20190611-00195326-soccermzw-000-11-view[1]


スポンサード リンク




◆守備ブロックを形成するアルゼンチン相手に攻撃のテンポが上がらず、無念の0-0ドロー

 なでしこジャパン(日本女子代表)は現地時間10日、フランス女子ワールドカップ(W杯)のグループリーグ初戦でアルゼンチンと0-0で引き分けた。ボールを完全に支配しながら崩し切れなかったゲームに、特に攻撃陣の選手たちからは課題が口を突いた。

 日本は4-4-2システムでスタートすると、1トップを残して4-5のブロックを形成するアルゼンチンの守備に手を焼いた。サイドにボールが入れば複数人で囲まれ、逆サイドへの展開もままならない状況に追い込まれた。

 2トップで出場したFW横山久美は「相手がブロックを作ってきて前を向く場面が少なかった。ボールを持っているが、シュートは少なかった。クロスという選択肢もなく、前に入った時のサポートも少なく、バランスよく崩すことはできなかった」とコメント。コンビを組んだFW菅澤優衣香は「ピッチの上で選手たちで修正しなければいけなかった」と、柔軟性を欠いたことを悔やんだ。

 そうしたなか、後半12分には3大会連続出場となるFW岩渕真奈が送り込まれた。前半について「引いてくる相手に、もっと自信を持ってボールを受けて動かせば良いと思って見ていた。外からできるのは見た状況を言うことだけ。伝えてはいました」と言及。時に細かいボールタッチで相手をかわす場面こそあったものの、期待されたゴールに直結するような突破やシュートは見せられず、「とにかく勝ち切らなければいけない試合だった。情けない」と唇を噛んだ。

 高倉麻子監督は「攻撃のテンポが上がらない」という言葉を直前の国際親善試合スペイン戦後にも話したが、アルゼンチン戦も同じ言葉を繰り返すことになった。そうした面について、中盤の攻撃的な位置から最後の変化をつけるプレーが期待されるMF長谷川唯は、少し気になる言葉を残している。

◆長谷川は「どこで侵入するかハッキリしなかった」と狙いどころのなさを反省

「自分たちがボールを持つなかで、どこで侵入するかハッキリしなかった。その練習がたくさんできていないなかで、ゴール前でのアイデアや技術が足りないと感じた。ボランチが少し後ろに落ち過ぎていて、もう少し全体が前に出たいと感じた。後半は相手がもっと下がってしまって、そこで細かい崩しができないと上は目指せない」

 最後の崩しの部分に課題を感じながら、その克服に向けたトレーニングが十分でないと選手たちが感じていることが浮き彫りになった。大会がスタートした以上、長い時間をかけてコンビネーションを確立するのは難しいだけに、リーダーシップを取って中心になる選手をハッキリさせる必要もあるのかもしれない。

 高倉監督は「大会の中での成長」をキーワードの一つとしているだけに、このアルゼンチン戦を受けてどのような変化をチームが見せられるのか。残り2戦の相手はフィジカル的な強さを持つスコットランドとイングランドなだけに、連動性のあるコンビネーションで最終局面を崩す必要性は大きい。次戦までに崩しの質と共通理解を高める必要に迫られていると言えそうだ。

Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190611-00195326-soccermzw-socc



1 2019/06/11(火)
U17のサッカー。
アジア以外のチーム相手では存在感を示せない中島、横山では崩せない。川澄選手のような頭の良い選手がいなければ、菅沢、岩渕も活きない。
高倉監督の限界が顕著になった試合。
 
2 2019/06/11(火)
高倉監督や男子のU-20やU-22の代行監督も動くのが遅く、選手任せで細かい戦術を持っていないように見える
選手の能力を活かしきれないのは残念なので、監督の選考だけはしっかりやってもらいたい

4 2019/06/11(火)
昨日の解説もそうだけど、なでしこらしさとかいうのと長谷川はすごいすごいというコメント。
長谷川は代表に選ばれた当初はそれなりに効いてたけど、最近では仕掛けてロストの場面の方が多いように感じるんだけどな。
柴崎もなんだけど、いい場面はあるよ。
でもそれの倍くらい上回る攻撃でのミス、ずれ、守備での後手が多いのにそれには目がいかないのかな?

6 2019/06/11(火)
もしスコットランドと引き分けたらおそらくグループリーグ敗退だよ。
イングランドにはまず勝てない。永里と川澄はアメリカでバリバリ活躍してるのに何故よばない。高倉が監督にになってから毎年徐々に弱くなっている。

7 2019/06/11(火)
3年もあったのに、「大会中の成長」??
前から感じていたのだけど、監督の選択ミス。

9 2019/06/11(火)
格下相手に勝つ事は当然で何点得点が出来るか?と思っていましたが…まさかのドローですか。。。
これは、優勝狙うレベルでもなく予選突破が出来るか?出来たとしても次でダメなレベル。
監督も試合をしながら成長と言っていたが、そんな意識でワールドカップに臨むなら、日本代表の監督を辞めて欲しい。意識が低すぎる。

11 2019/06/11(火)
横山の、ブロックしてきて前向くのが少なかったとか言ってるけど
その分中島のドフリーが幾度となくあったけど
見えなかったのか?
中島が何度も残念さ表情や仕草してたけどな
おそらくドフリーだぞって味方から指摘されていた
と思うけど、、、
いくら点取るのが仕事とはいえ、もう少し選択肢増やせよ
まあ昔からゴールしか見ていない感じはしていたが
今回の試合は酷すぎた

12 2019/06/11(火)
親善試合での課題抽出は、対戦予定相手にとって攻略のヒントの抽出になる。課題に答えを出して本大会に挑まねば、同課題を本大会でも突きつけられる。
親善試合では、アルゼンチンは韓国戦で人に付きすぎてスペースを開ける課題を見せ、日本はイングランドのように中盤中央を3枚で守るチームへの対応力や、フランスのように中を閉めて守るチームへの対応力が問われた。
アルゼンチンは攻撃を切り捨ててまで守備人数を増やして課題に答えを出し、イングランドフランス戦で得たヒントを使い、中盤中央の枚数を増やし、中を閉めて守ってきた。
日本は答えを出せぬまま本大会を迎えた。
アルゼンチンにとって本大会で見る日本は想定内のチームで、日本にとって本大会で見るアルゼンチンは想定外のチームだった。
ここにあったのは準備段階での敗北で、初戦はそれを照合する作業だった。
準備の敗北は指揮官の敗北。痛恨の引き分けでした。

15 2019/06/11(火)
いい動きをしていたのは鮫島のみ。
特に動きが悪かったのは、MFの長谷川。パスの精度が・・というよりも通った本数の方が少なかった。フィジカル的にも全く歯が立たない感じがした。
FWは、ほとんどゴールを背にしていてパスをはね返す動きしかしていない。自分が決めるという意思は感じず、無責任な後ろ向きのパスが目立った。
シュートは数本あったが、枠に行くシュートは無かったと思う。
引いた相手に対して90分間、策なしで驚異的なパスの本数を記録した試合。
パスごっこを90分見せられた。

16 2019/06/11(火)
中盤で前を向いたゲーム運びができなかったのが敗因。試合全般地に足がついていないような感じがした。攻撃オプションも少なすぎて点を取れる気がしない。なので阪口、宇津木といった試合経験と安定感のあるベテランを混ぜたほうがもっと若手の能力が発揮できた試合。
長谷川や中島は流れを変えたいときに投入する選手。W杯のGLの初戦というベテランでも難しい試合は安定感を求めてメンバーを組まないといけないと思う。中盤で前を向いたゲーム運びができなかったのが敗因。
まぁ毎度のことなんだけど代表監督自身の大舞台の経験不足は致命的。

18 2019/06/11(火)
川澄、田中、永里、どれか一人でもいたら違ったのでは?!
これが監督の限界でしょうね。

19 2019/06/11(火)
久しぶりになでしこ見たけど下手になったねぇ。前線からのクロスがほとんど脅威になっていなかったね。よくこれでW杯に出場できたな。驚きの弱さ。。

21 2019/06/11(火)
田中や川澄を外した高倉の責任だろ
結果がすべて

22 2019/06/11(火)
永里や川澄といった経験豊富な選手を呼ばないのが敗因!若手を育てたいのはわかるけど、中堅やベテランとの融合があってこそ、若手が育つと思う。

23 2019/06/11(火)
横山と中島って仲悪いの?って思うぐらい横山はフリーの中島が視界に入ってなかった。
横山がパス受ける→ドリブル→囲まれてボールロストの展開が何度あったか。
監督も含めて全体的に頭悪いのかな。策もなく同じことを繰り返して、当然のように止められる。
崩し方とかアイデアも全体が共有できてないから行動にもできない。
唯一共有されていたのは困ったら鮫島に戻すことだけ。

25 2019/06/11(火)
国内リーグの状況を考えれば当然の結果。今までのテストマッチでも課題に対して答えは見出だせていなかったし、今もって何にも変わっていない。
それから、NHKの解説の佐伯さんの解説はなんなん?
攻撃に連動性もなく、選手は全く躍動してないのに前半から固さはないとか、持たされているだけなのに攻められているとか、どうしてそこまでして、なでしこジャパンを持ち上げたいのか?
ピッチリポートの言葉を遮ってまで自分のサッカー理論をゴリ押しして、しかもそれが的を得ていない。
Jスポは佐々木則夫前監督の解説だったが、3人目の動き出しの少なさや、選手間の意識のズレ、攻撃するにはリスクを負う必要があることなど、指摘が適切だったと思う。
こういった連動性や選手間の意識の共有は、一朝一夕に解決できるものではないと思うけど、短い大会期間でどこまで持ち直せるのか、応援したいと思う。

26 2019/06/11(火)
個の力ではなく、組織で戦うと言うのはいい変えれば監督が使いやすいメンバーしか使わないってこと?楢本、川澄、田中らの選外には違和感ありました。結果が出てるならいいけど、本戦の初戦がこれでは。
攻撃するタイミングでのボールポゼッションに優位を保てない、菅澤の単調で稚拙なプレー等、とてもじゃないけど見ていて勝てる気がしなかった。

27 2019/06/11(火)
川澄がいたら勝てたかもね。前半で課題がわかったのに後半に得点ができなかったのは監督のせいで責任でしょ。なんかマスコミは選手の批判するけど監督の采配ミスでしょ?何のための監督なんだ。日本は何でも現場の従業員や選手を批判するけど責任んは幹部 社長 監督でしょ。

30 2019/06/11(火)
どなたかも言われていましたが、フィジカルの足りなさを どうして補うか ですね。かつての 川澄選手や、澤選手のようなクレバーな選手が必要だが、今回の代表には ほとんど見当たらない。監督はクールで聡明な感じを受けるが、それに応えられる頭を持った選手がほとんどいないのが実態ですね。アルゼンチンから勝ち点3を取れないようでは、先は見えていますね。

31 2019/06/11(火)
結果論ではあるけど、前線に万能型の田中美南が
居ないのは痛かった。横山のプレーの幅の狭さ、
菅澤の足元の拙さ、が目立っていただけに。
ボランチが三浦と杉田というほぼ同タイプの潰し屋で、自らゴール前に切り込む事はあっても、そこから大きな展開のパスでサイドを有効に使えないのも良くない。
スコットランドには勝たないとこれで一気に決勝トーナメント進出が厳しくなってしまった。
最終戦は強豪イングランドが相手だから次が正念場。何とかゴールを奪って勝利して欲しい。

32 2019/06/11(火)
大会中に成長をって…3年間何やってたのよ。
この大会にピークを持って来なきゃでしょ。
親善試合じゃないんだから。
この大会が終わった後に成長出来ましたって言うなら分かるけどさ…なんだかなあ。

33 2019/06/11(火)
監督の力不足とマスコミの過剰な評価が問題かも?
男子の報道だって首を傾げる。本格的な内容のある報道を新聞・テレビに期待したい。今のマスコミは、もう終わっていると言われている事を自覚して欲しい。コメントを読んでいた方が納得が出来る。

35 2019/06/11(火)
パスが通らないし、横山なんて相手をひきつけて中島にパスできる絶好の機会が、何度か、あったのに、自分でドリブルして更に囲まれてロスする場面がみられた。相手が引いているのだから、もっとパス回しを早くやらないとダメだ!!長谷川は全く生きてなかったし、ミスも多く、澤さんが期待していたけど、全く答えられてなかったね。

37 2019/06/11(火)
4チームのうち2チーム、3位でも突破できるユルーイ予選。ランキング上位の日本相手に固く守り、カウンターのアルゼンチンの一体感、闘志、姿勢が伝わってきた。日本は、やっぱりという感じで実力がそのまま現れた感じだ。澤、宮間、永里、川澄などがいて、ドイツ、ブラジルなど強敵に圧されながらも勝利できた時には、一体感、闘志が溢れていた。今の日本はユルーイ感じがぬぐえない。

38 2019/06/11(火)
精神的な柱としてベテランを残すべきだった。
はっきり言って今の監督のエゴで選んだこのメンバーには期待感はない。

41 2019/06/11(火)
正直、勝ち点3を計算していた相手に、引き分けは、痛すぎる。
けど、終わったこと、次に向けて反省と、修正をしなければならない。
あわよくば引き分け狙いできているアルゼンチンは、前半は引き気味で失点を防ぐ作戦。後半は、途中からカウンター狙いで、もしかしたら取れるかも??みたいな感じがした。それに対し、日本は、攻撃に転じる時とか、ラストパスにミスが目立ったのと、引き気味に守る相手に対し、攻撃のバリュエーションがなさ過ぎたと思う。引き気味の時は、ロングあるいは、ミドルシュートでバックラインを上げさせ、上がってきたら裏を狙うとか、多彩な攻撃をすべきだと思う。
次のスコットランドは、負けたら終わりなので、ある程度、攻撃してくると思う。相手に先制されると、守備重視でくると思うので、何としても先制点を取り、有利に進めてほしいのと、勝ち点3が、最低条件となるので、気を引き締めて、望んでほしい。

42 2019/06/11(火)
途中投入された岩渕選手はうまくボールを引き出し起点にもなっていたかなと。長谷川選手も徐々にポジションを崩し、サイドバックやボランチにスペースを提供できていたと思います。ただ、終盤、岩渕選手が右サイドに、長谷川選手が中央にポジションを移してからはそれまでのリズムが消えてしまったように感じましたし、勿体無かったかなと。
あとは昨日の相手であれば、ディフェンスラインにプレッシャーを掛ければひっかけられそうでしたし、もっとショートカウンターも狙えたのではないかと。そういう意味では、単純に相手陣内にボールを運ぶという目的でもいいので、ロングボールがもっとあってもよかったのかなと思いました。
長谷川選手が言いたいのは、相手を見て何をすべきかの共有ができなかったということなのかなと。その辺り、リーダーシップを取る人間が欲しいという記事の見解も確かに、と思いました。

43 2019/06/11(火)
試合を観ていてクレバーな選手がこのチームにはいないなーと感じた。
個人的には川澄が必要だったと思う。
あとは長谷川が攻撃の起点になるのはこのチームの一つのポイントだと思うけど その長谷川の精度も欠いている感じ
ここから予選勝ち上がるようであればチームは盛り上がっていくと思うけど今の状態では厳しそう

44 2019/06/11(火)
アルゼンチンがディフェンス重視できていたのもあるが、それにしてもFWの2人が全く機能していなかったように思える
フィジカルが弱くポストプレーがまともにできず、すぐによろけ転びパスも捌けない、ドリブルしてもすぐに奪われる、周りが見えていない、当然シュートもまともに打てない。体幹トレーニングやってんのかと疑うほど
更にスピードで突出した選手もいなく、サイドも大して切り込めない
セットプレーも高いボールを蹴るなと指示が出ていたのかわからないが、せっかくのチャンスのコーナーキックも何本か無駄にしている
岩淵選手がボール持った時だけ可能性は感じたが周りの選手が明らかに経験不足で見ていてもどかしいプレーばかりだった
唯一の救いは勝ち点1と失点0で終わった事か。ただし、イングランドがいる事を考えると、スコットに勝ち点3は必須。現状況はかなり厳しいと言わざるを得ない。又は引分け3で3位でギリ行けるか

46 2019/06/11(火)
人選ミスもあるが日本は進化していない。
女子サッカーがメジャーになってきて多国が力を入れてくると結果がでなくなる。
今まで技術と戦術で勝てたが身体が大きくスピードも同じレベルになれば外人相手では攻めきれなくなる。
パスが通り試合を支配していたように感じたのは超格下だから。
課題をクリアして更に上を目指してほしいです。













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ