20190611-00059916-sdigestw-000-6-view[1]


スポンサード リンク




◆中継を担当するアナウンサーのトーンが徐々に…

 女子ワールドカップのアルゼンチンとの初戦をまさかのドローで終えた日本について、開催国フランスのメディアは6月11日、「高みから転落した日本女子」との見出しで辛口の評価を与えた。

 試合が始まった直後は、中継局『Canal+Sport』が日本を詳細に、好意的に紹介していた。

 まずプレースタイルについて、「周知の通り、粘り強く守り、高さがない分テクニックとパスのクオリティーにものを言わせ、小さなスペースでもうまく繋いできます。実際、テクニックで(アルゼンチンを)上回っていますね」と解説。メンバーについても、「再建中で若い選手が多い。以前のようには輝いていないものの、上位進出を目指せるポテンシャルを秘めています」と強調した。

 また、リヨン所属の熊谷紗希については、「サキはいいシュートを持っているんです。(ボランチを務めることが多い)強豪リヨンでは多彩な攻撃陣がいるので中盤の底に残っていますが、ゴールも決めている。PK戦になると真っ先に名が挙がる存在です。今大会も中盤でプレーしたかったと思いますが、(日本代表では)CBで起用されています」と詳しく紹介された。

 そして、なでしこジャパンのメンタリティーについても称賛。「日本人は一日4時間も練習します。ヨーロッパではけっして実現できないことです。もっとも、監督やコーチの指示に従わざるを得ないため、彼女たちには拒否できないという面もあります。ただ、それだけの練習を積んだから、ハイレベルにプレーできるようになったということですね」と言及し、知日派の分析が続いた。

 ところが、パスは繋ぐものの攻撃の形が作れない日本の姿が明らかになると、トーンが変化。ハーフタイムのスタジオでは、「テクニックがあるのは明らかだが、縦へのプレーができていない。2011年、2015年と比べるとレベルが低すぎ。やる気も感じない」という辛辣な意見も飛び出した

 後半は時間が過ぎるにつれ、中継を担当するアナウンサーが「ドローならアルゼンチンは勝利も同然です!」と興奮し始める。

 解説者も「日本が迫力不足なのに対し、アルゼンチンはパワフルで動きもいい」、「日本はもっと人数をかけて攻撃しないとダメです。2、3人で攻撃しても、ブロックを固められているので突破できません」、「少なくとも、もっと前線に飛び出すべきです」、「(交代出場の)岩渕が何かをもたらすかと思いましたが、効果は特になし。戦術も変わらないですねえ……」と失望調に変化したのだ。

◆「決定機を作れなかった」とシビアな評価

 そして中継アナは83分、「日本のパスは526本とすごい数ですが、結局は何ももたらさず、非生産的と言うしかない」、「これはアルゼンチンの快挙です!」と叫んだ。

 試合翌日の日刊紙『L’EQUIPE』は、囲み記事で「高みから転落したニッポンヌ(注・日本人の女性表現のひとつ)」と酷評。パルク・デ・プランスに大勢の日本人サポーターが詰めかけたが、「若い選手たちが動揺していた」、「一種の慢心が見えた」と綴っている。

 さらにメイン記事でも、「ニッポンヌは昨日まで、ワールドカップ優勝、そして準優勝、アジアカップ2連覇のステータスに支えられ、(勝利の)可能性は高かった。たしかに試合は支配し、テクニックで上回り、ポゼッションは6割を超えた。だが、横山(久美)のロングシュート(50分)と長谷川(唯)の遅すぎたトライ(91分)を除けば、決定機を作り出せなかった」とシビアに分析した。

 対照的に、アルゼンチンについては、これまでカオスのような時期を過ごし、ほとんど試合もせず、お金もなく、ワールドカップで1勝もできていなかったと紹介した。

 このドローで「彼女たちは歴史的快挙を実現した」と強調した。「地獄の魔人のごとく守り抜き、まさに男子でも有名な、あの切り札を使って自分たちの限界を補完した。それは”グリンタ(ど根性)”である」と賛辞を送っている。

 そして最後は、監督の冷静な言葉の引用で締めくくった。「日本相手にプレーできるとしたら、われわれにはこのやり方しかなかった。ゴール前を固めて、それから正確にカウンターを仕掛けることだった」――。

 フランス国民は常に弱者と苦労人の味方で、試練を乗り越えてきたアルゼンチンに拍手を送っている。だが日本に対しても、「この失望から立ち直れるか?」という好奇心がふつふつと沸いている。

文●結城麻里
text by Marie YUUKI

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00059916-sdigestw-socc



1 2019/06/11(火)
上から目線で、勝負を仕掛けず無駄に時間を費やした。
パスを回すが、ただそれだけ。
効果的なパスもほとんどなく、得点の臭いはしなかった。
酷評もやむを得ず。

2 2019/06/11(火)
今のなでしこのパスサッカーの現実だね。
少しでもプレッシャーがきつかったり、ゴール前を固められたら何もできない。
ショートパスを、チマチマ繋げていても限界があるよ。
沢がいたときは、ショートパスだけでなく、
一気に、ゴールに迫る前線に送る一本のパスで状況も
変えることが出来た、早い攻撃もあった。
それに、今のなでしこのパスは、パスの距離が短すぎて、
全く意図のない無駄なパスが多すぎる。
ゴールに迫れないから、パスを回してるって感じ。
ゴールに迫るための、意図あるパスがないんだよ。
各選手が未熟手、効果的なプレイをするための戦術眼が
まったくない。
テクニックだけもってて、いっちょ前になってる気になってちゃいけないよ。
先輩のなでしこたちは、ゲームを読む力とか戦術眼も、テクニックとともに
身に着けていたよ。
今の若い選手は、サッカー観から、フィジカル能力、すべてにおいて未熟だね。

3 2019/06/11(火)
全然攻めて無かったね。今回は駄目かもね。奮起を期待致します。

4 2019/06/11(火)
予想以上にアルゼンチンが引いて守ってきたので前半は仕方ないとしても後半に修正出来なかったのは何の策も講じなかった監督のせいだと思う。
そもそもメンバー選考事態が実績や戦術の選考ではなく監督の好みに片寄っていて流れを変えられるプレイヤーを選ばなかったから打開する手も少なかった気がする。
唯一キャリアが豊富な岩淵だけは途中から出てきて状況を打破しようと色々の所に顔を出してボールを触ろうという意図は見えたが周りとは噛み合わず空回りしているような印象だった。せめて後一人か二人ぐらい同じ様な意図を持てる選手がいたら結果も変わってきたような気がします。
正直言って格下の相手に予想以上に引かれて戸惑ったまま修正できないという経験値不足の悪い一面が露呈してしまった試合になったので酷評も仕方ないと思いました。

5 2019/06/11(火)
ドリブルで仕掛けるかタッチの少ないボール回しするのかどちらか読めない攻撃で守備側が困るサッカーをできない。チビッ子でフィジカルに劣るなでしこJAPANが勝つにはゴール前でミスを恐れずにチャレンジしないと。カットされても直ぐにプレスしてチャンスをもう一度得るか相手の速攻を抑えるような基本できてない。反応もパススピードも遅い。
こうなるのは最近の親善試合でも感じてたけど変えられ無いんだね。参加しただけで収穫のない大会に終わりそうです。何とか爪痕残せるような気持ちだけは見せてほしいです。

6 2019/06/11(火)
4年間で強豪国との差は確実に広がってる。
この4年間で、技術的な差がついた事をはじめ
今までは、技術にスタミナも他国を圧倒してたんだけど、今や強豪国もそれなりにスタミナ面も
ついてきてるから、体格や技術では勝てないのだから、スタミナに差がなくなれば、差が付けられるに決まってるわな。4年前から今日まで、なでしこはストライカーと、落ち着いた判断ができるゲームメーカーを作れなかった事は、予選敗退もありえるよ。なでしこが、不動の優勝候補になるために、今大会は大切なんだけどな。

8 2019/06/11(火)
日本のサッカーって良くも、悪くも相手なりに合わせてしまう。その悪い方に合わせてしまった結果が昨日の試合。だから、それを打破する為に何か策を講じるのだが、高倉さんは何も策が無かった。だから、今回の試合は何も収穫もなく実のない試合になってしまった。このままでは、次の試合にも期待は出来ないでしょう。

9 2019/06/11(火)
グループリーグ敗退した場合、監督交代をして2020に向けて、体制立て直しを図るべきです。
そのくらいの危機感を持つべきです。
そういう覚悟が無ければ、世界とは戦えないはずです。

11 2019/06/11(火)
残念ながらまさかのドローだったね。
いろいろ辛口のコメントが多いけど内容が悪かったから
どうしてもそうなるよね。
次の試合までに大きく修正出来るとは思わないが
パスの為のパスとしか思えないサッカーが続くようだと
予選突破は難しいだろう。
ただ試合をする中で成長していくという可能性も充分あるから
それに期待だね。

12 2019/06/11(火)
外野の意見なんてどうでもいいわ。日本はあくまで挑戦者の精神で挑めばいい。過去の二大会とは違うチームなんだから。W杯で初戦に苦戦するのはよくある事。次の試合は泥臭くてもいいから勝って欲しい。

14 2019/06/11(火)
岩清水さんも これくらいのことを言ってくれ!!岩渕が出れば変化が生まれるとか言ったときは 8年前の優勝したときのイメージしかないんだな って思いましたよ どう贔屓目に見ても 昨日のアルゼンチンには通用しないでしょ
逆に 澤さんは あまりに酷いのは 最初から判ってた感じで 言葉選んで解説してましたね 終盤は黙ってたけど。

16 2019/06/11(火)
アルゼンチンにドロー発進は痛い。
FWに動きの悪い菅澤を起用したのが失敗。
足が動いてないからパスに対応出来ずチャンスに繋がらない。
若い選手を選んだならFWは若い選手を起用して欲しかった。

17 2019/06/11(火)
いろんな意見はあると思うが、沢、宮間、大野、大儀見、川澄、etc.と、比較すると、小粒感は否めない。特に、沢選手、宮間選手の凄さを痛感する。せめた、川澄選手の様な、大会で大きく成長する選手出て来ないかな?

19 2019/06/11(火)
策もないし個人能力も低い、ただパス繋ぐだけ。パス成功数だけなら優勝かも。

22 2019/06/11(火)
例えば、ワンタッチでボールを回すことが少なくなったというのが全体の能力アップというか試合展開の活性化を自ら疎外しているんじゃないかね~?
凡庸な試合スタイルになっているようで、なでしこ以前に戻ってしまったとすら見えていた。

23 2019/06/11(火)
澤、宮間、阪口、永里。。。
この四人はホント、男で言ったらイニエスタ、リベリ、ブスケツ、ズラタンていうクラスだった。。。
残念ながら今の若い選手にそこまでのレベルは感じられない。ブームを選手育成につなぎきれなかった。ていうか方向を見失った。
バレーが中田久美で復活したように、澤さんが復活させてくれるんじゃないかと期待してます。。。今の現場の体制ももちろん頑張ってまるのはわかっておるのですが。。。
澤さんはそれほどまでにすごいのではないかという期待です。。。

24 2019/06/11(火)
今回は酷評されても仕方ない内容と結果でした。
地元紙が最後は限界を補完するのはど根性であるというコメントは、スポーツをする上である意味的確な判断でもありますね。根性サッカーで世界の頂点に立てるわけじゃありませんが、なでしこにはこれから意地をみせて欲しいです。

26 2019/06/11(火)
残念ながら酷評というより非常に的確な解説
日本のメディアが遠慮ぎみに表現しているのに対し実に正直
選手・・そして監督はこの貴重な意見を真摯に受け止め次戦以降に生かして欲しいですね
綺麗、優等生のサッカーなど要らないのです
泥臭く相手が音をあげる位追い掛けて追い詰めて欲しいです
対戦相手のランクも上がるので初戦の様なラグビーサッカーをやれば簡単に失点へ直結します
次戦ドロー以下ならそれで終わりでしょう
トーナメントと同じです
人が変わった様に貪欲にボールを追いかけてもらいたい
そして監督も観客ではなく"監督"に徹してもらいたい

27 2019/06/11(火)
監督代わってからダメだね…
昔の方が一体感つーかなんつーか
川澄とか経験あるメンバーを残すべきだったんじゃないかな
この批判を活かして次戦変わればいいね
まっ監督はだめだから選手達に期待!

30 2019/06/11(火)
アルゼンチンにとっては快挙と感じるのかもしれないけど、現在のなでしこはそんなにリスペクトされるほど強者ではない。
なんだろなー、今は「なんちゃってテクニシャン」が多いかな。
澤はファンタジスタと呼べるタイプじゃなかったけど実効的なプレー満載だった!
多分技術以前の問題が大きいんじゃないかなー。

32 2019/06/11(火)
0-0の後半45分に代表初出場の選手を投入
高倉監督にどんな意図があったのか問い詰めたい
勝たなきゃいけない試合なのに
引き分けで終わらせるための時間稼ぎにしかならないよね

33 2019/06/11(火)
高倉監督のやりたいサッカーが見えない。攻撃に連動性、躍動感がなく、点が入りそうなワクワク感もない。流石に予選敗退はないと思うが、無能な監督更迭が遅かった。

35 2019/06/11(火)
アルゼンチンの喜びようが全てを物語ってましたね
ただ、アルゼンチンもあれ以上の試合は出来そうにない
アジアで苦戦する男子とダブって見えた昨晩の女子
攻撃的な相手との試合でどれだけやれるのか、次の試合が見物
期待はしていないが

36 2019/06/11(火)
ポゼッションサッカーは良いんだけど、効果的な縦パスとそれを引き出す動き出しが欠如しちゃ、ポゼッションする意味がないよ。
ドリブルの上手い岩渕が居るんだから、縦パスと周りの動き出しさえ良くなれば崩しのバリエーションは圧倒的に増えるのに。

38 2019/06/11(火)
迫力不足なのは、小粒な選手が多いから仕方ないとして笑、攻撃にいわゆる多彩さがない
ずーーーっと同じ事やってる
同じ方法、同じパターン、同じペースで同じ事をずーーっとやってる
何て言うのかなぁ
「事務的サッカー」って言うの?
誰も相手の意表を突く行為をしようとしない
誰も強引に力づくでやろうとしない
そこは韓国と違うところ
強いとこは肉弾戦も厭わない 最後は個が強引に決めることも多々ある
日本にはそれがない
だから日本のサッカーは怖くない
「上手いな」と思われる事はあっても「怖いな」とは決して思われない
日本のスタイルがハマればいいが、ハマらなければ退屈で怖くもないサッカーになる
観てる側は、しまいには「何考えてサッカーしてるんだ?? 点とる気あるのか??」と思ってしまう
ま、これほとんど男子にも言える事なんだけど

41 2019/06/11(火)
長いパスじゃ追い付かないしズレやすい。
コンパクトに保って パスコースが複数ある状況を維持したいですね!!
ビデオ見て、次戦は改善される事に期待!!

42 2019/06/11(火)
負けなかったということは立て直すチャンスを得たと言うことです。
まわりは自分が面白ければ何とでも言います。
最終的に笑っているものが真の勝者です。
勝者に成るために勇気と決意をもって頑張ってください。

43 2019/06/11(火)
澤や宮間が居ないと、随分と戦力ダウンの印象がある。迫力が全く無かったようだった。過去の栄光に捉われる事なく、上位を目指して欲しい。期待も含め、ベスト4くらいは狙って欲しい!頑張れ日本!!
 
45 2019/06/11(火)
過去に男子のワールドカップでも、イタリアなど、予選リーグでふがいない試合をして、決勝トーナメントに入ったら見違えるようなチームになった例もあります。なでしこジャパンにも今回のことを最高の教訓にして、ぜひ勝ち抜いていってほしい。

47 2019/06/11(火)
せっかくW杯で優勝したのに、台無しになった。
男子だと強豪国はしっかりと復活するけれど、日本女子はどうなるか…。
まだ復活は日本サッカーで経験ないからね。














スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ