20190611-00862360-sportiva-000-1-view[1]


スポンサード リンク




日本代表メンバーについて、半年前から噂されていたことが現実となった。日本は予想されていたとおりのチーム編成でコパ・アメリカに臨むこととなった。若手中心のチーム。それも、これまで一度もA代表のユニホームに袖を通したことのない選手が大半を占めるチームであり、実際のところ"日本"を"代表"するチームではない。

 南米の多くのメディアは、今回のチームは日本代表のBチームだと言っているが、私はそうは思わない。このチームはB代表でさえない。よくて日本のC代表といったところではないだろうか。はっきり言って、研修生のチームではないかと私は思う。

 つまり、世界ナンバー1のリオネル・メッシ(アルゼンチン)をはじめ、ルイス・スアレス、エディンソン・カバーニ(いずれもウルグアイ)、セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)、フィリペ・コウチーニョ、ロベルト・フィルミーノ(いずれもブラジル)などのトップレベルのスターがしのぎを削るこの由緒ある大会に、日本は代表経験もないような選手で参加しようというわけだ。

 もちろん、日本が2020年の東京オリンピックを見据えて、U‐23のチームを強化しようという意図を持っているのは理解できる。また、コパ・アメリカに関しては、日本サッカー協会の選手招集に拘束力がないこともわかっている。

 ただ、コパ・アメリカは世界的に見ても大きな大会であり、すべての参加国はその国の最高の選手をそろえ、勝利を目指してくる。それは日本と同じ招待枠のカタールも同様だ。彼らは自国開催の2022年W杯を控えており、この2年半でどれだけイメージアップできるかが勝負だ。

 このニュースに触れた世界のサッカーファンは、まずこんな疑問を持つことだろう。ウルグアイやチリ(ともにグループステージで対戦)と渡り合うのに、日本が若手中心で対峙するのは間違っていないのか? オリンピックに向けて準備するという意味においては正しいのか?

 また、サッカーのエキスパートや指導者、メディアは、世界に対して日本のサッカーをアピールする大きなチャンスをみすみす逃すのは、実にもったいないという意見で一致するだろう。強豪国がひしめき合う南米最大の大会は世界中から注目されている。世界120カ国以上に生中継され、そこにはもちろん日本も含まれる。

オリンピックに向けて準備すると言うなら、日本サッカーのよさをより広く知らしめることも大事なのではないか。昨年のロシアW杯では、せっかく日本はそのすばらしさを世界にアピールできたというのに......。

 だいたい、東京オリンピックで金メダルを取るためにこのチームを編成したと言うのなら、なぜ初招集の選手がこれほど多いのか。チーム作りは365日などではできはしない。それなのにコパ・アメリカでプレーする日本の選手たちは、これまで一緒にボールを蹴ったことがないメンバーも含まれ、もしかしたら、彼らは顔を合わせたことさえないかもしれないのだ。「オリンピック対策」という理由は、南米の人間にとっては詭弁にしか思えない。

 まして日本人は、何事においても緻密に計画を立て、準備万端にして物事に臨むことで有名な国民ではないか。アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、そしてブラジルサッカーの粋を集めたチームを相手に、サッカー王国ブラジルを舞台に戦うのに、日本がその場しのぎのチームで臨むのは本当に残念としか言いようがない。これが率直なブラジル人の感想だ。

 もうひとつ腑に落ちないことがある。コパ・アメリカが始まる前に、日本は2つの親善試合を戦った。相手はトリニダード・トバゴとエルサルバドル。どちらもコパ・アメリカ本戦には出られもしないチームだ。大陸が異なるからということではない。とても出場するに足る実力を兼ね備えていないという意味だ。

 しかもその2試合を、日本はコパ・アメリカ組よりも多くの経験豊かな選手を使って戦ったというではないか。ここまでくると、多くの南米の人間は、日本が何を考えているのかわからなくなってしまう。メッシやガブリエル・ジェズス(ブラジル)、ハメス・ロドリゲス(コロンビア)に対峙するのにあたって経験のない若手を使うというのに、トリニダード・トバゴ(FIFAランキングは93位だ!)には大迫勇也や長友佑都で戦ったのだ。

ブラジルはコパ・アメリカを待ちわびている。ブラジルW杯、リオ・オリンピックに続く、最後の大きな大会だ。日本とブラジルは昔から友好関係にあり、とくにサッカーでは深いつながりがある。多くのブラジル人が日本のサッカーを見るのを楽しみにしている。

 チーム編成はもう変えようがない。あとは森保一監督が、この新人チームを見事に変身させて、コパ・アメリカの本当の奇跡となってくれるのを期待するだけだ。それができれば日本は、本当に世界で名を上げることになるだろう。

リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00862360-sportiva-socc



1 2019/06/11(火)
メンバーは仕方ないにしても確かにその前の親善試合2試合はコパのメンバーで挑むべきだったと思う。
ぶっつけ本番のCチームで戦うなんて正直舐めてると思われてもしょうがないし、森保さんにしてもインタビューを聞く限り、若い選手たちのいい経験になればくらいにしか考えてない。

2 2019/06/11(火)
協会からすれば「拘束力無いし他の国でも同じ事情になるだけ。お前らがFIFAから軽んじられないように働きかけろや」って思ってるだろうね。
でもU-20、トゥーロン、コパアメリカ、先の2試合の面々から察するに、協会が絞り切れていない印象はあるね。
優先順位がぼやけている。
やむをえない事情は察するが、協会にはそういうのをなんとかしてほしいね。
ファンとしては良い試合見たいのさ。

3 2019/06/11(火)
この記事を読んで思ったのは、この記者は日本の事情を理解した上で、いわゆる大人の事情で日本のA代表のサッカーを見れないのは残念だとしているのだろうということだ。
ブラジル国内で開催されるコパという祭りを盛大に楽しもうとしていて日本代表にも楽しいサッカーを見せてくれると期待をしていたことがひしひしと伝わってくる。
試合展開は厳しいものになることが予想されるが、日本の期待の若手のプレーを世界に見せつけてやるんだ若き侍。
 
5 2019/06/11(火)
選手選考から、この記事と同じように考えてる
呼べないなら呼べないなりに練習試合は、コパのために使うべきだと、メンバー発表の時にコメントしたし、ガチの南米とやれるのに、ぶっつけの状態で、個人の経験の為だけに行くのは惜しいと。真剣に取り組んで勝ちに行く事が、ひいてはそれがw杯に向けた強化に繋がると。
さて、なんて言われたか。w杯(予選)がすぐなんだからベストメンバーで練習試合すべき、呼べないコパは若手の経験の場。大多数がそれに賛成だった
若手の経験の場、であると同時に国際経験の少ない代表監督の経験の場であり、その為にはしっかり見据えて準備をすべきだった。何ができて何ができないか、を見る為にも、呼べる選手をメインに据え、戦術的な落とし込みを試合で見ておくべきだったはずだ。真剣にやってこそ得るものがある。ぶっつけ本番で、個人の経験の為だけのものにしてしまうのは余りに惜しい、とずっと思っていた

8 2019/06/11(火)
これは記事ちゃんと読まないと意図が通じにくいね
拘束権が無くてベストメンバーが組めないのを分かった上で
コパに対してまるで捨石のように
経験を積むのが目的のような扱いになってると感じてるから
憤ってるんだろう
メンバー選出が苦しくても本気でコパを勝つための準備として
3月の親善試合や先日の2戦をコパの召集メンバー主体で戦ってたら
まだこの人も納得してたんだろうけど
現状だとぶっつけでコパに臨むメンバーが多いのが
一番の不満の原因だろう

9 2019/06/11(火)
舐めてるというか、諦めてるんだろう。
Aマッチ扱いにならないし、
拘束権ないから欧州のクラブに招集レター出しても
レギュラーメンバーほど高確率で断られるだろうからな。
Jにしてもシーズン真っ只中に長期で主力が抜けられるのは困るし、
拘束権ないなら断ろうって判断されるのは仕方ないと思うよ。
主力が抜けたチームだけが損するしね。
Jが協力してリーグ中断してくれるなら国内組は招集に応じれる選手もいただろうしな。今の代表はほとんど海外組だけど。
そうなると、招集出来そうな若手中心になるのは仕方ないし、
五輪組の強化に当てようってなるのは必然だろう。
今までもコパの招待何度も受けてるけど、
A代表レベルの選手が招集できないから断ったり、
断られたりして参加出来なかったけど、
今回は、アンダー世代でも良いっていう返事を貰ってるから、
招待受けて、五輪組で行くってなった経緯もあるからな。

11 2019/06/11(火)
U20や特にトゥーロンでの日本を見る限りもちろん全くレベルが違うのはわかるが日本のプレスは恐ろしく早く見ていて面白い
Aチームでやって欲しいというのも分かるが日本には今逸材がとても多く今まで弱みだったフィジカル面も改善されてきている
今大会はこれで良いと思う
あまり言われてないけど三好などもものすごく良い選手だしJリーグでプレーしてる選手が海外に行くきっかけにもなるだろうから良い選択だと思う
そしてJリーグのレベルの底上げにも繋がるんじゃないか

14 2019/06/11(火)
南米各国としては当然の意見。南米各国がフル代表で臨む真剣勝負の大会に、2部リーグの選手やプロですらない大学生を招集すること自体、南米各国は理解できないと思う。例えば、アジアカップに日本より格下の(と思われる)チームがアンダー世代の代表で出場したら、日本人はどうおもうか?それと同じこと。
また、オリンピックのために経験を積ませる大会としてはレベルが高すぎる。コパアメリカは、日本がフル代表で臨んでも格上のチームばかり(つまり、フル代表にとっては経験を積むいい機会)なので、惨敗して自信喪失するだけの大会になるのではないかと心配になる。
もちろん、このメンバーで戦うと決まった以上は応援はする。私の心配が杞憂に終わったときに、東京オリンピックのメダル獲得やカタールワールドカップのベスト8が見えてくる。

15 2019/06/11(火)
南米側の視点で見たら、そりゃ舐めてんのかとは思うわ。
世界一の選手をはじめ、ワールドクラスの選手が揃い踏みなわけだから。
ただ、日本からするとイレギュラーな国際試合で、呼べる選手が限られる中で、その機会をうまく使おうとした結果が今回の招集メンバー。
批判も受け入れつつ、試合に全力で望んでほしい。

16 2019/06/11(火)
日本には、日本のビジョンがあると思うし、それを信じたい。
若い選手と言えど献身的なプレーもしてるし
日本の特徴は1試合事に成長がある事だと思う。
他者からなにを言われようが、自分を信じて頑張って欲しい。

18 2019/06/11(火)
個人的にはCチームというよりDかEかなぁ~
でもコパは招待枠での出場なんです。
代表側に拘束力がないからしょうがない。
だからここ何回かは招待されてもこういうメンバーになるから
過去は参加をしなかっただけですね!
今回は五輪に向かっての経験ですので正直3連敗でも仕方なしと思うけど
南米協会に失礼しているかもしれないのが気がかりです。
個人的には成績度外視で応援することにしてます。

20 2019/06/11(火)
確かに、言われてる通りだと思う。
この日本B、C代表が実力、経験不足からボロボロの試合して負けた時の責任は、かなり重い。
友好関係にある南米の方々にも失望させるし、日本は南米を舐めてると結論付けられてしまう。
各クラブチームから選手断られた理由はあるにせよ、他の南米チームはベストメンバー揃えてるんだから、
せっかく、このようなビッグな大会に呼ばれて誠意を持って臨めないチームは今後、呼びにくいよね。
この責任最終的に誰が取るんだと思う。
かなり小さい願望ですが、このチームでも万が一、善戦してくれたなら幸いですが。

22 2019/06/11(火)
相手は日本の事情なんて一々考慮してくれない。酷いサッカーを見せれば、ブラジル人の怒りに火をつけるかもしれない。
ただ実力を示せば、ブラジルの次に応援してくれる気がする。
森保がどの程度そのことを認識しているか知らないけど、「経験さえ積めれば、結果はどうなっても構わない」という態度でのぞむと、悲惨なことになると思う。

24 2019/06/11(火)
フル代表が負けたらダメージあるが、オリンピック世代の失敗は上を目指すきっかけになるし承知の上の参加。力差はあるが、現状の力を全部だして結果を受けとめるのが基本です。
ただ南米勢は全力なので120%ぐらい出さないと試合にならないので選手には頑張ってほしい。

26 2019/06/11(火)
>>しかもその2試合を、日本はコパ・アメリカ組よりも多くの経験豊かな選手を使って戦った
大迫勇也や長友佑都で戦ったのだ。
チケットを売るために有名選手を使ったんだろうね
本番と同じ若手だけにしたらチケットもテレビ視聴率も悪くなってたかも
それと対戦相手が格下なのは「令和初勝利」に拘ったからだと思う
初勝利をどの局が放送するのかで格下対戦国探しの競争をしてたと思う
つまり日本は名誉よりもお金を選んだということ

28 2019/06/11(火)
メンバーは仕方ないけど、戦術やシステムがある程度機能するかは見たいところです。
でないとせっかくの強豪で厳しい環境での経験がもったいないし、成長しないと思います。
はなから負けてもいいと挑む試合に成長や競争は無いと思います。

30 2019/06/11(火)
莫大な放映権により地上波では放送しない。
これは、興行で動きかたを変える協会には多いに影響する。記事を読む限り言いたいことも分かる、ただ日本から金をむしり取ろうする部分もあったのでは?それがなければ、放送できるし、その為に選手もメジャーな人を選ぶことを協会が勧めたかもよ?監督の力なんて微々たるものです。
結局のところ日本協会を動かせなかっただけです。だからある意味、その程度なんでしょう。

33 2019/06/11(火)
正直フル代表で行ってもボコられるのであまり変わらないんですよ。今のフル代表の主力といっても大迫以外はほぼ20代前半なので。
欧州ベンチ組のリハビリに当てるよりこれからの若手に世界を体験させる方が重要ですし、下手すれば良いプレーする可能性あります。

35 2019/06/11(火)
ベストメンバーで行ければ良かったんだけどね〜
コパアメリカが素晴らしい大会なのも分かるし、日本がコパアメリカを軽んじていると感じるのもわかる。
だけど、そもそもなぜ他大陸のチーム招待する必要あるの??どうしても招待したいならヨーロッパの強豪国だけ呼べば良いのに。その方が面白い。

36 2019/06/11(火)
BかCか、2軍か3軍かは定義次第だけど、批判は正論。流石に?と言われても仕方ないメンバー。ただ監督は叩かれるのを覚悟でリスクを取った、ただそれだけの事。
ボコボコにされたらそれ見た事かと言われるのも承知だろうし、下手したらもう招待して貰えないかもしれない。そのプレッシャーも含めて糧にして、東京五輪世代を鍛える、その覚悟でしょ。だから応援するし、でも、もしこれで五輪ボロボロなら辞任すべきだろうけどね。

38 2019/06/11(火)
そもそも経験を積ますために若手をなんて、世界では通用しません。
代表選手はどんな大会も最高の選手を選ぶべき。
年齢や将来性で代表を選ぶべきでない。
代表に選ばれる選手は日々の試合で力を示すべき。
日本の選手選びはおかしい。
香川真司 乾 大迫 原口 久保 この辺が日本代表と呼べるレベル。
勢いだけでへたくそな選手は呼ばないでほしい。

41 2019/06/11(火)
この時期にこのような大会に参加できるなんてとてもありがたいと思います。可能な限りの現状でのベストメンバーでしょうが、夢が広がります。良い結果を期待してます。

42 2019/06/11(火)
であるなら、招集に拘束力を持たせて欲しい
日本も強くなるためには経験を積まなければならない
今回は経験不足だしどうなるかわからないけど、次のW杯では今回のメンバーが中心となりギャフンと言わせたい

44 2019/06/11(火)
拘束力ないし、世界にアピールとは言ってもJリーグから代表経験者ばかり集めてもコパでは、歯が立たないだろう
それならオリンピックを見据えたチームを組もうとしたのでしょう
この前の親善試合はU-21代表戦とチャレンジカップがカブって別チームになってしまったのもしょうがない。スケジュールの問題なんでしょうし
今の若い選手は図太い精神をしている奴もいるし、案外緊張しなければ勝つのは難しいけど、手こずらせることは出来そう

45 2019/06/11(火)
まぁ、そうなんだが個人的には今後の上積み幅を考えたら申し訳ないが多くの若手に経験さすのはありだし、何より現状の日本代表だと中島と久保さえいれば、それなりに楽しみにできるって言う日本人は結構多いはず。

47 2019/06/11(火)
2試合を、日本はコパ・アメリカ組よりも多くの経験豊かな選手を使って戦った←ここは同意。今更常連組をチェックしても大して変わらなかった。Cチームというほど選手層は厚くなくBチームみたいなもの。コパアメリカに参加する選手たちは十分にアピールして既存選手たちに競争心を煽るような活躍をしてほしい。

48 2019/06/11(火)
というよりも、多くのチームは日本はやられ役でどーでもいいと思っているだろう。
年齢的にビッグクラブに行ける可能性がある若手にチャンスを与えた方が良いかと思うけどなぁ。

50 2019/06/11(火)
日本の事情を知らなかったらそう思うわな。
日本もベストメンバーを組めるなら当然組んでるよ。
でもすでにアジアカップに出てるから選手を拘束する事ができないし、Jリーグもあるから各クラブの協力が必要になる。
だから東京五輪を見据えたメンバー選考にした方が今後の為にもなるしいいと思うけど。

51 2019/06/11(火)
コパアメリカに向けた人選への批判は今シーズンにアジアカップがあったから招集の拘束が取れず仕方ないと分かってるはずなのに何故出るのかな?記者達の落胆による単なるガス抜きだよね。そしてこの2戦は代表本体の強化に繋げてるのも当然の策。
仮に南米の強豪国がアジアカップに招待でもされたとして先のコパアメリカで呼べないと分かればベストの選手達は招集しないだろう。コパアメリカの招待辞退やアジアカップより優先すべきだったと記者達が考えてるなら分かるが…
完全にオーバーエイジ候補含めたオリンピック仕様だったら否定的見方も出なかったのかな?でも今Jから呼ぶのにも制限あるんだよね。

52 2019/06/11(火)
日本は世代交代も考えてにいるかもしれないが優秀な選手が若手にいたから選出しただけで知名度だけで通用する世界ではないと思う。確かにチームとしてのコンビネーションはまだまだかもしれないが












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ