20190502-00859000-sportiva-000-4-view[1]


スポンサード リンク




シーズン終盤に差し掛かった今季のブンデスリーガにおいて、アイントラハト・フランクフルトが好調を維持している。リーグでは来季のチャンピオンズリーグ出場圏内である4位を保持し、ヨーロッパリーグでもベスト4に進出。CBとしてチームをけん引する長谷部誠は、現地ドイツでも高く評価されている。

 今回、35歳の長谷部と同様にベテランとしてチームを支える、33歳のDFマルコ・ルスにインタビューを行なった。フランクフルトの下部組織で育ったルスは、2004年にトップチームデビューを果たし、2011年にヴォルフスブルクに移籍。その後、2013年にフランクフルトに復帰している。

 2016年5月には、片方の精巣にガンを発症していることが発覚。手術後のつらい治療を乗り越えて昨年3月に復活し、ドイツサッカーファンの支持を集めた。現在、出場時間は減少しているが、若い選手たちのお手本として存在感を増している。幼少期からフランクフルトでキャリアを重ねてきたルスに、チーム躍進の理由、長谷部の印象を聞いた。

――今季のチームの調子をどのように見ていますか?

「チームの成績(第31節終了時点でリーグ4位)や選手のプレーぶりはすばらしいね。たぶん、フランクフルトがここまでの戦いを見せるとは、誰も予想していなかったはずだ。たくさんの選手が入れ替わり、前任者とは違ったコンセプトを持つ新監督もやって来たからね。シーズン開幕当初にチームが問題を抱えていたのは明らかだった。選手が新しい戦い方に馴染むこと、監督が僕らを理解することに少し時間が必要だったんだ。

 W杯に参加していた、ハセ(長谷部)のような重要な選手たちの合流が遅れたのも大きかった。でも、徐々にすべてが噛みあってチームがまとまっていき、ヨーロッパリーグでも躍進することができている。それに、このチームはまだ大きなポテンシャルを秘めている。ルカ(・ヨヴィッチ)といった、他のクラブが注目する若い選手たちも多いからね」

――昨シーズンまで指揮を執っていたニコ・コヴァチ監督(現バイエルン監督)は、DFラインを深めに下げる傾向があったのに対し、現在のアディ・ヒュッター監督は前線から積極的にプレスに行くことを好む印象があります。対照的な戦い方に戸惑いはありましたか?

「馴染むのには少し時間を要したけど、戸惑いはなかったよ。重要なのは、前線からプレスを仕掛けるためにDFラインを高く保つことではなく、いかにチームとしてプランを実行に移すか。皆が与えられた役割を理解してアイディアを共有できれば、守備的に戦うことになってもチームは問題なく機能する。今の僕らは、それがしっかりできるようになったんだ」

――戦術以外で、コヴァチ監督とヒュッター監督の違いを感じることはありますか?

「ふたりとも、かなりディティールにこだわるところは共通で、トレーニングでも試合でも完璧に近いものを求めてくる。トレーニングの内容に関しては、コヴァチ監督のほうが全体的に少しハードで時間も長かった。対してヒュッター監督は、強度の高い練習を短時間でやる。とても細かい動きで、スピードが求められる内容が多い。コミュニケーションの部分では、どちらも対話に応じてくれるけど、少し年齢が上で経験もあるヒュッター監督のほうが、難しい状況でも落ち着いて対応できるかもしれない」

――ルス選手はヴォルフスブルク時代に、フェリックス・マガト監督のもとでもプレーしています。軍隊式トレーニングなどで"伝説的"な監督ですが、そこから得られたものは?

「彼は"オールドスクール"だから(笑)。昔の監督は本当にハードで、選手が『これ以上は無理だ』と言うか言わないかというギリギリのところで調整する。選手が本気で課題をやり遂げようとする"意志"が見られれば、仮にそれができなくともOKなはずだけど、マガト監督は余力を残してあきらめる選手を見ると激怒した。独特のやり方だから僕も慣れるのに少し時間がかかったよ。この時の体験は、今思えば成長に役立った部分もあると思うけど、現代サッカーでは数年前とは違ったタイプの監督が必要とされているだろうね」

――ヴォルフスブルク時代にも共にプレーした長谷部選手の印象は?

「今季のハセは、リーグでもベストなDFのひとりだよ。本当にすばらしいプレーをしている。確実にボールを扱えて視野が広く、経験も豊富だ。近年はさらなる成長を遂げているし、今の段階でもトップレベル。病気やケガもなく健康でいられることが、彼自身にとっても、チームにとっても大事なことだね」

――ルス選手や長谷部選手のように、30歳を過ぎてもトップレベルで活躍できる選手は限られています。長く現役を続けられる理由はどこにあると考えていますか?

「能力はもちろん必要だけど、年齢を重ねるほど、性格や意志の強さといった"頭の中"が重要な役割を果たすんだ。たとえば、フランクフルトには21歳のルカ、さらに若い19歳のエヴァン・ヌディカといった有望な選手たちがいる。彼らは僕が到達できなかったレベルまで成長できる才能を備えていると思うよ。そういう若い選手がポジションを得たときに、僕のようなベテラン選手は自分のキャリアが終盤に差し掛かっていることを頭に入れないといけない。受け入れるのは難しいことだけど、そこを冷静に判断すればやるべきことが見えてきて、問題なくチーム内で活動を続けていけるんだ」

―― 一方で若い選手については、少し前のインタビューで「今の若い選手たちは、プロとして契約を結ぶことの意味や価値を理解できていない」と話していましたね。

「僕らが育成年代だった頃は、誰もがもっと野心的だった気がする。当時は、今のように育成選手が保護されていなくて、プロ契約を結ぶことを"許される"という認識だった。だから、僕らは契約を勝ち取るために戦わなければならなかったし、その価値はもっと大きかった。中には、とても謙虚で、どのような態度で過ごすべきかを理解している若い選手もいるけど、残念ながら全員がそうではない。

 あまりに若い時期から大きな注目を集めすぎて、どう対処すべきかわかっていない選手が多くなっているように感じるね。14歳、15歳くらいの選手に代理人がついて、彼らのキャリアや人生に影響を及ぼそうとしている。『君はすばらしい。もっと大きなクラブに行けるぞ。移籍しないか?』という具合に。そんなことばかりしていたら、若い選手たちがおかしくなってしまう。プロとして定着するためには、一歩ずつ段階を上げていくために、今やらなければいけないことに集中しなければならないんだけれど......。その環境作りは、ドイツだけでなく現代のサッカー界の大きなテーマだ」

――少し先の話になりますが、経験豊かなルス選手であれば、引退後に指導者になる道も視野に入れていると思います。過去には「アシスタントコーチならイメージできるけれど、監督は無理だな」とも発言していましたが、その意識は変わりませんか?

「自分が指揮官としてピッチ脇に立つ姿が、まったくイメージできないんだ。アシスタントコーチや、監督と選手の間に立って結びつける役割なら考えられるけれど。忍耐強くないから、性格的に監督には向いていないよ。でもハセだったら、完全にそのイメージができる。彼がスーツできっちり身を固めて、タッチライン際から指示を出す姿を見てみたいね」

鈴木達朗●取材・文 text by Suzuki Tatsuro
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00859000-sportiva-socc&p=1



1 2019/05/03(金)
選手が海外で経験を積んで日本代表の底上げが出来てるのは事実。
まだ日本人監督が海外で経験を積んでいるのは少ないし、今後ワールドカップで上を目指すなら監督の海外経験が大事になってくると思う。
長谷部には引退後は海外で経験を積んでほしい。

2 2019/05/03(金)
良記事。
長谷部は将来、日本に戻らないでドイツで監督してそう。どういった指導者になるのか興味深い。

3 2019/05/03(金)
やっぱり日本人監督で欧米列強と戦いたいなら、現役時代でのトップリーグでのプレー経験とか実績とかは必要だと思うけどな。素人感覚ではあるけど。名選手だったことが、いい監督になる条件ではないことは周知の事実ではあるけど、ヨーロッパみたいにサッカーが身近にあって、いい監督が育つ土壌のできていない日本では、海外での経験がかなり大きなウェイトを占めると思う。
そういう意味では長谷部選手は監督としての素養を持っていると思うし、その長谷部選手も言っているが、上にはサッカー界のVIPとも広いコネクションのある中田英寿さんみたいな人に座ってほしいけどね。

4 2019/05/03(金)
ヴォルフスブルグでの長谷部の写真のそばにルスの姿を見つけることがあります。主に右のSBだった長谷部さんとラインを形成していることが多かったからね。でもほんと、その同時期の活躍を確か出場選手リストでたまたま見つけたとき、あーー、長谷部さん、人脈を築いているなぁ、しかも無駄でない人脈。彼の世代の人脈を。
おえらさんとか年配者の人脈より、兎に角ここから先監督や幹部として時代を構成していく同世代のベテラン選手は、いずれ支えてもらったり支えたりの重要なポスト同士の関わりになると思う。
シェーファーが年下で既にSDってのはびっくりしたけど、選手としては全く名を成さないどころかリタイヤしたナーゲルスマンが監督として開花するしその芽を摘まづに後押しするドイツのシステムは 長谷部さんの今後のキャリアには最適でしょう。
素晴らしい♡
 
5 2019/05/03(金)
長谷部は、監督も合うと思うけど、
GMとかそういうポジションも合うと思う。
海外で色々けいけんを積んでから、
いつか日本サッカー界に帰ってきてくれると嬉しいです。

7 2019/05/03(金)
無理やり長谷部の事をねじ込む様な感じではなく、本人への知識もある上でやり取りの延長で長谷部の話題を振ってるので、本人もやな感じじゃなく理解して話してくれてるんだろうね。

8 2019/05/03(金)
サッカー先進国で日本人が監督か、日本が次のレベルに達するには是非とも実現してほしい、そして成功を収めてほしい。
いずれは日本に戻りその経験を生かしてほしい、その際は本を出して広く指導者に行きわたるようなればいいな。

9 2019/05/03(金)
僕もスーツを着た長谷部が、ピッチを指差してドイツ語を張り上げている姿を想像できます。欧州を監督して渡り歩く人が日本人から出てくるのは快挙。ぜひ実現してほしい。

10 2019/05/03(金)
宮本に期待したが今のところは
あまり期待出来ないようだ。
監督として成功するには必要な要素は色々あるだろうから期待しすぎない事だな

12 2019/05/03(金)
サッカーフリークなら誰もがみたい。
長谷部の監督姿。以前だとブンデスで日本人監督って創造できなかった次元だしその可能性を感じさせる存在感。今シーズンEL制覇とCL出場権を獲得すれば将来的にその可能性は格段にあがるのでは?

13 2019/05/03(金)
長谷部には、引退後も海外で監督でもなんでもいいから活躍した後、日本に戻ってきた時にそれらの経験などを還元してほしい…いつか、日本代表監督の長谷部も見てみたい…

14 2019/05/03(金)
本人次第だけどオファーは確実にあるね。

15 2019/05/03(金)
うーん、ドイツで日本人監督。見てみたい。

17 2019/05/03(金)
長谷部のように海外でも日本代表でも選手として多くの経験を積んだ日本人がもし日本代表監督になるような時代が来たら日本代表はまた強くなると思う。

18 2019/05/03(金)
確かに、ただただ単純に見たい。
その前にEL上位とCL出場と活躍までは見たい。

19 2019/05/03(金)
選手として指導者として海外で多くを学んでもらって、ゆくゆくは代表を率いてほしい️

20 2019/05/03(金)
このまま順調に行けば、フランクフルトで監督できる将来は見えてくる。すごい選手になってくれて、日本人で誇らしい。
 
22 2019/05/03(金)
長谷部誠の日本代表監督姿をいつか見て見たいな

23 2019/05/03(金)
容易に想像できるよね。
長谷部には欧州で引く手数多の監督になって欲しい。

24 2019/05/03(金)
長谷部には是非海外で監督をして欲しい。

25 2019/05/03(金)
長谷部選手が長谷部監督になったら選手達の心を読んで図星をどんどんつきそう

27 2019/05/03(金)
すごすぎる
28 2019/05/03(金)
日本代表でも中島、冨安、堂安が現れているけど、この人のような選手も早く現れてほしい。

29 2019/05/03(金)
長谷部は監督になって香川を育ててリーガに送り出してほしいな。

31 2019/05/03(金)
長谷部は頭いいからなんでもできるし、代表の監督やサッカー協会の理事なんかもできるだろう 地元静岡に帰ってきてくれるとうれしいがまずないな

32 2019/05/03(金)
今後の活躍を期待したい!!

33 2019/05/03(金)
長谷部監督見てみたい

35 2019/05/03(金)
監督ね~
ディフェンス陣は真面目だから長谷部に従うだろうけど
感性で生きる前線の人たちはどうかなw

36 2019/05/03(金)
日本人監督が海外で活躍したら、日本のサッカーはもう一段上にいける、逆に言えばそういう日本人が出てこないと、これ以上強くはなりにくい。

38 2019/05/03(金)
長谷部は、日本人初の欧州クラブ監督になるでしょう













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ