20190520-00010016-goal-000-1-view[1]


スポンサード リンク




首位の壁は高かった。18日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節。北海道コンサドーレ札幌はリーグトップを走るFC東京に0-2で敗れた。第11節終了時点で得点ランクリーグ3位の攻撃力を擁しながらも、アンデルソン・ロペスの離脱などもあり、これで2試合連続ノーゴール。リーグ屈指の堅守を前に浮き彫りになった課題とは。

◆明確な狙いを持って臨んだFC東京戦

 あらゆる策を駆使した。それでも、札幌の攻撃陣はリーグ最少失点を誇るFC東京の守備を突破することはできなかった。

 決して決定機がなかったわけではない。シュート数もFC東京の12本に対して、札幌も試合を通して10本を記録している。では、なぜノーゴールに終わったのか。

 チーム得点王のアンデルソン・ロペスを負傷で欠く前線は、チャナティップが先発に復帰。1トップに鈴木武蔵を配置する布陣で臨んだ。

 序盤から札幌の狙いは明らかだった。「深井(一希)と(宮澤)裕樹さんが少し引いて、自分と進藤が高い位置を取るというポジショニングでやっていました」と福森晃斗が話すように、攻撃時は左右のセンターバックが上がり、逆に宮澤と深井のダブルボランチのいずれかが、最終ラインに落ちて丁寧なビルドアップを図る。

 そこにチャナティップと荒野が絡んだ中央でのパス交換でFC東京の中盤を前に釣り出し、空いた裏のスペースを鈴木武蔵のスピードで突く狙いがあったのだ。

 しかし、その狙いは奏功せず。FC東京は本来ボランチの位置である高萩洋次郎が高めの位置を取り、札幌のビルドアップを制御。宮澤が「(FC東京は)しっかりブロック作ってやってくる」と話すように、コンパクトな陣形を保つ相手を前にパスをミスする場面も散見された。

 ペトロヴィッチ監督は試合中、仕切りに手を大きく広げてサイドを意識するようなジェスチャーを見せていた。中央での崩しが困難ならば、サイドから揺さぶるしかない――。指揮官が求める「サイドチェンジ」を多用してからは、ゴール前での決定機は増加した。

 何度かピンチを招いた前半だったが、凌いでゼロに抑えた。「0-0のまま、もうちょっと我慢できれば、どちらに転ぶかわからない。そういうゲームはイメージしていた」という宮澤の言葉通り、札幌にとってはほぼゲームプラン通りだった。

 スコアレスのまま試合が進めば、FC東京は必ず前傾姿勢を取ってくる。札幌はそこで空いた裏のスペースを突くことを想定していた。しかし、後半に自陣でのパスミスから奪われて小川諒也に左足シュートをニアに撃ち抜かれてしまう。

 札幌はこれまで先制された5試合で1勝4敗と分が悪い。まさに痛恨の失点。「相手も手堅くサッカーをしていたので、あの中でミスが出てしまうと、こういう難しいゲームになる」(宮澤)。残り30分、前傾姿勢になる必要が出たのは札幌のほうだった。

 試合は均衡が破れたことによりオープンな展開となったが、リードしたFC東京は、攻め立てる札幌に対してフィールドプレーヤー9人が強固なブロックをセット。札幌はより苦しい状況に陥った。

 すると69分、ショートカウンターから久保建英に2試合連続ゴールを献上。その後、ペトロヴィッチ監督は「ドリブルでの突破、あるいはスペースへの飛び出しでの突破」を期待して中野嘉大と白井康介を投入したが、最後まで得点は奪えず。敵地で6試合ぶりの黒星を喫した。

◆引いた相手をいかに崩すのか

「東京の経験値が勝ったゲーム」

 ペトロヴィッチ監督は会見でそう言ってこの試合を総括した。FC東京に隙がなかった、堅守だったことは言うまでもなく、A・ロペスの離脱も少なくない影響があった。一方で札幌はブロックを敷く相手をいかに崩すかという部分で課題を突きつけられたゲームでもあった。

 むろん、指揮官はその課題を認識しているようで、「自分たちがボールを動かしていく中で、相手を揺さぶる」ことが局面打開のポイントだと言う。

「サイドチェンジが入ったところから、一対一の仕掛けのところで、なかなかドリブルで剥がすことができなかった。あるいは、アーリークロスやラストパスの精度、中との意思疎通という部分で、まだまだできなかった部分もあった」

 事実、87分に中野のサイド突破からチャナティップを介して鈴木がフィニッシュまで持ち込んだシーンは、サイドを揺さぶった効果的な攻撃だった。

 崩しの精度を上げること、ゴール前の質を上げること。FC東京戦で浮き彫りになった課題は明らかになった。福森は言う。

「ゴール前の最後の質を上げるところが一番だと思う。そこを上げていければ、決定的なチャンスもいくつかできるし、その中でしっかり最後の丁寧さを大事にしないといけない。そこを意識的にやっていこうとは思います」

 昨季以上の成長曲線を描く“ミシャ札幌”。この敗戦を糧にさらなる浮上を目指す。

大西勇輝(Goal編集部)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00010016-goal-socc



1 2019/05/20(月)
ロペスやジェイが居るとまたはっきりしたストロングポイントがある分相手もやりにくくなる可能性もあったけど居ない中でどうやって崩していい形でのシュートまで持っていけるかっていう課題はあるだろうね。
チャナティップが居る分ある程度運べるし工夫もそれなりにはしてたとは思う。実際とあるFC東京サポーターのTwitter見てると「サイドに振り回されるのは正直怖かった」という評も有ったりとかした。
ただ現状のFC東京クラスの堅固な守りとなると得点を取るってなると結構難しくなるんだよな。
まあでも今の時期に今の順位に居てこの課題が見付かったのは良かったと思う。前向きに捉えて成長したい。
若いチームで怪我人が多い現状で現有戦力の成長と怪我人復帰による底上げが出来ればそれなりには戦えると思うし。
先ずは中断期間前の残り3ゲーム(ルヴァン杯含めて)をいい形で乗り切りたい。
岩崎アピールせえよ。

2 2019/05/20(月)
明らかに目に見えるところがいくつかあると思う。
クラブの成長というところで若手をどんどん使うのはいいと思うけど、東京戦に関しては中野を入れてからの方が仕掛けの部分とか格段によかった。
荒野は復帰してからずっと良くない。
怪我人が多いとはいえ、やっぱりそれを理由に勝てないではダメやと思う。
その中でもっと工夫してほしいし、サポとしてはやっぱり勝ち試合が見たい。
ほんでもう一つは、現状のメンバーで1トップが武蔵しかいないというのも欠点。エリア内で勝負できるFWがいないと。特徴を消されたら何もできてない。
今年はここがひとつの正念場やと思う。このままずるずるいったら降格だって全然ありえる。なんとか踏ん張ってほしい。
頑張れ札幌。

3 2019/05/20(月)
チャナをサポート出来る選手がいれば、東京の固い守りを打開出来てたと思うけど、一番の課題は、連携ミスを少なくする事だと思う。
松本戦でも、連携ミスであわや失点してもおかしくない場面も何回もあった。
そう考えると、アウェー2試合で勝ち点1はまだマシだと考えるべき。
札幌には、自力で修正出来る力があるから、次のホーム2試合で勝ち点4は最低でも取ってくれるはずだから、まずは連携の質を高めてくれる事に期待してます。

5 2019/05/20(月)
東京サポですが、記事を読みながら、東京も同じだなと思いました。
東京も攻めて来る相手よりも引いて守って来る相手に苦戦するケースが多いと感じます。
今年は久保のお陰もあり攻め込んだ時の迫力がありますが、引いた相手のカウンターをケアして、リスク管理しながら攻め切るのはどのチームにとっても主要なテーマと思います。

8 2019/05/20(月)
最近のJリーグは監督力が高くなってきたよね。
やめたヨンセンもかなりの力があると思うし、力のない変な監督は少数。
だから、見ててもとても面白い。
長谷川監督の力量も再認識できたし、もちろんミシャはこだわりを持ってチームを導いてる、こんな2チームの試合は面白い

9 2019/05/20(月)
前半は全く何もできなかったし、失点してやっと動きが出てきたって感じだったけど、手詰まり感満載の試合だったな。
先制点のシーンもあの時間帯、あの場所であれをやってたら、やはり年間で数試合は落としますよね。ミシャから言わせると、それをも上回る攻撃力を身に付けろって事なんでしょうが、無駄な失点減らさないと安定して勝ち点をあげるのは難しいと思う。

10 2019/05/20(月)
札幌は左からの攻撃が菅ちゃんからのバックパスからの福森のクロス。これしかないのが明らかにウィークポイントですね。中野が入ってからは左からの突破も増えていたので可能性を感じる攻撃が出来ていたように思います。中野だと福森とのバランスという点で先発で使われないのかと思いますが、ほんとそろそろスタメン固定は辞めて思い切った選手選考に期待します

12 2019/05/20(月)
コメントを見てたら東京サポさんからのもあり、
敵からどう見えてたか言ってもらえるのはありがたい。
札幌は個の力に頼り過ぎていて、組織としての勝ちパターンがあまり見えてない気がする。個の力でなんとなく勝ってしまったりするから自分達の弱い部分が見えにくいけど、明確なビジョンを持った相手だといつもボロが出る。
より上を目指すなら、選手層の厚さを含め新たな攻撃パターンは必要。そこはかなり前から言ってること。
一番気になってることは、迂闊なミスとボールロストが多すぎること。それが減るだけでもかなり違ってくるんだけどな。

13 2019/05/20(月)
東京戦に強かった都倉がいなくなり、ジェィも家族のご不幸でいなかったからだな。チャンスに決めたチームと、決めきれなかったチームの差。あとは殆どイーブンだったと思う。東京は久保の分だけ、去年より分がよかったのかもしれない

15 2019/05/20(月)
この間の東京戦は横パスが多くてサイドに出すのは良いけど、縦に出して勝負、みたいなシーンが少なかったな~。サイドに出してもクロスまでいかなかったり、カットされたりって感じでちょっと東京との差を感じた気がする。

16 2019/05/20(月)
ミシャ監督は浦和時代から重要な試合では長谷川監督のG大阪を苦手にしていた。システマチックなサイドチェンジを中心としたパターンサッカーなのでやってくる事が相手にわかりやすく変化をつける選手が重要。去年FC東京に勝った時はチャナティプが大活躍したように。

18 2019/05/20(月)
アンデルソンロペスがいたらまた違ってたかもしれないね。
彼はブロックを単独で崩せるくらいの個の力がある。

19 2019/05/20(月)
札幌は強かったが、
FC東京はチャンスをゴールに繋げ、
堅い守備の隙が出なかった。

22 2019/05/20(月)
外国人Fw 二人が居ないのは正直痛手…。荒野がシャドーに入っても驚異がないのは明白…。もう一人驚異がある選手が必要。

23 2019/05/20(月)
ここ2年の対戦ではずるずるDFラインが下がったところで
都倉とジェイの高さでやられてたけどこの2人がいなくて助かった

24 2019/05/20(月)
荒野と菅をそろそろ変えた方がいい。
特に荒野は復帰後酷すぎる。

27 2019/05/20(月)
どこもみんなF東の術にハマりすぎ。ブロック敷いて同じ思いをF東にもさせてやらなくちゃ。札幌みたく同じように勝手に崩れると思うよ。

28 2019/05/20(月)
攻撃よりもやられまくってる守備陣の方がよっぽど問題w 
GKがク・ソンユンでなければ何失点していたかわらかない。

30 2019/05/20(月)
最後にロペスのような職人シューターが必要だということか。ジェイが故障から戻らないのもつらいところ。
 
31 2019/05/20(月)
これは札幌の課題じゃなくて、ミシャサッカーの課題。広島も浦和も同じだった。

32 2019/05/20(月)
これは、ミシャの永遠の課題。
浦和でも、結局そうだった。

35 2019/05/20(月)
東京サポからしてみたら紙一重のサッカーだった。ミーシャを恋しいと思ってる浦和サポは多いんじゃないの?あんなクソつまらんサッカーみせられて挙げ句の果てに満足のいく結果も残せてないオリヴェイラ。クビにするにも中途半端だしなぁ。浦和は苦労すると思うぞ^q^ 埼スタで素直に勝ち点3献上しないからこうなるんだワハハ

36 2019/05/20(月)
ブロックを敷いた相手に対してミスで先制を許してはいけない。

372019/05/20(月)
コンサポです。何もさせてもらう事のできない試合だった。ただ、次につながる負け方だと信じてます。

38 2019/05/20(月)
札幌勝てないなぁ

40 2019/05/20(月)
負けは負け。札幌がただ弱いだけ。

42 2019/05/20(月)
この課題は浦和の頃から全く変わってないな。

43 2019/05/20(月)
私はゴール前に大型バスを並べるフットボールは好きじゃないんだ♪(* ̄∇ ̄)ノ













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ