20190428-00010016-nishispo-000-4-view[1]


スポンサード リンク




 J1鳥栖を運営するサガン・ドリームスは28日、佐賀県鳥栖市内で定時株主総会を開き、当期純損益が5億8178万9000円の赤字となる第15期(2018年2月~19年1月)の決算が承認された。


 赤字は4期ぶりで、J1に昇格した2012年度以降では過去最多額。今年1月に6億円の第三者割当増資を行い純資産額は3638万円となったため、J1やJ2の参加資格を失う債務超過は回避した。

 同社が開示した経営情報によると、売上高合計は過去最高の42億5781万6000円を計上。広告料収入が前期比約7億2000万円増の22億9601万5000円となり、選手の他クラブへの移籍に伴って入る移籍金なども6億2212万1000円で前期より約2億円増えた。

 一方で、元スペイン代表FWフェルナンドトーレスを獲得するなど大型補強を敢行したため、チームの人件費が前期比約7億6000万円増の25億7036万円に膨らんだ。さらに昨年10月にマッシモ・フィッカデンティ監督らを解任したことによる違約金などで、例年は2000万円程度だった営業外費用が4億5285万5000円と大きく増え、大幅な赤字になったという。

 竹原稔社長は同日のホーム湘南戦前に会見。「収支のバランスが悪くなっているのは事実だが、ビジネスモデルを変えている段階。育成型クラブとして若手を育て、海外に出すプロジェクトを進めている」と説明。転換期として第17期(20年2月~21年1月)までは赤字になる可能性を示唆した上で「(選手放出に伴う移籍金が入る)その他収入を増やしつつ、(選手や監督との)契約を見直しながら違約金の発生による支出は減らしていきたい」と説明した。

 運転資金の枯渇を懸念する声に対しては「資金繰りのスキーム(枠組み)はできあがっている。心配はいらない」と強調した。

 人件費高騰の一因になっているフェルナンドトーレスが今季は前節までゴールなしにとどまっていることついて、竹原社長は「トーレスから選手たちが学ぶ点はたくさんあるし、海外との懸け橋として進んでいるプロジェクトもある」と前向きに受け止めている。その上で「まだまだシーズンは終わっていないので、彼には名を刻んでもらいたい」と奮起を期待した。

西日本スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00010016-nishispo-socc



1 2019/04/28(日)
補強ポジションが被ってる上に、選手が溢れている状況で長期プランがあるとは思えない。
トーレスは素晴らしい選手だが、鳥栖のスタイルにはフィットしないし、トーレスを活かせる選手はいない。
堅守速攻でFWにハードワークが必要だったはずだが?トーレスは、そのタイプではない。
サッカーを知らないトップだからの判断としか言えない。
監督を解任する前に、問題を抱えているトップを変えるのが先。
その金は、本当に収支報告書通りなんだろうね…

2 2019/04/28(日)
あまりにもバランスの悪いチーム、
補強するなら金崎でなく、ゲームの作れる良いパサーを補強すべきだった。
何故勝てない監督だと分かっているのに、カレーラスを選んだのかが不思議に思うところ。
このままだとトーレスを獲得した意味がどんどん薄れていく。

3 2019/04/28(日)
鳥栖というよりトーレスに悲しい思いをして欲しくないから、鳥栖には頑張って欲しいって言うのが素直な気持ち。せっかく日本に来てくれて「他の選手にも日本に来るように進めようよ」ってジョーとの対談で言ってたぐらい日本を気に入ってくれてたから。

5 2019/04/28(日)
トーレスを獲得した功績は素晴らしいと思います。しかし彼はフィニッシャーです。そこに繋ぐ役目が居なければ、サッカーは成立しない。勿体ないなぁ、サポーターの為にもクラブが破綻しないよう願っています。

6 2019/04/28(日)
育成クラブとして海外に出すって言ってるけど、五輪世代の田川をあっさり国内クラブに売っちゃったけど…
クラブのスタイルもどのように目指してるのかわからないし、今シーズンの鳥栖はこのままじゃ降格だな。

8 2019/04/28(日)
トーレスのギャラ分が赤字って全然集客には変わりがないんだね。
そうするとメジャーな選手を獲得した意味はほとんどないね。

9 2019/04/28(日)
今日も敗戦…
試合見る毎に悪化してるわ
選手間の距離感悪い セカンド取れない
攻撃はサイド一辺倒 カウンター時攻めても
攻められてもスピード感がない
前と後ろがバラバラで
これじゃ勝てないよ
唯一イバルボのキープは良かったけどね
すっかり鳥栖らしくなくなった
足止まるなんて…

11 2019/04/28(日)
ブッフォンを獲得しようとしたり、マガトを招聘したり、
そしてついにトーレスを獲得した。
世界中に名前を売った代償はあったが、
鳥栖には夢を見させてもらってるので頑張ってもらいたい。

12 2019/04/28(日)
カレーラスの解任されない理由はこれか

14 2019/04/28(日)
身の丈にあった補強をすべき!セコイと言われても経営のプロが必要。このままでは赤字が膨らむ。ある意味「マリノス」を見習えば良いのでは、高そうな選手、設備が無い。マリノスのサポーターの皆さんすいません。

15 2019/04/28(日)
来年はJ2からやり直しなのか?
トーレス移籍で、連鎖してほかの選手も移籍が見えている。
大口のスポンサーもいないしなー。

17 2019/04/28(日)
その上勝てない。
サッカーを本当の意味で知らないとこうなる典型でしょ?
後を追ってるチームもあるようだけど。

18 2019/04/28(日)
尹晶煥監督時代は
チームに迫力がありました。

20 2019/04/28(日)
やっぱり絶頂期すぎた大物外国人の獲得は
危険ってことなんだね
鳥栖は身の丈に合わせて
コツコツやった方がいいかもね

21 2019/04/28(日)
Jクラブの赤字がどうこうより、スタジアムの赤字と、Jクラブがいくら負担しているかを公表するべし。
広島市いわく「Jクラブは赤字にならない程度の額」しか負担してないようじゃないか。一企業としてどうなんだ。

24 2019/04/28(日)
今夏あるいはシーズン終了後に社長の退任か主要選手の大量流出と言ったどちらにしろ痛みを伴う経営改革が必要となりそう

25 2019/04/28(日)
これでJ2に落ちたら赤字膨らむかもね

27 2019/04/28(日)
一般的にチーム人件費(選手の年俸の合計)が総収入の50%以下が健全経営の目安らしい。
三木谷みたいな「打ち出の小槌」がある神戸と違って、はっきり言って地方都市の小規模クラブがトーレスとか獲って「財布は大丈夫なのか?」と思ってた。
3年連続赤字だとライセンス剥奪だ、かなり所帯を切り詰めないとヤバイぞ!

28 2019/04/28(日)
それでサポーターやスポンサーが納得すると思うか?
またサガン鳥栖を潰す気か!

29 2019/04/28(日)
サイゲームスの突然のスポンサー契約解消でしょ!トーレスも何もかもメインスポンサーの撤退。親会社のJスポンサーにより子会社が煽りをうけ、クラブや、選手にも影響されるハメに、残念。

31 2019/04/28(日)
赤字だらけのクラブ、戦う選手もうち大丈夫なのか?って
ちぐはぐだな終わったときにまだJ1に居れば良いけど
居ても赤字は減りそうもない何処へ行く?鳥栖!?

32 2019/04/28(日)
サッカーは知らないけど
こんな不良債権のようなチーム解散した方がいいと思うよ

34 2019/04/28(日)
竹原社長の経営能力はどうかと思う

35 2019/04/28(日)
あるで、財政ルールを満たさないことによる自動降格。

37 2019/04/28(日)
サイゲが消えたのにスポンサー収入は増やしたのか。

38 2019/04/28(日)
スポンサー絡みで三木谷マネー同様の別のお財布があるのだとばっかり。
ダメじゃん。
身の丈に合った経営しないと。

40 2019/04/28(日)
フェルナンドトーレスとらなければ黒字だったかも

41 2019/04/28(日)
サカつくでも経営不振でゲームオーバーするでしょ?笑笑 ただのサッカー好きに経営は無理。

43 2019/04/28(日)
スポンサーに逃げられて残留すら厳しい状況下でのんきな長期ビジョンかよ(笑)
終わったな

44 2019/04/28(日)
今シーズン降格No. 1候補。トーレスも今季まで。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ