20190509-00010015-goal-000-2-view[1]


スポンサード リンク




アヤックスvsトッテナムの一戦について、ジョゼ・モウリーニョが自身の見解を示している。

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)準決勝、アヤックスvsトッテナムのセカンドレグは2-3でフルタイムを迎えた。この結果、ホームでのファーストレグを0-1で落としていたトッテナムは2戦合計3-3、アウェーゴール差でCL決勝進出を決めた。

モウリーニョは『BeIN Sports』での解説を通して、アヤックスvsトッテナムの一戦について、3点のアドバンテージを守りきれなかったアヤックスの采配に苦言を呈している。

「アヤックスが見せたこの戦いぶりは称賛に値する。だが、フットボールとは常に常識や固定概念との戦いになる。彼らは自らのスタイルにこだわりすぎて、柔軟性を欠いていたんじゃないか」

「特別な試合で本当に勝ち上がるために必要がことが試されたとは思えない。やはり、チームの哲学を放棄してでもすべきことがあったんじゃないだろうか」

「優位に立った時、基本的にすべきことはバランスを常に保つことだ。アンバランスになることは定石から外れたことだと認識していいと思う」

「バランスは最終ラインから始まるものだが、アヤックスのプレスは後半、明らかにバランスを欠いていた。まるでエールディヴィジでフィテッセと戦っているかのような後半だった。トッテナムは攻撃的な選手を次々に投入し、逆転を狙って攻勢をかけていたわけだからね。アヤックス側にとってアンバランスになるのは必然だった。トッテナムは本当に幸運だったと思う。結局、フットボールの女神は最後の最後で彼らに微笑んだわけだからね」

一時は2戦合計3-0とリードを広げたアヤックスだったが、ルーカス・モウラがハットトリックの活躍を見せ、後半の45分だけで3点を奪取。3-3のアウェーゴールにより、アヤックスは逆転でCL決勝行きの切符を逃している。

モウリーニョは09-10シーズン、インテルを率いてCL準決勝バルセロナ戦に挑み、ホームでの初戦を3-1で制した。第2戦はカンプ・ノウに乗り込み、バルセロナからの猛攻を受けながらも守備陣が奮闘。0-1のスコアでしのぎ切り、2戦合計3-2で決勝進出を果たした。試合終了のホイッスルが鳴り響くとともに、モウリーニョは人差し指を立ててピッチ内を駆け回ったことも。百戦錬磨のモウリーニョは、前線の枚数を増やして攻勢を仕掛けてきたトッテナムに対し、アヤックス指揮官エリク・テン・ハーグがもっと守勢の修正をすべきだったと見ているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00010015-goal-socc



1 2019/05/09(木)
特に最初の失点は、前線に選手が残りすぎな気が・・・
後半で2点差あるんだから、もう少し上手く試合を
進められればと、結果を見ると思っちゃいますね。
でも、そんなアヤックスのサッカーにワクワクさせてもらいました。
何人かの主力は抜けるでしょうし、クラブの規模を考えても、
今年のようなチャンスは、直ぐにというわけには
いかないと思いますが、今回の敗戦を糧に
またCLの舞台で躍進するアヤックスを楽しみにしています。

2 2019/05/09(木)
勝ちにいくのなら理想は放棄して現実的になる必要はトーナメントとかになるとより顕著になる。まぁ美しく負けたいなら別だが。その点ポゼッションするチームは何を望むのかで変わるかなと。そういう意味で勝ちも魅力も両立させたペップバルサは驚異的だった。

3 2019/05/09(木)
1点目はカウンターされたけど、守り固めてても2点とられたから何とも言えない。それくらいモウラやジョレンテは凄みがあった。
アヤックスは再三のチャンスで3点目決めきれなかった方がいたい。ロリスの奮闘も忘れてはいけない。
最近の試合を見ていると、なかなか点差を守りきろうと思ってもチーム力にかなり差がないと難しい気がする。滅多うちにされる事も可能性もあるから余程強固なディフェンスラインでないと持ちこたえれない。

5 2019/05/09(木)
個人的には決勝点に繋がった、オナナのロングキックが悔やまれる(ファンブルももちろんだけど)。スパーズで怖かったのはジョレンテ目掛けたハイボールとその落としだけで、前から鬼プレス掛けて来てたわけでもなかった。時間を掛けてじっくり繋いで時間を進めるべきだとリアルタイムに感じていました。

6 2019/05/09(木)
バランス考えて、慣れない方法をとることは、
より崩壊を招くこともある。
アヤックスは若いチームだからあのスタイルしかもってなかったのかもしれない。
前日のバルサみたいにスタイルを捨て賢くいけるチームといけないチームはあると思う。

8 2019/05/09(木)
バルサとかペップのチームとか、理想を追求しようとするチームは勝負弱さが目立つね。結局、トーナメントを勝ち抜くには理想に固執するのではなく現実的に戦える力強さが必要ということか。

9 2019/05/09(木)
ポチェッティーノのほうがより明確で柔軟な采配を振るったのは確かだった一戦とは感じた。だが、アヤックスが悪かったわけでも無いし、増してセミファイナルまで登りつめて来たことを称賛したい。凄いチームだった。

11 2019/05/09(木)
モウリーニョはそもそも、そんなことをしても哲学を放棄したことにならないからなあ。むしろそれこそが哲学というか。モウリーニョがアヤックスを率いてたら3-0にもならなかったんじゃないか。
しかし、いうことはとても分かる。確かに3点リードしているのだからもっとバランスを取るべきだったかもしれない。

12 2019/05/09(木)
モウはトーナメントに関しては本当に強い監督だから説得力があるね。
選手のモチベーションを保たせるのが下手でリーグ戦は勝てないけど(^^;

14 2019/05/09(木)
まさにその通り
ゴール前にバスを止めていれば勝てていた
大事なのはがむしゃらに戦うことじゃない
工夫することだ

15 2019/05/09(木)
結局はいくら上手くても負ければ無意味の世界
多く得点したチームが勝つのがサッカー
勝ち上がる気持ちは美しいサッカーだのただ上手いだけだのをも上回る力を持つと2夜連続で証明された
ゴールを奪うチームが勝つ
ただ上手いだけで勝負所で得点できないメッシが敗退4連覇して勝負所で得点するロナウドが3連覇を達成したことでも証明されてる

16 2019/05/09(木)
全て結果論。
とにかく今回のアヤックスという素晴らしいチームを魅られて、
サッカーはチームスポーツだということは改めて感じました。
組織力と連動性で、個の力をカバーできるもんだなと。
たった一年でここまで仕上げた、テンハグ監督。
ペップ仕込みのパスサッカーは美しかった。
ビッグクラブでどこまでやれるか、この先注目ですね。

19 2019/05/09(木)
昨日はリバプールはホームの力を得たが、今日のアヤックスは最後にホームのサポーターに守備的な姿を見せられないから失点したことも考えられる。

21 2019/05/09(木)
モウリーニョが、言うべきことではないと思う。
あなたも哲学に固執しなかったら、マンUで良い成績と選手とのコミュニケーションが上手くできたんじゃないのかね?

22 2019/05/09(木)
まあ守備は特にトーナメントではすごく大事だし、あとやはり決めるときに決める人がいるかどうかかな。
レアルにいた頃のロナウドは、調子が今ひとつでも、そこで決めるかという最高の場面でことごとく決めてたイメージがある。

23 2019/05/09(木)
イングランド人フットボールファンは幸せだろう…
マンC、リヴァプール、スパーズはバルサやユーベよりも
抜けた存在だろうな。
すべてとは言わないけど
この3監督が世界のトップ3だからだと思う…。
マンU、アーセナルの両ファンにはお悔やみ申し上げます。

25 2019/05/09(木)
アンチフットボールする勇気も必要ってことね
まあ若さに溢れた攻撃的スタイルが売りだったから長所でもあり短所でもあったって事だね

27 2019/05/09(木)
ジョレンテ投入で流れが変わった。彼へのケアが出来てれば違ったかも。

28 2019/05/09(木)
もっとジョレンテ相手に無力だった時点でもっと人数かけないとダメなのは明らかだったわな

31 2019/05/09(木)
レギュラーの断食の影響加味したら守備重視は確かに必要やったかもってなるな。

32 2019/05/09(木)
後半に守りに入ったのがアヤックスの敗因だと思う。

33 2019/05/09(木)
モウリーニョの解説面白いな
コメンテーターになってCLのいろんな試合を語ってほしい

35 2019/05/09(木)
結果として負けたとはいえアヤックスの選択も一理あると思うが
このへんにモウリーニョのサッカー観が表れてて、面白い

36 2019/05/09(木)
まぁモウのやり方ならそれを仕込むよね。ただそれだと前半の2点は取れなかったかもしれない。

38 2019/05/09(木)
前半2点取ったんなら、もう後は守って攻勢に出た相手に時々ドキっとさせるカウンター狙いで良かった。
若さが出たなあ

40 2019/05/09(木)
水沼さんも解説してたが、ジョレンテの起用がズバリでしょ。

41 2019/05/09(木)
時にはやりたくない戦術で勝ちにこだわるサッカーも必要だろうな
それが試合への戦術でもあるから

42 2019/05/09(木)
その通りではあるけど結果論でもあるかな。
一点でも入ってればとどめをさせた可能性もあるし、慣れない守備戦術を敷いて負けようものなら大惨事。
スパーズの地力がアヤックスに優ってたから負けたと思う方が個人的には飲み込みやすいかな。

45 2019/05/09(木)
勢いがあるチームに対して、いいボールを入れてからなにもないアヤックスが不利。しょうがない。

46 2019/05/09(木)
スパーズもレッズもバルサもシティまた来年がある。
しかしアヤックスはこのレベルで戦えるのは今年で終わり、残念。













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ