20190526-00010000-wordleafs-000-2-view[1]


スポンサード リンク




 キックオフ直後という状況を考えれば、カードの類は提示しづらい。それでも池内明彦主審をして、ひと言注意しておかなければいけない、と思わせるほどの激しいプレーだった。

 次に同じことをしたらイエローカード、と直前のプレーをたしなめられたのはセレッソ大阪の左サイドバック・丸橋祐介(28)。そして、死角となる背後からファウルを受け、ヤンマー-スタジアム長居のピッチにもんどり打って倒れたのは、FC東京の右サイドハーフ・久保建英(17)だった。

 25日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節。開始早々の前半9分に訪れた光景に、J1戦線で開幕から9勝3分けと唯一無敗をキープし、首位を快走するFC東京戦にかけるセレッソの覚悟が反映されていた。ポジション的に正対する久保と、何度もマッチアップした丸橋が試合後に胸中を明かした。

「前を向かせてドリブルをされると怖いし、ボールも取りにくい。ドリブルを開始される前に、ファウルになってでもいいのでしっかり止めにいこうと、試合前からみんなで話していました」

 開幕戦からレギュラーを射止めた久保が試合を積み重ね、チームメイトたちと意思の疎通を図れるようになったFC東京のなかで、顕著になってきた攻撃パターンがある。

「FC東京は2トップがものすごく強烈で、彼らに気を取られている間に、その背後に生じたスペースに久保君が絡んでくる、という形が一番脅威になっている」

 4月28日の対戦でFC東京に0-2で屈した、松本山雅FCのMF高橋諒(25)が試合後にもらした言葉だ。この試合ではFC東京の2トップ、ディエゴ・オリヴェイラ(28)と永井謙佑(30)が1点ずつを決めているが、前者のPKを獲得し、後者のゴールをアシストしたのが久保だった。

 そして、図らずも高橋と同じ感覚を久保に覚えていたのが丸橋であり、セレッソだった。オールマイティー型のオリヴェイラと、屈指のスピードを誇る永井。絶妙の組み合わせに久保がもつ非凡なセンスとテクニックが融合されたときに、至高のハーモニーが生まれる。

 北海道コンサドーレ札幌との前節では、オリヴェイラのアシストから久保が2試合連続となるゴールを決めた。つまり、FC東京のキーマンは久保であり、キリンチャレンジカップおよびコパ・アメリカに臨む森保ジャパンに大抜擢された17歳を潰せば、勝機が見えてくることになる。

「やられるよりは(結果的に)ファウルで止めたほうが、僕たちにとってはいいので。みんなも激しくチェックにいけていたと思う」

 後半に入って再び久保をピッチにはいつくばらせた丸橋の言葉通りに、MF藤田直之(31)とDF松田陸(27)がはさみ込むかたちで久保の動きを止めた場面もあった。DFマティ・ヨニッチ(28)も身長187cm、体重83kgの屈強なボディを173cm、67kgの久保に激しくぶつけて弾き飛ばしている。

 守備だけではない。利き足の左足に正確無比なキックを搭載する丸橋は、攻撃時も意図的に前へ、前へとポジションを取り続けた。自身の背後にリスクが生じることを覚悟でプレッシャーをかけ、久保をできるだけ自陣でプレーさせ続けた結果、久保が放ったシュートはゼロに終わった。

「かなり高い位置を取ったので彼を封じ込めた。後方にはヤス(DF木本恭生)もいたので、あまり気にすることなく前へいけた。僕的には上手くいったかな、と思っています」

 故障につながる危険性も増すことを考えれば、悪意が込められたラフプレーはもちろん許されない。もっとも、一連の丸橋の言葉を振り返れば、場合によってはファウルもやむなし、と対戦相手に覚悟させるだけの危険なオーラを、すでに久保が身にまとっていることが伝わってくる。

 そして、ファウル禍は国内外を問わず、エースと呼ばれる選手の誰もが直面してきた試練でもある。セレッソの術中にはまり、一時的にFWへポジションを移してフル出場しながら輝きを放てなかった久保へ、FC東京の長谷川健太監督(53)は「皆さんの見ての通りです」と、あえて厳しい評価を与えた。

「思った以上に今日は暑かった。鳥栖戦を休ませた選手もいるので、そういう選手たちがもう少し動けるのかな、と期待はしていたんですけど。なかなか最後まで足が動かなかった」

 鳥栖戦とは敵地で22日に行われた、サガン鳥栖とのYBCルヴァンカップのグループリーグ最終節をさす。中2日で迎えるセレッソ戦をもにらんだ長谷川監督は、オリヴェイラや永井、そして久保ら7人を鳥栖遠征には帯同させず、練習拠点の小平グラウンドで調整を積ませた。

 しかし、敵地長居で待っていたのは真夏ように照りつける太陽。キックオフされた午後3時の気温は29.8度に達し、前線から連動したプレスをかけ続け、ボールを奪うやショートカウンターを繰り出して無敗街道を突っ走ってきたFC東京から、最大のストロングポイントである運動量を奪い去る。後半33分に喫した失点を取り返せないまま、開幕から13試合目にしてついに無敗記録が途切れた。

 試合後の取材エリアとなるミックスゾーンに、しかし、久保は姿を現すことなく帰りのバスに乗り込んだ。FC東京の広報によれば「試合後に息苦しさがあり、大きな声を出して話ができる状態ではないと、チームドクターが判断した」という。

 セレッソが講じてきた捨て身の対策。体調に異変を訴える原因となったかもしれない猛暑。そしてシーズン初黒星と三重の苦しみにあえいだ久保だが、後半14分には一瞬の輝きも放っている。

 右サイドの奥深い位置でボールをキープしながら、攻めあがってきた右サイドバック・室屋成(25)へノールックで、しかも左足のアウトサイドでループパスを通した。久保のマークについた丸橋はあっという間に置き去りにされ、なす術なくその後の展開を見守るしかなかった。

 そして、室屋が送ったグラウンダーのクロスに右足のヒールを合わせるも、惜しくもゴールの枠をとらえられなかったMF東慶悟(28)は、違いを生み出せる17歳へエールを送っている。

「もちろん相手も厳しくくるし、そのなかで彼ももがきながら自分の技を見せようとしている。僕たちがしっかり支えてあげて、よりいいプレーを引き出してあげたい」

 日本代表が臨むキリンチャレンジカップ2019開催に伴い、J1が中断する前の最後の一戦は6月1日。開幕から上位につける昇格組の大分トリニータと、ホームの味の素スタジアムで対峙する90分間で、同じ悔しさを繰り返すわけにはいかない。勝利を引き寄せるキーマンの一人となり、同時に相手を畏怖させるがゆえに標的とされ始めた久保にとって、真価が問われる戦いとなる。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00010000-wordleafs-socc&p=1



1 2019/05/26(日)
厳しいプレーとバックチャージは、全く別物。鍛えられない箇所へのプレーは、選手生命をも左右する。名古屋のジョーは、カニばさみタックルで、足首靱帯損傷でダメージリスト入り。上位チームだから何やっても構わないなんて、あってはならない。

2 2019/05/26(日)
難しい事だけど…やはり才能の有る選手は、ある意味怪我との戦いでも有るだけに難しい問題だね。
ファウル覚悟のDFを交わすのは中々難しい…

4 2019/05/26(日)
オリヴェイラと永井。全く合いそうもない組み合わせだが、なぜか合う。それはオリヴェイラに前線でのプレイに専念させようと永井が前線を引っ掻き回すから。それに気を取られ、オリヴェイラのケアが甘くなる。
しかし手はある。守備布陣を敷いて2人同時に封じ込む作戦だ。だがそれをやろうとすると、今度は久保君が援護射撃にやってくる。
言うのは簡単だが、実践するまでにかなりの練習をしたんだろうな。これはかなりの連係が大事になるから。

5 2019/05/26(日)
怪我する場合は日本じゃなくても海外の選手相手にされる事もある。
Jだからって生ぬるい優しいディフェンスするのは違う。
バックチャージは悪いプレーだし、フェアプレーは日本の誇れる部分だし、
久保に怪我させないように育てたいって思いがみんなあるんだと思う。
だから首位にいるって事も考えられる。
ここからは久保自身が怪我しないプレーを身に着けていく時期。
壊れたらそれでおしまい。
そうなったときは残念だけど諦めるしかない。
スペースをしっかり作って攻められるプレーを磨いて欲しい。

7 2019/05/26(日)
激しいプレーやむなしはいいが。
そこからはバックチャージは除外しなくてはならない。
ゲームが始まったばかりでカードを出しにくいなんて論外だ。
そんなことを誰が決めたんだ?
ペップはメッシに対する執拗で悪質なプレーに対し徹底的に反論しメッシを擁護し続けた。
後ろからのカニばさみバックチャージで
小野伸二がどうなったか忘れたのか。
カニばさみで田中達也がどうなったのか忘れたのか。
過去には
マドリー時代のサルガドもインタビューで
「バックチャージは選手生命を奪いかねないし、自身も熱くなってバックチャージで大怪我を負わせてしまったことで思い知った。二度とやってはならないと思い知っている」ような発言をしていた。
ジュニーニョ・パウリスタに6ヶ月の重傷を負わせるバックチャージを心底後悔していたぜ。
もしバックチャージで
久保建英に大怪我を負わせる事があるなら個人的にソイツを絶対に許さない。

8 2019/05/26(日)
急速に成長してあっという間にFC東京の中心選手。そりゃこのチームを止めるには久保くん封じはマストの条件。今後の試合でも厳しいマークに遭うと思いますがこれはチームの中心選手の宿命。これも乗り越えてさらに素晴らしいプレイヤーになってほしい!

10 2019/05/26(日)
セレッソが久保に対して厳しくいってるなと思ってたけど、周りの選手がもっと大袈裟に審判に抗議して久保を守らないとやられる一方なだけ
鹿島の小笠原なんかはわざとヒートアップさせてチームを引き締めたり、審判に効果的にアピールしてた
高萩は自分の訳分からないファールを審判にアピールしてないで、そういう役割をして欲しい

11 2019/05/26(日)
ゲームは全て見た訳ではなくダイジェストなのでDF全体の位置取りも分からないけどセレッソの個人的な技術の高さかなと思う。ある代表選手がファウルで相手を止めることに肯定的なコメントをしていたが「ファウル覚悟」と「ファウルと見られるリスク」は違う。レフリーも人間なので完璧ではないけど、そこを超えてDFできることがプロのプレーだろう。それを超える能力を久保選手は備えているだろうからJIや代表戦では見せてほしいと思う。この試合はセレッソからの代表選への餞別くらいと久保選手は考えているに違いない。

13 2019/05/26(日)
足元の上手い選手はファウル覚悟でも止めるという気概の問題。
賛否両論あるだろうが、綺麗なプレーだけで勝負が成り立つわけもなく時には厳しいは必要。
そこに怪我をさせる悪質な行為はなく、キツめに体を寄せたり球際が厳しかっただけ。
なんだか久保が目立つような記事だが、この試合に関してはむしろFC東京の方が危険なファウルが多かったぞ。

15 2019/05/26(日)
ボールが久保君に入ったら丸橋と対峙したけど 効いてたのはその前の清武のポジション取りだよ。
久保君がドリブルや裏へ走った時 清武がパスコースに入ってるので出せなかったの
スタンドの上から見てたらよく見えました

16 2019/05/26(日)
批判してる方は試合を見てないと思います。fc東京の方が荒いプレーが多かったですし、審判もかなりfc東京寄り。勝てたセレッソは自信を持っていいと思います。水沼への警告などあり得ない判定が多かったです。

18 2019/05/26(日)
久保選手へのマークがタイトだったことは事実だが、試合全体を見ると、FC東京の方が荒かったのも事実。
池内主審のジャッジが一貫していなくて、同じプレーでも、セレッソの方が多くファールをとられていた。
久保選手の保護が池内主審の優先事項だったとしたら、そんな主審は資格がないと思う。

21 2019/05/26(日)
記事のタイトルも悪いかも。
セレッソが成功したってタイトルから内容見たらなんだファウルかよっ!とは思った。
DFへの批判は間違いと頑なに言ってる人は間違いだよ。DFはプロとして批判覚悟でプレー選択したんだから批判されて当たり前。
過去の痛ましい事例もあるし、行き過ぎると日大ラグビー部になっちゃうからね。
ゲームのように選手がすぐケガ治るわけじゃないんだから

22 2019/05/26(日)
試練はある方がいい。
大阪は攻撃を封じることにたけているからね。
久保君が次の対戦でどうするか、期待してるよ。

23 2019/05/26(日)
ダゾってました。
J1のエース封じでは良くある事でしたね。
体を当てる。
体を入れる。
二人以上で囲む。
パスコースを消す。
他のチームは何をしてたのかと、記事を読んで思いました。

25 2019/05/26(日)
プロの試合なら年齢は関係ないと思う。悪質なファールはダメだけど、激しいプレーで怪我してたらコパアメリカでは全く通用しない。いい経験ができていると思う。
 
26 2019/05/26(日)
恐い起点を激しめにいくのは有ることそれだけの選手に成ってる
怪我をさせるような悪質なファールだけはくれぐれも気を付けて欲しい。

28 2019/05/26(日)
試合の序盤、久保君に体を当てて一発かますのはどのチームもやってたな。バックチャージまではさすがになかったと思うけど。

30 2019/05/26(日)
まだ、高校生だよ。
マークされるんだから、凄い。
ステップアップしてるでしょうね。
楽しみですね。

31 2019/05/26(日)
此れからがfc東京のチームプレーの成果、成長の賜物が出てくるでしょう!これからも体力の増強されて一皮も二皮も大きくなって欲しい!

33 2019/05/26(日)
残念でしたね17歳まだまだこれから。
柿谷もそうだけどボール持つと相手に驚異を与えるからどーしてもDFは厳しくなる
それがサッカー

35 2019/05/26(日)
このような状況なら他の人間を効果的に使うオプションを準備することか監督の仕事。

36 2019/05/26(日)
むしろセレッソの堅守に阻まれたっていう印象。
あれをやめてほしいみたいな書き方は、擁護しすぎ、あのぐらいのプレッシャーはこれから久保くんが常に受けることになる。
それをどう乗り越えるかだよな。

38 2019/05/26(日)
やり方はともかく、日本代表は見習うべきだ
強豪に勝ちたい!

39 2019/05/26(日)
次はカードだでなく、一発退場とすべき。後ろからのタックルや、チャージは選手生命を奪いかねないのだから、厳しく判定すべきだ。

41 2019/05/26(日)
まあ久保君はファウル覚悟なら止められる選手ということがわかったね。これからもマークは厳しくなるだろうし、この試練を乗り越えられたら彼は今まで以上に強くなるだろう。

42 2019/05/26(日)
丸橋がそこまで言うということは、久保の力を認めているということ。現地観戦したが誰も高校生とは思っていない。

44 2019/05/26(日)
結局はこういう経験も久保なら栄養にしてくると思うけどなぁ。

45 2019/05/26(日)
久保には新たな試練だね。しかし成長するには避けられないよね。

47 2019/05/26(日)
セレッソは今の順位はともかく底力はあるからね!
そこにロティーナが加わりようやく、相乗効果がが生まれた!
今年は腐っても、リーグではないけど、ルバン優勝したことあるしね!












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ