20190527-00010022-goal-000-4-view[1]


スポンサード リンク




スペシャルな勝利だった。26日、U-20ワールドカップの第2戦でメキシコと対戦した日本は、FW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2ゴールなどで3-0と大勝。中南米の雄を大差で撃破し、グループステージ突破へ大きく前進した。【取材・文=川端暁彦】

【特集】U-20ポーランド・ワールドカップの徹底ガイド!優勝候補や各チームの注目選手は?

◆攻撃陣が表の主役だとすれば…

 2点を奪った宮代、1得点の田川亨介(FC東京)、鮮やかなゲームメイクと2つのアシストを記録した藤本寛也(東京ヴェルディ)といった選手たちが表の主役と言える試合だったが、守備陣が高いクオリティを見せていたことも大きな勝因だった。

 試合序盤にあったGK若原智哉のビッグセーブ、メキシコFW陣へのロングボール攻撃に競り勝ち続けた小林友希(ヴィッセル神戸)と瀬古歩夢(セレッソ大阪)の両センターバック、エネルギッシュな走りと攻撃センス、そして対人守備での粘りを見せた鈴木冬一(湘南ベルマーレ)といった選手たちのパフォーマンスが大量得点で忘れられてしまうのはもったいない。中でも、U-20日本代表の元気印、DF菅原由勢(名古屋グランパス)のプレーは「この日も」出色だった。

「名前や肩書きでビビることはない。ドンドン仕掛けてこいという気持ちだった」

 菅原はそんな言葉でメキシコ戦を振り返る。相手にはメキシコA代表にも選ばれているMFディエゴ・ライネス(ベティス)もいたわけだが、「A代表とか関係ない。プレーの特徴だけを意識していた」とシンプルに構えた。1対1の対応は粘り強く、迂闊に足を出したくなるタイミングでもグッと我慢してリスクを回避し、いざ球際勝負となれば誰よりも激しさを出す。気持ちの強さを押し出すことと、冷静沈着さのバランスが絶妙だった。

 試合前、ウォーミングアップから引き上げる際に、菅原はスタンドで応援に駆け付けている家族を見付けて、からかう仕草を見せていた。険しい表情を浮かべる選手も多い中だったが、ある種の余裕を感じさせる一幕だった。以前「集中し過ぎると視野が狭くなる」ということも言っていたが、まさにそうした適度にリラックスし、視野を広く保てた状態だったのだろう。

◆エクアドル戦の前半はひどかった

「ハッキリ言って、エクアドル戦の前半はひどいサッカーをしてしまった」(菅原)

 そうした反省を踏まえて臨んだメキシコ戦だが、菅原含めた守備陣の対応は見事だった。相手がダイヤモンド型の中盤を採用してくるという予想外の事態に最初の時間帯こそ混乱を見せたが、そこからは冷静に対応。神出鬼没のライネスに対しても、チャレンジ&カバーの体制を臨機応変に組み替え、「相手のやりたいサッカーをやらせなかった」(菅原)。

 エクアドル戦はひどい出来だったビルドアップの部分も大幅に改善。裏やスペースを狙う長いボールと近い味方に付ける短いボールの使い分けが良くなり、小気味良くボールが動き、前進できるようになる。

 戦術的にもボランチの藤本が左サイドに落ちることで発動するローテーションシステムが左サイドで威力を発揮し、右サイドは菅原が中に外にとポジションを踏みかえ、「相手のサイドハーフがそれほど守備のいい選手ではなかったので、困らせてやろうと思った」と巧みに幻惑。そこから機を見ての果敢なオーバーラップでも、田川の幻のゴールにつながったクロスなどチャンスに絡み続けた。

「みんなでどこにスペースがあるのか、どこへボールを運ぶのかといったことが試合の中で共有できていた」(菅原)

 メキシコも試合中にシステムを変更し、ポジションを入れ替えるといった形で戦術的な修正を施してきたが、日本の選手たちはそれにも柔軟に対応。最後までほぼスキを見せずに勝ち切った。

「結果は3-0でしたが、楽な試合だったとは思いません」と菅原が強調したように、試合のディテールを紐解けば一つミスすれば一気に試合の流れが暗転する可能性もある試合だった。ただ、そこでしっかり頭を使い、気持ちを整えながら90分間を戦い抜いたのがこの日の日本だったと言えるし、気持ちもプレーもブレなかった菅原の戦いぶりは、それを象徴するものだった。

◎菅原由勢(すがわら・ゆきなり)2000年6月28日生まれ、18歳。179cm/69kg、愛知県出身。ASラランジャ豊川-名古屋グランパスU15-名古屋グランパスU-18。J1通算13試合出場。

【U-20W杯結果・日程(日本時間)】
グループステージ第1節:5月23日(木)27時30分 日本1-1エクアドル
グループステージ第2節:5月26日(日)22時30分 メキシコ0-3日本
グループステージ第3節:5月29日(水)25時~ vsイタリア

川端暁彦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00010022-goal-socc



1 2019/05/27(月)
CB SB ボランチをこなせる菅原。どういう選手になっていくんだろう。
クロスの精度高いし、足元あって対人能力あるしでSB向きだとは思う。
ポリバレントとは聞こえは良いけど、遠藤航も中山雄太も自分のやりたいポジションと求められる役割との間で葛藤していたし、難しい問題だよなあ。

2 2019/05/27(月)
どのポジションも中途半端ではなく全てのポジションでレベルが高い。五輪のような登録メンバーが限られている大会なら尚更で重宝する。

4 2019/05/27(月)
菅原選手とても良い選手ですね!Jであまり出ているイメージがないメンバーでもこれだけ技術がしっかりしてるし日本の成長が見られてとても嬉しい!
だだメキシコ戦も開始から攻めてくる事を予想していたにもかかわらずちょっと入りが悪い感じがします。
大会を通じて成長して良い結果を期待しています。
ベスト4に入れるはず。頑張れ日本

5 2019/05/27(月)
若い選手の方がフル代表の選手より動きが良くて上手いんじゃないかと思う事があるけど、まだまだプレーで甘い所が有るんだろうなぁ!?
次のイタリア戦も勝利を期待したいですね!!

7 2019/05/27(月)
名古屋は菅原をポスト 吉田になるように大切にしてくれよ

8 2019/05/27(月)
この選手は今出ているU20の選手の中でも一番上の世代の代表に近いと思う
このままいけば来年のオリンピックの舞台に立てると思う
上の世代はこのポジションそこまで人材が豊富でないし
 
9 2019/05/27(月)
菅原は昨年の序盤だけだったが、CBとしてラインコントロールをするなど賢い所を見せてくれた。
まだまだ伸び代十分。W杯が終わったら、リーグ戦でもスタメンで出てほしい。活躍すれば同じ右SBの宮原も安心してはいられないだろう。

11 2019/05/27(月)
宮原も攻撃参加しないと、菅原にポジション奪われるぞ。
2人で競争して、グランパスを強くして欲しい。

12 2019/05/27(月)
菅原をピックアップしてくれたのは嬉しいですね!!
さらなる成長に期待です!!

15 2019/05/27(月)
守備でも攻撃でも安定。 地味なようで必要な時に輝いていた。
メキシコ戦を見る限り、一番フル代表に近い印象を受けた。

16 2019/05/27(月)
グラファンとしては残って欲しいけど、今夏は無くても、来夏には欧州に移籍しちゃう可能性高そう。
個人的にはブンデス行って、上位互換のDFの選手(アラバ、キミッヒ、パバール、リュカ)を多数抱えるバイエルンと対戦し、成長して欲しい。

17 2019/05/27(月)
菅原選手は名古屋でもレベルの高い練習してるし相手もうまいから
意外にこんなもんかって感じでできてるのかも。
宮原を超えてから海外に行ってね。

19 2019/05/27(月)
グランパスユース時代はガンガンオーバーラップし攻撃参加
17歳でJ1デビューした逸材の成長は楽しみだ

21 2019/05/27(月)
この世代の精神的なリーダー。今後長谷部的な存在になっていくんだろうと思う。

22 2019/05/27(月)
名古屋の外国人助っ人達と普段練習してたら、メキシコ期待の若手程度ではビビらんわな。

24 2019/05/27(月)
頑張れ!豊川の星️

25 2019/05/27(月)
昨年のグランパスが負けまくってるときはかなり狙われてたけど、やっぱり良い選手だなー。
今後が楽しみだ。

28 2019/05/27(月)
宮原よりも良いと思います。
グランパススタメン

29 2019/05/27(月)
次、イタリアに勝てたら、メダル獲得もある

30 2019/05/27(月)
松井大輔のドリブル姿勢に似ていると思いました。

33 2019/05/27(月)
クラブの練習からジョーとかとバチバチやってたらそりゃビビらんわな!!ナイスプレー!!次も期待してる!

34 2019/05/27(月)
CBやってほしい。

35 2019/05/27(月)
サイドバックとして大成すると思う
インテリジェンスと度胸が共生してるから見てて本当に面白い選手だわ
右SBなら東京五輪間に合うんじゃない?

37 2019/05/27(月)
日本以外のアジア勢は散々やね、中東の笛とか危険なタックルや審判買収やら、そら国際舞台ではいつまでたっても勝てんわ。

38 2019/05/27(月)
元ドイツ代表のラームみたいな頭のいい選手だね。

40 2019/05/27(月)
酒井宏樹の後釜第一候補!

41 2019/05/27(月)
私がみた限りではボランチ向きだと思った。
センターバックはちょっと上背で厳しいかな。
サイドバックにしても少しスピードが足りないのではないかな?

42 2019/05/27(月)
強いとか凄いっていうのはまだ早いよ。いいとこでたぶん負ける。

43 2019/05/27(月)
日本のキミッヒ

44 2019/05/27(月)
点とった!だれが点とった!
って記事ばっかりだとバカっぽい。
じゃなくてこういうしっかり見てる記事は、
すごく良いと思う。













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ