20190704-00010002-footballc-000-2-view[1]


スポンサード リンク




コパ・アメリカ2019(南米選手権)準決勝、チリ代表対ペルー代表が現地時間3日に行われた。試合はペルーが3-0で勝利し、1975年以来となる決勝進出を決めた。ボール支配率こそ65%を記録したチリだったが、エースのアレクシス・サンチェスは孤立。ペルーの戦い方が、前評判を覆す結果をもたらした。(文:加藤健一)

 ブラジル、アルゼンチンとともにコパ・アメリカのベスト4に残ったのは、2連覇中のチリと、1975年以来となる決勝進出を狙うペルー。準々決勝では、チリはコロンビアを、ペルーはウルグアイをそれぞれPK戦で破っている。

 この試合で両チームは前の試合と同じ11人を先発メンバーに起用。延長戦がなかった準々決勝からチリは中4日、ペルーは中3日でこの試合に臨んだ。

 チリはアルトゥーロ・ビダルを軸に中央からビルドアップを試みるが、ペルーはダブルボランチとトップ下のクリスティアン・クエバがボールホルダーを挟む。さらには両サイドハーフが中央に絞って数的有利を作ることで、ペルーは中盤でボールを奪ってカウンターでチャンスを作る。

 チリがなかなかリズムをつかめない中でペルーが21分に先制点を奪う。ペナルティーエリア右でハイボールがサイドにこぼれたところをクエバが拾ってクロスをあげる。カリージョがヘディングで後ろに逸らし、ファーサイドにこぼれたボールをエディソン・フローレスが左足を振りぬいた。

 立ち上がりこそ、5分のポゼッションで推移したこの試合だが、ペルーが先制したことにより徐々にチリがボールを持つ時間が増えていく。しかし、チリは前半のボール支配率が65.3%を記録したものの、前半のシュートは3本のみと、試合の主導権を掴むことはできなかった。

●フィジカルとメンタルの消耗戦

 ペルーは38分、右サイドハーフのカリージョがDFラインの裏に抜け出すと、飛び出したGKガブリエル・アリアスをかわしてクロスを上げる。ペナルティーエリア外でMFヨシマール・ヨトゥンが胸でトラップして左足を振りぬいたボールは、チリの両CBの間を通り無人のゴールへ。ペルーは貴重な追加点をもぎ取った。

 今大会4戦2失点だったチリは、想定外の前半2失点に、前がかりになることを強いられる。

 前半に3人のMFを中心としたビルドアップに苦戦したチリは後半、両SBが高く上がり、サイドチェンジの長いボールを使いながら起点を作ろうと試みる。しかし、ペルーは両サイドハーフがDFラインに献身的に下がり、6-3-1のような形で守備を固めてそれに対応した。

 後半になると、ボールを触れないFWアレクシス・サンチェスが中盤に降り、ビダルがDFライン付近までボールをもらうシーンが増加。セットプレー以外でなかなかチャンスを作れないチリの状況を表していた。

 アタッキングサードで前を向けずにフラストレーションを溜めるチリ。走り続けて身体が限界に達しつつあるペルー。フィジカルとメンタルの消耗戦となった準決勝は、ボールをチリが握り、試合の主導権をペルーが掴んだ。

 しかし、ペルーの疲労は限界に達しつつあった。後半開始早々に先制点を決めたフローレスが右足を負傷。50分にクリストフェル・ゴンサレスを投入した。さらに、足をつったカリージョはピッチに座り込み、71分にアンディ・ポロと交代した。

●反攻したいチリは決定機を生かせず

 ペルーの疲労を突きたいチリの決定機は75分。ペルーのバックパスをアンジェロ・サガルがダイレクトでエドゥアルド・バルガスに落とすと、センターサークル付近からドリブルで抜け出す。シュート直前にバルガスと競り合ったクエバの手がかかっているように見えたが、判定はノーファール。GKとの1対1になるも、バルガスのシュートはGKに当たって横に逸れた。

 チリは89分にCBギジェルモ・マリパンを下げてFWニコラス・カスティージョを投入するが、それが裏目に出る。

 ペルーは中央バイタルエリアでレナト・タピアがボールを持つと、ロングシュートのフェイクを入れて、DFラインのギャップを突いたゲレーロにスルーパスを送る。GKとの1対1を冷静にかわしてゴールに冷静に流し込んだ。チリはCBマリパンが下がり、CBがメデル1人になっていたため、スペースが空いてしまった。

 瀕死のチリは試合終了間際にPKを獲得。しかし、バルガスの“パネンカキック”はGKに読まれてセーブされた。直後にタイムアップの笛が鳴り、ペルーが1975年以来となる決勝進出を決めた。

 結果的にペルーのボール支配率は34.8%を記録したが、この試合では前半開始から試合の主導権を握り、終始チリを制圧していた。開催国ブラジルとの決勝戦も厳しい戦いが予想されるが、今日のような戦い方ができるかどうかが、ゲームのカギを握るだろう。

(文:加藤健一)
【了】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190704-00010002-footballc-socc



1 2019/07/04(木)
ペルーが上手かった。
中央を締め出して、タフなマークで前を向かせない。
バイタルへの飛び込みを中盤がしっかり下がって極力防ぎ、ラインの裏もケア。
攻守の切り替えでチリ以上のスピードを見せたペルーのアタッカー陣が素晴らしかった。
ドリブルの使い方で差が出たかな。
決勝は更なるハードワークに、運も必要になるが面白い試合を期待している。

2 2019/07/04(木)
大敗と言うよりは惨敗の方が正しいのはでは?
サッカーは戦術次第でこうも結果が一方的になるわけで、ペルーはしっかりとチリを研究し、大舞台で迎え撃ったのだと思う。
それにしても、南米は凄いよ。ほぼ全てのチームがワールドカップに出られるぐらいの強さがある。
そう思うと、48ヶ国開催になってもアジアの枠は増やさなくても良かったとおもう。

4 2019/07/04(木)
組織がしっかりしてる
監督の采配もいいし、決勝楽しみ
ただ、ブラジルは個も強いからきついな

5 2019/07/04(木)
日本が参加するとなって初めてコパアメリカをじっくり見たけど、南米のチームのレベルが高い!そして南米の選手のコパアメリカに対する気持ちが強くて、負けて悔しくて泣いている選手もいたし、見ていて本当に楽しいゲームばかりだ。残すは3位決定戦、決勝を残すのみとなってしまったけど、最後までコパアメリカを楽しんで観戦したいな。もしかしたらペルーが勝つかもしれないけど、ブラジルのスタメン、そして控えの層が厚すぎてねー。PK戦に持ち込めばペルーにもチャンスはあるかな!

6 2019/07/04(木)
ブラジルとの決勝、この半日のインターバルの少なさも影響するかもね。
狡猾なブラジルは、ただでさえ疲れているペルーをさらに走らせるような戦術にして、疲れてから仕留めにかかるかも。

8 2019/07/04(木)
ウルグアイに一方的に攻め続けられてVARに助けられた試合を観たら、とても決勝に行けるチームとは思えなかったのに激変してた
日本も一歩未来が違えばこの結果を生み出せたかもしれなかった
是非とも参考にして五輪でのジャイアントキリングにつなげて欲しい

9 2019/07/04(木)
ペルーはよく組織されていた。
それでも、優勝はブラジルだろうな。大会が盛り上がるからいいけど。

10 2019/07/04(木)
上には上がいるな。
ペルーの戦略勝ちとも言えるが純粋に強かった。

12 2019/07/04(木)
実力はチリが上やったけど、
気迫や運動量は
ペルーが上回った!
あと、運も味方したね︎
チリはクロスバーやポストに嫌われたり
惜しいシュートが多かった!
最後はGKの差!
2点目はチリのゴールキーパーが
全力で走って戻ればギリギリ防げたはず︎
8割にくらいで走った事を悔やんでるやろうが
後の祭り︎
ペルーのキーパーは、シュートストップ、
反応、1対1、PK全て良かった!
実力を100%出せたチームと
70%くらいしか出せなかったチームの差︎

14 2019/07/04(木)
南米で対南米のチームに強さを発揮するチーム、それがペルーだと思う。

15 2019/07/04(木)
この素晴らしいコパに幸運にも出られた日本、
フル代表の全力プレーが見たかった…若手を試す大会ではない
 
17 2019/07/04(木)
疲労がすごそうだからな。ブラジルに利がありそう。

18 2019/07/04(木)
研究と対策がうまくいった感じがした。選手はもちろんだけど監督、スタッフも優秀なんではないだろうか。チリは少し油断したんじゃ?
19 2019/07/04(木)

いつもの戸田さん・下田さんコンビの解説も良いけど、今日の解説も分析が細かく落ち着いていてなかなか良かった。

21 2019/07/04(木)
多くの皆様、ペルーがロシア大会に出ていたのを知らないのか?オーストラリアには勝ったがヨーロッパの2チーム、フランス・デンマークに負けたから予選敗退になりましたがそこそこの実力はあったし、フランス戦でも善戦していたような。

22 2019/07/04(木)
ペルー人の知り合いは、生まれて母国のワールドカップ出場を見たことが無かった。昨年ついに出場を果たしても、どうせ勝てない、と白けていた。日本代表のベスト16を羨ましがっていた。一般的なペルー人には、ワールドカップ常連、ペルー代表は、南米の弱小国の認識。胸を張ってくださいね。

23 2019/07/04(木)
ペルーはロシアワールドカップでもそこそこ良かったんだよね。局面局面の守備がしっかりしてて見てて楽しい。

25 2019/07/04(木)
ブラジルとペルーの決勝戦ですかぁ?
順当ならブラジル優勝だけど、何が起こるかわからないのがスポーツ、サッカーだからな。
ワンサイドゲームになるのだけは避けてほしいかな?

26 2019/07/04(木)
ペルーの戦いぶりは称賛に値する。
決勝は、さらに厳しい戦いなるだろうが期待している。

28 2019/07/04(木)
日本がコテンパにやられたチリをコテンパにしたペルー。やはり南米との差はまだまだ縮まりそうにない。

29 2019/07/04(木)
これじゃオファー減るだろサンチェスさん
大活躍してユナイテッド馬鹿にしてくれよ
若手に舵きったユナイテッドに居場所は無いし親友のルカクもいなくなる
鳥頭も見限ったという報道もあるし自分は悪くないユナイテッドが悪いと思うなら出て行こうぜ
 
32 2019/07/04(木)
南米のサッカーにはこういう事がある。ラテン気質の人種は乗ると恐い。監督の采配がベースにあったが…戦術次第でこうも変わるのか…

33 2019/07/04(木)
ペルーが決勝進出か。南米は層が厚い。

34 2019/07/04(木)
A組が一番楽だと思っていたのに
決勝がA組対決になるとはね

35 2019/07/04(木)
ファイター型のチームは持たされると弱いのかもね

37 2019/07/04(木)
いつもチリが相手にやってることをペルーがチリ相手にやってたって印象。

38 2019/07/04(木)
やっぱり戦術って大事ね...
数的優位をいかに作るか...
質的優位に拘る監督が名古屋にいるんだけど、
あの人、なんとかならんかな?

40 2019/07/04(木)
ペルーが決勝か、少し以外だな。面白そう。

41 2019/07/04(木)
チリ、ペルーって強くなったんですね。前は、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、ウルグアイ、パラグアイって感じだったのに。

42 2019/07/04(木)
戦術で負けたね
日本もこんな戦術家があればね












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ