20190503-00010000-wordleafs-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/03(金) 12:32:17.22 ID:qJcqAo/59
 想定外の事態に直面したときに人間は衝撃を覚える。日本サッカー界を見渡してみれば、4年ぶりにJ1の舞台で戦う松本山雅FCで、開幕から左ウイングバックとして全9試合に先発フル出場している25歳の高橋諒も、直近のリーグ戦で自身が抱く常識を覆された一人だ。

「何なんですかね、あの上半身の柔らかさ、というのは……」

 平成最後の一戦となった、4月28日のFC東京戦後の取材エリア。ポジション的にマッチアップすることが多かった相手の右サイドハーフ、17歳の久保建英に対して驚きとともに漏らした「柔らかさ」という言葉に、今シーズンの久保が大ブレークを遂げている秘密が凝縮されている。

 高橋が度肝を抜かされたシーンは後半42分に訪れた。こぼれ球を拾ったFC東京のボランチ橋本拳人が最終ラインのDF森重真人へいったんボールを下げる。さらにDF渡辺剛にゆっくりとパスが回される間に、右タッチライン際にいた久保は左手によるゼスチャーでボールを要求していた。

 そして、やや強めのパスが渡辺から斜め右前方へいた「15番」へと入る。絶対に前を向かせない、あわよくばボールを奪ってカウンターを仕掛けようと、久保がトラップする刹那に照準を定めた高橋がアプローチをかけ、猛然と距離を詰めていった直後だった。

「(相手は)食いついてくる、と思っていたので」

 高橋の気配を察知し、次に起こしてくる行動を読み切っていた久保が、ダイレクトでパスに左足を合わせる。ボールをポンと前方へ、高橋の頭越しに大きく浮かせて、自らはそのまま右タッチライン際をスプリント。高橋の脇をすり抜けて、ボールの落下点へ向けて加速していく。
「ただ、何となくわかりました。(自分の)上を狙ってくる、というのが」
 とっさの判断で久保の意図に気がつき、急停止から体を反転させた高橋も追走を開始。久保の左側から右手と体をねじ込んで、勢いを食い止めようとする。久保も負けじと左手を伸ばして、高橋がかけてきたプレッシャーをはねのけようとしたその瞬間だった。

「並んだときに指から入ってくるというか。体を止めにいっても前に入られるというか。独特なものを感じました」

 久保の左手が自身の前面へ入り込み、次いで体を巧みに入れ込まれたときの感覚を、高橋は「にゅるん」と表現した。冒頭で高橋のコメントとして記した「上半身の柔らかさ」が、この擬態語に込められている。どんなに力を入れても吸収される、あるいは力が分散させられてしまうことを意味していた。

5/3(金) 5:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010000-wordleafs-socc

写真
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010000-wordleafs-socc.view-000


スポンサード リンク

2: Egg ★ 2019/05/03(金) 12:32:25.77 ID:qJcqAo/59
サッカーでは不可避のシーンとなる球際のボディコンタクトは、通常ならば「バチン」という擬態語がふさわしい。力と力の激突は迫力満点で見る側を興奮させるが、一方で反発し合うことでお互いにバランスを崩し、負荷をこらえながら必死に踏ん張ることで場合によってはけがの原因になりかねない。

 高橋の話を聞いていて、フィジカルコーチとして豊富な実績と経験をもつ、池田誠剛氏(現サンフレッチェ広島フィジカルコーチ)の話を思い出さずにはいられなかった。横浜F・マリノス時代の2003シーズンに指導した、元日本代表FW久保竜彦の筋肉の特徴を池田氏はこう表現したことがある。
「たとえるならば、しなってもすぐ元に戻るという意味で、柳の木となるでしょうか」
 本来ならば相反する要素となる「パワー」と「柔らかさ」が、鮮やかなまでに融合していた点に、日本のフィジカルコーチの第一人者である池田氏は、大きな衝撃を受けたと明かしてくれた。
 パワーに秀でた選手は数多くいても、柳の木のような柔らかさをもちあわせる選手は日本人では稀だったからだ。加えて、体の柔らかさは、けがを未然に防ぐことにもつながるという。

 そして、松本山雅戦におけるくだんのシーンの続きを見れば、一戦ごとに存在感を増している久保の筋肉も、他の日本人選手とは異なっていることがうかがえる。何がなんでも止めようとした高橋が、体を半身にした状態で久保に再びプレッシャーをかけた直後だった。

 高橋がかけてきた力を逆に利用するように、久保が体ひとつ分だけ前に出た。衝撃を受けてしなった柳が元に戻る際に生じる反発力が、久保を前に出させたと表現すべきだろうか。そのままドリブルコースを前方に取られ、ファウルで止めることもできなくなった流れに、高橋は脱帽するしかなかった。

「海外のサッカーなどを見ていても、ああいうシーンがよくありますよね。(久保選手は)小さなころから海外を経験している、ということもあるんじゃないですかね。あの場面で(自分の)上を狙ってくるというアイデアも、本当に素晴らしいものがあると思いました」

4: Egg ★ 2019/05/03(金) 12:32:43.96 ID:qJcqAo/59
 FCバルセロナの下部組織の入団テストに合格した久保は、10歳の夏にスペインへ渡った。時をほぼ同じくして、日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)らへの指導で知られるプロトレーナー、木場克己氏に師事。体の成長に合わせながら、プロを照準にすえた体作りを進めてきた。
 昨シーズンの久保が主戦場としたFC東京U-23で監督を務め、今シーズンはトップチームのコーチを務める安間貴義氏は、間近で見てきた久保の一番の変化をこう語る。

「去年まではボールを運ぶときに体をぶつけられて、相手ボールになっていた。それがコンタクトされてもグイッと前へ入っていけるようになったところが大きいし、無理だと思えばファウルをもらってくれる」

 たとえば川崎フロンターレとの開幕戦で、久保は日本代表経験をもつDF車屋紳太郎との激しい攻防を制圧している。車屋の懐に体をねじ込んでボールを奪って素早く反転し、体を接触させてきた車屋を一気に置き去りにしてカウンターを発動させた一連のプレーも、体幹強化との相乗効果で天性と言っていい体の柔らかさをようやく実戦で生かせるようになった、と考えればスムーズに説明がつく。

 松本山雅戦のプレーの続きでは、そのままドリブルで右角あたりからペナルティーエリア内へ侵入。前方をDF橋内優也、後方を高橋に挟まれたところでパスに切り替えた。細かいフェイントを入れて幻惑しようとしていたプレーは、PKを誘おうとしていたようにも映る。

 FC東京の了承のもと、木場氏の指導はいま現在も続いている。6月には18歳になる身長173cm、体重67kgの体にパワーをも融合させていけば、どのようなプレーが生み出されていくのか。輝きと可能性を増すばかりの逸材は4日、敵地パナソニックスタジアム吹田でガンバ大阪との令和初陣に臨む。

6: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 12:35:31.85 ID:cuzQ7ZjF0
1人でループして交わしたヤツか
あれは翼くんかよって思ったもんな

7: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 12:35:48.24 ID:Q1UhKM7T0
下半身は硬いみたいな言い方じゃねーか

8: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 12:37:24.73 ID:o8ifTWxs0
>>久保の左手が自身の前面へ入り込み、次いで体を巧みに入れ込まれたときの感覚を、高橋は「にゅるん」と表現した。

あったけぇ…

9: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 12:37:58.31 ID:ie/LCNZC0
武術家だけど、超一流に必要なのは「堅さ」ではなくて「柔らかさ」なんだよ
俺が育てれば久保君は武術家としても一流になれる

11: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 12:42:34.05 ID:b9iw99xS0
確かに去年はフィジカルで押されれたのが、今年は張り合えるようになって
もともとあった技術、判断力を発揮できるようになったみたいに見えるな

12: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 12:43:32.05 ID:lxcMyWXc0
久保の左手が自身の前面へ入り込み、次いで体を巧みに入れ込まれたときの感覚を、高橋は「にゅるん」と表現した。

14: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 12:47:55.19 ID:GQX6rJeM0
長すぎて読む気にならん
3行でまとめてくれ

20: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:04:56.91 ID:1Drqd6UL0
久保くんを褒めないといけない気持ち悪い風潮

32: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:50:11.29 ID:OUxqcfhC0
>>20
今年プレーみたら期待しないほうがおかしい

21: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:08:49.11 ID:Yhe+6aRE0
身長伸びなかったか残念だな
怪我に悩まされる選手人生になりそう

22: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:26:01.91 ID:d4L7Fwy80
末は財前2世か比嘉2世か

23: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:28:47.25 ID:/TFtZPDO0
>>22
比嘉さんは何故あそこまで五輪チームで重用されたのだろうか?
現グランパスの吉田がいたのに

その挙げ句本番は…

24: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:31:12.45 ID:LxODZlQJ0
ある程度の結果を出さないとね
無得点はさすがに駄目
現時点ではあくまで17にしては良い選手

26: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:36:54.23 ID:Bk45Gu1O0
得点感覚は磨かれていくからな。クリロナだって最初から量産出来たわけじゃない

28: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:42:40.75 ID:oA7IQLg20
高橋ごときの感想とか何の意味があるの?

29: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:45:05.36 ID:8cl4lpSK0
久保の体幹の話ならこっちでスレ立てた方がいい
長友の師匠が詳しく説明してる
https://www.football-zone.net/archives/185670

 まだ17歳ながら、堂々としたプレーぶりで日本のトッププレーヤーたちと互角以上に渡り合っているが、
そのなかで印象的なのがフィジカル面の充実だ。
久保が小学5年生の頃からトレーニング指導に当たり、バルセロナのカンテラ(下部組織)時代から専属トレーナーを務めている木場克己氏は、
「体幹が日本のトッププレーヤーと同じくらいのレベルになっている」と成長を実感している。

「川崎との開幕戦では、家長昭博選手とのマッチアップも鮮やかなターンをしていました。
『だいぶ(力が)付いたな』というのは分かりましたね。
体幹の強さが日本のトッププレーヤーと同じくらいのレベルになっている印象も持ちました。
重心を低く保ちながら、コンタクトプレーの際にも重心がブレない」

こう語る木場氏は、体幹・体軸・バランスを強化する
「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者。
育成年代のエリートアスリートから、
鹿島アントラーズFW安部裕葵らトップアスリートが師事するスペシャリストだ。
久保への指導も長年続けており、コミュニケーションを取りながら体作りを二人三脚で長年進めてきた。

昨季のJリーグMVPに輝いた家長を凌ぐほどのテクニックとキレを見せた愛弟子の成長に目を細めている。

30: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:45:48.15 ID:8cl4lpSK0
 現在は「怪我をしないように、自分の体を上手く使えるような形に作っていこう」という方針の下、
地道な積み上げを継続。その結果がプロの舞台で結果を残すことにもつながっている。
今季の久保は相手との競り合いで後手に回ることが少ないが、
木場氏はJ1の選手を相手にしても戦えるよう、意識して取り組んできたことの成果だと明かす。

「プロになった以上は、特にJ1では相手も絶対に削りに来る。
そう考えたら、倒れない体を作るよりも、相手の体を上手く使って反発力で前に進むとか、
膝周りとお尻周りで、相手がガツンと来た時にも踏ん張る筋肉は付けていこうと。
小5からやってきたことで、体幹の軸はできてきています。
今はプロの選手の体を上手く利用して、フェイントの場面でも上半身が流れず、
片足でも踏ん張れるようになっていますね」

31: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 13:47:17.63 ID:8cl4lpSK0
さらに木場氏は、久保がトップレベルの選手とも渡り合える部分を次のように指摘した。

「反転やクイックな動きです。
ボクシングに例えると、パンチを避けるような動きが、脇腹とお尻でスムーズにやれている。
それがフェイントでも生かされていたり、相手とぶつかって踏ん張るのではなくて、
相手の力を利用することができている。動き出しの瞬発力が出てきています」

実際に今季のJ1で、久保は対面するDFを一瞬の動きで揺さぶり、
スキを生み出してチャンスにつなげることも多い。
その根底となるものについて、木場氏は次のように解説している。

「基本的に、頭がブレない選手はしっかりと体幹に刺激が入って、スイッチが入る。
例えば体の中心から右に頭がブレている時に右足を上げようとしたら、詰まってしまって上げられません。
でも、頭が真っ直ぐになっていて姿勢が良ければ、スッと上がるわけです。
重心が前に行っていても、引き上げる筋肉が弱くなってしまう。
だからトレーニングでは(頭の)角度をキープすることに気をつけています」

 裏付けのある指導によって確かな成長を遂げ、着実にプロとしての歩みを進めている久保。
もちろん、まだまだ満足するような段階ではなく、
木場氏も「本人のなかでは上を見据えている部分も当然、あると思います」と語る。
国内リーグ戦で手応えを得ている今、次の“ステップ”を意識し始めるのは自然な流れだろう。

「体に関しては、日本人との対戦で自信がついてきた。
果たして海外に行った時にどうなるかというのが、これからの建英と私の課題だと思います。
今は脇腹、お尻、膝周りを強化して、軸足で思った通りのプレーができるような動きですね。
自分の体を自分で理解して、判断できるような自己管理ができてくると、
上に行けると思います。それができていたのが(長友)佑都ですから」

34: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:01:59.06 ID:GxnGu21S0
残念ながら5chで必死に久保くんスゲーのスレ連発して立てても世間は響きませんよw
現状、知名度は卓球のチョレイ以下です
フィギュアの羽生はむろん将棋の藤井、いやバドミントンの桃田にもはるか遠く及びません
それどころか野球のポンコツ三銃士の根尾、藤原、吉田コーセーにすらぜんぜん及びません
出場が有力視されているU20W杯もスカパー送りです。NHKを筆頭にキー局はガン無視です
「久保が出る? だからどーした?」がマスコミの意識です
久保君スゲーの皆さんには非情な現実でしょうが、現状5ch内限定のスターですからねw

36: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:06:15.81 ID:yinTcOQF0
本田、香川並みのゴリ押しじゃね

41: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:24:08.93 ID:6S/X00b50
>>36
父親の健史氏(46才筑波大)が、田嶋幸三会長(61才筑波大)と山口隆文JFA理事(61才筑波大)の教え子っぽい
この電通の久保ageは、超キモチ悪い

37: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:12:54.96 ID:WnMMQVIe0
体の使い方が上達したって話だな。強くもなってるだろうけど。

38: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:13:38.00 ID:oDIrLj5/0
久保くんアンチの書き込みはまだかな

39: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:17:37.68 ID:VI++6u6T0
なんとなく体の形みて浮かして来るのまで予測できたとこはさすがプロってかんじ

43: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:39:07.97 ID:6S/X00b50
筑波大学出身のサッカー選手
https://university-rank.com/00000274_00000027.htm
1973年前後だと、大槻毅(46)、大岩剛(47)、藤田俊哉(48)、長澤徹(51)、森山佳朗(52)、影山雅永(52)、長谷川健太(54)、風間八宏(58)
などが目立つかな
実際には、この世代の筑波大関係者はもっともっと居る。(大槻毅氏なんて漏れてる)

45: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:41:05.49 ID:yinTcOQF0
>>43
だからFC東京なのか
大学の派閥はいやだな(´・ω・`)

44: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 14:40:49.10 ID:oht5EZPL0
一度は放り出されたが、日本に帰ってきて、優れた指導者に鍛え直されて良かったよ。

49: 名無しさん@恐縮です 2019/05/03(金) 15:07:08.96 ID:IOi/1M8b0
メッシも筋肉がガチガチというよりタルタルらしいな

以前NHKのメッシの特集で観た

相手から激しく当たられてガチガチの筋肉だと跳ね返そうとして大きな反発が生まれてケガにも繋がりやすい

柔らかい筋肉だと当たりを吸収してケガの確率を下げられる

久保も体格的には他の選手より小さいけどケガが少ないのは筋肉の柔らかさが関係してるのかもね

引用元: ・http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556854337/







スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ