20190519-00010000-wordleafs-000-2-view[1]


スポンサード リンク




 降り注いでくる拍手を浴びるのがつらい。横浜F・マリノスに4失点を喫し、試合終了間際に一矢を報いるのが精いっぱいだった試合後。敵地・日産スタジアムへ駆けつけたヴィッセル神戸のサポーターから、ブーイングが起こることはなかった。

 一部の男性からは「これで終わりかよ」と怒声が飛んだ。しかし、チームカラーの赤で染まったゴール裏の一角から、ごく自然とわきあがった拍手がそれをかき消す。ブーイングを覚悟していたゲームキャプテンのMF山口蛍(28)は試合後、偽らざる思いを吐露している。

「この状況を含めて、ブーイングされるべき結果と内容、そしていまの自分たちだと思うので。もちろんサポートをしてくれることは本当にありがたいですけど、もっと厳しく自分たちに当たってくれていいというか。そうじゃないと、選手たちも気がつかないところもあると思うので」

 クラブワーストタイ記録の6連敗で迎えた、18日の明治安田生命J1リーグ第12節。開幕前に注目を集めた“VIPトリオ”のうち、MFアンドレス・イニエスタ(35)とFWルーカス・ポドルスキ(33)をともにコンディション不良で欠いた一戦は、ミスから先制された前半31分で大勢が決した。

 自陣の左タッチライン際からDF宮大樹(23)が正確性を欠いた、無謀にも映るサイドチェンジのパスを逆のタッチライン際へ送る。味方にわたる前に、マリノスのDFティーラトン(29)がボールを楽々とカット。電光石火のカウンターを仕掛けられる。

 前がかりになっていたヴィッセルが、一気に数的不利に陥る。ボールを受けたFW遠藤渓太(21)が、ドリブルで左サイドの奥深くまで侵入。折り返しをMFマルコス・ジュニオール(26)に決められた瞬間に、山口の目には「チームが気落ちしてしまった」と映った。

「声を出しても、もう少し応えてくれてもいいんじゃないか。そう思うくらい落ち込んでいるから、そこはもっとみんな前向きになっていかないと」

 前節までの6連敗のうち、相手に先制を許した試合が4を数える。試合へ向けて必死に高めたモチベーションが、失点とともに脆くも崩れてしまうのだろう。今日もダメなのか――こんな思いに支配された後半はマリノスのスピードに後塵を拝し、なす術なく3失点を積み重ねた。

「けが人もかなりいて、攻撃の形を上手く作れないなかで失点すると、チームとしてすごく難しくなるので」

 笛吹けども踊らず、とたとえてもいいチーム状態に山口はもどかしさを募らせる。それでも「試合中に声をかけ続けていく。それしかない」と、即効性のある処方箋が見つからない窮状も素直に認めるしかなかった。

「気迫というものが感じられなかった。試合が終わってもそのままで、みたいな感じで。ピッチに立っている分、選手たちに責任があるわけで、この状況を一人ひとりがもっと重く受け止めないといけないし、全員がそこを自覚しないと、この先も厳しい戦いが待っていると思うので」

 今シーズンから登録無制限、ベンチ入りおよび試合出場がともに5枠に拡大された外国籍選手枠をヴィッセルはフルに活用してきた。しかし、金看板として掲げた“VIPトリオ”は、クラブワースト記録を更新した7連敗のなかで一度もそろい踏みしていない。

 3人のなかで唯一、マリノス戦で先発したFWダビド・ビジャ(37)が前線から激しくプレスをかけても、後が続かない場面が何度もあった。苛立ちを隠せなかったのか。後半37分に警告を受けた元スペイン代表のゴールハンターは、ノーコメントで取材エリアを素通りしていった。

 開幕から7試合連続で先発フル出場してきたイニエスタも、連敗が伸びる過程でコンディション不良に苦しんでいる。キャプテンとして横浜まで帯同したものの、精彩を欠くチームメイトたちを見ながら何度も頭を抱えていた。

「このチームはどうしても外国人選手に頼っている部分があるから、彼らがけがから戻ってくれば、またチームとしても盛り上がると思う」

 チームの現状をこう振り返った山口は、スペインサッカー界で一時代を築きあげた、稀代のプレーメイカーが戦列復帰すれば何かが変わると、一縷の希望を託すしかなかった。

「彼の強いメンタルが、いまは特に必要だと思う。イニエスタがいる、いないで相手の重心も変わってくる。もちろんトライはしているけど、あれだけの選手なので、そこはすごく難しい」

 ただ、イニエスタが途中出場を含めて前節まで3試合続けてピッチに立ち、攻撃の形を作っても連敗を止められなかったのも事実。昨夏に加入したイニエスタを軸に、昨年9月に就任したスペインの知将フアン・マヌエル・リージョ前監督(53)、オフに獲得したビジャと、三木谷浩史オーナー(54)の号令下で進められてきた「バルセロナ化」は、開幕からわずか3ヵ月で無残なまでに瓦解してしまった。

 後半アディショナルタイムにFWウェリントン(31)がゴールを決めても、ボールを拾い上げ、一刻も早く試合を再開させようとする選手もいなかった。そのウェリントンは湘南ベルマーレ時代の2013シーズンをすべて1点差で食い下がりながらも6連敗で終え、J2降格を喫した経験がある。

 就任2年目の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督のもと、初めてJ1に挑むも厚い壁にはね返され続けたほろ苦い記憶。それでも指揮官は引いて守ることを選択せず、リスクを冒してでも前へ、前へと攻めて出るスタイルを貫き、若手が多いベルマーレの一丁目一番地とした。

 チームが描くベクトルを信じたフロントも、降格しても曹監督を続投させた。翌2014シーズンのJ2を独走で制した源となった「湘南スタイル」はチームのアイデンティティーとなり、前代未聞の誤審をはねのけて浦和レッズに逆転勝ちした前夜でも鮮やかに発動された。ウェリントンは言う。

「勝たなきゃいけない、という責任感が逆に自分たちのプレッシャーを大きくしているかもしれない。ヴィッセルには力があるので、いい意味で力まないように、プレッシャーを感じすぎないように、という精神状態も必要だと思う」

 6年前のベルマーレと比べて明らかに地力で上回っているのに、長く暗いトンネルに迷い込んでしまった。3年連続でシーズンの途中で監督が交代しているヴィッセルには、残念ながら追い込まれたときに一度立ち返る場所がない。山口やウェリントンが募らせる、もどかしさの理由がここにある。

 無定見に映るオーナーのチーム作りの余波と言うべきか。昨年9月に一度解任されながら、リージョ前監督の電撃辞任とともに再登板した吉田孝行監督(42)も、泥沼にはまり込んだ現状に対して、けが人の復帰しか打開策をあげられなかった。

 原因は選手たちではなくフロントにあることがわかっているからこそ、試合後にブーイングが起こらなかったのだろう。ひとつ勝てば流れが変わるが、白星を手にするまでのプロセスが見えてこない。降格圏ぎりぎりの15位に後退したヴィッセルは26日の次節、波に乗るベルマーレをホームに迎える。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010000-wordleafs-socc&p=1



1 2019/05/19(日)
去年解任された監督の再登板はあり得ない。
フロントが迷走していますね。
このままでは降格があるかもしれません。

2 2019/05/19(日)
今に始まった話ではないが、神戸は生え抜きの選手がほとんどいない。今の神戸の選手達も心の中のどこかで「降格したら移籍しよう」と思ってるはず。だってヴィッセル神戸というクラブに思い入れがないから。
マリノスも去年はかなり苦しいシーズンでした。でもその中で生え抜きの喜田拓也や天野純を中心になんとか残留し今年を迎えました。結局苦しい時に立ち返る場所は『チーム愛』だと思います。
昨日は現地観戦しましたがあのヴィッセルの崩壊っぷりは見てて辛いものがありました。時間をかけてでも抜本的な改革が必要だと感じました。
 
4 2019/05/19(日)
当初、自分もフロントが悪いと思ったが
試合内容みてると、攻める時には前がかりになりすぎカウンター受けると守備が足りない…
いつも、相手をフリーに一人はさせてしまう
ここまでくると、やはり監督の資質と戦術にあるのかなぁ?と思ってしまう。

6 2019/05/19(日)
「このチームは外国人選手に頼っている部分があるから彼らが怪我か戻ってくればまたチームとしても盛り上がると思う、今はイニエスタの強いメンタルが特に必要」
今の散々な状況でまだこんな発言が出ることに驚く。
自分達でどうにかしようという気概は無いの?
鹿島は主力選手が多数移籍&引退&怪我人続出でボロボロですが、残されたメンバー一人ひとりがもがきながらも一丸となって頑張ってますよ
安西が「世代交代の時期だから勝てなくてもしょうがないとは言われたくない、それは嫌。連戦でもあっても言い訳なしで勝っていけるようにしたい。自分が勝たせたい」て言ってる
結局は選手の気持ち次第では?
今イニエスタが戻ってきた所でなにもかも変わらないよ
サッカーって11人でするものでしょ

7 2019/05/19(日)
クラブに愛着がなく、かつ実力のある選手が集まっている。
それこそが一番の問題点。
降格しても別にどうでもいいし、自分はすぐに次の移籍先も見つかるし、給料はたんまりもらってるし。
そんなメンタルで勝てるわけない。

9 2019/05/19(日)
チーム愛とか生え抜き伝づてよりも、まずクラブとしてバルサのDNAを取り入れる際にその礎となる基礎をたたき込む段階でのリージョ解任が事の発端ですね。極端に言うと180°サッカーの内容が変わってしまった。前までは適正なポジションを取り埋めようとしていたスペースも現在はマンパワー(走力)で補おうとしています。そうなれば当然のように選手に負荷がかかるので古橋選手のように怪我人もこれから出てくると思いますね。そもそもピッチ上に現れない事象で片付けてしまうのはかなり危険ですし(もちろんメンタルは不可欠ですが)去年降格した柏は生え抜きの割合は相当に高いですが、監督交代により全く別のチームになってしまいました。吉田さんもかなり損な役回りですし、同情されるのも仕方ないかと、、クラブに我慢する許容があればまた変わっていたのだと思います。

10 2019/05/19(日)
Jリーグが出来て26年、神戸などを見ているとフロントというのが重要な時期だなと感じる。
2000年前後の優勝争いをしていた鹿島と磐田、今、鹿島が名門という感じで磐田と差ができた。その大きな要因はジーコという存在がこの長いスパンでずっと影響し、ノウハウ、アイデンティティが蓄積していった結果だと思う。
これは10年とかそれ以上の長期的な戦略(まぁ鹿島も意図していたわけではないと思うけど)がいい結果(指導者として石井、大岩という監督輩出など)として実った結果だと思う。
また今季、好調の名古屋、風間さんは相手に合わせるよりも自分たちのサッカーを構築することを優先する。昨年の今頃は低迷してサポーターから辞任の声もあがっていたがフロントは我慢した。
うさぎとかめ、ではないが組織作りの過程で亀と思って行動しないといけないことはある。
今の神戸にそういった要素がみられないこと、蓄積ないことが不安な点。

12 2019/05/19(日)
イニエスタが出る出る詐欺で観客を呼びアウェイでも集客の手助けをしてくれる。アウェイ側からしたらイニエスタが出ないのは残念だけど勝たせてくれるから良いお客さん。このままいて下さい。どんどんスターを連れてきてJリーグを盛り上げて下さい。宜しくお願いします。めげてはだめです。勝つのは二の次でも良いです。勝ってくれたら他のクラブも追従するかも知れないから勝った方が良いのかな?今のままだと、スターを連れてきてもフロントがダメだとこうなるのか、という悪い見本にしかならないからな。難しいな。

13 2019/05/19(日)
フリューゲルスの元サポですが、吉田孝行は私達にしてみれば当時のチームを救って天皇杯で決勝ゴールを決めてくれたレジェンド。
マリノス戦は日産スタジアムで観戦しましたが、見てて辛かった。
元々ヴィッセルは堅守速攻が看板だったチーム。
一度そこに立ち返ってチームの骨格を作り、VIP組はベンチスタートで後半から交代出場させるのが相手チームも嫌だろうと思います。
吉田監督には頑張って欲しい。
でも、チームを本当にバルサ化したいなら、名古屋から風間監督なんかを取って来て戦術に見合った選手に入れ替えないと、ダメだと思いますよ。
そこで1~2年我慢しないと。
吉田孝行を潰さないでくれ。

15 2019/05/19(日)
確かにフロントに問題があると思う。
ただ、試合を見ても前がかりになり過ぎたりパスミスから毎度失点したり監督戦術気持ちの問題も強くあると思う。
リージョの時は負けてもいいサッカーしてたし。
そしてブーイングをしなかったのでは無く、どうすればいいのか分からず放心状態、諦めに近い無言だったと見てて思う。

16 2019/05/19(日)
毎度書くがブーイングをしたから結果が覆るわけではない。
自分自身の仕事でミスをして、株主、自分の上席者から文句ネチネチ、罵声とか浴びても良いと言う方であれば、存分にやっていただいてもいいのですが。
>、もっと厳しく自分たちに当たってくれていいというか。
>そうじゃないと、選手たちも気がつかないところもあると思うので
他力本願の時点で駄目だね。
勝つためには、点をとること。
点を取るためにはゴールへ向かうこと。
ゴールへ向かう最短距離でいかに効率よく点を取るか。
バルセロナの関係者の方の公演ではこのように教えていただきましたが、難しいものなのでしょうかねぇ。

17 2019/05/19(日)
どのチームも優勝を目指していると思うけど、特に神戸はその意識が強かったと思う。目標と現実とのギャップが大き過ぎてモチベーションが保てない。自分たちのサッカーを貫くのも大事だと思うけど、やはり相手チームの研究をして毎試合ごとに戦術を考えないと。まずは次の試合をどのように獲るか全員で考えて欲しい。

19 2019/05/19(日)
ワールドクラスは客寄せとたまに見せるスーパープレーで充分。
一番大事なのは、そのワールドクラスを間近に見ながら成長する生え抜きの若手の存在と、ワールドクラスと若手を融合させるベテランの存在。

21 2019/05/19(日)
やっぱりなって感じる展開。
スーパースターを連れて来るのはいいが、チームがその選手を軸にチーム作りをするのは、当たり前の事だけど、そのスーパースターに対しチームの地力がそこまで有るかどうかで、そのスーパースターに対する求めるものが変わるのかな?って気もする。地力が無いのにそのスーパースターを他の選手が生活かす事も出来ないし、活かされる事も出来ない。それで、勝てるはずもない。無いなら無いで、バルサの魂をヴィッセルに根付かせてもらう様に、根付く様にすべきだと思う。見てると単に勝ち負けだけに執着しすぎていて、原因探しだけしてる気がする。フロントを始め、選手その他全てに原因は有ると思う。サポーターも諦めでブーイングをしないのかも?だとしたら、それも問題。

23 2019/05/19(日)
今の神戸は昨季の名古屋と同じようにかなり悲惨な状況に陥りつつあるが、オーナーの問題(金も出すが口も出す)、監督の問題(明確なビジョンがなくパニクっている)、スター選手たちの問題(稼働率が低い)などがあって、昨季の名古屋以上に厳しいかもしれないね。

24 2019/05/19(日)
スターの方々は日本に来た事後悔しないんだろうか
華々しい経験してきて引退前にこんなに負けを経験すると想像したのかな

25 2019/05/19(日)
現在の状況を考えたら、生え抜きの北本がベテランがいない事が大きいかも。各チームの寄せ集めだから上手い選手は多いがチームに愛着ない感じがする。

27 2019/05/19(日)
外人選手はあくまでもサポート。日本人の選手をもっと大事にしないと。あの貧弱だったレッズがどうやって今の強豪チームになり得たか、参考にしてみればいい。かっこだけのバルサ化もいいけど、これだと決めたスタイルを徹底してこだわっていけば結果は必ずついてくる。

30 2019/05/19(日)
たまに神戸戦みるけど、パスがつながらないし、11人居るはずなのに相手チームより人数少なく感じてしまうくらい各々の位置どりが良くないと思った。山口蛍も周りのモチベーションを上げられるようなタイプじゃないし。外国人選手が復帰したら変わるとかコメント出してるみたいだけど、、、外国人選手使わないパターンではどうするか、とか、監督から具体的に指示は無かったの?と思ってしまう。いろいろと、コミュニケーションが足りてなさそう。
 
31 2019/05/19(日)
なかなか3人が試合にそろわないっていうのも問題だね。今後は32、3歳を過ぎた選手は元スター選手であっても獲得に慎重にならないと。

32 2019/05/19(日)
長年の鹿島サポーターからの一言ですが
あまりにも層が薄すぎですね。神戸は。資金力はあるのだから、いつでも外国勢に交代できる若い逸材を大勢採用し、
厳しい選抜も兼ねたチーム練習を経て試合に臨んで見ないと。

34 2019/05/19(日)
愛…
核心をついている言葉です
愛があれば、自分だけよければ
自分本位のプレーがなくなる。
愛があれば、仲間の為に無駄な走りが増える
愛があれば、信じる心も生まれるでしょう。
愛を育むには時間がかかるの自然
ジュニアユースからの育成、現場スタッフも長期契約。時間軸がズレていては 難しいですね

35 2019/05/19(日)
神戸はと言うか楽天はどうするんだろうね?
例の3人の獲得を広告費だと考えてもう充分ペイ出来たと判断すれば負けても関係無いのかも知れないけど…
見方を変えるとイニエスタのキャリアをこれだけ傷だらけにしているチーム、オーナーと全世界に自らネガティブキャンペーンを展開してる様にも感じるけど…どうなんだろう?
本当にポジティブな宣伝になってるのかな?

37 2019/05/19(日)
火中の栗を拾わされた吉田監督が根本的な原因という訳ではないが、この人はまだ監督の器じゃないんだと思う。
DAZNで試合前のコメントを聞いてても全く内容がなく、自分の中に確固たる戦術や自信が無いんだと感じる。
そういう人にやらせても士気や成績は上がらないよな。

38 2019/05/19(日)
外国人選手頼みの今回の発言や海外挑戦をすぐに諦めてカッコつけた理由で帰国を選んだ山口とは、とにかく一流選手に必要なメンタルが弱すぎだね。
それなりの経験があるのだから、自分が引っ張っていこうという気概は皆無なのか・・・・・
それにサポーターにブーイングを期待するって、バカか!?それでもプロかよ??

40 2019/05/19(日)
現地で観ていました。
攻撃が前がかりになって、ボールをカットされてカウンター。
なんかここんところのマリノスの失点シーンを見ているようだった。
最後ATの失点も不要。
マリノスの選手も、「勝った勝った!」じゃなく明日は我が身と思って、対策してほしい。

41 2019/05/19(日)
外野から見てもあまり選手を責める気にはならないしな。選手一人一人のミスは数え切れないけど根本は選手構成や監督選抜にあって三木谷が反省してないなら手遅れだし。

42 2019/05/19(日)
ポドルスキが来てからの神戸は、チームの何人かのディフェンスが弱くても、それ以外の7人〜8人できっちり固められるような守備戦術の構築が必要だと思う。夏場を迎えるまでチームを立て直す時間はあるので、チームとしてどういうサッカーをするのか理念を共有した上で、チームとして理念に基づく戦術を実行できるようになってほしいと思う。

44 2019/05/19(日)
楽天の三木谷は野球チームもサッカーチームも売却すべき。
チーム強化にまるで取り組もうとしないし、現場が可哀想…
楽天みたいやチャラい会社ではなく、しっかりした会社が経営すべき。

45 2019/05/19(日)
シーズン前に神戸が優勝することはないだろうとは思っていましたが、ここまで失速するとはね。
このままだと本当に降格して海外スター選手は皆退団。チームは崩壊しますよ。
Jリーグを盛り上げるためにもそれは避けてほしい。













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ