20190612-00010000-wordleafs-000-2-view[1]


スポンサード リンク




 まさかのスコアレスドロー発進を告げる主審のホイッスルとともに、余力を残して決勝トーナメントへ進む青写真が崩壊した。グループリーグの残り2試合の対戦相手との相性を考えれば、なでしこジャパンが早くも崖っぷちに立たされてしまった。

 フランスで開催されているFIFA女子ワールドカップ2019。過去4戦4勝と圧倒しているアルゼンチン女子代表と日本時間11日未明に、パリのパルク・デ・プランスでグループDの初戦を戦った日本女子代表は、圧倒的に試合を支配しながらも相手の守備網を崩せないまま90分間を終えた。

 最新のFIFAランキングでは日本の7位に対して、過去2度のワールドカップで勝ち点を手にしていないアルゼンチンは37位。なでしことしては確実に勝ち点3を手にして、20位のスコットランド女子代表、3位のイングランド女子代表とランクが高くなっていく相手と戦う構想を抱いていた。

 しかし、状況によっては全員が自陣に引き、守りを厚くする戦法で臨んできたアルゼンチンを攻めあぐねた。ボール支配率が61%に達しながら、放ったシュートが8本とそれほど多くなかった対照的な数字は、ボールをもたされたなでしこが相手に脅威を与えられなかったことを物語っている。

 3度目の挑戦にして初めて勝ち点を手にしたアルゼンチンが、まるで優勝したかのように喜びを爆発させる。対照的に肩を落とし、敗者のような表情を浮かべるなでしこに何が起こっていたのか。日本女子代表の初代専任監督で、現在は解説者を務める鈴木良平氏は「初戦の難しさが出た」と分析する。

「アルゼンチンが守りを固めてきたこともあるが、前へ出すパスの部分であまりにもミスが多く、正確性にも欠けた。若くて勢いに乗っている選手が多いとはいえ、ワールドカップという舞台はやはり特別で、とりわけ初戦はそう簡単に普段の力を出すことができない。この相手には勝たなければいけない、という選手たちの共通の思いが、時間がたつにつれてどんどん焦りへと変わっていった」

 2大会連続で決勝戦へ駒を進めているなでしこの平均年齢は、出場24チームのなかで2番目に若い24.17歳。就任から3年あまりをかけて、8年前には世界一に輝いたチームの世代交代を推し進めてきた高倉麻子監督は初戦の先発へ、ワールドカップ初出場となる8人を送り出した。

 最大の決定機は後半11分。右サイドを駆けあがった右サイドバック・清水梨紗(22)=日テレ・ベレーザ=がマイナス方向へ折り返し、相手を引きつけながら詰めてきたボランチ・杉田妃和(22)=INAC神戸レオネッサ=が絶妙のスルー。MF長谷川唯(22)=日テレ・ベレーザ=のもとへわたった。

 しかし、ノーマークだったがゆえに、かえって緊張してしまったのか。長谷川が振り抜いた左足にボールはヒットせず、当たり損ねのシュートは力なくゴールの左に外れてしまった。高倉監督も天を仰いだシーンにも、初戦の緊張が影を落としていたと鈴木氏は指摘する。

「利き足とは逆の左足であろうが、長谷川はしっかり蹴ることのできる選手。相手チームが一番嫌がるドリブルやスルーパスを繰り出せるのに、ここでもミスが多かった。他に決定機がなかったのは、攻撃のパターンやバリエーションが相手に読まれていて、完全には崩し切れなかったから。ラストパスやコンビネーションの部分で、残念ながら最後までアイデアに欠けていた」

 勝ち点2を失ったと言っていいドロー発進で、日本時間14日午後10時にキックオフを迎えるスコットランド戦は正念場へと変わった。負ければグループリーグ敗退の危機に見舞われるなかで、どのように戦えばいいのか。鈴木氏は3つのポイントをあげた。

 まずは先発陣のてこ入れだ。長谷川が絶好機を逸した直後の後半12分から投入され、得意のドリブルを果敢に仕掛け、相手を翻弄したFW岩渕真奈(26)=INAC神戸レオネッサ=を、プレーに精彩を欠いたFW横山久美(25)=AC長野パルセイロ・レディース=に代えて先発で起用する。

 岩渕は5月2日のなでしこリーグで、右ひざを痛めて戦線離脱。今月2日に行われたスペイン女子代表との国際親善試合を含めて、実戦の舞台から遠ざかっていた。しかし、アルゼンチン戦でのプレーを見る限り、もう問題はないと鈴木氏はエースの先発復帰を推す。

「チームに刺激を入れる意味でも、先発で起用してもいい。3大会連続でワールドカップに出ている岩渕だが、年齢も26歳とまだ若い。経験の少ない選手たちをプレーで引っ張れる岩渕を活かし、数多くのチャンスを作り出すためにはシステムを変えることも考えていい」

 アルゼンチン戦では、横山と菅澤優衣香(28)=浦和レッズ・レディース=を2トップにすえる[4-4-2]でスタート。岩渕の投入とともに移行した[4-2-3-1]を前半のキックオフから採用することが、鈴木氏が指摘する2つ目のポイントとなる。

「今年に入ってからの高倉監督のさい配を見ていると、点を取りにいく後半途中から[4-2-3-1]に変えるパターンが定着している。ならば、試合の頭から使うのもひとつの手。菅澤を1トップ、後方には左から岩渕、長谷川、中島(依美=INAC神戸レオネッサ)を並べる。岩渕は前線ならばどこでもプレーできるし、長谷川とどんどんポジションを変えて相手ゴール前へ迫っていってもいい。

 2トップだと2列目の選手は遠慮してしまうというか、前線に飛び込むスペースがないと感じてしまう。逆に1トップの方が『自分がいかなきゃいけない』と2列目の選手を後押しして、結果として全員が上手く絡んでいく意識が生まれるのではないか」

 最後のポイントは、前線から積極果敢にプレスをかけ続けることだ。なでしこが準優勝した前回カナダ大会以降の4年間で、ヨーロッパ勢が急速に台頭してきた。強豪と呼ばれるクラブが女子チームを擁して年俸などの条件が整備されたことに加えて、戦術面が洗練されたことが大きいと鈴木氏は言う。

「ヨーロッパ勢は前線からのプレスを、当たり前のようにかけてくる。対するチームもプレスで対抗しないといけない。ちょっとでも甘くなると押し込まれ続けて、攻撃への切り替えが非常に難しくなってくる。日本人にスピードがないとは言わないが、守備が整備されたヨーロッパ勢にロングカウンターはまず通用しない。高い位置でプレスをかけてミスを誘い、ボールを奪ってショートカウンター、という形にならないとなかなかチャンスは生まれてこない」

 最終戦の相手イングランドには、0-3で完敗した今年3月の国際親善試合を含めて、通算で1勝2分け3敗と負け越している。だからこそ日本の2戦2勝ながら、昨秋にアメリカ女子代表に善戦し、グループリーグ初戦ではイングランドに1-2と食い下がったスコットランド戦は絶対に落とせない。

 6つに分けられたグループの2位以内に入れば自動的に、3位でも上位の4チームに入れば決勝トーナメントへ進出できる。しかし、3位で突破した場合の1回戦の相手は、開催国フランス女子代表かドイツ女子代表となることが濃厚だ。優勝候補国と早々に当たるケースは避けたい。


 怖いものがなかった長谷川をはじめとする若手には、ドロー発進とともにワールドカップ特有のプレッシャーもかかってくるだろう。経験豊富な岩渕の存在を勝利への羅針盤に変えて、システム変更とともに戦い方も再度整理することが、窮地を脱するための何よりの近道となる。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00010000-wordleafs-socc&p=1



1 2019/06/12(水)
残念ながらアルゼンチン戦では、澤さんや宮間さんのような、鬼気迫る闘志、日本の女子サッカーを変えるんだというエネルギーは感じられなかった。
国内リーグの規模や選手の練習環境に関して言うならば、男子のクラブチームが参入してきているヨーロッパと比べると日本はまだまだ後進国。アルゼンチン女子は来シーズンからのプロ化が決まっていて、未だプロ化されていないなでしこリーグよりも先に進んでいる。
今までの日本の強さはその環境に対する選手たちの怒りや改善意欲から来るものだったが、それもなくなり、普段の練習環境はライバル以下。切磋琢磨もされていない。
それならこの結果は当たり前。
日本の女子サッカーの時計を澤さん以前に戻すのか、それともヨーロッパ並に進めるのか。
その鍵は現代表のなでしこたちが握っていることを、本人たちにも自覚してほしい。
日本のサッカーはまだ決して強豪ではない。チャレンジをしてほしい。

2 2019/06/12(水)
シュート外して笑ってますからね…
選手の交代も、どのような意図があったのかわからない…
必要な選手を選ばなかった人選ミスは大きいですね。。。
監督を、解任しべき時に解任しなかったツケがまわってきましたね。。
大会中にでも更迭し、チーム一丸となり頑張ってほしい!

3 2019/06/12(水)
システム変更も良いが、明らかに攻撃のコンビネーションが合っていない。長谷川唯中心のチームなんでしよ、だったら合う選手を選ばなくては、横山は最近の親善試合で機能していないこと分かるでしょ、監督のお気に入りの選手を並べているだけでは勝てないよね。ベレーザラインに頼るしかないでしょう、岩渕もベストのコンディションでは無い気がする。若い選手に期待するなら思い切って遠藤と宝田を先発から使うべき、アンダー20のメンバーの方が遥かに良いサッカーしていたのだから。それと小林はどうなったのかな?
コンディション良ければ使うべきだと思う。
どちらにしても監督の選手起用で全てが決まるね

4 2019/06/12(水)
どうやっても無理
高倉監督はとっとと消えてほしい
正直この監督は何の考えもないと思う
男の監督と差を出したいんかもしれないけど
ベテラン軽視で海外組も軽視
意味がわからない選考して
テストテストでまったくメンバーを固定化する気もせず
いい人を選びましたって自己満足すぎ
監督の自己満足じゃなくてほしいのは
結果なんですが
正直予選で落ちて
もう少しましな監督になったほうがいいと思うね

7 2019/06/12(水)
んー最近の若手選手は足元の技術はあると思うけど・・
必死さとか迫力が足りない。
あとは以前の女子代表は結構落ち着きのあるプレーが出来てたと思う。
特にゴール前とかで相手DFを落ち着いて見て動ける選手。
大野とか宮間とか川澄とか以前はもっと周りが見えて落ち着いてた。
長谷川のミスは決定的だよね・・。
決まれば良かったけど、フリーの選手がすぐ横にいたしね。
今の女子は澤さんがいた頃とは雲泥の差だと思う。
優勝とか言えるチームでは無い。
監督が良くないのかね。

8 2019/06/12(水)
監督が一番の戦犯だね。
何の策もなく、散々テストした挙句にコンビネーションの合わないメンバーを先発させて、交代選手も流れを変えるわけでもなく、先発メンバーと同じことしかできない。
昔ならピッチ上で澤なり宮間なりが状況を見て指示していたことが、今はそれができる選手がいない。できる可能性のある阪口はピッチにいない。
困り果てた挙句に鮫島にボールを戻す。
若い選手を使うのも世代交代もいいが、ピッチ上に核となる選手がいないからバタバタしているだけで無駄に時間だけが過ぎていく。
ハーフタイムでも具体的な指示もなく、前半と大して変化もなし。黙って従う選手も選手だけど、解決策を見出せない監督も監督。

9 2019/06/12(水)
ランク20位といってもスコットランドは
アルゼンチンとは比べ物にならないくらい強いよ。
今の日本の出来で勝てるのか不安しかない。
GL敗退して東京五輪に向けて良い経験になったとか
言い訳しないで下さいね、高倉監督は4年も何してたの?
GL敗退で終わったら協会は監督を即刻解任して下さい。
次の東京五輪ではまともな人選、戦術の出来る新監督でお願いします。

11 2019/06/12(水)
優勝した前々回、準優勝だった五輪から緩やかに世代交代できれば良かったんだろうけどね。
とにかく、リーダーがいない。フィールド上だけじゃなくてベンチにも。
ただこれはある程度仕方ない部分でもあって、女子サッカーは選手以上に指導者側の人材育成が困難。
佐々木さんは絶妙なバランスで選手との関係を築いていたけど、あれは特殊なケースとして考えてまずは監督・コーチの質を上げていく努力をしないといけない気がする。

13 2019/06/12(水)
今からでも、監督を解任して良いと思うが。選手達にも、緊張感が出てくるはずだし、戦術も戦略も無い監督より、良いと思う。

15 2019/06/12(水)
試合は完全に押していたが、結局は引き分けになった感じかな。
短いパスの連続で、そのパスの精度が悪すぎるから、全くパスはするけど攻めれないという試合だった。
全く、選手達に発想の転換がないから、同じ事の繰り返しで同じミスを繰り返して、シュートまで行けない。シュートが打てないから得点の機会が少なくなり引き分けになった。
あれだけボールを支配してシュート8本とは、本当にどんな攻めをしていたという事だ。
ロングボールでのサイドチェンジもせずに、全く無意味と思われる様な密集でのパス回しでは攻撃が出来るはずがない。
各選手の引き出しが少ないのもあるし、選手間のコミュニケーションすら取れていなかったし、一番は展開を打開するような選手が居なかったのが原因だろうな。チームの柱(澤や宮間や大儀見や川澄ら)がピッチにいなかったのが大きい。
まああんなサッカーをしてたら予選通過(0勝)出来ないと思う。

16 2019/06/12(水)
澤がいた頃はリーダーがしっかりしていたし、タレントも多かったが今はそう感じない。監督もそうした部分でしんどいのかも知れないが佐々木さんのような存在感も今の監督は持てていないと思います。若いチームだしまだ成長過程だと考えられるが、本大会に来てそれを言っているようでは、なでしこ人気の低下は避けられない。ここから奮起して連勝あるのみ!

18 2019/06/12(水)
無能高倉は三年連続得点王の田中をハズし遠藤宝田あたりをメンバー入りさせたじてんでクビにするべきだった。実力主義をムシしこれほどえこひいき選考するアホ監督にはたまげる。
すべては田嶋の責任である。

19 2019/06/12(水)
若い選手は普段のリーグ戦を見てても確かに個のスキルはあると思う。
でも代表は、だから強いとはならず噛み合ってないと意味が無い。
限られた時間でチームを作り上げなきゃいけない。
ベレーザが多いとは言えベレーザではない。(そこを活かすなら田中選手が必要)
女子は、チームの雰囲気とか練習や試合の積み重ねが男子に比べすごい重要だと思います。
なのに直前まで(監督個人の好み含め)コロコロメンバーを変えたことでチームとして出来上がってないと思います。
別の記事で鮫島選手の「昔ほどの一体感は無い」というようなコメントを見ましたが、本当にそうなんだと思います。
それに加え、監督の戦術や采配がダメダメで切ないです。
最終メンバー発表された時「ダメだ」と思ったけど、〇〇が居れば…は今言っててもしょうがないし、それでもやっぱりW杯見ちゃうし応援したい!!
だからもうアルゼンチン戦みたいな試合はしないでね!!

21 2019/06/12(水)
始まる前から予想はついたよね。
自分の教え子を使うだけでは勝てないのが
何故わからないかな!
アンダー代表とは違うんだよ。
誰が試合を作っているの?
応援はするけど期待はしていません。
この大会で高倉監督は
お疲れ様でした。

22 2019/06/12(水)
アルゼンチン戦を見て思ったのは観客の多さ。恐らくフランス、アメリカに次ぐ観客数だったのではないか
これは過去2大会決勝まで進出しているチームへの関心の高さを表していると思う
結果は最も退屈な試合になってしまったが何より心配なのがシュート数の少なさ、90分でシュート8本では退屈な試合と酷評されても仕方ない
オランダやスウェーデンも格下相手に守られて辛勝だったが、いくつも決定的場面をつくっていたことで見ていて飽きなかった
スコットランドはアルゼンチンより明らかに守備は強固、果たして決定的場面を作れるのか不安は募る
なでしこの華麗なパスサッカーを期待する世界の人たちをがっかりさせる試合にならないことを願う

24 2019/06/12(水)
アルゼンチン戦を見ながら、仮にこのチームと澤・宮間が中心のワールドカップ優勝チームと闘ったらどうかなと夢想してみました。
どう考えても、このチームが勝つというイメージが湧いてきません。
このチームそして個々の選手にオーラが感じられません。
女子サッカーもこの何年かで世界的にレベルが上がり、上記イメージも私の錯覚かも知れませんが。現状ランク7位に落ちてるのは事実ですね。
ワールドカップ優勝を機に近くの女子校にサッカー部が出来ましたし、当時小学生以下でサッカーを始めた女の子たちも全国に沢山いると思います。優勝以前とは女子サッカー人口は比べ物にならない?
まさに女子サッカーのレベルを一気に向上させる絶好の機会だったと思いますが、サッカー協会にその熱意があまりないのか、戦略に誤りがあったのか。
とは言え、まだ1戦だけ。修正すべき点は修正し、次戦の勝利で悲観論を払拭してもらいたいものです。

25 2019/06/12(水)
言う事聞かない人は呼ばない。
しかも、なんか自分が一番目立とうと
してるように思うんだが。。

27 2019/06/12(水)
ボール支配率が上回って、どれだけシュート数も上回っても、キーパーの正面であろうと、キーパーのセーブにあおうと、せめて枠に飛ばない事には点は入らない!いくらFIFAランクが上位でも、強かったなでしこは過去のもの。

29 2019/06/12(水)
1中島に前線でパスをつなぐこと。ボールをもらえなければ、シュートもできない。2ダメなボランチはドンドン代えること。前回の清水や杉田のように、いらないイエローカードやパスミスは厳しく処断すべき。3本当は監督を交代させるべきだが、リーグ途中の交代は影響が大きいので、選手起用も含めた作戦立案にコーチ陣など複数を参加させて、「独断敗戦」を防ぐ。

30 2019/06/12(水)
先日の試合から考えるに無理と思う。
選手はただボールをドリブルして、近くの味方にパスしてるだけ。サッカーの試合をしているというより、ドリブルとパスの練習をしているようにしか見えなかった。
選手の誰一人として得点することを考えていないというか、考えてプレーするという意識をそもそも持っていないのではないか。
女子サッカーはそんなバカでも通用するスポーツではなかったと思うのだが…。

33 2019/06/12(水)
経済市場でいうなら、成熟した市場がいまの状態。
成熟した市場では価格同士の叩きあい、力ある者だけが生き残る。
こういう成熟した市場を打ち破るのは、例えばウォークマンやiPhoneのような異なる価値で新しく市場を形成する発想力と実行力。
力と力の叩きあいでは日本人は勝てないのは歴史が証明してる。
だったらウォークマンのような異なる発想力や実行力で全く新しいサッカースタイルを構築して、世界に戦いを挑まないと勝てない。
澤選手がいた頃に一度実践して結果を残しているんだから、できない訳じゃないと思う。

34 2019/06/12(水)
まずは、スコットランドが「引き分け」「勝ち」のどちらの戦術でくるのかが重要でしょう。
勝ち狙いなら、いつもの通りの戦術で良いのでは? スペースがない時の日本は「攻め」のパターンが少なすぎですから。
逆に言えば、スペースがあれば「それなり」に攻めのパターンはあるでしょう。
問題は引き分け狙い(アルゼンチン同様)の時、システムも含めてどう崩すのでしょうかね。
ターゲットとして使えない菅澤より、横山のワントップで左から岩淵・長谷川・中島の方が機能しそうですが。
   永里
川澄 長谷川 岩淵 
永里・川澄が居れば、これも可能でこちらの方が明らかに良かった気がするんですが。

36 2019/06/12(水)
崖プチなでしこって…
監督が選手を選んだ際に若手を選んでるのにアルゼンチン戦のスタメンを見るとFWは年齢的に動きの悪い菅澤の起用…
良いパスが来ても足が動いてないのでチャンスに繋がらない。
次戦は若手の起用で戦って欲しい!
菅澤を使うならラスト5分で良いのでは?
 
37 2019/06/12(水)
駄目だろうな。多分負けて予選敗退になるだろうな。ロシア大会のドイツのように。形だけ整えれば店が入ると思っている。リスクをかける勇気を見せたのは、長谷川と鮫島だけだったでしょ。他はそれに見合う動きをしてなかったので、ちびったプレーしかできなかった。ドイツ中国戦を参考にすれば?ドイツは危なかったが勝ち切った。勇気を持って臨むのは格下ではなく、格上のチームの義務ですよ。

39 2019/06/12(水)
初8人ってワールドカップの大舞台に緊張しすぎたのかも。経験者のリーダー各は熊谷さんかな?攻撃側にも誰か1人いるべきだったね。坂口さんは怪我から復帰できてないのかな?なんでベストコンディションの人を選ばないのか理解に苦しむな。高倉さんはストレスかでどんどんスケルトン化してるし。田中南さん猶本光さんあたり使って欲しかった。岩渕さんは三大会連続代表だけど毎回存在感ないね、過大評価されすぎじゃないの?長谷川さんはここ1番の決定機に良く外すイメージあります。私の予想では残り2試合連敗です。でもそれが次のなでしこに繋がります。皆さん暖かく応援しましょう。

41 2019/06/12(水)
監督、だいぶ叩かれてますなぁ。
選手選考から、スタメン、システム、全てにダメ出しされてるやん。
問題は、実際にピッチに立っている選手達が、納得して勝ちたいと思って試合しているかどうかでしょう。
納得しているなら自分のためでなく、チームのためと考え結果を求めなければね。
納得してないなら、チームを考えず自ら経験値を上げることだけで、とっとこ負けて帰ってきたら?

42 2019/06/12(水)
徹底して守る相手を崩せないのは、男女とも日本のお家芸かもしれない。汗
初戦の難しさは確かにあると思いますが、目標が優勝ならばこの戦い方はいただけないですね。
っていうか、選手もベンチも優勝とは程遠い状態にあるように思えてならないのは気のせいでしょうか・・・。
いずれにしても、次の試合でどんな戦い方をみせてくれるかですね。

43 2019/06/12(水)
確かにヨーロッパに限らず、アルゼンチンですら、ある一定のラインを敷いて強烈なプレスを掛けてきていた。W杯を重ねるごとに、女子サッカーの急激なレベルアップを感じる。最初の頃は、お世辞にも世界大会と称するには、技術も戦術も伴っていなかった。ただ、ヨーロッパクラブを中心に、ビッククラブが本気で戦術と育成プログラムに力を入れ出してから、特にフランス、イングランド、スペイン、北欧を中心に、格段にレベルアップしてきている。あの、プレスを経験していないナデシコの国内選手は、まず戸惑うだろう。対して、ナデシコリーグは、プロリーグとは名ばかりで、環境もサポートも恵まれていない。それを、有象無象連中に、結果だけ出せ!と言われるのは可哀想すぎる。今、時代は、男子と同じくヨーロッパクラブ中心に回っている。資金も環境も整いつつある海外クラブに、若いタレントが渡らなければいけない時代になったのだろう。

45 2019/06/12(水)
崖っぷちというにはまだ早い早い。
五輪も指揮を取りたいのなら監督は崖っぷちかも知れないが。
優勝経験のあるチームを3年率いてるんだし、
まだグループステージの初戦ドローがだったに過ぎない。
この状況が想定外、ここで引き出しが無いなんて事は無いでしょう。
対戦国が決まった段階からスコットランドは突破のキーとなる相手だから選手の情報は頭に叩き込んでて研究し尽くしてる。
痺れる試合になるのは戦前から想定してたはず。
初戦に負けた向こうも死に物狂いで来るんだから、バチバチ必至の熱い試合を戦える選手達は崖っぷちなんて思ってないと信じてます。

47 2019/06/12(水)
自分が同じことできるわけじゃないけど、あの試合はまるで中学高校の体育の授業でやる女子のサッカーのようだった。各人の役割が明確になっていなくて、体育の得意な女子のところにボール集中。転がりでたボールには攻守ともにみんながワッと寄ってたかってボコボコ蹴る団子サッカー。
今や女子サッカーも男子並みの戦術とプレーができるし、コレが女子か!っていうくらい澤世代のなでしこは技術も気迫もすごかった。これを「初戦の緊張」という一言で片付けていいのかちょっと謎。
現状まだ澤世代の選手が熊谷・鮫島・岩渕以外にもメンバーの半数いますよね?彼女たちにフリーにやらせてもきっと彼女たちは機能すると思いますし、後半へばってきても気合いでボールを追い続ける日の丸の重圧を理解できていると思う。もう試す余裕はないからできないけど、まずは澤世代で一度メンバー組んでみたいと思うくらいの不安を感じた試合でしたね。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ