20190602-00010002-wordleafs-000-3-view[1]


スポンサード リンク




 後半アディショナルタイムは表示された4分を超えていた。獲得した左コーナーキックがおそらく最後のプレーになる。ベンチ前で戦況を見つめていた、浦和レッズの大槻毅新監督(46)と思いを同調させた守護神・西川周作(32)が、川崎フロンターレのゴール前へ上がっていく。

「大槻さんからゴーサインが出たので。ラストということも把握していたし、最後まであきらめない気持ちを何としても出したかった」

 こう振り返った西川は、最初はファーサイドへポジションを取ろうしていた。等々力陸上競技場で1日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節。レッズが1点を追う土壇場で何かが閃いたのだろう。DF槙野智章(32)がアドバイスを送ってきた。

「周ちゃん、ニア(サイド)へ突っ込んでくれ!」

 果たして、MF武藤雄樹(30)が蹴った低い弾道のボールはニアサイドへ走り込み、最後はジャンプした西川の頭のわずか上を通過する。しかし、目の前に現れた西川がブラインドになったからか。フロンターレの選手によるクリアは、やや小さくなってしまう。

 次の瞬間、ペナルティーエリアの外に陣取っていたレッズのMF宇賀神友弥(31)が、体勢を崩しながらクリアに右足を合わせる。シュートともパスとも表現できない当たり損ねのボールに対して、誰よりも早く反応した西川が懸命にダッシュ。自身の前方にいたMF長谷川竜也(25)を追い抜いた。

「クリアされて足を止めるのではなく、戻るという意識があった。あそこで相手選手の前に自分が入れたことが、ひとつのポイントになったのかなと」

 西川が左足で軽くボールに触れてコースを変える。味方の姿は見えていない。それでも、ゴール前の密集地帯で何かが起これば――守護神の祈りはフロンターレのDFジェジエウ(25)の左足に当たったボールが、MF森脇良太(33)の目の前にこぼれてくる形でかなった。

 森脇の右足から放たれた一撃が、フロンターレのDF谷口彰悟(27)の体に当たってコースを変える。劇的すぎる同点弾。狂喜乱舞するレッズの選手たちとは対照的に、王者を相手に采配を振るった大槻監督は試合直後も十数分後に公式会見に臨んでも厳しい表情を変えなかった。

「監督が代わって『やってやろう』というところが出た前半と、できない部分が出た後半で二面性があった。そのなかでもあきらめない部分が、最後につながったところはツイているな、と。そして、この勝ち点1が次への大きな一歩になってほしいと思っている」

 令和時代に入ってリーグ戦でまさかの4連敗を喫し、5勝2分け6敗と黒星が先行。順位を11位にまで下げた非常事態を受けて、5月28日に昨年4月から指揮を執り、チームを天皇杯制覇へ導いたブラジル人のオズワルド・オリヴェイラ前監督(68)が解任された。

 後任を託されたのはオリヴェイラ前監督が就任するまで暫定監督を務め、公式戦で4勝2分けと不敗神話を残した大槻氏。髪をオールバックで固め、背広姿で強面の表情で采配を振るう姿は「組長」や「アウトレイジ」と呼ばれ、ファンやサポーター、そして選手たちのハートをつかんだ。

 予期せぬ再登板だったことは今年3月にトップチームのヘッドコーチから、海外クラブとのネットワーク構築推進プロジェクト責任者に抜擢された人事からもわかる。暫定の二文字が取れた今回。フロンターレ戦までの3日間をすべて非公開練習としたなかで、新監督は3つの変化をチームに与えた。

 まずはオリヴェイラ前監督時代にほぼ固定されていた先発陣を流動的とした。0-4で完敗したサンフレッチェ広島との前節から先発陣を5人入れ替えた。そのなかには右ウイングバックとして公式戦デビューを果たした、明治大学卒のルーキー岩武克弥(22)も含まれている。

 前日練習における先発組からも大きく顔ぶれが変わっていた点を、槙野は「チームにすごくいい刺激が入った」とポジティブに受け止めている。

「いままで普通にやっていた練習のなかでもピリッとした動きや時間があり、そうした練習の雰囲気のまま試合に入ることができた。もちろんオリヴェイラ監督のときの練習がダラダラしていたわけではないけど、やっぱり普段の練習は嘘をつかないと思いました」

 2つ目の変化はシステムだ。3バックこそ踏襲したものの、中盤の形を「3ボランチ」から「ダブルボランチ」へスイッチ。1トップの興梠慎三(32)の背後に2人のシャドー、武藤とマルティノス(28)が配置された意図を槙野はこう受け止めている。

「人数を前へかけられるようになったのは、このシステムの大きなメリットだと思う。各選手がそれぞれのポジションで、メリハリの効いたテーマが与えられているので狙いもはっきりしていた」

 徹底的にパスをつなぐフロンターレへ、前半は積極果敢に前線からプレッシャーをかけ続けた。そして、ともにスコアレスで折り返したハーフタイム。大槻監督が選手たちに訴えかけた言葉が、レッズに与えた3つ目にして最大の変化を象徴している。

「前半の出来で満足か? 違うだろう。後半はあと5%、運動量を増やそう。絶対に走れる!」

 相手チームの戦術分析に長けている指揮官は、同時に選手たちのモチベーションを高める術も持ちあわせている。厳しく聞こえる一方で、選手たちへの愛情と信頼に満ちた言葉。たとえば緊張しているはずの岩武には、武器を踏まえたうえで「後先を考えずに走り切れ」と背中を押した。

 岩武の代わりにリザーブへ回ったベテランの森脇には、試合前に「勝負を仕掛けるときはお前だ」と檄を飛ばした。

 言葉通りに先制された4分後の後半13分に、岩武に代わって投入された森脇が最後に大仕事を演じた。そして、歓喜に沸く試合後のロッカールームではこんな言葉を発している。

「お前たち、これで満足か? 最後に追いつけたことは素晴らしいけど、これで満足するやつは一人もいないし、これが最低限のベースだよ」

 後半は時間の経過とともに足が止まった。攻撃も単調になったところへ、大黒柱の興梠が負傷退場した緊急事態も追い打ちをかけ、アディショナルタイムまでチャンスを作れなかった。

 前監督時代の悪い流れを引きずった点が、指揮官をして「二面性があった」と言わしめた。

 それでも一丸となって追加点を阻止し、最後には敵地を沈黙させるドラマを手繰り寄せ、不敗神話をも継続させた。新監督のもとでの逆襲へ、槙野は「価値ある勝ち点1になった」と大きな手応えをつかんでいる。

「自分たちのいい時間帯を5分、10分と伸ばして、90分間できるようにしたい。ただ、この3日間で大きく変われたことは、これから時間があるなかで『もっと変われる』という自信になる」

 オールバックの封印を一度は明言していた大槻監督だが、前回の験担ぎもあったのか、髪の毛を固めるジェルを槙野に借りてお馴染みの髪型を継続した。日本代表戦の開催に伴い、次節はサガン鳥栖を埼玉スタジアムに迎える15日まで空く。中断期間のテーマを問われた指揮官は「戦術的な積み上げをしっかりやります」と静かな口調で2度、自らに言い聞かせるように繰り返した。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00010002-wordleafs-socc&p=1



1 2019/06/02(日)
昨日の試合前の先発メンバーを見て、
また試合中の選手の顔つき、試合内容を見て、
今のレッズが足りない部分を見せてくれた。
サッカーは簡単には劇的に結果が現れないスポーツだが、まずは気迫で昨日もぎ取って1点。
これから何かあっても組長について行きたいと思った試合だった。ベテラン先発陣も危機感持った起用チョイスをしてほしい

2 2019/06/02(日)
練習で良いパフォーマンスをしている選手を積極的に起用するのは良い事。選手間で競争が生まれるしね。

4 2019/06/02(日)
気持ちを切らさなければ運が向いてくることがある。最後の最後まで諦めずに戦うことの大切さを見せてもらいました。

5 2019/06/02(日)
後半はやはりチームの完成度の差と、チーム状態の自信の差が出てしまった感じがするけど、控えだったメンバー達も流動的に先発しる機会が増えそうだし、何より劇的同点弾後の試合後の「お前らこれで満足か?」は良い試合等をすると次の試合ですぐにどこか気が抜けるクセのあるレッズにはかなり良いアプローチだったと思う。
この後少しの中断期間があるのもプラスに働くかもしれない。

7 2019/06/02(日)
この中断期間にしっかりと準備して、更なる大槻監督のサッカーを、闘う姿を見せてほしい。

8 2019/06/02(日)
組長には流れを変える力がある
今の浦和は今までのやり方にとらわれず、よい流れに乗って泥臭くやるしかないと思う
 
11 2019/06/02(日)
1ボランチを2ボランチにかえるべきだって多くの人が試合を観ていて思っていたはず
組長も思っていたから変更したんだね
やっとまともに試合出来そうだね

12 2019/06/02(日)
最初の数試合はともかく、後半戦で引き出しの多さ、経験値がものを言うから、そこからが勝負だね。

13 2019/06/02(日)
このまま長期政権を築いて欲しい
ある程度結果が出るうちはね
中断期間で体制は整えられるはず
これだダメだったら厳しいね
 
15 2019/06/02(日)
サポーターとしてはACLも楽しみだが、やっぱりリーグがつまらないと気持ちが悪い。そういう意味では、今後に期待できる引き分けだった。リーグもACLもカップも、全てにワクワクさせてほしい。サポーターは欲張りなんです。

16 2019/06/02(日)
次節は、 ただ走る、闘う、だけでは無く戦術的な戦いが少しでも見せて欲しい。

18 2019/06/02(日)
西川が決めれば面白かった。けど、そんな余裕なし。ホント西川は、足が凄い強いですね。

19 2019/06/02(日)
あの内容で勝ち点1は大きすぎる。これで内容を改善しながら結果も出てくると非常に厄介な存在になりそう。

20 2019/06/02(日)
技術ではなくて、気持ちで戦うチームはいつか限界がくるはず。
 
22 2019/06/02(日)
ヤッパさぁ。久保のようなスターがいるチームは魅力的だは。作るか出来なきゃ呼ぶ。またいい監督置いたとき強かったよなぁ。

25 2019/06/02(日)
試合としては川崎の勝ち試合。だがそこはサッカーの難しさで勝ちきれなかったところに落とし穴があった。浦和はまったくといっていいほどカタチを作れず94分間サポを苦しめたけど終わりよければ...みたいなもんか。興梠がいないと得点の臭いすらしないのは次戦以降キツいなぁ。

26 2019/06/02(日)
やっぱり組長はハードボイルドだ…^^
復活、期待できるね。大逆転優勝を目指してほしい。

28 2019/06/02(日)
オリベェイラは良い監督だと思いますが、組長、頼んまっせ️

31 2019/06/02(日)
前に監督やったときにも感じていたのですが…
レッズは大槻監督でいいんじゃないでしょうか?本当の適任なのでは?

33 2019/06/02(日)
よく勝てもしなかった試合で、
こんな長ったらしい記事を書けるわ。
確かに監督が代わって意識の変化はあったと思うが、
昨日の結果は、
川崎が決定機をことごとこく外し、
最後も怠慢プレーで不要なスローインを与えてしまったから。

34 2019/06/02(日)
組長と呼ばれてるからって前の写真を使わなくてもいいじゃないか…

36 2019/06/02(日)
杉本が使えないと言う再確認が出来ました。

38 2019/06/02(日)
組長の腕組みして鋭い眼光、走りきるしか無い。気持ちの変化感じた、、、

39 2019/06/02(日)
最後まで諦めないメンタリティー。
あと、大槻監督の持ってる感。

41 2019/06/02(日)
大槻監督の再登板で精神面での補強が出来たようなもの。今後、大槻監督で行き詰まった時にフロント、サポが我慢出来るか。これまで我慢出来ずに、同じ失敗を繰り返して来たので。

42 2019/06/02(日)
再び若頭の手腕に頼る時が来たか

44 2019/06/02(日)
そんなにすぐ変わらんだろ。選手の顔つき頑張れ変わったとか言ってる奴がいるけど、ホントにそうなら選手がダメだっただけ。

43 2019/06/02(日)
今回ゴール決めた方は、都度、運がいいだけで、味方のパスとか要求しといて取れないとか多々あるし、他の若手に出場機会を与えて欲しい。

44 2019/06/02(日)
システム変えてみては?

45 2019/06/02(日)
次は勝てる!!













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ