20190424-00010012-goal-000-3-view[2]


スポンサード リンク




プレミアリーグ第31節延期分、マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティのマンチェスター・ダービーが24日に開催される。

最も有利なチームはどこだ?白熱のプレミアリーグCL出場権争いを大予想!

『Goal』ではダービーを前に、今シーズンに期待されたパフォーマンスを見せることができていない11人をポジション別に選出。『期待値』、『評価』をS、A、B、Cの4段階で選定した。

【期待値】
S(チームの柱)
A(主力)
B(レギュラー格)
C(バックアッパー)

もちろん、スーパースターは期待値が高い。そのため、総体的に見て高いレベルのプレーをしていても、その選手自身のポテンシャルを鑑みて、今季のパフォーマンスが本来の出来になければ選出している。

彼らにとっては、マンチェスター・ダービーが自身の力を改めて示す大きなチャンスにもなり得る。この中から大一番でMOM級の活躍を見せて再び評価を高める選手は出てくるだろうか――。

◆GKダビド・デ・ヘア(ユナイテッド)
期待値:S 今季評価:A

デ・ヘアがこのイレブンに選出されるのは酷かもしれない。ただ、“高い基準値”を定められるのは、ここ数年にわたって常に素晴らしいパフォーマンスを見せてきた彼自身の力。現在の立場は「世界最高GKの一人」であり、“一流GK以上”のプレーでチームに多くの勝ち点をもたらし続けている。だが、今季はバルセロナ戦の凡ミスだけでなく、ビルドアップでの軽率なプレーや連係・キックミスが目立っており、ここ数年に見せてきた“怪物級のゴールキーピング”を見せることができていない。

昨季までボックス外からのゴールをほぼ許してこなかった男は今季、8ゴールをボックス外から決められている。無論、一番の問題は緩慢なDF陣(特にCB)にあるが、去就が取りざたされるデ・ヘア自身もここ数シーズンのパフォーマンスを下回っている。

◆DFアシュリー・ヤング(ユナイテッド)
期待値:B 今季評価:C

今年2月にクラブとの契約を2020年まで延長したヤングだが、とりわけ中盤戦以降の出来は悪い。左右のサイドバックをこなすユーティリティ性があるものの、今年34歳という年齢からくる衰えか、緩慢な守備が散見。さらに、本来の持ち味であるサイドでのアップダウンも減り、クロス精度も低下している。それを受け、スールシャール監督は最近の試合で本職センターバックのリンデロフをサイドバックとして起用している。

◆DFニコラス・オタメンディ(シティ)
期待値:A 今季評価:B

昨季は不動のレギュラーとして公式戦46試合に出場。プレミアリーグでは34試合に出場し、パス本数ランキングでは2位となる3074本を記録。プレミアリーグ史上初の勝ち点100に到達するなど記録ずくめで優勝を果たしたチームを後方から支えたが、今季はジョゼップ・グアルディオラの信頼を得られず。リーグ戦16試合の出場にとどまり、アイメリク・ラポルテやジョン・ストーンズらにレギュラーの座を奪われてしまった。

◆DFフィル・ジョーンズ(ユナイテッド)
期待値:B 今季評価:C

“次世代のジョン・テリー”との評価を受けてユナイテッド入りしてから早8シーズンが経過。残念ながら、いまだ全盛期のテリーのレベルには遠く及ばない。ケガがちで1シーズン平均のリーグ戦出場数は20試合と稼働率が低いだけでなく、そのパフォーマンスも安定せず。そんな中でも、クラブは2023年6月までの長期契約を締結した。フィル・ジョーンズは、クラブからの信頼に応えるような活躍を見せなければならないが…。

◆DFバンジャマン・メンディ(シティ)
期待値:A 今季評価:B

2017年に移籍金6000万ユーロ(約75億5000万円)という当時のDF史上最高額でマンチェスターへとやってきたフランス代表左SBだが、加入初年度は前十字靭帯断裂の大ケガで棒に振ってしまった。再起を図った今シーズンは開幕4試合で4アシストを記録するなど素晴らしいスタートを切ったが、またもケガに悩まされて長期離脱。リーグ戦出場も10試合にとどまるなど、移籍金に見合った活躍は未だ披露できていない。

◆MFネマニャ・マティッチ(ユナイテッド)
期待値:A 今季評価:C

2017年夏にチェルシーから加入し、昨シーズンは不動のレギュラーとして36試合に出場したマティッチ。さらなる適応が期待された今シーズンだが、高いフィットネスを取り戻せないままシーズンを終えることになりそうだ。ユナイテッドの失点数「48」はプレミアリーグ創設以降のワースト記録。その大きな要因の一つは、センターバックだけでなく、彼らの防波堤となって負担を減らすことができなかったマティッチの不調にある。

◆MFフレッジ(ユナイテッド)
期待値:A 今季評価:C

今シーズン期待の新戦力だったが、プレミアリーグ初年度からの適応はさすがに難しく、5200万ポンド(約75億5000万円)という移籍金に見合うプレーを見せることができていない。それでも、3月6日に行われたCLラウンド16セカンドレグのパリ・サンジェルマン戦が転機となりつつある。当時の試合で出色のパフォーマンスを見せて逆転8強入りに大きく貢献すると、そこからは持ち前の運動量や効果的な縦パスを増やしている。まだまだ見限れない存在だ。

◆MFケビン・デ・ブライネ(シティ)
期待値:S 今季評価:B

昨季プレミアリーグ37試合で8ゴール16アシストを記録。アシストランキングではトップに輝き、PFA年間ベストイレブンにも選出されるなど、記録ずくめの優勝をけん引したデ・ブライネ。今季も出場すれば存在感を放ち、CL準々決勝第2戦では3アシストを活躍するなど輝きを放った。しかし、ワールドカップ後の難しいシーズンで2度も長期離脱を繰り返しており、さらに第35節トッテナム戦(1-0)でも負傷交代。チームを連覇に導く圧倒的な活躍が期待されていたが、度重なる負傷で真価を発揮しているとは言い難い。ダービーも負傷欠場が濃厚だ。

◆FWリヤド・マフレズ(シティ)
期待値:A 今季評価:C

今季クラブレコードの6000万ポンド(約87億2000万円)でやってきたアルジェリア代表ウインガー。本人も熱望したビッグクラブでのプレーがようやく実現したが、ペップの戦術にフィットすることができず。さらにスターリングやベルナルド・シウヴァら分厚い選手層に阻まれ、特に2019年に入ってからは出番が激減。リーグ戦14試合で先発はわずか3試合と、苦境が続いている。

◆FWアントニー・マルシャル(ユナイテッド)
期待値:A 今季評価:B

昨年10月から11月にかけてリーグ戦5試合連続でゴールを挙げるなどチームを牽引したマルシャルだが、如何せん好調が長続きしない。特に2月にそ径部を痛めてからは動きにキレを欠き、直近のバルセロナ戦(0-3)、エヴァートン戦(0-4)ではいずれも先発に抜擢されながらも不甲斐ないパフォーマンスに終わった。10得点を記録しており、そのポテンシャルは間違いものの、もともとの期待値が高いだけに内容面の物足りなさは否めない。

◆FWアレクシス・サンチェス(ユナイテッド)
期待値:A 今季評価:C

“ピアノ動画”で盛り上がった昨年1月の加入から1年以上が経過。2年目の今シーズンこそ本領発揮が期待されたが、ケガにも悩まされ、ここまでの公式戦24試合で2得点4アシストと大きく期待を裏切っている。今回のダービーでは、左ウイングでポジションを争っているマルシャルの調子が上がっていないこともあって先発の可能性も。ユナイテッドにとってはCL出場権を懸けた大一番だけに、このダービーで活躍してファンの信頼を再び勝ち取りたい。

◆期待値以下イレブンはこちら(4-3-3)
GK:デ・ヘア
DF:ヤング、オタメンディ、ジョーンズ、メンディ
MF:マティッチ、フレッジ、デ・ブライネ
FW:マフレズ、マルシャル、サンチェス


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00010012-goal-socc&p=1



1 2019/04/24(水)
フレッジは最初こそ良くなかったけど、最近は頑張ってくれてる。ジョーンズは長年ユナイテッドにいて成長がないんだから、期待も何もないと思う。デブライネは怪我で出れないから、挽回も何もないのでは?

2 2019/04/24(水)
フレッジはプレミア1年目で
マフレズはチーム内での約束事が多いペップサッカー1年目だし
メンディは2年目だけど離脱期間を考えれば
今の時点でもプレー時間が短すぎ…
最終ラインはジョーンズ、スモーリング、ヤング、バレンシアで
良さそうな気が…
(オタメンディはコンパニ、ストーンズとローテだし
 プレー内容の酷さではスモーリング程のアピールはしてない…)

3 2019/04/24(水)
フレッジはシャフタールから移籍して1年目だし仕方ないんじゃないかな。
デブライネはW杯の影響でそもそもの合流が遅かったし、今シーズンは怪我で離脱した時期を除いてあまり休めてない中よくやっている方だと思う。

4 2019/04/24(水)
マフレズの場合は本人どうのこうのよりベルナルドシウバが良すぎる 笑
彼を使いたいがためにスターリングを左に持って行ってザネがリザーブに回るという他のクラブでは有り得ない選手層が凄すぎる

5 2019/04/24(水)
デ・ブライネは仕方ないないところがあるだろ
昨季は酷使しすぎた
来シーズンに向けて治療と休養をとってもらいたいな

6 2019/04/24(水)
確かにほんの数回ミスはあったものの、デヘアがいなかったら、マンUはもっと悲惨だったと思う。

8 2019/04/24(水)
ジョーンズになんて誰も期待してないよ最初から

9 2019/04/24(水)
いろいろ選出基準に疑問はあるけど、最後のフォーメーション見たらそんなことはどーでもよくなって結局すごいメンバーだなって思った!

10 2019/04/24(水)
デヘアとフレッジが選ばれてるのは納得できない。まあキーパーをエデルソンとデヘアのみで選んでるんなら納得いくけど。

11 2019/04/24(水)
サンチェスはCもない。Eである。

12 2019/04/24(水)
デ・ヘアはイレブン作るために無理矢理入れた感が・・今季ならエデルソン>デ・ヘアだろうからな

14 2019/04/24(水)
期待値以外ベストイレブンって‥。
なんでもメンバーとか順位付けとかしたがるのね。
でも、すごいメンバーであることは間違いない。このメンバーが絶好調だったらCLでもかなりいいとこまで勝ち上がれそうなメンバー。

15 2019/04/24(水)
マフレズは層が厚すぎてかわいそう。シティ以外ならどのチームでもレギュラーになる実力あると思う。

17 2019/04/24(水)
デ・ブライネはもう怪我すんなとしか言えない
出れば活躍すんだから

18 2019/04/24(水)
マンUの意地を見てみたい。

19 2019/04/24(水)
記事にも書いてるけど、デヘアがここに載るのは流石に可哀想だわなぁ…
ユナイテッドならマルシャルとサンチェスは期待外れ、特にサンチェスはね!
シティはマフレズは期待外れ、デ・ブライネはケガが原因じゃないの?

20 2019/04/24(水)
ここでマンUがシティを止められなければリバプールは厳しいなぁ‥
 
21 2019/04/24(水)
大事な試合だから本当にマフレズは出さないでくれ

22 2019/04/24(水)
デヘア期待以上だろ。たった数回のポカの事でも言ってるの?

24 2019/04/24(水)
ジョーンズの契約延長本当意味不明。もっといい選手いるだろ。

25 2019/04/24(水)
怪我人が期待に応えられてないって社畜思考かよ。

27 2019/04/24(水)
マフレズの期待値A?
層の厚さを考えたら期待値なんてBかCだと思っていた(かなりC寄りの)

28 2019/04/24(水)
マフまじで期待してる!
頼んだぞ!!

30 2019/04/24(水)
ユナイテッドとシティを混ぜて無理やりイレブンを作る意味がどこにあるんだよ。
不快だ。

31 2019/04/24(水)
誰得な記事なんだ、
こんなのよりベストイレブン書くべき

33 2019/04/24(水)
ジェズスは?

34 2019/04/24(水)
無理やり11人選べばこんなもんじゃね。オタメンディはパフォーマンス別に悪くないのでスモーリングとチェンジで。監督はモウ、スーパーサブはジェズスかな

35 2019/04/24(水)
デヘアを選ぶの?
彼いなかったら今季はほとんど勝ち点とれてなかったよ。
マンCから選ばれる選手はほとんどいないと思う。オタメンディーってマンUのディフェンス(ショウ、リンデロフ以外)よりいいしね。なんせローテ組んでるんだから。
まあ今季のビッグ契約はジョーンズだよね、、

38 2019/04/24(水)
何だこの評価基準はw
デヘア、フレッジ、マフレズを選ぶなんて本当に愚かな記事だ













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ