20190426-00010016-goal-000-6-view[2]


スポンサード リンク





出場300試合以上、140以上の得点を記録し、少なくとも18個のトロフィーを獲得したアリエン・ロッベンのバイエルン・ミュンヘンでのキャリアが、この夏に終わりを迎える。

現在、ふくらはぎのケガで戦列を離れており、昨年の11月末から試合に出ていないロッベンには、将来についてじっくり考える時間がたっぷりあったことだろう。契約満了により、移籍金は必要なく、次に行きたいクラブを選ぶことができるのだ。

35歳と高齢ではあるが、ロッベンはまだ最高レベルのプレーができる選手であり、その才能は今季のチャンピオンズリーグで、ベンフィカ相手に2得点したことでも証明済みだ。その結果、ロッベンは、世界中のクラブから大いに注目され続けている。

「いくつかオファーが来ているし、そのことが誇らしくないと言えば嘘になる。いつになるか正確なことは言えないが、いつかは決めなければならないし、シーズン終了前にはそうするつもりだ。家族もいることだし、将来設計はちゃんとしないと」

契約満了は6月だが、 ブンデスリーガのシーズンは5月に終わる。まもなくロッベンは最終決断を下さなければならなくなるのだ。そこで『Goal』は、彼の選択肢について考察してみた。

◆MLSにはバイエルンと提携を結ぶクラブが…

MLS(メジャーリーグ・サッカー)は、サッカー界で急成長を遂げている市場の一つであり、ビッグネームが新たにやってきても驚くことではない。ロッベンをめぐっては、トロントFCやコロンバス・クルー、バイエルンと同じスポンサー名がスタジアムに冠されているミネソタ・ユナイテッドFCといった名前がメディアで取り沙汰されている。ただ、トロントには、ロッベンと特別指定選手契約を結ぶ枠が残っておらず、コロンバスはクラブ史上、それに必要とされる金額を支払ったことはない。

ロッベンが移籍する可能性のあるアメリカのクラブは、バイエルン・ミュンヘンとパートナー関係にあるFCダラスだろう。このパートナー関係は、選手の移籍に関して、これまでのところ、主にバイエルンのほうが恩恵を受けてきており、1月には、クリス・リチャーズがバイエルンのトライアルに合格して正式に移籍してきた。一方ダラスのダン・ハント会長は「バイエルンの選手をレンタルで獲得する可能性はあるし、ロッベンとフランク・リベリが大好きだから、2人ともMLSに移籍してきて欲しい」と話したことがある。

「難しい問題ではある。どのポジションに選手が必要か、日ごとに変化するからね。夏が近づいてきたら、話をしてみるつもりだ。この夏は無理でも、2020年の準備をしなければならない」

「2人とも世界的なスーパースターだ。私は、もう何年も前から2人のファンだよ。2人とも獲得できたら、奇跡だ。2人がMLSに興味を持ってくれるなら、2人ともきっと活躍できると思う。2人がピッチに立てば、素晴らしい才能を見せつけ、ゴールしてくれることだろう。FCダラスにとって申し分ない話だ」

◆発展続けるカタール

2022年にワールドカップが開催されるカタールは、サッカーの国として認知されることが急務だ。すでに何年も前からサッカーに力を入れるようになっており、2015年には、スペインのスーパースターであるシャビが、バルセロナを離れてアル・サッドと契約し、カタールの国内リーグ、カタール・スターズリーグを有名にした。シャビは、2022年ワールドカップのオフィシャル・アンバサダーにも起用されている。

シャビ以外にもカタールに移籍したビッグネームは多く、サミュエル・エトー、ナイジェル・デ・ヨング、ウィルフリード・ボニー、中島翔哉といった選手が、カタールリーグを国際的にしてきた。このところロッベンはアル・サッドへ移籍するのではないかと噂されており、そうなると39歳のシャビは引退してコーチに専念するとみられている。ロッベンは過去に、ドーハへの移籍はありうるとし、「最近の我が家の食卓では、まさにそのことが話題になっているよ。友達や家族とその話をよくする」と認めるところだ。

「そろそろ決心しないといけない。数年前なら、いつも、どちらかというと単純に物事を決めていた。だけど引退が近づいている年齢になって、たくさんのことを考えなければならない。簡単なことじゃないけど、ワクワクすることでもある。多くのことがまだオープンだ。だけど、頭の中で、これは違うというものはすでに除外した。――ただ、発表するのはまだ早い」

◆中国行きの可能性は低い?

中国スーパーリーグことCSLへの高額移籍はどうだろうか。ここ数年、CSLは、若手選手が移籍してきたことで「年金リーグ」のイメージから脱却しつつあるのが現在の姿だ。だが以前、ロッベンは現役最後を飾るためのリーグとしか考えていないと話していた。35歳となった今であれば、選択肢に入るのか、それは彼のみぞ知る。

2017年にロッベンは「中国への移籍は、まったくもって別物だ。基本的に、キャリアが終わる頃に考えることだよ。僕は、できるだけ長く、最高レベルでプレーし続けたいと思う」と話している。

「27歳や28歳で中国に行く選手は、理解できないね。キャリアの絶頂期だというのに。まったく、才能の無駄づかいだ。人生は一度しかないんだよ。30歳を過ぎた選手なら、まあまあ理解できるけど」
さらに、高年俸で釣るオファーについて「クレイジーだ」ともしたロッベン。いまだ高いレベルでのプレーを続ける彼に中国が触手を伸ばしている可能性は十二分にあるが、「お金では動かない」と話しているだけに、移籍の実現性は低そうだ。

◆日本ではFC東京が候補に

過去、ロッベンは中国への移籍を冷笑したが、日本への移籍は、彼にとって比較的魅力あるものかもしれない。外国籍選手の登録数に規制がある中国やカタール、特別指定選手制度のあるMLSと違い、Jリーグには、契約するビッグネームの数に制限がない。1試合に登録できる外国籍選手は5人までとなっているが、クラブに登録する外国籍選手は何人いてもよいのだ。

このため過去数シーズン、多くのスター選手がJリーグに加入しており、ヴィッセル神戸にはワールドカップ優勝メンバーのルーカス・ポドルスキのほか、アンドレス・イニエスタやダビド・ビジャが所属している。また、サガン鳥栖にもスペインのワールドカップ優勝メンバーの一人、フェルナンド・トーレスが昨年加入した。

Jリーグは夏にも開催されるリーグだが、ロッベンは、移籍市場がオープンになる6月28日に登録することが可能だ。つまり移籍が決まれば、今季中から彼の左足がアーチをかけることになる。

噂に挙がっているFC東京には3人のブラジル人選手がいるが、枠は余っている。加えて、クラブの上層部の一人は匿名で「彼が交渉の席に着いたとは言えないが、情報は集めている。彼に興味を持たないクラブはない」と話していることが伝えられたが、果たして…。

◆セリエAに具体性はなし

2011年以降、イタリアのメディアは、ロッベンがセリエAに移籍する可能性があると度々記している。最も頻繁に名前があがるのがインテルで、他にACミランやローマの名前もある。2010年には、チャンピオンズリーグで対戦したローマについて、「イタリアで最も美しいチーム」と称賛していた。

しかしながら、ここ最近でインテルだけの噂になったのは、ロッベンがMLSへの移籍のためにインテルを断るだろうというもので、名前があがっただけだった。過去にオランダ、イングランド、スペイン、ドイツでタイトルを獲得しており、他の国のリーグのトロフィーをコレクションに加えたいと思っている可能性は高いが、インテルでそれを成し遂げるのは難しい。来シーズン、イタリアでチャンピオンになるのはユヴェントスで、ほぼ決まっているからだ。

◆エールディヴィジは理想的な最後だが障害も…

ロッベンは地元のフローニンゲンでプロデビューしており、最初のシーズンでクラブの最も活躍した選手にも選ばれている。たちまちオランダのビッグクラブに注目され、PSV に移籍した。ただし、選手にとってもクラブにとっても、生まれ故郷でキャリアを終えることがいつだって理想のことだ。

「地元のユースチームでプレーして、プロデビューした。今でも頻繁に連絡を取りあっているし、FCフローニンゲンとの絆は、いつまでも続くだろう。だけど、サッカー選手としてあそこに戻るかどうかは、約束できない」

ロッベンが明言しなかった一方、フローニンゲンのハンス・ナイラントSD(スポーツディレクター)は復帰の夢を公言している。同時にクラブの成長も不可欠であるとする。

「彼はここで11歳のときからプレーしている。ここで初めてピッチに足を踏み入れたんだ。スタジアム最初の得点も彼がした。アリエンは今でも我々と親しくしてくれている。お互いにね。はっきりいって、彼に戻ってきてくれと何度も言った。ディルク・カイトとフェイエノールトのように」

「これは完全に夢だよ。アリエンが戻ってきてくれたら、歓迎なんてもんじゃない。彼のような選手が加わるなら、クラブも一段高いステップに進まなければならない。彼のキャリアの最初と最後を飾るんだからね。彼がクラブのために何かしようとしてくれるなら、我々はみな、大歓迎だ」

◆現実的なのは引退か

代表レベルではワールドカップ準優勝が最高成績であるが、クラブレベルでは、獲得できるタイトルはすべて取ってきた。バイエルン・ミュンヘンでは2013年にチャンピオンズリーグを制し、PSV、チェルシー、レアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘンで合わせて10回のリーグ優勝を果たしたうえに、今季もまたブンデスリーガを手にしようとしている。

クラブレベルでほぼすべての栄冠を獲得し、ケガで苦しみ続けていることもあり、シューズを脱ぐ決心をする可能性もある。世界中のクラブが関心を示しているとしても、最も可能性のある選択肢は引退なのだ。

「自分の将来について、次のステップをどうするか、考える時間はある。引退もありうる」

そう本人が認める通り。ただ、一サッカーファンとしては次の言葉を信じたい。

「何か興味をそそるようなことが起これば、現役を続けるのもいいだろうけどね」

文=ロナン・マーフィー/Ronan Murphy
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190426-00010016-goal-socc&p=1



1 2019/04/26(金)
アジアなら日本に来てほしいな。
ただロッベン本人の身体次第が1番だと思う。

2 2019/04/26(金)
もちろん来てくれるとなったら嬉しいけど、神戸を見ていて思うけど、ビックネームを入れるよりも札幌のルーカスみたいにブラジルでプレーしている若手なんかを入れたほうがかなり戦力になると思う。フッキなんかは無名からブラジル代表になった経緯もあるし、まだまだ埋もれている若手がいるのではないのかなと思う。

4 2019/04/26(金)
MLSかエールかと思ってたけど
セリエでユーヴェを倒すというチャレンジも面白いかもしれませんね
ただ悲鳴あげてる自分の身体と相談したら
今からトップ5の別リーグでやるのは中々難しいとは思いますが

5 2019/04/26(金)
実力に疑いの余地はないけど、いかんせん怪我が多過ぎてなあ。
Jクラブが大金叩いて獲得してもまともに稼動せずに退団したら目も当てられない。

7 2019/04/26(金)
仮に来たとしてもイコールチームの戦力になるかは別
Jは年金プレーヤーの墓場ほど甘くはないよ。
それが神戸で立証されている。
どんなにスーパースターが来ようともチームとの順応性。
ロッペンが本気の覚悟を持って来てくれるのな歓迎したい。
嘗てジーコは住金時代現鹿島 こう選手に言った。
俺を特別扱いするな皆と同じに扱って欲しい。
それが何を意味するのか?スーパースターが来て他が謙遜していたら
チームとして機能しなくなる。郷に入れば郷に従え。

8 2019/04/26(金)
日本でプレーして欲しいけど
年齢的な部分と元々怪我が多いイメージがあるから
どうなんだろう。

9 2019/04/26(金)
必ずどこかでプレーして欲しい。
できれば競争力のあるリーグでね。
でも、現実的に考えると引退かな?って思う。
シーズン終了までに復帰できないだろうし。
来期も不透明だろうしね。
それに、あんまり現役にしがみつくタイプでもなさそう。
この予想は外れて欲しいな。

11 2019/04/26(金)
スペイン3人衆の例をみてると、いささかロッペンは日本にいくのは躊躇するだろうなw

料理的な部分をみれば日本に来た方がいい気もするがお値段のことを考えると中国の方が余裕があるんじゃないか。

12 2019/04/26(金)
35才かあ、ロッベンのプレースタイルは右ウィングからトップスピードで大きく切れ込んで左足でシュートなので、年がいってからはどうかなあ。
中盤で落ち着いて球を散らすロッベンは想像できない。

14 2019/04/26(金)
ここで引退もある意味綺麗ではあるけど多分しないと思うんだよなぁ、希望も含めてだけど。
できればJリーグのクラブも獲得に乗り出してほしいな

15 2019/04/26(金)
日本になど来ない方がいい。
今来日している一流メンバーの現状が把握できればわかるはず。
イニエスタの様に日本での生活自体を求めてるのであれば話は違うのかも知れないが、
フットボーラーとしての経歴は汚れてしまうだろう。
中国よりはマシというレベル。

17 2019/04/26(金)
客寄せとしては素晴らしいが、35歳になる選手がJリーグに来ても大した戦力にはならないのは佐賀県と兵庫県のチーム証明したよね。
90年代のJリーグとは比べようもなく、リーグのレベルが上がっているのだと思う。

18 2019/04/26(金)
Jリーグは走る量は結構多いしなぁ。
怪我がちなら日本はあり得んのでは。

21 2019/04/26(金)
ロッベンは中国サッカーの資本にモノを言わせた強引なやり方を非難した過去があるのでないだろう。JやMLSも無いとはいえないけれど、オランダへ帰るんじゃないだろうか。

22 2019/04/26(金)
来たとしても若い時から怪我が多くて、まともに働けたシーズンは数える程。
素晴らしい選手な事は分かっているけど、
満足に働けない(見られない)とファンはガッカリ感しか残らない。
日本には来ない方が良いと思うよ。

23 2019/04/26(金)
旬が過ぎた選手はあまりみたくない。
怪我ばかりとか、基本的にプロフェッショナルではない。
イチローをみよ。
ほとんど怪我で離脱したことがない。

25 2019/04/26(金)
トロントサポですが、記事にもあるように特別指定選手枠が埋まっていること、それから純粋なウイングを置かないシステムであることを考えると、獲りに行くとは思えません。それに怪我がちな体質もネックですね。昨シーズンは怪我人続出で苦労したので。

26 2019/04/26(金)
日本で見たい。
ただインテルでプレーするロッベンもかなり見たい。

28 2019/04/26(金)
怪我が多い選手なので遠くから観ているほうが丁度いい気がします。
 
30 2019/04/26(金)
見たいけど、Jリーグには合わない気がするなぁ
怪我持ちだし、高い買い物だと思う

31 2019/04/26(金)
来るならクラブとしての骨格がしっかりしたとこに来て欲しい。鳥栖や神戸じゃ荷が重すぎる。

32 2019/04/26(金)
スピード系の選手だからどこ行っても1シーズンフル稼働はできないから獲得は慎重にならざる得ない。

33 2019/04/26(金)
オランダとかのヨーロッパで一花咲かせて欲しい
怪我に気をつけてればまだトップレベルで出来そうだし
よっぽどお金が欲しいわけじゃないならJリーグのレベルまで降りてこなくても良いよ

35 2019/04/26(金)
落ちの動かない有名人をとっても、レベルが落ちるだけじゃないかな。
客と視聴率は増えるのだろうけど。
あれだけのお金を積んで中国サッカーのレベルは、上がったか?

36 2019/04/26(金)
今のロッベンとJリーグはちょうどいい。

38 2019/04/26(金)
FC東京なんて守備だけが売りのチームなのにそこにロッベンなんて入れてどうすんだ。
一気にバランスを崩すだろ。
 
39 2019/04/26(金)
リーグのレベルも、お金も、jリーグ が勝てる要素が無い。
ただ、一点。
家族が安心して暮らせる、という点で日本を選ぶ外国人選手は確かにいる。

41 2019/04/26(金)
日本でプレイするなら是非FC東京に来て、悲願の優勝に貢献してほしい。中国なんか、外国人選手ばかり活躍して自国の選手が全く育たないから意味がない。
 
42 2019/04/26(金)
日本に来てもらいたいけどオランダで終わろうとしないのだろう?

44 2019/04/26(金)
ロッベンみたいなウイングをちゃんと機能させられるJリーグチームは存在しない。













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ