20190613-00010023-goal-000-3-view[1]


スポンサード リンク




日本サッカー史上初の決勝進出――。フランスで行われているトゥーロン国際大会の準決勝でU-22日本代表は、PK戦の末にメキシコを撃破した。コパ・アメリカに出場するA代表のいわば“Bチーム”が見せた勝利への執念。その背景をひも解く。【取材・文=川端暁彦】

◆コパ・アメリカメンバーとの「差」

 欧州の中でも確かな伝統を誇るトゥーロン国際大会に出場していたU-22日本代表は12日の準決勝でメキシコを2-2からのPK戦で破り、日本サッカー史上初となる決勝進出を決めた。

 コパ・アメリカを控える森保一監督に代わってU-22日本代表(東京五輪日本代表)の指揮を執る横内昭展監督代行は、まさにそのコパ・アメリカを前にして選手が燃やしている強烈なモチベーションを躍進の要因に掲げる。

「(準決勝の)試合の前のミーティングから、サブのメンバーを含めて全員がギラギラしていて勝ちたいという気持ちが伝わってきた」(横内監督代行)

 コパ・アメリカに臨む日本代表は、23名中18名がU-22の「同年代」である。言ってみれば、向こうが五輪を目指すAチームであり、こちらはBチームという見え方をしてもおかしくない。この準決勝を前に、唯一両方に選ばれていた伊藤達哉(ハンブルガーSV)がブラジルへ旅立ったことも、あらためてその差を意識させることになっていただろう。

 2年前のU-20W杯ではこの年代の絶対的エースだったFW小川航基(ジュビロ磐田)は自身の置かれた立場についてこう語る。

「同世代はどんどんA代表に食い込んだり海外に出たり、コパもあって……。正直、めちゃくちゃ悔しい思いがある。トゥーロンは自分の置かれた状況でギラギラしたものを出していこうというのがずっとあった」

 一方、有力候補と見られながら落選となっていたMF長沼洋一(愛媛FC)はこう語る。

「選ばれたメンバーを見た時に、何か言い方が悪いですが、サブメンバー感が出ていた。『見返してやりたい』じゃないけど、こっちで結果を残すしかないですし、やるだけ。ここにいるみんながそう思っていると思うし、そこは意識してやっていますね」

 横内監督代行を始めとするスタッフ陣の懸念材料は恐らく「落選」した意識を持った選手たちが集まることで暗いマインドがチームを支配してしまうことだったはずだが、そうはならなかった。

◆共鳴していく「メラメラ」

「正直、反骨心だけでやっている」と語った小川は象徴的だが、起こったのは「メラメラ」の共鳴と言うべき現象である。「コパには選ばれなかったですけれど、横さん(横内監督代行)は観ていてくれるので、ここでやるだけ」(FW旗手怜央=順天堂大)というスタッフへの信頼感もあり、トレーニングから活気の雰囲気を持続できている。

 そこに初招集となった大学生のDF田中駿汰(大阪体育大)や飛び級招集のパリ五輪世代MF松岡大起(サガン鳥栖)のようなフレッシュな選手たちも新風を吹き込み、戦力的にはもちろん、心理的な部分まで含めてバランスの取れた「チーム」になってきた。

「今日のPK戦も含めて、『みんなでやろうぜ』みたいな、仲間と戦うという(チームとしての)メンタルのところも出てきた」(小川)

 準決勝の相手であるメキシコは「これまでの相手とはレベルが違う」(小川)と選手も感じる強敵で、日本は二度のリードを奪われる何とも苦しい試合展開を強いられた。しかし折れずに最後まで戦い抜いて、このビハインドを相馬勇紀(名古屋グランパス)の素晴らしいゴールと、小川のゴールへの執念が実った形での89分の同点弾で追い付き、PK戦でひっくり返してみせた。

 チームの熱を感じたのはこの同点場面で、小川はすぐにボールを拾い、逆転ゴールを狙いに行っていたし、キックオフ直後には「前から行かせた」という横内監督代行の言葉どおり、強気のプレスでマイボールに変えた。指揮官は「本当に最後の90分になるところまでやってくれた」と、選手の姿勢自体に称賛を惜しまない。

◆決勝の相手は15得点0失点のブラジル

 トゥーロン国際大会に向けて集まった若武者たちは、負け犬の心理に陥ることなく、チャレンジャーとして誇り高く自分の力を示してやろうと戦っている。それがチームとしても噛み合い、特別なエネルギーを生み出している。

 そして決勝で当たるのは、王国ブラジル。東京五輪を狙う本気度の高いオーダーで大会に臨み、ここまで全勝。15得点0失点という圧倒的な強さを見せ付けてきたビッグチームだ。そしてだからこそ、この挑戦者たちが最後に当たる相手にふさわしい。

「チャレンジャーとしてぶち当たるだけ」

 チームのメンタルをポジティブな方向へまとめ上げてきた横内監督代行の言葉は、チーム全員で共有できるものだろう。下剋上を狙うメラメラのチャレンジャーたちが臨むファイナルは、15日16時(日本時間23時)から、南仏サロン・ド・プロヴァンスで幕を開ける。

川端暁彦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00010023-goal-socc



1 2019/06/13(木)
決勝は欧州のほとんどのクラブのスカウトがくるはずだから、これ以上ないほどのアピールのチャンス。しかも、相手はブラジル。
実力を出し切ってもらいたい!

2 2019/06/13(木)
負けて失うものは無い。勝てばとんでもない高評価を得られる。全身全霊でぶち当たれ。

3 2019/06/13(木)
A代表の試合よりも見てて面白い。
練習時間ご短くて本職じゃないポジションでプレーしてる選手もいるのに3バックが初戦から機能してたし、選手それぞれが個性を発揮しながらチームとして連動出来てる。
こっちか1軍なんじゃないかなって思うぐらい。
良い。
相手のレベルもあるけど、ボランチがボールを捌きながら上下動して縦パスで攻撃のスイッチを入れるっていつものA代表でもあんまり見ない。
今後1軍のメンバーが大幅に変わるってことが起こってもおかしくないと思えるぐらい。
小川に関しては下のカテゴリーへ移籍を志願した方が良い。
このままジュビロで試合出れないっていう状態が続いたらマイナスでしかない。

5 2019/06/13(木)
落選組みとは呼ばせないぞ!
という反骨心ですかね。
素晴らしい戦いをしてくれています。
ポルトガル戦は負けはしましたが、その他の試合ではしっかりと得点を取れていますし、昨日の様な先生されても追いつける粘り強さもあります。
一度死んだ人間は強いと言いますが、まぁ死んでいませんけどw
落選という烙印を押された様な選手たちがここまで結果の残せば上も呼ばない訳にはいかなにですし、欧州諸国へもいいアピールとなったのではないでしょうか。
ここまで来たらぜひ優勝目指して頑張って欲しいと思います。

6 2019/06/13(木)
OAの選考もしないといけないから仕方ないのだけど、ベテランと五輪の寄せ集めのようなキリン&コパのサッカーよりも、トゥーロン組のサッカーの方が面白いですよ。Bチームと呼ばれるメンバーたちの方が連携が良くなるのはよくあること。決勝相手は強いけど最後まで一生懸命走りきって欲しいです。

7 2019/06/13(木)
まとまっていて良いチームだ。
決勝は楽しみです。

9 2019/06/13(木)
日本の代表を観てきた私とすれば、
たのもしいく感じて涙が出てきてしまいます。
過去に多くは、守りに入った時の弱さを露呈してきました。
勝っている時こそ攻めの気持ちで戦って下さい。
優勝を期待してますよ、

10 2019/06/13(木)
小川が大けがからここまでコンディション戻してくれて嬉しいわ
J後半戦は大いに活躍してほしい

12 2019/06/13(木)
決勝の相手のブラジルは申し分ない。
一歩も引かず、攻めの姿勢をチーム全体で貫いて欲しい!
将来の為にも必ず大事な試合になるはず!
健闘を祈る!!

13 2019/06/13(木)
落選組とはいっても、スピードでは負けるものの前田より旗手の方がはるかに良い選手だと思うし、ポジションは左右逆で違うタイプのドリブラーだが三好より三笘の方がシュートも上手いし生き残る可能性は高いと感じる。

15 2019/06/13(木)
雑草魂が凄いチームだと思う。決勝は飛躍をするチャンスが転がっているはず、頑張ってくれ。

17 2019/06/13(木)
大迫も原口も五輪には出れなかったが、代表の中心で活躍している。このメンバーからも将来代表で活躍する選手が出てくればよいですね

18 2019/06/13(木)
先制されても追い付き、勝ち越されても追い付く、メンタル的にいい経験、次はブラジル、厳しい戦いですが、先制されても最後まで期待してます。

20 2019/06/13(木)
優勝すれば一気にA代表とか五輪に抜擢される可能性するあるし
日本としてはアジア地域以外の優勝タイトルだしかなり価値があると思う

21 2019/06/13(木)
準優勝でも十分ですが決勝でブラジルと互角 それ以上の戦いをすれば間違いなくA代表に呼ばれる選手は出てくるはず!
A代表もまだメンバーを固定することはないので特に堂安 南野は危うい!

22 2019/06/13(木)
この世代は期待しかない

24 2019/06/13(木)
昨日は本当に皆で勝ち取った試合だった!
一人一人の個々の能力以上にチームとして強かった。このメラメラ感をA代表も持ってほしいと思う。決勝は日本のみんなが応援してるから頑張って欲しい。

25 2019/06/13(木)
BSで見たけどこのチーム良いな。お決まりの横パスちまちまではなく前への意識、ドリブルで仕掛けるチャレンジ精神…が終始あったもんな。
先制され、追い付き、突き離されてもその姿勢があった。
決勝の相手は15得点無失点のブラジル。
ここまで来たら失うものは無い。
同じ姿勢でぶつかって欲しい。

27 2019/06/13(木)
ブラジルはブンデスリーガなどで経験を積んでいる選手が主体。ブラジル相手に無失点でいくのは厳しいと思う。メキシコ戦のように粘り強く戦い抜いてほしい。
 
28 2019/06/13(木)
落選組として団結するのは素晴らしい。トゥーロン後、五輪に向けてトゥーロン組とコパ組で変なグルーピングが起こらないといいけど、きっと切磋琢磨し、本気で優勝を目指せるチームになってくれると期待しています!

30 2019/06/13(木)
相手はここまで15得点で無失点の最強ブラジル。
良いとこ見せてほしい。
あともっと高いとこからの映像にしてほしい。
無理なのかな?視点が低いのは見づらい。

31 2019/06/13(木)
コパのメンバーにも刺激になって、とても良いことだと思います。
ブラジル相手にも、臆することなく、ギラギラと闘って欲しいと思います。

32 2019/06/13(木)
ブラジルに絶対に勝つ、それだけでなく内容もそうすれば欧州のスカウトの目に留まる、確かにこのチームはB代表だけどAとの差はそんなに大きくないいつでも逆転できる、それよりJリーグでくすぶってるBにも入らない人たちの頑張りも見たいな。

34 2019/06/13(木)
ある意味「失うものは何もない」と考えられる方が力を発揮出来るんですよね、特に日本はプレッシャーに弱いので。アンダー世代は国際大会で活躍できるのに、A代表に昇格すると何故か活躍できなくなるのがよい典型。

35 2019/06/13(木)
ここまできたらもっとメラメラと闘志燃やしてほしいね、指揮官のもっていきかたが上手いのかも知れないね。決勝で勝つか負けるか雲泥の差、ぜひど根性を見せてください。

36 2019/06/13(木)
だから若手をよく見て、Aに呼ぶべきだよね。
決勝に行けていなかったとしても。
やるのは人間だもの。
戦術も大事だけど、人間を操るのに長けている事も大事だなぁって思う。

37 2019/06/13(木)
反骨心だね。
自分も遠い昔、競技は違うけどCチームで市内の大会へ出場し決勝戦でAチームを撃破して優勝したことがある。あの時はスカッとした。選手たちの気持ちが何となく分かる。

40 2019/06/13(木)
凄いチームです。
あと一勝全力で頑張ってください。
期待してます。

41 2019/06/13(木)
ブラジルを撃破して、初優勝してこのメンバーからも後のA代表の多くが
生まれるといいね。

422019/06/13(木)
どの国もベストメンバーではないですし、日本もそういうレベルにきてるって捉え方もできる。
五輪まで1年。ここで優勝して、所属チームで目に見える結果を出してもらいたい!













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ