20190527-00010021-goal-000-2-view[2]


スポンサード リンク




セリエAの全日程が終了し、ユヴェントスの8連覇で幕を閉じた。一方で、ポルトガルのスーパースター、クリスティアーノ・ロナウドを除いて、ビアンコネッリで、アタランタの選手たち以上に印象的なプレーを見せた者はいなかっただろう。『Goal』では、現地の意見を参考に今季のセリエAベストイレブンを紹介する。

GK:アレッシオ・クラーニョ|カリアリ
今季のセリエAで17回のクリーンシートを記録したのはインテルのサミル・ハンダノヴィッチ。だが欧州5大リーグで最多152回のセーブを記録したのが、カリアリのアレッシオ・クラーニョだ。守護神はカリアリの残留に決定的な役割を果たした。

イタリア代表のアンダー世代まで順調にステップアップを果たしてきた。昨年9月にはロベルト・マンチーニによってフル代表に初招集。この24歳がフル代表のゴールマウスを任されるのも時間の問題だろう。

DF:ポル・リロラ|サッスオーロ
昨夏サッスオーロはユヴェントスからレンタルしていたポル・リロラを完全移籍で獲得したが、その判断が正しかったことが証明された。彼の今季の貢献を考えれば700万ユーロの移籍金など安いものだ。

カタルーニャ出身の右サイドバックは2ゴールに加え、6アシストとディフェンダーとしてリーグ最多アシストを記録。この点ではフェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)の2アシスト、イヴァン・ペリシッチ(インテル)の4アシストを大きく引き離す活躍を見せた。

DF:アルマンド・イッツォ|トリノ
今季のトリノは得点数が49と非常少ない。これは上位10チームでは最も低い数字だ。それでもリーグ終盤まで欧州大会への出場権を争えたのは、ひとえにバックラインの働きのおかげだ。特にアルマンド・イッツォの働きは際立っている。

ナポリ出身CBは今季デュエルで253回競り勝ち、空中戦を117回制している。さらに85度ものインターセプトを成功させており、この成績はリーグトップだ。この活躍で、3月には27歳にして初のイタリア代表キャップを記録した。

DF:カリドゥ・クリバリ|ナポリ
ジョルジョ・キエッリーニは確かにユヴェントスでタイトルを勝ち取った。だが、今のセリエAでカリドゥ・クリバリ以上に優れたディフェンダーは存在しない。

ポゼッションにおいて素晴らしい才能を持ち、セリエA最多の2229本のパスを成功させた。またプレーの速さ、勇敢さ、空中戦の強さ、試合を読む眼と、あらゆる能力が非常に高い。第37節のインテル戦ではラインを割る直前で素晴らしいクリアを披露した。

DF:クリスティアーノ・ビラーギ|フィオレンティーナ
フィオレンティーナにとって今シーズンは恐ろしいものになった。出だしこそ良かったものの、最終節まで降格の可能性が残っていた。

クリスティアーノ・ビラーギは守備面では改善すべき点があるのは事実だが、攻撃参加で素晴らしいプレーを見せる。63度の決定機創出と36本のクロス成功は他のディフェンダーを上回る成績だ。

代表チームでも好調を維持し、9月のアッズーリデビューから5試合出場を果たしている。中でもポーランド戦終了間際に決めた代表初ゴールを、急逝したチームの主将ダビド・アストーリに捧げる姿は多くのファンの心に焼きついた。

MF:マヌエル・ラッツァーリ|SPAL
SPALの指揮官レオナルド・センプリチは、この夏25歳のマヌエル・ラッツァーリがクラブを去り、さらなる飛躍を遂げることをすでに諦めている。

右ウィングバックが本職ながら、ディフェンダーとしてもプレーできる。9月に代表初キャップを記録すると、メキメキと頭角を現し、ピンポイントに合わせるクロスでパプ・ゴメス(アタランタ)に次ぐ8アシストを記録した。

MF:ニコロ・バレッラ|カリアリ
来季もカリアリでプレーするかは定かではない。22歳の彼は、世界で最も有望な若手MFの一人として見られているためだ。

アグレッシブでどんなスタイルにも対応できる彼にはプレミアリーグが最も合っていると言われている。今季のセリエAでタックル、デュエル、ボール保持、そしてリカバリーにおいてトップ5に入る活躍を見せた。

MF:パプ・ゴメス|アタランタ
アタランタのキャプテンを務める31歳は今季キャリア最高のパフォーマンスを披露した。

背番号10として、また左MFとして、彼以上に創造性を発揮した選手は今季のセリエAにはいなかった。ゴメスは100回以上のチャンスメイクを行い(109回)、6ゴール10アシストという結果を残した。

CL出場権は、素晴らしいパーソナリティを示した彼らにこそふさわしい、歴史的なご褒美となるはずだ。

FW:ヨシップ・イリチッチ|アタランタ
ジャンピエロ・ガスペリーニがアタランタで成し遂げた最大の成果の一つは、優れた才能を持ちながら気難しい性格のヨシップ・イリチッチの能力を引き出したことだ。イリチッチは今季12ゴール7アシストを記録した。

イタリアサッカー界に、彼以上に優れた視野を持つ選手はそう多くはいない。素晴らしいテクニックを持つスロベニア人MFはその力を最大限発揮した。1月に31歳の誕生日を迎えたものの、この活躍によりローマやナポリといったクラブがイリチッチに関心を示している。

FW:ファビオ・クアリャレッラ|サンプドリア
今シーズン、大ベテランは新たな物語を紡いでいる。対戦相手にとって悪夢をもたらす存在となり、36歳にしてイタリア代表に呼び戻された。

11試合連続得点というセリエA記録に並ぶ成績を残しただけでなく8アシストも記録。シーズン26ゴールを挙げ、カポカンノニエーレ(セリエA得点王)を手にした。彼の物語はハッピーエンドに終わったと言えるだろう。

FW:クリスティアーノ・ロナウド|ユヴェントス
クリスティアーノ・ロナウドが不可能を可能にしてカポカンノニエーレに輝くことはなさそうだ。それでも、センセーショナルなイタリアデビューを果たしたポルトガル人スーパースターは、すでに今季のセリエA最優秀選手に選ばた。

CLのノックアウトステージで、ユヴェントスの全ゴールはすべて彼が決めたもの。国内リーグも21ゴールを叩き込んだ34歳は8アシストも記録し、マッシミリアーノ・アッレグリ率いるチームのスクデット獲得に大いに貢献した。

セリエAの今季ベストイレブンは…
GK:クラーニョ
DF:リロラ、イッツォ、クリバリ、ビラーギ
MF:ラッツァーリ、バレッラ、ゴメス
FW:イリチッチ、クアリャレッラ、C・ロナウド


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00010021-goal-socc&p=1



1 2019/05/27(月)
ミラノ勢から0人ってのが寂しいね
インテル、ミランには早く復活してもらってCLでも暴れて欲しいものだがなかなか上手いこといきませんね

2 2019/05/27(月)
ユーベは選手層で勝ったってことだね。

3 2019/05/27(月)
インテルファンですが、0。悲しいそれが現実や。来季に向けて動いてるでしょう

6 2019/05/27(月)
無理矢理ロナウド入れた感が…

7 2019/05/27(月)
セリエAのベストイレブンなのにCLの得点を入れて無理やりロナウドを入れているように感じる…

9 2019/05/27(月)
ベストってより、インパクト残した11人って感じだな。

10 2019/05/27(月)
インテルはゼロ。シュクリニアルとハンダノビッチの2人は例年通りに活躍してくれてたけど、今年はイカルディ騒動でチーム自体がネガティブなイメージしかないシーズンになってしまったのが響いたか。来シーズンまで引きずりたくないので、マロッタには夫婦揃って放出を進めて欲しいです。

11 2019/05/27(月)
謎の最優秀ミッドフィルダーに選出されたミリンコ=サヴィッチはやはり選ばれなかったね

13 2019/05/27(月)
ハンダノビッチは入ると思ったけどな

15 2019/05/27(月)
MVPにせよベスト11にせよ毎回「何でロナウド?」と言われますが
ユベンティーノの私ですらそう思うので反応に困りますね
果たして喜んでいいのかチームの状態も悪いですし素直には喜べませんね

16 2019/05/27(月)
なんといっても今年はアタランタ。

17 2019/05/27(月)
正直ユベントスのあいつ以外納得
というかこういうベストイレブンがいいよね
上位からだけ選出はつまらない
クラーニョとかラッツァーリとかは下位ながら本当に素晴らしいインパクトだった
ラッツァーリはカットインの判断をもっと積極的かつ正確にできるようになれば更に伸びそう

19 2019/05/27(月)
ハメウドを活躍させるために他の全員が犠牲にならなければならない。
いわばマーケティング戦略の犠牲者。
もし今季ハメウドがいなければ、ユベントスはもっと強いチームとして、セリエでは戦績だけじゃなく内容でも圧倒、CLも更に勝ち進めていた可能性大だろうね。
すべてはハメウドが足を引っ張っているね。

20 2019/05/27(月)
欧州での戦績もプレイヤーの市場評価価格もセリエAの凋落ぶりは久しい。
経済問題、暴力問題、人種差別問題など山積みだ。
まずリーグをスリーム化して18チームぐらいの規模で経営再建をしたほうがいいかと思う。

22 2019/05/27(月)
どこのメディアもロナウドは選ばなきゃね感が凄すぎる。
誰か勇気持ってちゃんと記事書いて欲しい。
確かにマジで素晴らしい選手だけど、今季は点以外がキツすぎた。
けどそのロナウドが21Gって如何に今季のユーヴェがやばかったかわかる。悔しい。来季は全部ユーヴェの選手になって欲しいぜ、、、、

23 2019/05/27(月)
得点王でもなく絶対王者のチームでチームメイトが犠牲になってたのに決定機外しまくってたクリロナが選出って
ネームバリューで選出するな

25 2019/05/27(月)
せめてハンダノビッチ選んだれや、、、

26 2019/05/27(月)
クリバリ ロナウドは納得。
ジェノア→ミラン の
ピョンテクも素晴らしかった。

28 2019/05/27(月)
え、なんでクリロナが?
まあ優勝チームから一人も選ばないのもあれだし、、

31 2019/05/27(月)
は?クリロナ?何でクリロナ?サパタとハンダは?
なにこれ

32 2019/05/27(月)
ユベンティーノでさえ失敗だった良くなかったと言ってるのに
何で頑なにクリロナ選び続けてるんだろセリエ
ちょっと意味が分からない
クラーニョはまぁねハンダかなとも思ったけど
ビラーギは違うと思うんですがあんなザルDFを選ぶとかどうかしてる
DFは守備を一番に評価すべきでしょ

33 2019/05/27(月)
みんなで点がとれてみんなで守れてたら個人で突出した数字が出ずここに選出されない。
そう考えるとあまり意味がないな。

35 2019/05/27(月)
またロナウドに忖度してらぁセリエ
何で一番優秀なCFだったサパタが選ばれねーんだよ
どうなってんだこのリーグ
サパタ 23G7A PK1 シュート80本
ロナウド 21G8A PK5 シュート130本
クアリャレッラ26G8A PK9 シュート110本
おかしいーよな~?アタランタの前線三人は全員選ばれるべきだが
ずっとサパタだけ除外されてる
 
362019/05/27(月)
ユヴェントスのチームカラーが
すっかりロナウドになってしまった感・・・・・

38 2019/05/27(月)
「ベストイレブン」に王者ユーベからは1人だけ
いかに楽な一強リーグかを物語るな
 
39 2019/05/27(月)
ロナウドが去ればユベントスもミラノのように落ちるんじゃないか

42 2019/05/27(月)
ロナウドちゃうやろサパタやろそこは
MVPでもそうやけどいい加減にしーや

43 2019/05/27(月)
ニコロ・バレッラはほんと注目や。
 
44 2019/05/27(月)
ロナウド以外知らないわ。

45 2019/05/27(月)
どうやらクリロナとサパタに言及したコメントは後ろに回される模様












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ