20190524-00010005-sdigestw-000-3-view[1]


スポンサード リンク




◆札幌との現行契約は2025年1月末までの長期

 今季のJ1リーグでも出色の出来を披露しているタイの英雄に、欧州行きの噂が舞い込んできた。

 タイの全国紙『Matichon』電子版が速報で伝えたのは、北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップ・ソングラシンに絡む移籍情報だ。ドイツの古豪シュツットガルトが強い関心を寄せているとされ、札幌に対して完全移籍かローン移籍かのオファーを検討しているという。

 同紙によれば、チャナティップの才能に強化サイドが惚れ込んでおり、暫定監督のニコ・ヴィリクも映像でチェック済みの模様。「この2年のJリーグでの活躍が目に留まった。その非凡な機動力とテクニックが高く評価されている」と説明した。一方で、「それもこれもシュツットガルトが1部残留を果たしてからの話だろう」と続けている。

 今季のブンデスリーガでシュツットガルトは16位に終わり、現在は2部のウニオン・ベルリンと入れ替え戦を戦っている。すでに第1レグが終了し、シュツットガルトは本拠地で手痛い2-2ドローを演じた。運命の第2レグは5月26日に行なわれる。同紙は「もし2部降格となればスカッドの顔ぶれや強化プランは著しく変化するだろう」と書き添えた。

 同紙は事の真相を突き止めるため、近々チャナティップの実父であるコンポップさんを直撃する予定だという。シュツットガルトはかつて岡崎慎司、細貝萌、浅野拓磨、酒井高徳が在籍した、日本のファンにとっては馴染み深いクラブだ。

 現在25歳のチャナティップは、以前から欧州挑戦に並々ならぬ意欲を示している。そして英雄の欧州5大リーグ挑戦は、タイ国民にとっての悲願でもあるだろう。はたして今夏のサプライズ移籍は起こるのか。チャナティップと札幌の現行契約は、2025年1月末までの長期だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190524-00010005-sdigestw-socc



1 2019/05/24(金)
タイのサッカーファンにとっては夢のある話だよね。
他にもJリーグ経由で欧州にステップアップする東南アジアのサッカー選手が出てきてほしいですね。
でもチャナティップはいい選手だし、見ていて楽しいので個人的には残ってほしいな。

2 2019/05/24(金)
彼がJに来ることが決まったときに
既にこの話はしてたよね
いきなりは前例がなくて厳しいからJで2、3年やってステップアップが妥当だろうと
彼の実力は日本がタイで親善試合した日に噂になってたから多くの人が見てたと思う
ちなみにその親善試合でタイとパートナーシップ協定を結んだ
その後のJでの活躍はほぼ予測の満点に近い結果となった
前例がないだけで彼は本物だと思うしもっと上を目指せると思う
個人的には引退しようが現役のままだろうが母国に経験を還元してほしいと思ってる

3 2019/05/24(金)
まあそういう話が出るのは驚かないよね。今の彼はそれだけ絶大な存在感がありますから。
ただ去年完全移籍に移行した時に移籍金も結構なものに設定してたからそれを払おうとするクラブが出てきた時にどうなるかですね。
とにかく今は静観するしかない。

4 2019/05/24(金)
チャナティップの欧州挑戦は応援したいな、札幌サポはどう感じてるんだろ?
Jでもトップだから力はあるけど、クラブ選びはしっかりした方がいいかなと思う。
それこそシュツットガルトはやめといた方がいいと思う、良い選手揃ってるけど雑なサッカーばっかりしてる。ここ数年。
低迷もまだまだ続くと思うから、それに巻き込まれる可能性大だと思います。

7 2019/05/24(金)
札幌ファンとしては驚きのニュースだがいつかは移籍するだろうと思っていました
本当であればチャナティップ選手の
新たなステージでの活躍を願い応援したいと思います

8 2019/05/24(金)
移籍するとなればかなり寂しい事だが、札幌には相応相当の移籍金を得る交渉をしてほしい。
このタイ人選手はそれだけ貢献してくれている。
今の札幌の社長ならやってくれるだろう。この選手を連れて来た力があるのだから。

10 2019/05/24(金)
残って欲しい反面、その実力を世界に見せて欲しいという気持ちもあります。
最後の選択は本人次第かな。
真面目で真摯な姿に何処で活躍しても、応援し続けたいと思います。

12 2019/05/24(金)
失礼かもしれないが、ヨーロッパでは難しいと思う。アジアでもまだまだトップクラスとは力の差があると思う。ヨーロッパに行くなら中堅クラスにするべきだと思うのだが。
 
13 2019/05/24(金)
放出するなら移籍金をしっかり取ることがJリーグ今後のためにも非常に大事になってくる。J経由の欧州行きルートが確立すればアジア各国からよい選手が集まってくるしリーグの活性化、レベルアップにつながる。そうなればアジア方面への放映権収入も見込める。

15 2019/05/24(金)
他サポですが、チャナティップ選手、本当に良い選手だと思います。彼のプレイは札幌のサポーターだけじゃなく、他チームのサポーターでも見たい!って人はいると思います。
彼が海外でどう活躍するかは自分も見てみたいです。

16 2019/05/24(金)
自分の中では、コンサ23年半の間に在籍した外国人選手の中で、個人の総合能力No.1。
コンサのレベルだからと言われればそれまでだが…
欧州で活躍してる日本人と比べても遜色ないし、デカいヨーロッパの選手の中でこそ目一杯活躍できると信じてるよ。
でも、いつかはチャレンジしてほしいけど、コンサで新しい歴史を作ってからでも遅くないよ、チャナ!

17 2019/05/24(金)
出来ればずっと札幌にいてほしいが、ヨーロッパに移籍するのなら頑張ってほしい。

18 2019/05/24(金)
移籍金も結構な額に設定してたはずだから、移籍するなら全然歓迎するんだけど、でも、出来れば上位争いできるチームに行って欲しいな。
降格争いするようなチームにチャナはあげたくない

21 2019/05/24(金)
想定通りというか、チャナティップは海外志向がありそれがステップアップになるなら行くべき選手。
本人にもタイのためにも、戦力ダウンは否めないが育成クラブのコンサドーレの為にも…
そうなれば送り出したいが寂しいコンサドーレサポですが…

22 2019/05/24(金)
東南アジアで主力として活躍できるようになればさらに伸びてくる可能性あるよね
正直チャナチップみれば個々の能力なら充分アジアトップクラスクラスになれる逸材は出てくる
チームとしては全体的にタッパが足りないからどうしてもパワープレイに弱い点あるけどそこさえクリアできるようになったら怖いチームになる可能性ある。

24 2019/05/24(金)
彼にはタイのサッカー発展の責務もあると思う。良い話だから是非行くべき。

25 2019/05/24(金)
160cmにも満たない身長の彼が、ブンデスリーガの大男を相手に躍動するのをみてみたい気もする。

27 2019/05/24(金)
良いと思うよ。一回行ってみてさ。ダメでも戻れるところあるんだし。。。札幌サポは寂しくないでしょ、仮に半年とかなら。長くドイツなら、逆に楽しみになるし。。、

28 2019/05/24(金)
タイの小さな巨人は、いよいよ欧州に乗り込むのか?
居なくなるのは残念だけど、彼やタイ代表の力を増すにはその方が良い!

30 2019/05/24(金)
レスターも興味持ってたよね。
欧州に行きたいなら行かせるべきだと思う。

31 2019/05/24(金)
クラブは彼のポテンシャルをすでに認めてるからこそ完全移籍で獲得しているのです

33 2019/05/24(金)
Jリーグ経由でヨーロッパ移籍した韓国人も何人かいるし、さらに国を背負った選手だからマーケティングとしても魅力があるからあり得ない話ではないけど、日本に来た時以上に色眼鏡で見られるだろうから移籍後には苦しむとは思う。

35 2019/05/24(金)
札幌のエースは彼だったよね、切れ味鋭いドリブル、キックの精度。
タイの英雄をムイに取って代わるかも

36 2019/05/24(金)
コンサの道外ファンだけど、ゴメン、これは夢があるのでチャナティップに欧州に行って欲しい。。。でも誰か他にも声がかかるかもしれない、アンデルソンロペスとか、いやもっと意外な選手が。

38 2019/05/24(金)
札幌サポとしては複雑ですね…

39 2019/05/24(金)
これが本当なら絶対行った方がチャナとしてはいい。年齢的にももうないチャンスだね。札幌としては痛すぎるけど。

41 2019/05/24(金)
タイとは言わず日本代表でも余裕出れるレベルだと思います。
移籍がもしできたなら活躍祈ってます!!

42 2019/05/24(金)
もし自分がタイ人だったら、彼には日本からドイツへステップアップしてもらいたい。
 
43 2019/05/24(金)
行くなら気持ち良く送り出してあげたい
札幌は野々村社長が補強考えているでしょう
チャナが抜けても大丈夫なクラブに
育てなきゃ意味がないしね!

44 2019/05/24(金)
チャナとは円満に移籍話が進んで欲しい。
もう1年は居て欲しいし、出るなら移籍金きちんと残してって欲しい。













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ