20190505-00010000-wordleafs-000-1-view[1]


スポンサード リンク




 ちょっとした異変だった。右太ももの裏を痛め、サンフレッチェ広島との前節を欠場した司令塔ガブリエル・シャビエル(25)が、名古屋グランパスの最初の交代選手として投入される。ベンチへ下がるように命じられたのは昨シーズンのJ1得点王、エースストライカーのジョー(32)だった。

 敵地Shonan BMWスタジアム平塚で湘南ベルマーレと対峙した、4日の明治安田生命J1リーグ第10節。グランパスの風間八宏監督(57)は1点を追う後半11分に、出場したリーグ戦で32試合続けて先発フル出場していたジョーに、ためらうことなく見切りをつけた。

「少し疲れていたのかはわからないが、今日のジョーは流れのなかに入って来られなかった。ボールの受け方だけでなく、ミスを連続するところもいつものジョーではなかった。そういう意味でシャビエルを入れて、リズムを作りたいと考えていた」

 試合後の公式会見。ジョーを交代させた意図を問われた風間監督は、淡々とした口調でこう答えている。果たして、シャビエルを中心としたパス回しを介してグランパスの攻撃は活性化され、後半20分には同点に追いつく。大胆かつ非情に映った采配を、指揮官は当然とばかりに振り返った。

「選手たちはよければそのままプレーするし、よくなければ途中で変わる、ということ」

 クラブ史上で初めてJ2降格を喫した、グランパスの再建を風間監督が託されたのが2017シーズン。最終節まで強いられた昨シーズンのJ1残留争いの渦中でもぶれなかった、究極の攻撃的なスタイルを妥協することなく追求していく挑戦は、就任3年目となる今シーズンも継続されている。

 2012シーズン途中から4年半率いた、川崎フロンターレでも標榜した「ボールを止める、蹴る、人が動く」を絶え間なく繰り返すことで試合を圧倒的に支配し、エンターテインメント性に富んだサッカーを魅せる。加えて今シーズンは、敵陣でボールを奪い返す守備が威力を発揮している。

 風間監督が就任する以前のグランパスを知っている選手は、いま現在ではわずか4人しかいない。そのなかでベルマーレ戦に出場した唯一の選手、左サイドハーフの和泉竜司(25)は「守備の部分は明らかに変わった」と、チームの進化に対して手応えを深めている。

「基本的には自分たちがボールを保持する、というサッカーを目指していますけど、当然ながら守備の時間もある。そこで引いて守るのではなく、敵陣で奪ってチャンスにつなげる場面が増えている。昨シーズンもやろうとしていたことを、今シーズンはさらに上手く表現できていると思う」

 戦力面で言えばボランチの補強が大きい。セリエAのアタランタBCから加入した、U-20ブラジル代表歴をもつ左利きのジョアン・シミッチ(25)がボールポゼッション率のアップに、FC東京から加入した元日本代表の米本拓司(28)が敵陣でのボール奪取や回収に、それぞれ大きく寄与している。

 高い位置でボールを奪い返せば、その分だけ相手ゴール近くで2次攻撃を仕掛けられる。4バックを基本とする最終ラインの位置取りも高くなり、スムーズにパスを回せる状況をも作り出せる。結果として相手のハーフコートに押し込めた状態で、試合を進めていくことができる。

 第10節終了時の成績を比べれば、昨シーズンは7連敗の真っ只中で最下位にあえいでいた。9得点はリーグワースト2位タイ、20失点は同ワーストにランクされていた数字は、攻守のバランスを著しく欠き、ボールを失った直後に脆弱さをのぞかせていたことを物語っている。

 一転して今シーズンは6勝2分け2敗。シャビエルからシミッチへのホットラインを開通させ、ドローにもちこんだベルマーレ戦で2位の座と、首位のFC東京との勝ち点差4ポイントをキープした。18得点はリーグトップ、7失点は最少のFC東京の5失点に僅差の4位タイと大きく改善されている。

 もちろんシミッチと米本だけでなく、ワールドカップ・ロシア大会の開催に伴って中断された昨夏に加入した元日本代表の丸山祐市(29)、リオデジャネイロ五輪代表候補の中谷進之介(23)の両センターバック、左利きの攻撃的MF前田直輝(24)らがフィットしたことも見逃せない。

 サガン鳥栖から加入した吉田豊(29)も、左サイドバックに定着している。この日の先発メンバーのうち昨シーズンの開幕戦で先発したのはDF宮原和也(23)、MF長谷川アーリアジャスール(30)、和泉の3人だけで他はすべて入れ替わっている。

 弱点を補うために、積極的かつ的確な補強に動いてきたフロントの後押しも今シーズンの好調ぶりに反映されている。しかし、成長を期して加入してきた新戦力がスムーズに順応できたのも、チームの土台部分に「ボールを止める、蹴る、人が動く」の風間イズムが十分に浸透していたからに他ならない。

「言われてみれば当然のことですけど、最初はなかなか難しい部分があった。それでも、それ(風間イズム)を理解してピッチで実践できているときは、相手がどこでも関係なく自分たちがやりたいことが表現できていて、いい結果にもつながっていたと思う」

 和泉が言及したのは、破竹の7連勝をマークした昨年8月以降に見せた、無双と言ってもいい強さを指しているのだろう。ただ、7連勝中で完封は一度だけで、残る6試合で8失点を献上している。連勝中に12ゴールを量産し、元ブラジル代表の実力を証明したジョーの存在も見逃せない。

 今シーズンのジョーはチーム最多の4ゴールをあげているものの、第2節以降は5試合続けて不発に終わり、ベルマーレ戦でも精彩を欠いた。エースの決定力だけに頼ることなく、それでいてソリッドな守備をも身にまといつつある今シーズンは、昨シーズンとは次元がはるかに異なる目標を、つまり優勝争いを設定することができるのではないだろうか。

「後半を見れば、自分たちで立て直せる力が確実についてきたのは間違いない。ただ、悪いときでも自分たちのアベレージをどこへもっていくのか、ということを選手たちは理解しなければいけない。それができればもっと波のない試合ができるし、波のないシーズンをすごせる。そうした部分には、これからも取り組んでいきたい」

 好不調の波が激しかった昨シーズンからの修正点をあげながら、今後を見すえた風間監督はJ1通算102勝。歴代で8位につけているものの、10傑のなかではただ一人、国内三大タイトルをひとつも手にしていない。フロンターレ時代から数多くの選手を成長させてきた名将が、いつしかつけられた「無冠の」という枕詞を返上できるかどうか。令和元年のJ1戦線に、新たな楽しみが加わろうとしている。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190505-00010000-wordleafs-socc&p=1



1 2019/05/05(日)
相手を研究して相手次第で柔軟に戦術を変えるのではなく、良くも悪くも"オレのサッカー"を貫く監督だから、昨季は本当にヤバかった。
今季の名古屋はヨネ、シミッチ、吉田などの強力な新戦力の加入とアーリアがグルテンフリーで覚醒して大幅に進化したことが大きい。
今の名古屋だと、相手にブロックをガッツリ敷かれても相手を容易に崩す。1試合で2点以上取れて当然なくらい複数の決定機を毎試合作るし、試合を通して前からの守備を志向してるから苦手の引いて守る(受けに回る)時間が少なくなったこともあり失点も減った。攻守にバランスが良い。
(川崎が出遅れたし..)本来なら首位を爆走してても良い筈だが、この好調なチームの状態に反してジョーが全くノって来ないw。ただ、今はジョー待ちの状態だが、チームがこのパフォを維持してジョーが復活したらフツーに名古屋無双がスタートするなw。

2 2019/05/05(日)
明らかに最近のJOは精彩を欠いていた。
交代は当然だと思う。
JOを変えてから明らかにボール回しがスムーズになり、チャンスを多く作った。
名古屋には前田、相馬、赤崎と良い選手が控えている。いくら得点王と言われようが昨年の話。努力しないと試合に出れないのは当たり前の話。

4 2019/05/05(日)
本当は風間イズムの前に、下部組織の底上げ、つまり育成選手が中心になって優勝争いする「名古屋イズム」がチームに根付いてないと駄目なんだけどね。
しかし選手をここまで急激に入れ替えて、結果を出しているのだから、名古屋こそ本物の勝利至上主義のプロサッカー集団と言えるかもしれん。同じことやって低迷している神戸との対比が面白いよね。
とにかく名古屋は最強のスカッドになりつつある。優勝が見えてきた
 
5 2019/05/05(日)
風間サッカーは、勝つためだけのサッカーではなく、サッカーの楽しさや意外性を伝えてくれる。選手は、サッカー観を変え、サッカーを学ぶ。このサッカーにフィットして、選手として再起するケースも多い。攻撃サッカーに魅了され、観客動員数が増えていく。川崎のサッカーは風間の魂がまだ残っている。しかし、風間のいた頃のゲームの方がエキサイティングで驚きが多かったと思う。今は川崎と名古屋のサッカーを追って観ています。5月17日は楽しみです。

6 2019/05/05(日)
昨日の「走り屋」ベルマーレ戦はひとつの試金石と思っていたが、試合が進むにつれ、風間サッカーがガッチリと嵌まっていき、約6割のボール保持率だったのはさすが。
VARが無い以上、ああいう判定が時として起きるが、そこで引分けをキープ出来たのも、強さの証だと思う。(個人的にはJリーグでもVARを導入して欲しいが)
あと、やはりジョーの爆発はグランパスの華なので。ファミリーとして完全復活を楽しみにしてます!
 
8 2019/05/05(日)
自分が感心してる事はどんなチームでも負けるし上手くいかない試合もある!去年はそれが連鎖して連敗‥それをしなくなっただけでも成長したと思う。グランパスの場合はチームとしての年輪は少ないんで阿吽の呼吸迄は時間かかると思うし今年は成長感じれたらそれだけでお客さんは喜ぶと思う。

10 2019/05/05(日)
ポゼッションサッカーは確かに出来ているが、相手に固められてその間を抜け出して、、、と無理があるため点が取れない。
これが出来たら何処もかなわない。
今年のグランパスの一番改善されたのは守備です。
特に活躍する選手は米本はもう日本代表に呼ばれてもおかしくはない。
2倍は走り守ってる印象がある。
相方のシュミッチはボランチだな~と思うほど左右にボールを動かして自ら点に絡んでいる。
選手層も厚いから今後は更に飛躍するだろう。
他のチームもやりたがらないのではないかな、、、

12 2019/05/05(日)
いや、むしろ最高状態のジョーからは程遠いのを無理に使い続ける方がチーム全体にまずい。交代は自然。まだ前田を代えたほうのほうが非常だが、前田も先発から飛ばしすぎてそろそろ限界だったのならそれも仕方ない。

13 2019/05/05(日)
さすがに昨年の得点王に対策を練らないチームはないわけで、なかなか思うようにならない。その影響から調子を落としているのなら一度休ませて問題ない。勿論、ジョーが大きな戦力であることは間違いないのだから、早くトップフォームを取り戻して活躍してほしい。

15 2019/05/05(日)
ジョーはそれなりの年齢だからある程度お金を出せば来てくれるとは解るけど、カブリエルとシミッチは、まだ20代半ばなのに、日本に来てくれた!
バリバリ動ける選手が日本に来てくれるのは嬉しいね!

16 2019/05/05(日)
風間監督はチーム内に真の競争力を持ち込んでいるからな
昨年、途中加入であれだけ大活躍した前田なんかも開幕戦こそスタメンだったけど、コンディション不良、チームにフィットしていないと見るや次節からあっさりスタメンから切るばかりかベンチにすら入れない鬼采配をして本人に自覚を促し
前節ようやくスタメン、そして今季初得点と期待に応えさせた
今回のジョーとて例外ではないとチーム内外に示した形だね
今季の名古屋は敗けを引きずらない、連敗しないあたり成長を感じさせる

17 2019/05/05(日)
引き分けは悔しいけど確かに昨年、一昨年ではこういう展開は少なかったように思うからそういう意味では進化なんでしょう。
そしてまだまだ進化をし続けていくと思う。

18 2019/05/05(日)
風間の交代は良かった。ほんとにジョーは良くなかった。代えて良かったと思う。風間は名古屋を大きく変えてくれたと思う。今シーズンACL行けそうな気がする。
 
20 2019/05/05(日)
スター選手でも遠慮なく交代できる勇気。采配は川崎F時代から見えていた。昨年は苦しんでたけど今年は全く違うチームに仕上げて、風間監督の手腕は流石だなって改めて思う。

21 2019/05/05(日)
ジョーにはこれからどんどん暑くなるので、そこで活躍したらいい。
去年を観ても波があるからね。
一番きついときにピークをもってきてチームを助けて欲しい。

22 2019/05/05(日)
若い選手が多いですね。
風間監督が無冠なのは意外。今年はチャンスだと思います。

24 2019/05/05(日)
非情采配じゃあないよ
一人、調子が悪い選手がいるとチームバランス崩れるから
勝つ為の姿勢、選手にも伝わったんじゃないかな
ジョーだけは絶対に変えない
って思ってた選手達も「ジョーも変えるんだ」
常に危機意識を持つようになったんじゃない
いい傾向になればいい

25 2019/05/05(日)
FWとしての恐さはないし、決定力もないけど、それでもFW長谷川アーリアジャスールは素晴らしい動きをしている。

27 2019/05/05(日)
風間にやりたいことやらせつつ足りない分をフロントが補強してる感じだな。DFはあまり考えないから個でカバーできるの補強してそう。

30 2019/05/05(日)
今シーズンのグランパスを見ていると、攻撃時に前線の選手は必ず誰か一人がフリーになるように動いているのがわかる。そこをもう少し詳しく分析してほしい。

31 2019/05/05(日)
小林悠もジョーも、シーズン序盤じゃ良くないね。
小林は暖かくなってから、ジョーは梅雨のジメジメがなくなってからが本領発揮だと思う。

32 2019/05/05(日)
前半の湘南のカウンターを引き込んでDFラインを上げさせ、シミッチのクロスカウンター発動は、作戦かと思ったら、前線のプレスが失敗だったんだぁ。後半は、DFラインを高くして、相手陣地で扇状に展開して、バイタルでのチキタカからシュートに戻って安心した。

33 2019/05/05(日)
昨日の試合では中盤に下りてきてゲームメイクにも参加していたが、他サポからするとゴール前にどっしりと構えられてた方がかなり怖い(笑)

35 2019/05/05(日)
湘南相手に自分達のサッカー出来るようになったのはビックリしたね。
ハイプレスにいつも苦戦していて、相性が悪い相手とイメージあったし。

37 2019/05/05(日)
風間監督は凄いと思う。
一回壊れたチームを優勝争いに加わるレベルまで直ぐに立て直した。
毎年レベルが上がってるし今年の名古屋はほんまに強いし怖いチーム。

38 2019/05/05(日)
カウンターで裏をつかれるのにもDFも少しづつ慣れてきたし(観てる方も)、何より観てて楽しいのがファンとしては嬉しい♪神戸が目指すバルサ化って実はパス回しが楽しいこれが正解じゃないのかな?w

40 2019/05/05(日)
まったく非情ではなく、ジョーに当てから始まる攻撃にスピードが足りなかったから、ベルマーレの守備をかき回す意味でもスピードを優先した結果ジョーを外しただけでしょう。

41 2019/05/05(日)
但し、レギュラークラスと控えの差が大きい
菅原さん、杉森辺りがもう少し伸びてほしい

42 2019/05/05(日)
グラン自体好きだし風間さんのサッカーも好き。
何とかJ1残留の去年に比べたら遥かに良くなってるし、つい優勝の欲まで出てきた。
まだシーズン序盤だから気が早いけど、悪くてもACL出場圏内にいて欲しい。

44 2019/05/05(日)
去年もジョー途中交代したしそれからケチャドバだったし好調の名古屋がジョーまで好調だったらズルいからハンデだよ













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ