1: Egg ★ 2019/05/30(木) 13:03:58.06 ID:ZEkwY5UW9
38.5億ドル→35億ドル

 (英プレミアリーグ、今季と来季の放映権料)

 JリーグとDAZNが締結した10年間の放映権契約(2017~2026年)は今年、3年目に入りました。

 放映権料の総額は約2100億円ですが、210億円が10年間支払われ続けるわけではありません。最初の3年間は160億円で、4年目以降は段階的に増加していく形になっています。

 Jリーグは、来季以降、収入が増えていくことが見えている状況にあり、そのお金をどのように活用していくかが、今後の重要な経営テーマです。

 当然、手にする資金は、Jリーグをより魅力的なコンテンツにするために投資されるべきもの。たとえば、欧州のリーグなどで活躍しているスター選手獲得への投資は、有効な使い道の1つではないでしょうか。

 昨季、ヴィッセル神戸にアンドレス・イニエスタが、サガン鳥栖にフェルナンド・トーレスが加入しました。その結果、神戸の平均観客動員数(ホーム)は1万8272人(2017)から2万4779人(2018・イニエスタ加入後)へと36%増、鳥栖は1万4194人(2017)から1万7265人(2018・トーレス加入後)へと22%増を果たしました。

 アウェーゲームでも、2017年の同カードとの比較で、ほぼ同等の増加率を記録。世界的なビッグネームの獲得が、観客動員数の増加に大きく貢献しました。

放映権料がもし頭打ちだとしたら?

 選手がどの国のリーグでプレーをするのか、その判断基準はさまざまでしょう。ただ、年俸の高低が大きなファクターであることはまぎれもない事実です。

 サッカービジネスにおいて放映権収入は非常に大きい比率を占めており、単純化すると、莫大な放映権収入を得て潤沢な資金を持つリーグほど、年俸の高いスター選手を数多く抱えることができる、という構図になっています。

 近年、プロスポーツの放映権料は世界的に高騰し続け、欧州の各リーグもその恩恵を受けてきました。

 でも、これが仮に頭打ちになっているとすれば、収入増が確約されているJリーグに優位性が出てくることになります。総額としては依然として大きな開きがあるため「相対的にやや有利になる」といった程度の変化ではありますが、Jリーグの戦略策定に影響を及ぼす可能性は十分にあります。

5/30(木) 11:26配信 ナンバー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190530-00839472-number-socc

写真
no title


スポンサード リンク

2: Egg ★ 2019/05/30(木) 13:04:40.68 ID:ZEkwY5UW9
プレミアリーグの放映権料が下がった!

 欧州主要リーグの放映権料は、現状どうなっているのか。これからどうなっていくのか。弊社フィールドマネージメント内に調査チームを組み、調べることにしました(白井英介、上妻良平、神田淳希が調査・分析を担当)。

 その結果をまとめたものが、下記の数字です。やはり、放映権料はおおむね右肩上がりで推移してきたことがわかります。

 <プレミアリーグ>
2013-14、2014-15、2015-16:23億700万ドル
2016-17、2017-18、2018-19:38億5400万ドル
2019-20、2020-21、2021-22:35億400万ドル

 <リーガ・エスパニョーラ>
2016-17、2017-18、2018-19:9億9700万ドル
2019-20、2020-21、2021-22:12億8600万ドル

 <セリエA>
2013-14:11億700万ドル、
2014-15:11億2300万ドル、
2015-16、2016-17、2017-18:12億6200万ドル
2018-19、2019-20、2020-21:12億9900万ドル

 <ブンデスリーガ>
2013-14、2014-15、2015-16、2016-17:8億9000万ドル
2017-18、2018-19、2019-20、2020-21:16億ドル

 <リーグアン>
2013-14、2014-15、2015-16:6億3700万ドル
2016-17、2017-18、2018-19、2019-20:9億700万ドル
2020-21、2021-22、2022-23、2023-24:14億4000万ドル

 ただ、この中で留意すべきポイントが1つあります。英プレミアリーグの来季以降の放映権料(国内と海外の合計)が、約38.5億ドルから約35億ドルへ、およそ10%の減額となっているのです。

 放映権料収入が減る英プレミアリーグに対して、放映権料収入が増えていくJリーグは、選手獲得競争の中で一定程度は優位な立場を得られるようになっていく、という見方は成立しそうです。

3: Egg ★ 2019/05/30(木) 13:05:11.51 ID:ZEkwY5UW9
2026年にJの放映権料は下がる?

 また、主要リーグの中でも最大の市場規模を誇る英プレミアリーグは、他国リーグの先進事例となりえます。来季からの減額の流れが、将来的に(次回の契約更新時に)他国リーグにも波及していくとすれば、Jリーグが欧州の主要各国から選手を獲得するチャンスがこれまでよりは広がることが期待できます。

 ただ、同時に考えなければならないのは、そのチャンスの時期が永遠に続くわけではない、ということです。

 Jリーグの魅力・価値が向上し続け、それに伴って放映権料もさらに上がり続けるのであればいいですが、DAZNとの10年契約が終わった時、Jリーグの放映権料にどれほどの値がつくのかは不透明です。むしろ、Jリーグの魅力・価値が現状のままならば、値下がりする可能性のほうが高いでしょう。

投資対効果で各国リーグを比べると。

 それは、弊社の調査チームが明らかにした次のデータが物語っています。

 調べたのは、各国リーグの放映権の買い手である放送・通信事業者のROI(投資対効果=支払う放映権料に対して、どれくらいの儲けがあるか)。サービス利用料×契約者人数を概算の売上高とし、その売上高を放映権料で割る、という簡易的な手法を用いています。その結果を以下に示しました。

 <プレミアリーグ>
契約者数×契約料:36億200万ドル
放映権料:13億9200万ドル
ROI:2.02

 <ブンデスリーガ>
契約者数×契約料:21億100万ドル
放映権料:9億8800万ドル
ROI:2.13

 <リーグアン>
契約者数×契約料:19億8600万ドル
放映権料:8億1900万ドル
ROI:2.42

 <セリエA>
契約者数×契約料:11億6900万ドル
放映権料:10億9800万ドル
ROI:1.06

 <Jリーグ>
契約者数×契約料:2億4200万ドル
放映権料:1億8900万ドル
ROI:1.28
※契約料はDAZN for Docomo 980円/月、DAZN 1,750円/月、契約者数:DAZN for Docomo が100万人、DAZNが50万人、放映権料:210億/年($189m/年)と仮定。

 <リーガ・エスパニョーラ>
契約者数×契約料:36億800万ドル
放映権料:11億600万ドル
※放送局契約者数のデータ不足により参考値

 英プレミアリーグのROIは「2.02」で、独ブンデスリーガの「2.13」はほぼ同等と言えます。

 仏リーグアンは「2.42」ですから、放映権料が割安な状態にある(事業者の利益が大きい)ことを示しています。ただ、放映権料の推移をあらためて見ると、2020-21シーズンからの4シーズンは放映権料が大幅にアップするので、英プレミアリーグ並みの水準に収束していくものと予想されます。

4: Egg ★ 2019/05/30(木) 13:05:37.54 ID:ZEkwY5UW9
DAZNが参入したJとセリエの共通点。

 一方で、伊セリエAとJリーグは、それぞれ「1.06」「1.28」という低い数字が出ました。放映権料が割高で、事業者が得る利益が非常に小さい状況であることを示しています。

 この2つのリーグに共通しているのが、国内放映権の市場にDAZNが参加していることです。

 伊セリエAの国内放映権市場に、DAZNが参入したのは昨年のこと。ユベントスのクリスティアーノ・ロナウドをDAZN初のグローバルアンバサダーに起用するなど、強力なプロモーションをイタリア国内で展開しています。

 当然ながら国民は自国リーグへの関心が高いので、「国内」の放映権を「独占的に」獲得し、マーケットで支配的な立場を得ることは、非常に大きな意味を持ちます。DAZNとしても、そこに懸ける勝負の度合いは強く、投資対効果が低くなることは承知の上で放映権を買いつけにきていると考えられます。

Jの放映権料はバブル状態?

 そのうえでプロモーションを仕掛けてユーザー獲得を推進していく。それが、イタリアと日本におけるDAZNの現段階の戦略フェーズだと言えるでしょう。さらには、これまで伊セリエAやJリーグをテレビ放送で見ていた人たちを、インターネットを介した放送での視聴に切り替えさせ、従前より多くの視聴者を獲得する。

 そして、DAZNのビジネスモデルがしっかりと成立するのだということを証明するところまでを、1つのミッションにしています。

 言い換えれば、DAZNという新プレーヤーの登場によって放映権に高い値がついている伊セリエアAとJリーグは、ビジネスモデルの証明のための先行投資を惜しまないDAZNによって引き起こされた、ある種の“バブル”の恩恵を受けている状態であり、あくまで期間限定の高騰だと考えるべきです。

 放映権料が頭打ちの英プレミアリーグと、放映権料の増加が数年先まで続くJリーグというある種の“歪み”は、こうして起こっているわけです。

 こうした状況を受けて、Jリーグはどんな戦略に基づき、どんな選手を欧州から呼び寄せるべきなのか。そのあたりのことについては、次回、考察を深めていきたいと思います。

 (構成:日比野恭三)

5: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:06:34.85 ID:baAfPKRo0
仮に頭打ちになっているとすれば
 
なっていればね

6: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:13:13.15 ID:AKRl8Phm0
優位性って表現おかしくないか
仮にプレミアが頭打ちだとしても
Jとはそもそも桁が違う

7: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:13:29.30 ID:hCw/bqEu0
放映権が死んでるNPBは?

8: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:15:29.19 ID:AwTPhJfQ0
欧州サッカーは基本的に三年契約だっけ
Jリーグの10年契約はどっちかというとアメスポ的だと聞いた

9: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:18:19.17 ID:JegYxJ7t0
リーガやCLは?
それよりも日本が巨額の放映権料を払ってるMLBは?

12: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:23:14.50 ID:Pf7KjUx+0
>>9
>それよりも日本が巨額の放映権料を払ってるMLBは?

大した額払ってない

13: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:25:03.44 ID:WqXV6ofs0
>>12
皆様のNHKが払っているだろ
大何の優遇見ればわかるだろうに

馬鹿マスゴミはMLBの心配した方が良いと思うけどな
今年いろいろなものが大崩壊しているぞ
必死に隠蔽しているけどw

29: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 14:19:03.67 ID:Eu67JdoFO
>>13
NHKのMLB放送は担当者が米国に住みたいって理由だけで始まったからな
放映権の金額だとかMLBの現状だとか担当者からすればどうでも良いんだよ

31: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 14:21:51.62 ID:BfNeE4db0
>>29
その頃には米生活のしたいNHK局員はいなくなってるのかもだけど
大谷選手が終わると、日本からの需要は激減だろうかなぁ

16: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:35:10.36 ID:SP1VoIu60
>>12
NHKが年間20~25億だっけ
アホなサカ豚が必死に年300億にしようと捏造頑張ってたけどw

20: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:51:45.25 ID:4WQ6id/H0
>>16

その倍くらい払ってるだろ

27: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 14:15:36.40 ID:Eu67JdoFO
>>16
5年で300億

10: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:18:51.19 ID:pTytfvne0
ダゾーンと契約終わったらどうなるか見えてないJに何の優位性が

11: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:23:11.85 ID:l28qP7+k0
契約者数×契約料の欧州リーグとの差は妥当な気がするんだよな
欧州リーグと比較してコンテンツの面白さとしてはこんなもんかなと

14: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:27:41.54 ID:GUxHQMQr0
放映権料無しで莫大な利益を上げてるNPBは
やっぱ凄いんだな

15: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:31:49.15 ID:70/vOp/90
NHKと言えばサッカーW杯の放映権料が高額すぎてあれこそ無駄レベルw

18: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:37:53.07 ID:nUYa9xqe0
>>15
NHKは金を湯水の如く使うなら
是非サッカーにお願いしたいね

42: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 14:58:07.89 ID:YbYCpak10
レベルが低いのバレてプレミアが下がっただけ
5つのリーグの総額増えてんじゃん
記事書いたやつの馬鹿すぎるわ

>>15
打率2割のカスタニのほうが酷い

17: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:37:21.59 ID:d2CzG7cM0
これからの十数年の成長率でいうとJリーグがダントツ一番になりそうだな
経済成長が著しいアジアで大人気なのは大きい

19: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:44:34.66 ID:3R3RCAlY0
確約? 潰れる可能性は考えていないのか

21: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:56:37.79 ID:POXmuwra0
英国のEU離脱でどうなるか

22: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 13:59:30.16 ID:8qE7ouKE0
東南アジアの成長が鍵

23: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 14:00:22.89 ID:QHEPjgxp0
平成と共に終息

24: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 14:00:26.78 ID:1hMjJPNd0
メジャーの放映権はディズニーが売り飛ばしたけど
あれからどうなったんだ

26: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 14:12:29.85 ID:/pb/zRXy0
>>24

なんだもう売り飛ばしたのか

33: 名無しさん@恐縮です 2019/05/30(木) 14:33:07.58 ID:A0ulg1160
>>26
5G解禁前に売り飛ばされたスポーツ放映権って珍しいよな
どこも先行投資と囲い込みでバブルになってるのに

引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559189038/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ