20190628-00863840-sportiva-000-1-view[1]


スポンサード リンク




日本のコパ・アメリカでの冒険が終わり、久保建英のキャリア、ひいては日本のフットボールにとっての以前と以後が刻まれる時が、ついにやって来る。

 まだ年端も行かぬ選手がブラジルで披露したパフォーマンスは、レアル・マドリードの大々的な獲得発表としっかり同調していた。この「白い巨人」が、Bチームであるカスティージャの補強選手について報告することは、極めて稀である。しかし久保に限っては、まるでトップチームの選手獲得に近い形での発表がなされ、地上波放送のクラブ公式専門チャンネル『レアル・マドリードTV』やSNSで、そのプレー映像を何度も紹介したのだった。

 レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウにあるクラブオフィスでは、久保のことをクラブの戦略上にある大切な選手と捉えている。それはスポーツ面において将来を期待でき、なおかつアジア市場からの注目を集められる存在であるためだ。クラブの海外スカウト責任者であり、ヴィニシウス・ジュニオール、ロドリゴ、エデル・ミリトンらの獲得を主導してきたフニ・カラファトは、そうした考えから、バルセロナが取り戻そうしていた久保もクラブに引き入れるべく、数カ月にわたって心身を捧げたのである。

 レアル・マドリードが久保にかける期待は、今回のコパ・アメリカの活躍によって確固たるものになった。18歳になった久保の身長は173センチと、物足りないようにも思える。だが、彼が実際に芝生の上で披露するプレーが、そうしたネガティブな要素を杞憂としてしまう。一見して脆弱そうなその身体には、世界のトップレベルにも到達し得る強烈な才能が秘められている。たとえばコパ・アメリカの初戦、チリ戦のパフォーマンスだ。彼は類い稀なテクニックとプレーの読解力によって、わずかなスペースでも輝けることを証明した。コパ・アメリカのグループリーグ第1節で最も多くのドリブル突破(6回)を記録し、全世界のレアル・マドリードファンの期待に応えるどころか、一気に魅了してしまったのだ。

彼のプレースタイルは、たしかにバルセロナの下部組織「マシア」で学んでいたのだと感じさせる。その最たる例が、「ビシオン・ペリフェリカ」(周辺状況を把握する力)だ。マシアでは最善のプレーをいち早く実行するために、自身の周囲にある状況を常に確認することを義務づけられており、久保もシャビ・エルナンデスやアンドレス・イニエスタらと同じく何度も首を振って辺りを見回している。コパ・アメリカではチリ戦、そしてエクアドル戦と、そうしたマシア出身者の特徴がしっかりと感じられた。

 とくにエクアドル戦は、圧巻の一言である。日本のすべての攻撃は、久保を経由して実現されたと言っても過言ではない。エクアドルのMF&DFのライン間で巧みなポジショニングを見せてボールを受け、そのポジショニングとテクニックの妙によって素早く前を向き、ギリギリを突くアシストを実現......。過剰にテクニックを見せつけることなく、スピードを落とすことなく実行されるこのシークエンスによって、日本はゴールを決める権利をあれだけ享受することができたのだった。

 さて、レアル・マドリード首脳陣は、久保がプレー的にも言語的(チリ戦の後にスペイン語圏のメディアに対して語ったスペイン語は、あまりにも完璧だ!)にも、素早くクラブに順応することを疑っていない。もっと言えば、彼をカスティージャ、ひいてはトップチームのガラクティコ(銀河系選手)にすらなれる存在と考えている。

 とはいえ、久保がレアル・マドリードで最初に挑戦する舞台は、セミプロ扱いのリーガ2部Bである。2部Bはじつに雑多なリーグで、23歳以下の選手で構成される有力クラブのBチームほか、百戦錬磨のベテラン選手たちを数多く擁するチームがしのぎを削る。対戦するチームは、じつに多種多様。主導権を完全に譲って後方で待ち受けるチームもあれば、逆にポゼッション率で上回ろうとするチームも存在する。久保は振れ幅の大きな戦いで、ポジショナルな攻撃とトランジションを生かす攻撃のどちらでも、その有用性を示さなくてはならない。

久保をカスティージャで指導するのはレアル・マドリードのレジェンド、ラウール・ゴンサレス。クラブはラウールに対して、久保がチームの主軸に据えられるべき存在であるとの勧告を行なっている。先にプロライセンスを取得したラウールが贔屓にするシステムは4-3-3と4-2-3-1だが、久保は右ウイングか右サイドハーフ、またはトップ下としてプレーするはずだ。

 そして久保が来季、ジネディーヌ・ジダン率いるトップチームで出場機会を得る可能性は......もれなく存在している。ヴィニシウスと同額の移籍金4500万ユーロで、今夏にレアル・マドリードに加わったロドリゴが、トップチームではなくカスティージャの選手として登録されるならば、トップチームのEU圏外枠を使うのはヴィニシウス、ミリトンの2選手だけとなり、1枠空きが存在する。そうなればジダンが試したいタイミングで、ロドリゴか久保のどちらかを招集して、ピッチに立たせる可能性がある。

 久保にとってカスティージャは、レアル・マドリード所属選手としての日々のプロローグとなる。クラブの見立てでは、彼は2部Bでプレーする器ではなく、実質的にはカスティージャよりも、トップチームと距離が近い選手としている。何よりクラブの首脳陣は、日本人選手がレアル・マドリードのユニフォームを着てベルナベウに立つことに、大きな魅力を感じている。

 しかし、いずれにしても最後には実力が物を言う世界である。18歳のヴィニシウスがすぐにトップチームに定着したのに対して、16歳で青田買いされたマルティン・ウーデゴールは、20歳になってもレアル・マドリードに戻れず、レンタル移籍を繰り返している(ちなみにウーデゴールはスペイン語が拙いこともあってカスティージャにまったく馴染めなかった)。また、たとえ商業的な名目があるにしても、ラウール、ジダンが起用に値しないと考えれば、上からの要望など簡単にはねつけることができる。

 つまり、ここからはすべてが久保次第となるわけだ。まだ完全には加工されていない、極めて純度の高いダイヤモンドは、一体どこまで輝きを増していけるのか。少なくともレアル・マドリードのファンは、そのダイヤモンドの値段や価値などには興味を持っていない。ただただ、ベルナベウで眩い煌めきを放つことを期待している。

ハビ・シジェス(スペイン紙『as』記者)●文 text by Javi Silles
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190628-00863840-sportiva-socc



1 2019/06/28(金)
スペイン語が堪能なだけじゃなくコミュニケーション能力が高くて上司に可愛がられる術も身に付けているように思う。
状況を把握する力も含めて本当に頭が良い選手。
技術は問題ないし体もこれから完成していくことを考えたら期待しかない

2 2019/06/28(金)
バルサの逸材が今
レアルの至宝になろうとしている。

3 2019/06/28(金)
日本でも久保のおかげでJ3の試合を見ることができましたが、かつてのJリーガーがたくさんプレーしていたのに驚いた経験があります。久保はそういう環境も経験済みだし、所属チームは守ってカウンターのチーム。雑多な多様性や得意でない戦術にも賢く対応する技術やサッカーIQを備えているのは証明済み。これから挑戦するのは数段レベルが上のリーガで所属するのは世界最高のレアルだけど、予選リーグとはいえ本気の南米勢にも才能を遺憾なく発揮した久保なので新たな環境への適応の問題はないでしょう。何より言葉の問題がない。ウーデゴーも言葉の壁があったようですが久保の場合は実家へ帰る感覚みたなもんでしょう。本当に期待しかないです。

6 2019/06/28(金)
今回のコパを見て思ったのは、
久保の良さはサッカーの技術は言うまでも無いけど、
それ以上に良いメンタリティだと思う。
良い意味で気が強く、自分に厳しく、周りの声は気にしない。
この先さらに過剰な期待やマスコミを相手にしていくだろうけど、彼なら乗り越えられると期待してる。

7 2019/06/28(金)
個人的にはバルセロナから早々に出たのは良かったと思う。そりゃ、そのままトップチームまで残れたら凄いけど、それは一握りにも満たない数の選手だし、現役をバルセロナで全うする選手なんて稀。
そんな中、バルセロナで期待されながらも出場機会の問題で移籍した選手は、なかなか目立った活躍をしていない印象。バルセロナのサッカー(横綱相撲)だけで育っているから、弱者のサッカーといわれるサッカーを主体としたり、バルセロナのサッカーとはちょっと違うサッカーをするチームにはフィットするのに時間がかかるのではないかと思う。
ルールによっての退団だったけど、それはそれで良かったと思う。同等のクラブに移籍出来てるんだし。

8 2019/06/28(金)
久保選手は日本のサッカーファンの夢です。
「バルサの下部組織で活躍する日本人の子どもがいる」と報道で知った時から、彼に自分の夢を重ねて期待していました。
バルサで基礎を学びレアルでトップチームを目指す。まるで漫画の世界の主人公のような18歳に多くの人が夢を抱いて楽しませてもらっています。
これから更に厳しい世界に身を置くことになると思いますが、存分にサッカーを楽しんで、日本人はもちろん世界中のファンを楽しませてください!
頑張れ!建英!おっちゃん応援してるからな!

10 2019/06/28(金)
>「ビシオン・ペリフェリカ」(周辺状況を把握する力)だ。マシアでは最善のプレーをいち早く実行するために、自身の周囲にある状況を常に確認することを義務づけられており、
そんなマシアで、久保が評価されていたのがボール捌きの上手さとかじゃなく「ビシオン・ペリフェリカ」がずば抜けて良かったからだからね。
せっかく育成でラウールに指示を仰げるのだから、あの簡単にゴールできるポジションに必ず居る能力も身につけたら無敵だろうな。
 
12 2019/06/28(金)
才能ある選手だけが入団できるクラブ。 そこに入れた久保君はすごい

13 2019/06/28(金)
久保選手は下半身がしっかりしていて怪我に強そうなところも良いですね。
いくら足が速くても、テクニックがあっても、たった一度の怪我が致命傷になりかねないスポーツなので本当に怪我には気をつけてほしいです。
怪我さえなければどんどん登り詰めるフィジカルとメンタリティーを感じます。

14 2019/06/28(金)
日本で大人のフィジカルに適応したように海外のトップレベルのフィジカルに適応して、ボールロストが減ればトップ昇格も見えてくると思う。
まあ、現時点でも変な失い方はあまりしないタイプではあるけど。

17 2019/06/28(金)
バルサは何をやってるんだ...
ただでさえ左利きの右インテリオールの選手は少ないのに、しかもその中で将来を渇望されている久保を獲らないなんて
日本人だからなんて昔の言い訳は通用しなくなってきている。
アジア市場の拡大も視野に入れれば大きなものも手に入ったのに...

18 2019/06/28(金)
スペイン人記者がここまで言うのは期待するしかない!
たしかに、コパは良かった
中島のような、ワガママドリブルではなく、必要なドリブルをするし、あのパスセンスは素晴らしい
日本人選手はついていけなかった
あれがレアルなら・・・(;゜∀゜)

19 2019/06/28(金)
確かに、巧い。
ただ、賢いとかはあくまで主観的評価だから、そういうのが誇大喧伝されるのは良い筈が無いけどね。
マスコミと凡庸大衆が肝に命じる必要有りだ。
まだまだ現役ピーク時まで時間がある成長期だろうから、ある程度放っておいてあげた方が伸びる。
あんまり騒ぐと、ピーク時に大物に成ってない。
サッカー選手の場合、20代中盤くらいにはピーク時に来ちゃうから、選手本人が大変だろう。忙しくて。
周りは、同じようなエリート若者だらけで、競争もキツい。
上手い下手も、レギュラーも、客観的判断だけでもないし。

22 2019/06/28(金)
ドリブル→シュートまでのリズムがメッシっぽいけど、段々とより自分に合ったリズムに調整していくでしょ。本人も自分を持ってるし。
あとは、色んな試合でゴールを決める事に慣れていけば大成すると思う。

24 2019/06/28(金)
代表戦はさすがに久保がかわいそう過ぎた。自分のポジションに入ってくる前田、中島。パスしない前田、中島。
エクアドル戦では、フリーの自分に出さない中島にクレームを入れてた。
一番近いのにわざとパスしない?本当にかわいそう。
久保を見て、ほかの選手の頭の悪さを感じた大会だったし、代表に低偏差値は入れちゃだめでしょ。
頭のよさは、生まれ持ったもので練習してもよくならないから、もう代表に呼ばない方がいい。乾や香川真司でいいよ。

25 2019/06/28(金)
マラドーナは、、ワールドカップで自分が点を決めれない時は、的確なラストパスを出していた。仲間がそれを決めていた。決めていなければ英雄にはなっていない。久保くんの出すパスをみんながもし決めていたら、どうなってるかいたんだろうか!?

26 2019/06/28(金)
前を向いてボールを受ける回数が凄く多いのはバルサのカンテラで培われたモノだと思う

27 2019/06/28(金)
ちょっとサッカー知ってる程度の自分はコパでの久保君のプレーに純粋に魅了されました。今後の活躍期待してます。

30 2019/06/28(金)
バルサの下部組織〜レアルって凄い経歴ですよね。
まだトップで試合に出たわけでは無いけど彼ならきっと乗り越えてくれると本当に期待してしまう。

31 2019/06/28(金)
15歳から、すでにFC東京U-23で大人と混じってプレーしている経験が生きてくる。純粋な下部組織から上がってきた選手よりも経験値ははるかに上。
バルサに残って3年以上も公式戦に出られなかったら、ここまで成長しなかったかもしれない。

32 2019/06/28(金)
久保のコパでのプレーっぷりは
レアルのスカウト陣を安心させ、バルサにはちょっともったいないことしたなと思わせたと思う
まぁ答えは10年後には出てるでしょう(もっと早いかもしれんけど)

35 2019/06/28(金)
プレシーズンはトップチーム帯同らしいから、そこで良いプレーを見せてほしいね。

36 2019/06/28(金)
久保のパスを久保が受けてれば絶対勝てた
 
37 2019/06/28(金)
バルサに戻りたい気持ちは絶対あったと思う、今は見返してやろうとモチベーションは高いだろう

39 2019/06/28(金)
怪我だけは!本当に、怪我だけは注意して!
例えレアルでダメでも、レンタルなり移籍なりの道がある。成長し続けられる。

41 2019/06/28(金)
夢は広がるね。楽しみ。

42 2019/06/28(金)
そうはいっても、いつか、禁断の移籍を実現してほしいと願ってしまう。バルセロナへ。。。

43 2019/06/28(金)
それにしても最近の子はすごいなぁ。サッカーの久保君、バスケの塁君、野球のオオタニさん、ボクシングの井上尚弥。みんな、世界の中心にいるよ!

44 2019/06/28(金)
久保君はチームプレーも出来るし、ゴールも決めてほしい。

45 2019/06/28(金)
あのボールさばきは日本人離れしている。
フィジカルも徐々についてきて倒れなくなった。
レアルのトップに上がれることを切に願う。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ