20190425-00010006-sportiva-000-1-view[1]


スポンサード リンク




 今シーズン開幕以来、フアン・マヌエル・リージョが率いたヴィッセル神戸は、戦いの形を成熟させつつあった。

【写真】リージョの辞任で「バルサ化」は頓挫か

 ところが、開幕後にバルセロナから移籍してきたスペイン人MF、セルジ・サンペールが先発に名を連ねるようになって、失点を重ねている。第5節のガンバ大阪戦は3失点、第6節の松本山雅戦は2失点、そして第7節のサンフレッチェ広島戦は4失点。得点数は増したが、それ以上に守備の乱調は明らかだった。

 サンペールは1年以上、公式戦から離れていた。簡単に背後へボールを通され、シューターに対する寄せも甘かった。守備の負担を周りに強いていた。

「どうして無理にサンペールを使うのか? 寄せが甘く、背後へボールを通されている。明らかに攻守のバランスが悪くなっているよ」

 広島戦後、筆者はSNS通信アプリでリージョ監督へメッセージを送った。

「セルジを起用する理由は、いくらでも説明がつくぞ」

 リージョは、数分間の音声メッセージで饒舌に答えている。

「セルジは長い間、実戦から離れている。それだけに、試合勘はたしかにない。でも、あいつは誰よりもボールを速く走らせることができる。角度をつけ、ボールの流れを変えられる。自分はそのプレーを叱咤激励している。思った以上のセンスで、必ずこれからアジャストし、成果を出すはずだ」

 しかし4月17日、リージョは監督を”辞任”している。すでに監督は交代。スペイン人指揮官は未来の戦いを見据えていたが……。

「バルサ化」

 三木谷浩史会長が神戸を語る際、その言葉が繰り返し使用される。

 しかしながら、バルサの英雄であるジョゼップ・グアルディオラ(現マンチェスター・シティ監督)の”師匠”にあたるリージョ本人は、「バルサ化」という言葉を軽率に用いてはいない。

 バルセロナがどのように成り立っているクラブか。それを考慮すれば、2、3年では達成できるはずがないスケールの構想だからである。バルサは、かつて中央政府に迫害を受けたカタルーニャ人の”よすが”であり、強烈なアイデンティティを持つ。そこにヨハン・クライフという鬼才が世界的な選手を揃え、ラ・マシアという下部組織を整備。美しく勝つチームを作りあげた。

 それでも、リオネル・メッシを生み出すには15年以上の年月がかかっている。メッシになれなかった者たちはいくらでもいる。一朝一夕で起きた奇跡ではない。

 リージョは幻想を見なかった。そして、現場の選手たちをとことん鍛えた。現実を直視し、選手の特性を見抜き、その才能を少しずつ伸ばしている。どこにポジションを取れば、優位にプレーを動かし、攻守でアドバンテージを取れるのか。

「日本人の能力の高さを、私は日本人以上に信じている」

 リージョは笑顔でそう言って、選手には挑みかかるように、真摯に接した。

 実は、サンペール獲得はリージョがリクエストしたものではない。リージョ本人は、日本人選手のクオリティを引き上げることを考えていたし、サンペールの起用法について、思い悩んでいるところは多分にあった。

 しかしリージョは、人種や国籍、あるいは置かれた立場にこだわらない。選手には平等に接する。サッカーそのものがすべてなのだ。そしてサンペールを手元に置いたとき、リージョはその価値に気づいたという。

「ボールを受け、パスを味方につける。その単純な動きを、これだけのスピードと精度でできるのか」
 指揮官は正直な男である。限られた外国人選手出場枠のなかで韓国代表GKキム・スンギュを外し、5番目の外国人にサンペールを選んでいる(あとの4人はアンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキ、ダンクレー)。目指すべきボールゲームに近づくため、必要な人材と決断したのだ。

「セルジには、『ボールを受けたらターンするように』と、とにかくケツを叩いたんだ」

 リージョはそう振り返っている。

「とにかくうるさく言ったよ。『常にパスコースを、身体の向きを変えながら作り、フリーの選手を探し、創り出せ』とね。セルジは、それができるだけのセンスを持っていた。そしてプレーするたび、改善していった。正直、驚くほどにね。広島戦は双子筋を痛めていて、最後はかなりきつかったと思うが、よく走っていた。これから、どんどんよくなるはずだった」

 逆転されて敗れた広島戦は、リージョにとって最後の試合になっている。しかしこの時、もっともバルサに近いプレーをしていた。

「ミステル(監督)、神戸はあなたが来てから本当にいいプレーをしている。今日(広島戦)の前半は本当にすばらしかった。バルサでプレーしていた頃を思い出したよ!」

 圧倒的に攻め立てた前半を評し、イニエスタはリージョにそう伝えたという。

 バルサのMFサンペールを加え、勝ち負けを繰り返しながら、リージョ神戸は前へ進んでいた。「バルサ化」は簡単ではない。それは遙か彼方にあるもので、うっすらとも見えないが、方角は間違っていなかった。

 しかし、それはすでに過去の話だ。

「前を向かなければならない」

 残された選手たちは、自らに聞かせるように言う。4月28日、リーグ戦3連敗中の神戸は、Jリーグ王者、川崎フロンターレと対戦する。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190425-00010006-sportiva-socc



1 2019/04/25(木)
この記事をまとめると,
・リージョはサンペールを積極的に起用していた
・辞任にしては唐突だった
という事か。
確かに,未だに疑問の残る指揮官交代。
もしサンペールを積極的に起用するリージョの采配にフロントや会長が介入していたとしたら,どこを変えるように圧力をかけたのか?
謎は消えないよね。
トレーニングの評判も良かったし,リージョのサッカーを少なくても1年は見たかった。

2 2019/04/25(木)
リージョが辞めた理由を知りたいよね。今すぐに公開されることはないだろうけど、いつか語ってほしいね。

3 2019/04/25(木)
サンペールを獲る事が決まった時点で、キム・スンギュと中村航輔のトレードに力を注ぐべきだったと思う。
金銭+キム・スンギュとのトレードなら柏にとっても悪い話ではないし、キム・スンギュには失礼でも、状況的に器用出来ない旨を説明すれば心情的に許せなくても一応の納得はすると思う。
中村にとっては神戸の大きなウィークポイントになっている守備を改善してビッグクラブにするというチャレンジは十分モチベーションをあげるものだと思う。
夏の移籍期間に動くかどうか…

5 2019/04/25(木)
サンペールが批判されていますが、ここ2試合素晴らしいプレーを見せている。
ポゼッションサッカーをする上で彼の存在は重要だ。
問題は山口蛍を獲得しながらサンペールを獲得する事、サンペールを獲得する予定だったならその状況で山口蛍を獲得した事だ。
サンペールがいるならば、右のインサイドハーフには大島の様な選手が必要だ。
山口蛍では右のインサイドハーフを効果的に使えない。
西がインサイドハーフで持ってもポドルスキや三田がサイドで違いを見せられる選手ではない。
ポドルスキは左のサイドなら能力を発揮するが、古橋は左に置いた方が彼のミドルが発揮する。
3枚揃えば素晴らしいパスワークを発揮するだろう。
難しいかもしれないが、アルサッドのアフィフを獲得してもらいたい。

6 2019/04/25(木)
前半の支配は、ウェリントンの圧倒的キープ力によるところが大きかったと思うが、あの前半がバルサみたいだったとイニエスタはいう。
我々素人が考えるバルサとイニエスタの考えるバルサは違うのかもしれない。

8 2019/04/25(木)
なるほど。それだけサンペールを評価していたならバランスが一見崩れてるように見えても起用を続けていた理由には合点がいった。
なら何故やめてしまったんだろう?コメントからイニエスタも多少ながら手応えを感じていたということだろうし、選手との軋轢ではもちろんないだろう。やっぱり三木谷さんとなのか?

9 2019/04/25(木)
確かに広島戦前半のサンペールは良かったんだよな。辞任か解任かの真実は出ないだろうね。後者とは思うが。

10 2019/04/25(木)
どちらにせよ神戸は監督が長く続かない事実
上から圧力がある以外考えられないけどね
神戸はお金をかけて話題は呼ぶけど
監督短命はずっと続きそう

12 2019/04/25(木)
ペップバルサの1番の魅力はたしかに圧倒的なポゼッションと攻撃力だったけど、それは守備時のハイプレスあってこそなんだよな。
ボールを回収できるからポゼッションできるわけであって、神戸はその守備の戦術が全く機能してない。この時期に走れなかったら夏なんてどうするんだろう。

13 2019/04/25(木)
近々本物が来るわけだから神戸がどれほどバルサなのか見てみようじゃないか。嫌な現実を見る事になるかもしれないが翌日のニュースは楽しみだね。バルサバルサと祭り上げたんだから手の平返すなよマスコミ。

15 2019/04/25(木)
三浦SDってどうなの?
リージョを3年は信頼すべきだったと思うけどな。彼の知見と能力にも投資したはず。それにしては我慢が足りなすぎではないのか??イニエスタにはリージョについてヒヤリングしたのか???残念でならないよ。

16 2019/04/25(木)
フロントがダメでチームが瓦解する典型。
オシムの時もそうだが、目先の結果ばかりで将来を見てない。
猿ばかりだな。

17 2019/04/25(木)
広島戦を見に行ったんだが、確かに前半は凄く良かった。あのサンペールなら認める。
ただ後半選手達の足が止まったんなら、ちゃんと交代して違う戦術に切り替える引き出しは必要だろ。全員足が止まって、イニエスタ壊れたやんけ。選手壊しすぎ。
采配はダメだった。あとヴィッセルの選手こけすぎ。ずっこけリージョ

19 2019/04/25(木)
サッカーをわかってない三木谷が金にものを言わせてバルサ化の夢を抱き、サッカーをわかってない三木谷がそうならない現実に痺れを切らし自分で破壊を始めた、ということ

21 2019/04/25(木)
古橋、三田、山口あたりは成長してたよね。
結果が伴わないからといって全て覆してしまうのはもったいない

22 2019/04/25(木)
バルサ化だろうがなんだろうがオーナーが口出しする限り実現は無理でしょ。

24 2019/04/25(木)
バルサ化の肝は、監督なのだが、オーナーがこの事に気づいてないんだろうね。

25 2019/04/25(木)
この記事を素直に受け取れば、リージョ監督をもう2、3年様子を見て見れば面白くなりそうだったのに
非常に残念

26 2019/04/25(木)
ほんとにイニエスタにそうまで言わせたすればそれは凄い事だ。
強烈なカウンターも備えて整備され始めてた所でまだまだほんの端緒でしかないのに、ただただ残念。

28 2019/04/25(木)
バルサ化というより三木谷がバルサを超えるチームを金で作れると思ってる
そんな気がしてならない
下部組織のスタッフに金かけた方がいい

31 2019/04/25(木)
この記事は「本人の強い意向」という契約解除の理由に完全に疑義を呈している。
ただ確かなのは、神戸のバルサ化は頓挫したということ。終わりが早すぎて話にもならなかった。
 
32 2019/04/25(木)
イニとビジャとサンペール入れただけでバルサの様なサッカー出来るわけないでしょ 笑
そんなもの求めてノエスタ通ってないよ。個人的にはクレとしてイニを見たさに行ってるだけ。
バルサは才能あるものがラマシアの頃から同じサッカーを叩き込まれて初めてああいうスタイルが出来ることくらい皆んな分かってるよ。
そんな中でも古橋とか見てて楽しみだね。彼は常にイニの側でプレーさせて欲しい。日本人でイニの考えに反応出来てるのは彼だけでしょ…

33 2019/04/25(木)
とにかく頑張ってもらいたい!

35 2019/04/25(木)
ヴィッセルの幹部には、半年やそこらでイニエスタがいればバルサ化できると思っていた人がいるんでしょうか?であれば、バルサ化は不可能ですな。

36 2019/04/25(木)
>バルサのMFサンペールを加え、勝ち負けを繰り返しながら、リージョ神戸は前へ進んでいた。
ではなくてサンペールを加えた直後から負けと大量失点が続き
リージョ神戸は崩壊へ進んでいた。が事実でしょ
ファクトを書きましょうよ、願望ではなくて
サンペール出場時の得失点見ましたか?
試合勘離れてるならカップ戦からでよかったでしょうよ
 
38 2019/04/25(木)
小宮氏は交友関係にもあるからなのか、リージョに対しては否定部分が一切無い提灯記事ばかりだ。結果としてみたらサンペール起用も大失敗な訳で、「起用し続けていたら成功していた」といわんばかりの表現はポエムでしかない

39 2019/04/25(木)
バルサではなくグランパス化に変わったらしい。

41 2019/04/25(木)
強くなった気配すらない神戸。
他チームも神戸は全く問題にしていない

42 2019/04/25(木)
リージョvs強化部、が原因です。

44 2019/04/25(木)
勝ちたい 応援するだけ














スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ