20190421-00010005-sportiva-000-1-view[1]


スポンサード リンク




「ブラッド・ピットのようなイケメンなら、おまえはここにいる意味がない。センターバックは”歯にナイフを咥(くわ)えて”、とことん悪役然としてプレーしろ。それがおまえの存在理由だ」


 フアン・マヌエル・リージョは熱い口調でそう言って、ブラジル人CBダンクレーの奮起を促したという。リージョらしい独特の言い回しというのだろうか。気合いの入っていない選手には、すれ違いざまに肩をつかみ、身体を揺すり、目を覚ませる。彼の実像は”戦術愛好の哲学者”ではない。

<選手の能力を見抜き、伸ばす>

 その仕事だけに集中し、選手を練習で鍛えた。

「リージョのおかげで、プレーの質が上がった」

 ヴィッセル神戸で、そう洩らす選手は少なくない。例えば、ルーカス・ポドルスキはリージョ監督就任以来、練習態度からして見違えるほどに変わったという。選手の多くが成長を実感し、実際に西大伍と山口蛍の二人は、短期間の指導で日本代表に復帰。控え組の競争力も高く、ルヴァンカップではグループの首位だ。

 ところが4月17日だった。リージョ監督は、電撃的に”辞任”している。代わりに、吉田孝行前監督が復帰。青天の霹靂の監督交代劇に、混乱はまだくすぶっていた――。

 4月20日、埼玉スタジアム2002。神戸は浦和レッズの本拠地に乗り込んでいる。アンドレス・イニエスタ、ダビド・ビジャらスター選手が参戦する見込みとあって、5万5000人近い観衆が席を埋めた。しかし2人とも、コンディションの問題でメンバーに入っていない。

 それでも、試合を優勢に進めたのは2人の元スペイン代表選手が不在の神戸だった。リージョ監督が丹念に仕込んだボールゲームの質は高い。各自がポジショニングで上回り、ボールをつなげ、プレスを回避し、ビルドアップで上回った。

 しかし前半10分、左サイドのバックパスに、ディフェンダーが足を滑らせてしまう。それを興梠慎三に持ち込まれ、エリア内に入ってから中へ切り返されたところ、必死にカバーへ戻ったダンクレーが足をかけてしまった。神戸は呆気なくPKを与え、早くも先制された。

 もっとも、ここから「神戸が攻め、浦和が守る」という構図がより鮮明になる。

「前からプレスをかけられなかったが、後ろではブロックを作って。エリア内では1対1の球際のところで、守備の選手たちが負けなかった」(浦和/オズワルド・オリヴェイラ監督)

 神戸はボールを動かしながらスペースを作り、ダンクレー、山口の前線への縦パス1本でチャンスを作る。それはリージョ神戸が得意とする攻めの形だった。

 19分の攻撃展開は象徴的だろう。バックラインからのビルドアップ、下がって受けたセルジ・サンペールが相手を引きつけてパスコースを探し、フリーになった山口に預ける。山口は相手のポジションがずれたところ、右サイドを走った小川慶治朗へ、絶妙なスルーパス。オフサイドの判定になったが、パス回しから相手を崩していた。

「(今日のように)あれだけボールを持ったら、タイミングさえ合えば必ずゴールにつながるはず。出し手と受け手のタイミング。そこをもっと強く意識しないと」(小川慶治朗)

 タイミングは、リージョが好む言葉のひとつである。現代サッカーでは、スペース、スピード、インテンシティが重く考えられがちだが、すべては相手の逆を取り、味方と呼吸を合わせるタイミングを優位につくるために正しいポジショニングがある。

 神戸は守りを固めた浦和に対し、リージョが鍛えてきた戦術練度の高さを示している。後半20分には、右サイドの西が斜めに入れたクロスを、FWウェリントンが頭で落とし、走り込んだFW古橋亨梧が際どいシュートを放った。ひとつのサイドに敵を集めて、もうひとつのサイドに活路を見出す。ゴールにならなかったが、意図は十分に感じられた。

 しかし後半26分にポドルスキを下げると、攻撃は明らかにトーンダウンした。リージョは予定調和的な”部品交換”のような交代を好まなかった。たとえ結果にたどり着かなくとも、ピッチの中で状況をアジャストさせられる選手を送り出している自負があったし、交代で暗転する怖さも承知しているからだ。

 新体制の神戸は、1-0で敗れた。

「悪いサッカーをしたわけではなかった。ファンマ(リージョ)体制から攻撃のベースは変わっていない。守備のところで、奪われたときのプレス、ラインをコンパクトにする、などを(監督就任後の練習では)うるさく言ってきた」(吉田監督)

 この日、神戸の戦いにはリージョの名残りが確かにあった。しかし当然だが、同じではない。リーグ戦では開幕戦のセレッソ大阪戦以来の無得点に終わったが、すでにリージョは去った。

 スペイン人監督の匂いは、徐々に消えていくのだろう。その試みは未完に終わった。

「ミステル(監督)、バルサでプレーしていた頃を思い出したよ!」

 サンフレッチェ広島戦、圧倒的に押し込んだ前半を評し、イニエスタはそう言ったという。皮肉にも、それがリージョにとって神戸で最後のゲームになった。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00010005-sportiva-socc&p=1



1 2019/04/21(日)
神戸には期待してるし、盛り上げてくれてるからJリーグ自体助かってる。他クラブも!
ただ一言にバルサ化ってなんなんだ?
育成から1つの理念を作り上げたいのか、ペップ時代みたいな下部上がりで埋め尽くしたいのか、ただバルサみたいにポゼッションサッカーしたいのか、単純にバルサにいた選手を集めたいだけなのか、今柔軟なサッカーしてるよバルサ。
個人的にスペインのサッカーチームが魅力的に見えるのはスペイン人選手の圧倒的な足元技術の高さ・戦術理解度の高さ、そこで足りないピースを南米の選手などで補っている。
手っ取り早く国内、アジアの中でビッグクラブになりたいなら力のあるブラジル人揃えた方が早いよね。
とくにJは強力なブラジル人いたらかなり通用する、チームにフィットすればね。
名古屋なんか昨季は苦労したが、強くなってきてるしまだまだ伸び代あると思う。
ただ今の神戸は神戸にしか出来ない補強ではある。

2 2019/04/21(日)
バルサの象徴的だったイニエスタ、それに伴いバルサに由縁・所属してた選手や監督を揃えれば、すぐにでも“バルサ化”が出来ると勘違いした三木谷の浅はかさの結果だ!
シーズン前までは、これだけの人材を集めた功績に賞賛が寄せられ注目されたが、リージョを事実上解任して、今シーズンでスター選手が全て離れる事になれば、今シーズン後は180度違って、無礼とか恥を曝す意味で注目される事に成るだろう。
野球とサッカーは違う。
野球(特にNPB)は、良い選手を獲れば、結果はある程度すぐに出る。
だが、サッカーは野球と違い、攻撃も守備もコンビネーションや戦術などが成熟していかないと勝てて行けない。
つまり、簡単に結果など出ないんだ、ましてクラブを強豪クラブになんて数年では出来ないんだ。
俺はそう思ってたけど、三木谷は有能なビジネスマンであって優れたサッカークラブオーナーではない事がハッキリ分かったね!

5 2019/04/21(日)
バルサ化したいなら、下部組織で育てた選手が誇りを持ってプレーできるチームになりましょう。
パスサッカーとかポゼッションとか内容を追求する前に、ヴィッセル神戸がもっと魅力ある、地域に根付いたクラブになることが先です。

6 2019/04/21(日)
西がリージョに鍛えられて代表入り?
神戸に移籍してすぐに代表入りしたじゃないか。
この記事は既存のデータだけ見て実情を無視してる!
西が神戸入りしてから代表に呼ばれたのは確かだけど
実力は鹿島時代からあった!
ひどい記事!

8 2019/04/21(日)
イーブンでの辞任だったが、せめて1シーズンは神戸での采配観たかったですね。
バルサ化と言うよりは、監督の首をつけ変えるレアルや以前のミランみたいな感じ。
レアルは歴史も勝利のメンタリティもあるビッグクラブだが、神戸はこの先どういうチームになるんだろうね。

9 2019/04/21(日)
これまでの流れを考えると、
欲しくない選手を押し付けられてスタメンを指示された。
負けた結果は監督責任でタイトル獲得か最低でもACL出場権獲得を厳命。
日本代表にもっと送り込めるようにしろ、
コパアメリカに選手を出せそれでも試合には勝て、
などなどいっぱい思いつく。
ガンバ戦が面白かっただけに残念だなぁ。

10 2019/04/21(日)
いろいろ言われてるけど私は三木谷の現場介入が原因で辞任に至ったんだと思うよ。傀儡監督に逆戻り。

11 2019/04/21(日)
今、騒がれているVIPトリオ(ネーミングどうにかしてw)も
来年には居なくなって「バルサ化」自体無かったことになってそう。
そもそも三人とも選手としては歳で、もう走れなさ過ぎて
周りの負担がデカすぎるでしょ。
今は珍しさでお客呼べるけど、
三木谷の介入で健全なチーム内の競争も無くなれば
リージョもやってられない→傀儡監督にしか務まらない→
選手も傀儡の言うことなんか素直に聞かない→チーム崩壊
なんてことにもなりかねないですよ。

12 2019/04/21(日)
リージョのキャリアを見れば采配のサイクルは短い 本人にも何かしらの要因がある場合が考えられる

13 2019/04/21(日)
センターバック₋の大崎は使えませんね。
一番の敗戦の原因は大崎でしょうね。
フリーで決定機を外すし、得点の原因の滑ってボールを取られたことも足が地についていない証拠ですね。
プロとして情けないのではないでしょうか?
タラレバはいけませんが、ビジャなら楽に決めていたことでしょう。

15 2019/04/21(日)
ヴィッセル神戸のバルサ化を止めないで欲しい。リージョ監督のような指導のできるスペインの監督を再度期待します。個人的にリージョ監督のサッカーが好きでした。

16 2019/04/21(日)
イニエスタ、ビジャ、セルジ。これにポドルスキがいる。
でも、誰1人独力で完結できる選手はいない。
誰かにラストパスを出す。
誰かとコンビネーションで崩す。
目指すべきバルセロナがそうだから良いけど、それならスタイルにあった選手をもう少し揃えるべきだった。開幕前からCBとCFが不安だと言われていて、その通りになった。
足元があってビジャとコンビネーションで崩す選手はウェリントンでは明らかに物足りないし、ダンクレー来たけど、その相棒が大崎では話にならない。
昨日のようなミスはあれが初めてではなく、去年からずっと続いてきた。
外国人にばかり注力して、手足である日本人の補強で大事なところにモディファイできなかったのがリージョにとって不幸だったように思う。

18 2019/04/21(日)
現場(プレー)の事は現場のプロ(選手、監督、コーチ)に任して、三木谷はビジネス(補強等)に集中すべき。
どんな仕事でもプロの中に素人が介入してはならない
 
19 2019/04/21(日)
個人的にはヴィッセルに何が何でも結果を出してほしい!スター選手来たのに、何だこれ?って思わせてしまうと、今後こういった選手が警戒して来なくなるのが一番さみしい…
他サポやけど、jリーグ にはこういうチームが絶対必要!

21 2019/04/21(日)
この記事を読んでる限り良い監督だと思うだけに、せめてリーグの折り返しまでは長い目で見守る必要があったんじゃない、三木谷さん。ましてや後任が吉田さんじゃステップアップには繋がらないですよね。

22 2019/04/21(日)
この件、皆あまり口を開かないが、なんでリージョが辞めることになったのか、そこをきちんと調べて記事にしてこそのジャーナリズムではないのか。公式発表を記事にしているだけなら、楽な商売だ。

24 2019/04/21(日)
今節はリージョの遺産頼りの圧倒的なポゼッション率だったな。
リージョの指導によって美しさと強さがチームにつきかけてた。
残念ながらこれからは伸びしろが期待薄。
ダンクレーが慌てなければ引き分けくらいで済んだかもしれないが、外国人以外は神戸のFW陣に得点の匂いがして来ないんだよな。

25 2019/04/21(日)
これだけの選手を揃えても10位とかなら、Jリーグのレベルが高いのではないだろうか。

27 2019/04/21(日)
結局何で辞任したの?解任されるような成績ではなかったけど•••

28 2019/04/21(日)
サッカーも野球も日本ではがんがん応援する。それが日本のサッカーにリズムや抑揚をなくしている原因ではないかと思う。

31 2019/04/21(日)
そもそも運動量等でバルサで不要になった選手や定着できなかった選手達を集めてもバルサなんてできない究極の真理

32 2019/04/21(日)
神戸は大丈夫だよ!
W杯アジア予選の時半分が消化したぐらいにテレビのスポーツ番組に出て、海外のクラブにいる選手が、各リーグで活躍した時に、その活躍にW杯出場は決定しました!とお墨付きを与えるほどの有能な三浦淳寛が中枢にいるんだからねwww

33 2019/04/21(日)
新監督にはプライドはないのだろうか。マリオネットにしか見えない。

34 2019/04/21(日)
こういう金満なチームも1つ2ついると楽しいと思います。結果と直結していないなら、なおさら。

36 2019/04/21(日)
ソフトバンクの孫社長みたいに「私は現場に口を出さないが金は出す」の方針でホークスを強いチームにし続けている。

37 2019/04/21(日)
監督が辞任した理由が問題。

38 2019/04/21(日)
途中でいなくなってしまった以上、リージョの評価はできないよね。何も結果は出てないし。

41 2019/04/21(日)
昨日の浦和ボール支配率20%台だったが
「相手が『巧い』と感じることはあまりなかった」と青木

42 2019/04/21(日)
神戸は弱くない
リージョがこんな早くに去るんじゃ何か言われてたと思う
まだ始まったばかりなのに余計な口出しはするな
何のために選手監督を補強したんだよ
選手のやる気も奪うな
本当楽天は芯を通さないと強くならないよ
だから未だに優勝争いにも加われないんだよ

43 2019/04/21(日)
VIPがいないときの戦力に差がありすぎ。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ