙が出た。
しかもわずか9歳の少年がだ…
大人の事情に翻弄されて、凄く傷ついたんだと思うけど、久保選手は凄い。
メンタルも超一流だな。

27 2019/07/05(金)
サンチャゴ・ベルナベウのピッチに立てるとなったら凄すぎ。
この先どうなるか分からんが、久保の才能は疑いようがない。

30 2019/07/05(金)
久保はサッカーのうまさは元より頭が抜群に良いと思う。
その頭の良さがプレイや言葉に表れている。
素晴らしいキャリアを築いてほしい。

31 2019/07/05(金)
とにかく今後も楽しみ。

32 2019/07/05(金)
「サッカーはチームスポーツ。『俺が、俺が』ではいけない。選手の特徴はそれぞれあっても、コンセプトのところができなければ試合には出られない。それを10代の早い段階で分かったのは大きかった」
南野、聞いてるか?

34 2019/07/05(金)
久保選手に関する記事は人気があるからかうわべだけの中身のない記事が多いけどこの記事は面白かった。

35 2019/07/05(金)
いやいや、久保選手はすごいよ。南米のディフェンダーを引きずりながら、取られそうで取られないドリブルは、日本代表と言えど久保選手以外で見たことがない。
東京オリンピックでの優勝も夢ではなくなってきた。

37 2019/07/05(金)
ちょっと今までの日本人の才能とはものが違うね。あの中田英寿を見た時よりもインパクトがあった… レアルのレギュラーになれるかも否定できないからすごい!

38 2019/07/05(金)
ルイス・エンリケはレアルからバルサだったけどフィーゴの方がインパクトは大だった。なんか「犬猿の仲」と言う書き方は違和感ある。そんな安っぽい表現は歴史的背景から考えると不適切。

40 2019/07/05(金)
久保は賢く、メンタル面でも優れている

42 2019/07/05(金)
“白い巨人”と呼ばれる世界一のビッグクラブ、レアル・マドリード
入りで良かったと結果を残せばいいだけだ!
10番目指せ

43 2019/07/05(金)
レアル遺跡は良かったかもしれない。彼は本当の意味でバルサから解放されたんだ。

44 2019/07/05(金)
正直、久保選手は世間が決めつけてたみたいにバルセロナに戻りたかったのかな?帰って来る前は試合に出られなくてつらい思いをしたと思う。本人にしかわからないけど、ちょっと疑問に思います。













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ