20190528-00010032-goal-000-4-view[1]


スポンサード リンク




2019シーズンの明治安田生命J1リーグは、近年まれに見る序盤での監督交代劇が起きている。13試合を終えて監督交代が行ったクラブはすでに4クラブで、そのすべてが外国籍監督からの交代となっている。

今季の監督交代第1号となったのは、ヴィッセル神戸だった。神戸は昨季途中にスペイン人のフアン・マヌエル・リージョ氏を招へい。アンドレス・イニエスタやダビド・ビジャといった大物外国籍選手を獲得して“バルサ化”を敢行。今季もリージョ体制でスタートしたが、4月6日の第6節・松本山雅FC戦に1-2で敗れると、続く第7節のサンフレッチェ広島戦では2-4と大敗。その3日後の4月17日にリージョ氏との契約解除を発表した。

後任には、奇しくもそのリージョ氏の監督就任によって指揮官の任を解かれた吉田孝行氏が復帰することとなった。吉田新体制となった神戸は、その後泥沼の公式戦9連敗を喫するも、5月26日の湘南ベルマーレ戦を4-1で制し、10試合ぶりの白星を手にしている。先日『Goal』の取材では、その神戸の新たな指揮官として、アーセン・ヴェンゲル氏の名が挙がっており、クラブは年俸400万ユーロ(約4億9000万円)の2年半の契約をオファーしていることが明らかとなっている。

神戸に続いて監督交代に踏み切ったのはサガン鳥栖だった。鳥栖は今季よりスペイン人のルイス・カレーラス氏を新監督に据え、元バルセロナのイサック・クエンカを補強するなど、注目を浴びたが、開幕3連敗を喫すると、その後も状況は好転せず。9試合で1勝1分7敗の最下位に低迷。第10節の大分トリニータ戦では、当時コーチであった金明輝氏が暫定的に指揮を執り、クラブはその翌日にカレーラス監督との契約解除を発表した。

後任には、その金コーチが昇格する形で指揮官に就任。金監督は昨季もマッシモ・フィッカデンティ氏の契約解除により指揮官に就任すると、終盤の5試合を無敗で切り抜け、J1残留に導いていた。金新体制となった鳥栖は、現在3連勝中で順位も14位まで巻き返している。

その鳥栖の発表から1週間後、J1で3クラブ目の監督交代が行われた。発表したのは清水エスパルスで、昨季から指揮をしていたヤン・ヨンソン監督の退任が発表された。昨季はチームを8位に導いたものの、今季は退任までの11試合で2勝2分7敗と振るわず。川崎フロンターレ戦敗北の数時間後に退任する形となった。後任には篠田善之コーチが昇格。就任後の2試合は1勝1分と復調の兆しを見せている。

そして28日に、浦和がオズワルド・オリヴェイラ監督の契約解除を発表。後任には同クラブで暫定監督、そしてヘッドコーチを務めた経験のある大槻毅氏が就任した。

5月時点でJ1の監督交代が4クラブも発表されるのは、2012年以来7年ぶりとなる。12年は、5月末までにガンバ大阪(ジョゼ・カルロス・セホーン→松波正信)、川崎F(相馬直樹→望月達也代行→風間八宏)、神戸(和田昌裕→安達亮代行→西野朗)、アルビレックス新潟(黒崎久志→上野展裕代行→柳下正明※6月就任)、大宮(鈴木淳→岡本武行代行→ズデンコ・ベルデニック※6月就任)の5クラブが監督交代を発表していた。

【2019シーズン J1クラブ監督交代】

・神戸
4月17日 フアン・マヌエル・リージョ→吉田孝行

・鳥栖
5月5日 ルイス・カレーラス→金明輝

・清水
5月12日 ヤン・ヨンソン→篠田善之

・浦和
5月28日 オズワルド・オリヴェイラ→大槻毅

【2012シーズン J1クラブ監督交代】

・G大阪
3月26日 ジョゼ・カルロス・セホーン→松波正信

・川崎F
4月11日 相馬直樹→望月達也(暫定)
4月23日 望月達也(暫定)→風間八宏

・神戸
4月30日 和田昌裕→安達亮(暫定)
5月20日 安達亮(暫定)→西野朗 ※11月に再び安達体制に

・新潟
5月21日 黒崎久志→上野展裕(暫定)
6月11日 上野展裕(暫定)→柳下正明

・大宮
5月29日 鈴木淳→岡本武行(暫定)
6月4日 岡本武行(暫定)→ズデンコ・ベルデニック


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190528-00010032-goal-socc



1 2019/05/29(水)
まず今までのチームコンセプトと異なる監督を招聘して短期間で結果が出る筈がない。
縦ポンの鳥栖にパスサッカー。
パス主体の浦和が堅守速攻。
加えて欲しいポジジョンに有効な選手獲得がない。
監督代える以前に、計画性のないフロントが変わるべきかと思うわ。

2 2019/05/29(水)
そもそも目指すべきフットボールのスタイルが無いまま、一番大切なフィソロフィーをクラブが監督に丸投げした結果が全て。
結果が出なければ解任なんてトレンドが仮にあるとしたなら、任命責任はどうするのか?
これらの監督解任はサポーターは納得しているのだろうか?
クラブとして戦略が無いまま、戦術を監督に託す
ならば結果が出るまで我慢も必要だし、
サポーターに対して説得も必要。
昨年残留争いした横浜なんとかってクラブは
よくサポーターが暴動にならなかったのか、って本当に不思議
クラブとしてちゃんとした設計図があって
それを示してその戦略の達成のためには結果に対して我慢させる
結果を残してサポーターを黙らせる
そういう時代に入っているのではないだろうか?
結果が出ないのは監督のせいではないんだよね。
結果責任はあるけどね。

4 2019/05/29(水)
神戸がなぜ毎回経験も実績も乏しい吉田に任せるのかが謎。身内で他にいないのならあまりも組織として貧弱。

6 2019/05/29(水)
欧州や南米で実績があって、サッカーというものをよく理解している監督であっても、Jリーグと日本人サッカー選手を理解するには時間がかかるのだろう。
ホントにサッカーは不思議なスポーツ。世界的に有名で素晴らしい選手がいても勝てないチームもあれば、J2から昇格したチームが上位で健闘いたり、前年優勝したチームが、それほど戦術やメンバーに変更が無いにもかかわらず、翌年は全然勝てなくなったり。
ほんの少し歯車がかみ合うかどうかで、結果が大きく左右される。

7 2019/05/29(水)
こうして見ると、2012年って色々とあった年だったんだなぁ。
残留争いも高レベルだったしね。
風間フロンターレはこの年から始まったのか。一方の相馬さんは、町田を躍進させるという。
ガンバのセホロペ体制も記憶に残ってるし、神戸の西野さんの11月の解任も衝撃的だった。
大宮のベルデニックさんは躍進したのに翌年に切られたんだよね。

9 2019/05/29(水)
チームとして価値というかチーム力を
横に積んで土台を作る為
縦に積んで上に行く為
それぞれに長けた監督があるから
チームとしてまずどちらなのかをしっかりフロントが決めないとな
解任したチームは根本的にそこら辺が間違っている気がする

11 2019/05/29(水)
結果が出なければ解任されるのは万国共通だが、監督を交代したクラブはいずれもフロントのチーム作りに問題のあるクラブばかりだ。

12 2019/05/29(水)
浦和の組長は逆戻りのようでなんだかんだでしっかりした交代
正直2,3年は心中してもいいと思うけどそうもいかないよなあ

15 2019/05/29(水)
1年通して、やらせてみたら良いのにと思ってしまいます。成績は確かに、重要だと思うけど、もしかしたら、今まで経験出来なかった戦術とかハマりだすかもしれないし。個人的見解ですが。
 
16 2019/05/29(水)
強化の方向性に一貫性がないからそうなる。
鳥栖がいい例。ハードワークとロングパスからのカウンターをプレースタイルとしてるチームがいきなりパスサッカーを始めてうまくいくはずがない。

17 2019/05/29(水)
育てないと強くならないでしょ。言葉の壁もあるかもしれないけど、フロントに揺るぎないビションが欠けてるのもあるんじゃないの?

19 2019/05/29(水)
J1の4監督だけでなく、J2も千葉のエスナイデルと横浜FCのタヴァレスの両外国人監督の解任もあったうえに、アビスパやレイソルなどといった外国人監督のチームが低迷してるしな。
ここまで外国人監督の解任が続くと、今後監督に外国人を招聘するのも難しくなるだろうな。

21 2019/05/29(水)
リージョは本当にいい監督だし昔から日本代表にコメントを多くしてくれていた。本来日本人を良く知る指導者。「チーム内の政治」がないような健全な日本のクラブでまたやってくれないだろうか。

22 2019/05/29(水)
3人も返り咲きがいるなんて。
金さんは昨年も今年も引き継いですぐ結果出してるからスゴイ

23 2019/05/29(水)
あとはアビスパ。

25 2019/05/29(水)
これらのチームの経営陣は正直にこう言えばいい
・私達は目先の結果を追い続けるため、ビジョンや方針は一応のタテマエとお考え下さい
・外国人監督の人選は実績や試合内容などの情報で判断するので、指導・育成の現場はよく見ていません

26 2019/05/29(水)
J2だと千葉も解任されたのは外国人監督でしたね。

27 2019/05/29(水)
ポステコグルーは、超攻撃型サッカーでホームで負けなしなのは讃えられるべき。
スタメンを見ても、贔屓やらが全く無い。ファンも納得できるオーソドックスな采配をしている。
 
28 2019/05/29(水)
日本人のやる気のスイッチとか外国人には理解できないところが多々あるだろうしな。
良くも悪くもピッチの外と中で切り替えられないし。

31 2019/05/29(水)
そろそろ柏もネルシーニョを切らないと、一年でのJ1復帰はかなり危うくなってくる。

32 2019/05/29(水)
今年に限らないけどJリーグは有力クラブも負け出すと止まらない。
負け出すと選手もサポーターもフロントも「監督が、、」てなりがち。

33 2019/05/29(水)
今の神戸のメンバーなら、わざわざヴェンゲルを呼ばなくてもトルシエでも行けそうな気がする。

35 2019/05/29(水)
次は磐田かな。

36 2019/05/29(水)
次は大岩かな?

38 2019/05/29(水)
組長からオリヴェイラ、そしてまた組長(笑)
どちらもモチベーターで戦略家ではない。
浦和は相変わらずだな。ファブリシオ抜きでACL予選突破、昨年の天皇杯などオリヴェイラには感謝しかない。杉本山中とかスタメン争いするレベルの補充を補強と勘違いしてるフロントがアホ。1人の突出した個が今の浦和には必要なのに。

39 2019/05/29(水)
次はナナミという日本人監督が交代しますぜ。というかしてもらわないと困ります。

40 2019/05/29(水)
これじゃ差別に見えてくるが
まぁ妥当な交代だよな全員

43 2019/05/29(水)
日本人には優秀な監督がたくさんいるよ。
上位4チームの監督は全員日本人だぜ!

44 2019/05/29(水)
そろそろ仙台も。

45 2019/05/29(水)
まぁ神戸と浦和は
ネーミングでとって
丸投げして
ダメならくびってスタンスだから













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ