20190418-00317910-footballc-000-3-view[1]


スポンサード リンク




イングランド・プレミアリーグのリバプールを率いるユルゲン・クロップ。勝利した試合後に派手なガッツポーズを連発するパフォーマンスは、アンフィールド(リバプールの本拠地)の名物のひとつと言えるだろう。マインツ、ドルトムント、そしてリバプールと、これまで指揮を執ってきたクラブで、クロップは選手だけでなく、サポーター、そしてフロントにも愛されてきた。そこで今回は、クロップの熱すぎるエピソードを紹介していく。

◆現役引退と同時に監督就任

 1967年、ドイツ・シュトゥットガルトに生まれたユルゲン・クロップは、ドイツの下部リーグのチームを渡り歩く。そして1990年、ブンデスリーガ2部に昇格したばかりのマインツに加入した。

 2000/01シーズン、2部を戦うマインツは開幕から低迷が続き、監督解任を断行したものの、降格圏へと沈んでいた。

 状況を打開しようとしたゼネラル・マネージャーのクリスティアン・ハイデル(現シャルケスポーツディレクター)は2001年2月末、エックハルト・クラウツン監督を解任。後任として監督に据えたのは、直近に行われたグロイター・フュルト戦に先発していたマインツのベテランDFクロップだった。

 33歳にして現役引退と同時に監督に就任したクロップは、現在の代名詞ともいえる4バックと攻撃的なプレッシングをチームに導入。するとマインツは直後のデュイスブルク戦に3-1の勝利を挙げた。

 この勝利を皮切りに、マインツは7戦で6勝を挙げ、クロップはチームの建て直しに成功。その後も勝ち点を積み重ねたマインツは、リーグ戦を14位でフィニッシュし、見事に2部残留を果たした。

 その後、クロップが率いるマインツは2003/04シーズンを3位で終え、クラブ史上初となる1部昇格を達成。クロップの名が全国に知れ渡ることとなった。

◆思わぬ災難に…

 2008/09シーズンからボルシア・ドルトムントを率いることになったクロップは、3シーズン目となる10/11シーズンにブンデスリーガ制覇を達成する。

 リーグ連覇の期待がかかるドルトムントは翌11/12シーズン、DFBポカール3回戦(ドイツ杯)でデュッセルドルフと対戦。当時2部のデュッセルドルフに対して、ドルトムントは前半に退場者を出し、苦しい戦いを余儀なくされた。

 試合はスコアレスのまま延長戦を終えたが、PK戦に入る直前、審判への抗議を理由にクロップは退場を命じられてしまった。

 試合はドルトムントがPK戦を制して、無事に4回戦進出を決めたものの、チームはさらなるアクシデントに見舞われた。なんとクロップがPK戦の最中に肉離れを起こしてしまったという。

 選手時代はフィジカルが武器のディフェンダーとしてならしたクロップだったが、思わぬ災難に見舞われることとなった。

 その後、DFBポカールを勝ち進んだドルトムントは、決勝でバイエルン・ミュンヘンと対戦。香川のゴール、ロベルト・レヴァンドフスキのハットトリックなどで5-2と圧勝し、カップ戦を制覇した。

 ドルトムントはリーグ戦でも2位バイエルンに対し勝ち点8差をつけ、連覇を達成。翌12/13シーズンは、リーグ戦ではバイエルンに独走優勝を許したものの、チャンピオンズリーグでは決勝進出を果たすなど、クロップ率いるドルトムントは一時代を築いた。

◆香川の胸ぐらを掴んだ理由

 2014/15シーズン、当時クロップが指揮を執っていたボルシア・ドルトムントは、前半戦に5連敗を喫するなど、絶不調に陥っていた。

 降格圏内に沈んでいたチーム状況の中、ドイツ紙『ビルド+』は2014年11月3日、クロップがMF香川真司の胸ぐらをつかんでいる写真を掲載。厳しい表情でクロップが香川を叱責している様子が、写真からは見てとれた。

 この直前に行われたバイエルン戦に敗れリーグ戦5連敗を喫していたドルトムントにとっては、追い打ちをかけるようなニュースとなってしまった。

 しかしこれは、クロップの熱血指導によるもの。練習後に香川を呼び止めた指揮官が、興奮のあまり胸ぐらを掴むような格好になってしまったようだ。

 熱血指導の効果があったのか、ドルトムントは直後のボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦を1-0で勝利。“熱血指導”を受けた香川もスタメン出場している。

 ドルトムントは降格圏で前半戦を折り返したものの、後半戦は息を吹き返す。2月にはシャルケとの“レヴィアダービー”に3-0で勝利するなど不調からの脱出に成功した。

 ドルトムントはこのシーズン、リーグ戦を7位でフィニッシュし、ヨーロッパリーグ出場権を獲得。しかし、クロップは任期を残して、7シーズン務めたドルトムントの監督を退任することになった。

◆選手を守るクロップの男気

 2017/18シーズン、チャンピオンズリーグに出場したリバプール。セビージャ、スパルタク・モスクワ、マリボルと同組となったグループステージを突破すると、決勝トーナメントでも、ポルト、マンチェスター・シティ、ローマといった難敵を次々と撃破。決勝へと駒を進めた。

 ウクライナ・キエフで行われたファイナルは、レアル・マドリーとリバプールの対戦カードとなった。

 試合は51分、GKロリス・カリウスはスローしたボールをFWカリム・ベンゼマの出した足に当ててしまう。すると、そのボールはそのままゴールへと吸い込まれ、マドリーが先制に成功する。

 1-2とリバプールの1点ビハインドで迎えた84分、ベイルが右サイドからロングシュートを放つと、正面に飛んできたシュートをカリウスは弾くことができず、マドリーに試合を決定づける3点目を許してしまった。

 勝負を分けるマドリーの先制点と3点目を、“ミス”によって許してしまったカリウスには、試合後に批判が殺到。しかし、それを即座にカバーしたのがクロップだった。

「どうかカリウスのことを強く責めないでほしい。確かにとても辛いことだ。しかしこれもまた人生だ」

 その後、主将・ジョーダン・ヘンダーソンや、カリウスとクロップの古巣マインツがエールとなるコメントを発信。クロップが見せた“男気”が、バッシングの嵐になっていたカリウスを守ったと言えるだろう。

◆喜びの代償

 ドルトムントの監督を退任したクロップは、2015年10月、ブレンダン・ロジャースの後を継いでリバプールの監督に就任。4季目となった18/19シーズンは、序盤から昨季王者のマンチェスター・シティと激しい首位争いを見せていた。

 2018年12月2日、エバートンとのマージーサイド・ダービーを戦うリバプールは、スコアレスのまま後半のアディショナルタイムを迎えた。

 リバプールは右サイドからトレント・アレクサンダー=アーノルドがロングボールを入れるも、相手DFがヘディングでクリア。DFフィルジル・ファン・ダイクがこぼれ球をボレーで狙うも、ミートできず。しかし、このボールをエバートンGKジョーダン・ピックフォードがキャッチできずにボールはクロスバーに弾む。

 クロスバーに当たったボールはピッチへと戻り、FWディボック・オリギの前へ。オリギはそのままゴールへと流し込み、劇的なゴールでリバプールの勝利が決した。

 しかし、この劇的なゴールが決まった直後、喜びのあまり我を忘れたクロップはピッチに入り、GKアリソンと抱き合ってしまった。

 試合終了のホイッスルが鳴る前に起きてしまったこの行為に対して、イングランドサッカー協会(FA)は後日、クロップ監督に対して8,000ポンド(約117万円)の罰金を科した。

 その後行われた会見でクロップは、「規則が存在し、誰かがそれを破った場合、罰せられなければならない」と、FAの処分を受け入れたもよう。

 ダービーでの劇的な勝利の裏で、クロップは手痛い“カウンター”を受けてしまった。

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190418-00317910-footballc-socc&p=1



1 2019/04/20(土)
アツい男。
チームや、リーグが変わっても結果を残してるからね。
信頼関係を作れて、それが結果にも繋がるのが凄い。

2 2019/04/20(土)
戦術もあるけど、モチベーターとして最高の監督だと思う。
試合中にもかなり声を出しているし、選手も奮起するよね。

3 2019/04/20(土)
監督は思うがままに振舞って
頂きたい、ゴールが決まった時の
パフォーマンスがイギリスの新聞
タブロイドに批判されようが構いません
ドンドン自分を出して頂きたい
そんな監督が大好きです
私はどこまでもついていきます。
 
4 2019/04/20(土)
良い監督。リバプールもすぐに結果を求めず、クロップを信用して良かったと思います。

6 2019/04/20(土)
今現役の監督では
世界一かなと思う。

7 2019/04/20(土)
CLとプレミア。個人的にプレミアは絶対に勝ってほしいなあ。

8 2019/04/20(土)
香川がゴール決めたとき駆け寄ろうとして滑ったのが一番印象残ってるわ

9 2019/04/20(土)
この世界的な名監督の経歴紹介に日本人の名が出てくるのが凄いね。

11 2019/04/20(土)
こういう上司がいたら最高!
っていつも思う。
戦術しかりだけど
優しさ、厳しさ、暖かさを持ち合わせてて
人間味が溢れてる。

12 2019/04/20(土)
正にボスといった感じ。
ファーガソンが後一年頑張ってたらマンUに獲られたのかもと思ってます。
正直あのタイミングでドルトムント辞めると
は一年前には想像出来なかったですからね。
リバポファンとしては有り難い限りです。

15 2019/04/20(土)
ゴール後のリアクションだとノリッジに5-4で勝った時のが好き
5-4…ダイクが居るうちは見られないだろうなあ

16 2019/04/20(土)
クロップを監督にと推した人間の眼力に脱帽

18 2019/04/20(土)
クロップの三連パンチめっちゃ好きです

19 2019/04/20(土)
クロップだけをカメラに写して
一試合見てみたい。

21 2019/04/20(土)
社長がこうだったらヒヤヒヤもんだけど、課長とか部長だったらどこまでもついていきたいタイプ

22 2019/04/20(土)
右肩いつか脱臼するんじゃないかな…

23 2019/04/20(土)
一番好きな監督じゃ

25 2019/04/20(土)
試合中のサッリとの会話も印象的だったですね。

26 2019/04/20(土)
好感度はすでに欧州No1 

28 2019/04/20(土)
クロップ「反省はするが、後悔はしていない(笑)」。

31 2019/04/20(土)
そんなクロップとアンフィールドとの相性は抜群

32 2019/04/20(土)
昔イブラヒモビッチがクロップに何時になったらオレを買うんだい?
とあのイブラに言わしめるほどの男

33 2019/04/20(土)
リバプールの久しぶりのタイトル獲得
見てみたいです

35 2019/04/20(土)
個人的に1番好きな監督!クロップの喜ぶ姿は、本当にこっちも嬉しくなる!

38 2019/04/20(土)
アリソン、身長いくつなんだ。

39 2019/04/20(土)
ドルが香川のゴールで優勝決めた時、喜び過ぎて肉離れしてなかったっけ?笑

40 2019/04/20(土)
2014年って香川はすでにユナイテッドじゃないっけ?

41 2019/04/20(土)
お下劣リバプールに似合うのは誉め言葉とは言えないわな。

42 2019/04/20(土)
大好きっす!!

43 2019/04/20(土)
クロップ監督好きやな!













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ