20190505-00000008-sasahi-000-2-view[1]


スポンサード リンク




 J1平成ラストマッチとなった4月28日の第9節。今季開幕から無敗で首位をひた走っていたFC東京がJ1昇格組の松本山雅を2-0を撃破。トップを維持したまま、新時代・令和へと突入することになった。

 そのけん引役となったのは、小学生時代をFCバルセロナ(スペイン)で過ごした17歳の久保建英だ。前半44分の先制ゴールの場面では、味方と敵が交錯してこぼれたボールを拾い、そのままスピーディーなドリブルで前線へ。ゴール前で待ち構えていた永井謙佑に絶妙のスルーパスを送り、1点目をお膳立てした。そして2点目は自らが得たPKをディエゴ・オリヴェイラが決めたものだった。

 彼自身は「入ったと思った」と確信した左足ループシュートが左ポストを直撃するなど、喉から手が出るほどほしい今季J1初得点をいまだ挙げられていないが、近いうちにゴールが生まれるはず。敵将・反町康治監督も「将来の日本を背負って立つ選手」と絶賛したが、令和の久保は平成でカズ(三浦知良)が挙げた日本代表55ゴールを追い越す可能性を秘めていると言っても過言ではない。

 もはやFC東京の絶対的エースと言ってもいいほどの存在感を示す久保には、日本代表の森保一監督らも熱視線を送っている。5月以降は代表活動が目白押しで、5月下旬からU-20ワールドカップ(ポーランド)が開幕し、6月頭からは東京五輪世代のU-22日本代表が参戦するトゥーロン国際大会(フランス)が始まる。

 さらに6月中旬からはコパアメリカ(ブラジル)もあり、そこに森保ジャパン(A代表)が参戦する予定になっている。久保は全チームに参加資格があるため、どこを優先させるべきかが日本サッカー協会内で議論されている。

 今回のコパアメリカはJリーグ開催中の大会で、森保監督が招集できるのは各クラブ1人。海外組も拘束力の問題があるため、2019年1~2月のアジアカップ(UAE)に参加した大迫勇也(ブレーメン)や吉田麻也(サウサンプトン)は呼べず、アジアカップ不参加の香川真司(ベシクタシュ)や昌子源(トゥールーズ)も微妙な情勢だ。

 日本企業のDMM.comが運営するクラブのシントトロイデンも冨安健洋や遠藤航の招集に難色を示していると言われていて、本当に目ぼしい選手がいない。だからこそ、森保監督は久保抜擢を真剣に考えているのだろう。

「レベルの高い選手をA代表に入れるというのは当たり前のこと。ただ、建英の場合はようやくJ1でフル稼働できるフィジカルの強さが身についたところ。世界トップレベルの大会にいきなり出すのはケガのリスクが高い」とアンダーカテゴリーのあるスタッフも懸念を示していたが、そこは見逃せない点だ。

 もしも久保がコパアメリカで大ケガをしてしまったら、近未来のバルセロナ復帰どころか、欧州移籍さえも叶わなくなるかもしれない。その不安要素を加味すると、やはり「年代別代表からしっかりと国際経験を蓄積させていく」というやり方がベストなのではないか。

 10代の未来あるスターがA代表と年代別代表を掛け持ちし、ケガやコンディション不良に陥った例は皆無ではない。

 その最たるものが99年7月の2000年シドニー五輪アジア1次予選・フィリピン戦で左膝靱帯断裂の大ケガを負った小野伸二だ。彼は98年のプロ入り直後から浦和レッズでレギュラーに定着し、すぐさま98年フランスワールドカップに出場。その後はU-19代表として1999年ワールドユースアジア最終予選(チェンマイ)に出場し、フィリップ・トルシエ監督体制で発足したばかりのU-21日本代表の活動にも参戦した。

 続く99年はワールドユース(ナイジェリア)で準優勝し、直後にはU-22代表としてシドニー五輪予選に出場。全く休む間もなく様々な代表を行ったり来たりして、サッカー人生を左右する負傷をしてしまった。この負傷がなければ、彼のキャリアは違ったものになっていたはずだ。

 小野の1つ年下の市川大祐も似たような状況に陥った。98年はまだ高校3年生だったが、小野とともにフランスワールドカップに帯同。その後はU-19とU-21を掛け持ちし、Jの強度にも適応しなければいけなかった。

 そして99年ワールドユースを間近に控えた2月、オーバートレーニング症候群にかかり、ナイジェリア行きを断念。トルシエに「市川は電車に乗り遅れた」と苦言を呈された挙句、復帰までに長い時間を要した。結局、2002年日韓ワールドカップには間に合い、悲願だった世界の舞台には立ったが、「市川がいれば日本の右サイドは向こう10年は安泰」と評された男がそこから相次ぐケガで苦しむことになった。若い頃から代表とクラブでハードな環境を余儀なくされた選手の身体とメンタルは想像以上に消耗するものなのだろう。

 こうした教訓からも分かるように、10代のスター候補生は慎重に育てていく必要がある。久保のように頭抜けたポテンシャルを備えたタレントであればなおさらだ。

 彼には18歳になる今夏、バルセロナ復帰の話も持ち上がっていて、こうしたキャリアも踏まえながら代表活動をどうするかを考えていく必要がある。「久保が必要だから呼ぶ」と各年代の指導者が主張して、無法地帯に陥ってしまったら、それこそ小野や市川の二の舞になりかねない。

 森保監督がA代表と五輪代表の指揮官を兼務し、さらにコーチングスタッフも年代別代表と行き来しているのだから、コミュニケーションはこれまで以上にしっかりと取れるはず。さしあたって5月7日にU-20ワールドカップに挑むメンバーが発表されるが、そこに久保が入っていなければ大きな問題になりかねない。その動向が気になるところだ。

 久保と同じ世代には、桐光学園高3年ながらいち早く内定先のセレッソ大阪でプロデビューを果たした西川潤、カズと35歳差コンビとして話題になった横浜FCの斉藤光毅など才能あふれる17歳選手がいる。彼らもいずれ、上のカテゴリーとの掛け持ち、代表とクラブのハードスケジュールという問題に直面するかもしれない。さらに言えば、海外移籍した場合の扱いなども視野に入ってくるだろう。

 そういう若手をどうやって育てていくかを今こそ明確にすべき時。森保監督を筆頭に日本としての方向性をハッキリさせることが肝要と言っていい。(文・元川悦子)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190505-00000008-sasahi-socc&p=1



1 2019/05/05(日)
まずは、日本サッカーとして、コパアメリカの位置付けをもっと明確にすべきでしょうね。
勝負と強化(国内組を中心としたバックアップメンバーの底上げ)の割合をどのように振り分けるかだと思います。
もし、本気で勝ちに行くなら、久保選手を含め、Jで結果を出している選手をクラブに頭を下げてでも、1チーム一人以上出してもらい、海外組も同じく交渉して積極的に呼ぶべきですし、ただの強化であるなら、今回は別にA代表に久保選手を呼ばずに、むしろUー20と下のカテゴリーとはいえ、勝負にこだわる大会に主力として参加させ上位を目指す方が、長いスパンから見ても日本サッカーの財産になると思います。
後、個人的な意見では、久保選手には1つずつステップを踏んで行って、着実に成長してほしいと思います。そして、日本サッカー史上初のワールドクラスと呼べる選手になってほしいです。

2 2019/05/05(日)
元川さんの記事は、ほとんどいつも的確だなと思って読ませて貰っているけど、今回はちょっと。
小野伸二の場合は、あまりにも悪質なファウルだったからね。
海外組の参加が無理な中、参加選手をJリーグやU23から選ぶと言うなら、
久保建は、すでにレベルに達している。
U20に参加させるより、有意義と思う。
守備に追われる時間が長いからと言うコメもあるが、強豪を相手にすればWCのA代表だって、恐らく状況は同じ。
エクアドルやチリ相手に出来なければ、フランスやブラジルに
通用するわけがない。
良いシミュレーションになるのでは。
それより、ライターとして、あまりにもスケジュール調整ができていない
サッカー協会とJリーグの関係を問題にして欲しい。
もう一つ、久保だけでなく他の若手についても、
カテゴリーは一つに絞ってあげて欲しいね。
怪我を心配するなら、そちらが先でしょ。

5 2019/05/05(日)
10代スターはこれまでも幾人か出てきていたけど、
単に早熟だったり、才能に溺れたり、メンタルが弱かったりと弱点抱えてた。
小野の怪我は本当に不幸だったが。
その点久保君は、
身体的にも早熟には見えないし、常に上を目指しているし、メンタルは試合を見てもインタビューを見てもしっかりしている。
これまでにない逸材だよ。
土台が全く違う。

6 2019/05/05(日)
アジア予選でもサウジアラビアに完敗している。
増して、ワールドユースU-20のレベルは非常高く、久保にとっても勉強になると思う。
コパ アメリカへ参加しても、守備力が重視されるためレギュラーで出られるとは思わない。
加えて、相手国との力の関係から日本が守備に追われることが予想される。
その中で、仮に途中出場しても久保がボールに関われる機会は非常に少なくなると思う。やはり、コパ アメリカへの参加よりU-20を優先すべきだと思う。
 
7 2019/05/05(日)
久保選手はトップチームに上げるべき。怪我の心配なんて誰もがあるわけだし、ある意味怪我をしないようなプレーをするのも選手のスキルの一つ。
代表で学ぶ事を優先させ、身体で覚えるほうがいい。

10 2019/05/05(日)
能力や将来性、Jリーグの結果を考えれば、A代表に入れれば良いと思う。
他の国も10台からA代表に入る選手は少なからずいる。南米諸国との試合を早くから経験できるのは大きな糧になるし、海外移籍への試金石になるのでは。
 
11 2019/05/05(日)
東京からは室屋を呼びたいから久保は呼ばないかなと思ってたが室屋が怪我したし本当に可能性は高いだろうな。東京にとっては抜かれるのは痛いだろうけどなんとか許諾してほしい。
怪我に関してはなかなかコントロールできないものだから仕方ないと思うしそれよりコパアメリカを経験するのは凄く経験値になると思う。
 
12 2019/05/05(日)
元川たまには良いこというな。身体ができるまでは国内でしっかりやったほうが良い。日本人はフィジカルが完成するまでに時間がかかる。ここはじっくり育てるべき。23歳越えてから海外行っても遅くない。

14 2019/05/05(日)
それは元川さん程の出入の記者であれば
科学的な検知も踏まえて、直接協会と監督に
言ってくれ。
俺が個人的に思うのは、本人の意向に甘えるのはやめてほしいなと。本人は行きたい、出たいと言うに決まってる。
あとはU -20W杯まではそのカテゴリーに集中。
そしてオリンピック、そして代表。
今現にクラブでこれだけ出れてるのであれば
それで充分ではないか。
南米選手権出すなら、もう下のカテゴリーは二の次、三の次とする。ドルトムントのイングランド、サンチョのように。
南米選手権は久保じゃなくて、いいと思う。中島、南野世代やドウアン世代のテストすべき選手はたくさんいるよ。
元川さんこれ伝えてよ、森保に!

15 2019/05/05(日)
コパアメリカに召集されなくても「あの時コパアメリカに出ておけば大成したのに」と誰も思わない。
バルサ(もしくヨーロッパ)に復帰するのであれば専念するべき、海外経験がユースの世界大会しかなかった時代とは違う。
ユースでしか世界を経験できない程度の選手に任せておけば良いのでは?
スケジュール過密で所属チームのポジション争いやコンディション調整に慣れてないのに、無理してA代表に呼ばなくてもいい。
いくら才能があるとはいえ、17歳の選手がいなければ世界で戦えないわけでもないでしょ

17 2019/05/05(日)
テクニックは十分だが、スピードがあまりないのが気になる。
でも1番の課題はフィジカル。
これを克服できなくて多くの才能ある日本人が消えていった。
久保くんが海外で活躍できるかはフィジカルの向上次第だな。
頑張って欲しい。

18 2019/05/05(日)
コパ・アメリカという権威ある大会にせっかく参加できるチャンスを得たのに、ヨーロッパ組はともかくとして、Jのクラブも各クラブ1人という制限を設けるなんて、何のために参加するのか、本気で日本のサッカーを成長させたいと思ってるのか、各関係者今一度考えて欲しい。

19 2019/05/05(日)
確かに久保選手は凄いし、今の代表に入っても周りと遜色なくプレーできると思うけど、まだA代表は早い気がします…U世代で栄光と挫折を味わい、メンタルも鍛えて初めて、A代表で技術なり戦術眼なりが輝くと思うので、このタイミングでの招集は久保選手自身のためにならんと思います。きっと久保選手本人も、呼ばれることを無意識下に確信してると思うし、招集することはむしろマイナスかと…

21 2019/05/05(日)
概ね同意。オーバーワークになって、不幸が起きないように気を付けて欲しい。早くから代表でプレーしてもいいと思うけど、ヨーロッパのリーグでじっくり成長して欲しいかなと思う。

22 2019/05/05(日)
いや、カズの記録じゃなくて、久保選手の特徴はゴールする前の崩しのクオリティじゃないの?
久保選手に限らず、環境と日頃の意識で向上するし、本当に小さいときから海外に揉まれていたから多分そこは心配ないはず。ケガに注意なのと移籍のタイミング次第だね。

24 2019/05/05(日)
Jでは伸びないよ
Jは欧州や南米と比べレベルは下だけど
海外のサッカーよりタイト
Jで変なプレースタイル身につく前に
海外でプレースタイルを確立したからJに戻った方がいい
あと、周りのレベルや戦術理解や動き出しが重要
Jにいるスペインの助っ人みてても
この環境でのプレーに限界を感じる
一刻も早くJを出るべきだよ

25 2019/05/05(日)
単純にまだまだ線が細く体は成長期。日本代表の遠征は長距離移動が要求されることも踏まえてると、まだA代表に呼ぶのは時期尚早かなと思います。

27 2019/05/05(日)
しっかり食べてよく寝る。体づくりの基本だけど以外とみんないいかげん。
先輩からの夜遊びの誘いとかをノーと言えるかどうかが重要になってくるかも。
大久保嘉人なんかは国見の監督の助言で給料を両親に管理してもらってたので遊ぶ金が無かったから大事な時にサッカーに集中できたとか。

28 2019/05/05(日)
本人がどうしたいか次第じゃないでしょうか
A代表でやっていける実力は既にあるので、後は久保選手が自分をどうプロデュースしていくかの問題だと思います

30 2019/05/05(日)
レベルの高いライバルたちに囲まれて、いつ首切られてもおかしくない環境でやってきた天才と、日本でちやほやされて将来をほぼ約束された環境でやってきた天才とは全然違うと思う。
久保君や中井君は期待していいと思う。

31 2019/05/05(日)
小野伸二は本当の天才。
あの怪我がなかったら、ヨーロッパのビッグクラブのレギュラーは確実だった。
小野伸二以来の匂いがする久保くんは無理に使わずに、大事に育てて欲しい。

32 2019/05/05(日)
サッカーは、18才までは天才。と言われたりするほど、プロになってから活躍するのが難しい。久保くんも、これからが頑張りどころですね。

35 2019/05/05(日)
今、J1でもしっかりやれてるんだからこうやってイチイチ記事にせずチーム、サポーターマスコミが温かく見守れば大丈夫だと思います。
世界に戻るのも時間の問題なんだから良い意味でほっとこう。

36 2019/05/05(日)
とりあえず3つ資格はあるけど、どれか1つでいい。もう18になるんだし、A代表に呼びたいなら呼べばいい。怪我怪我言ってたらサッカー出来ない。この選手ならA代表に呼ばれるならそういうとこもしっかり覚悟して臨める選手でしょ。

37 2019/05/05(日)
大丈夫なのか?凄いのか?さすがだ!期待の星だ!とか色々言われて大変だよね。日本の駄目マスメディアの悪い癖による弊害。日本にさえ帰って来なければくだらない記事に一喜一憂されずに済んだのに。
これこそが日本と欧州の大きな違いの1つ。

38 2019/05/05(日)
毎試合のようにポスト直撃のシュート打ってるけど、そのうち入るようになって、めっちゃ点取るようになると勝手に思ってます。

40 2019/05/05(日)
悪質タックルはA代表以外でもあり得るし、起用し過ぎでの怪我は管理したらいいだけだと思うが・・・

41 2019/05/05(日)
清水の選手紹介であったように、市川には世界に駆け上がって欲しかった。
オーバートレーニング症候群にさえならなければ内田以上の活躍をしたはずだ。

42 2019/05/05(日)
東京五輪に出すつもりなら今回選ぶべきだと思うけどな。U20は一度経験してるしもういいでしょう。

44 2019/05/05(日)
それは一理あるな。まず毎週Jのフル出場は蓄積してる疲労もあるだろうから定期的に休ませてくれよ













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ