20190408-00000075-dal-000-3-view[1]

スポンサード リンク




 J1神戸は昨季からスペインの名門バルセロナをモデルに掲げ、改革を推し進めている。昨夏に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)を獲得したことで流れは加速し、その波及効果は育成部門(アカデミー)にも及んでいる。

 神戸U-18は3月8日から15日までバルセロナ遠征を行った。今回で5度目の実施だが、その内容は例年になく濃いものとなった。現地で練習試合を4試合消化し、バルセロナの本拠地カンプ・ノウでリーグ戦を観戦。さらにDFピケやFWコウチーニョら世界的名手と交流し、育成組織(カンテラ)の選手寮「ラ・マシア」を見学する機会にも恵まれた。

 これらは昨夏にアカデミー部門のアドバイザーとして招聘されたアルベルト・ベナイジェス氏(64)らスペイン人スタッフの尽力によるところが大きい。イニエスタを見いだした人物としても知られるベナイジェス氏は、バルセロナで21年間にわたって育成部門の要職を担ってきた。イニエスタの要請もあって神戸入り。今もバルセロナと太いパイプを持っている。

 アカデミー部長兼スカウト部長を務める平野孝氏(44)は「前回の遠征とは全く(バルセロナ側の)対応が違ったという話を聞いた」と明かし、「一番大きいのはバルセロナと(神戸の親会社の)楽天が提携関係にあることだが、イニエスタやアルベルト(ベナイジェス)の繋がりで、いろんな物事が円滑に進んだ」と“イニエスタ効果”に実感を込めた。

 平野氏は「一流の選手、環境に肌で触れるというのは大切なこと」と、遠征の意義を強調する。海外クラブとの対戦で「世界における自分の現在地を知れるのは大きなこと。それがゆくゆくはプロ選手として世界で戦う上で生きていく」とも語った。バルセロナ下部組織との練習試合は「バルサTV」によって日本にネット配信され、神戸U-18の選手にとっても大きな刺激となった。また、今回の遠征では育成部門のスタッフがアカデミー運営に関する講習も受けたといい、スタッフにとっても学びの多い遠征となった。

 遠征に参加した神戸U-18主将のMF山内翔(17)は「ヴィッセルにいたからこそできた経験。本当にありたがい」と話し、FW小田裕太郎(17)も「いい機会を作ってもらって感謝しています」と頭を下げた。カンプ・ノウでFWメッシらのプレーを目の当たりした山内は「自分がプレーしたらどうなるかと考えながら見た。まだまだ遠いですが、自分もあそこでプレーできたらいいなと強く思った」と、向上心をかき立てられた。「ラ・マシア」では睡眠時間を確保するため夜11時以降Wi-Fiが切られ、携帯電話の使用が制限されることなどを知り、小田は「もっと一日一日を意識高くやっていかないといけない」と発奮した。彼らの言葉は「目の輝きが違った」という平野氏の言葉を実証している。

 貴重な経験を得たバルセロナ遠征。例年はユース年代のみの実施だか、「早ければ早いほどいい」と考える平野氏はU-15、U-12といった全てのカテゴリーでの遠征を計画しているという。日の当たるトップチームだけではなく、“バルサ化”の種は育成部門にも着実に蒔かれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190408-00000075-dal-socc



1 2019/04/08(月)
世界のトップと距離が体感出来るのは、
キャリアを考える上でも素晴らしいですね。
外国で活躍したいなら外国語を学ぶだろうし、
向いてないと思えば選手以外の選択肢も選べる。

2 2019/04/08(月)
アカデミー部長兼スカウト部長を務める平野孝氏(44)「一流の選手、環境に肌で触れるというのは大切なこと」とコメントをしている。昔、現役時代に名古屋で「規律、秩序を乱す存在」として「クラブが再三の指導をしたが残念」とし戦力外通告を受けた。今更ながらではあるがその時の失敗を生かす仕事につけたことは素晴らしい事。

5 2019/04/08(月)
どえらい体験をさせてもらったね。なんかこの流れの中に久保がいないのが不思議な感じ。まあ、彼は定期的にバルサを訪れカンテラの仲間と練習までしてるみたいなので別格なんでしょうが。このぐらいの年だと吸収力も早いので、この遠征で獲たものを是非活かしてほしいですね。

6 2019/04/08(月)
ユース世代の経験値を増やすのは勿論、日本は指導者のレベルアップが何より必要なのだろうな。その部分の進化を促す意味で良い機会にして欲しいね。指導者の世界との差を埋めない限り、育成が上手くいくとは思えないし。

8 2019/04/08(月)
継続は力なり。鹿島は、その点すごい。神戸も長期で頑張ってほしい
 
11 2019/04/08(月)
良い機会なので、鹿島のように継続できるよう頑張って欲しい。
バルサとの関係が終わって、磐田のように残留争いの常連になったら最悪。

12 2019/04/08(月)
早い時期から超一流に触れられる機会は何者にも代え難い。
一度ではなく、継続的に機会を設けてあげてほしい。

14 2019/04/08(月)
神戸に居る選手達は幸せですね!
直ぐに成績として実を結ばないこともあろうかと思いますが楽しみしてます!

15 2019/04/08(月)
育成環境を整える時期なのは間違いないのに、協会からそうゆうのを全く感じない。
放映権で金銭的にもゆとりあるうちに動かないと、また下火になってゆく。

17 2019/04/08(月)
選手たちが一流に触れて一流を目指すなか
去年の試合や先日の試合の様に審判が試合を
台無しにする事が無いように審判の育成も
進めて欲しい。

18 2019/04/08(月)
イニエスタ達がいる間に「無双するチーム」になるのは難しそう・・・。
でも、ジーコやドゥンガ達が鹿島や磐田の礎を築いたように、イニエスタ達が神戸の礎を築いて、近い将来強豪チームになりそうな気がする。

20 2019/04/08(月)
選手時代『規律、秩序を乱す存在』であった平野氏が今の役職についているのは実に興味深いです。
正直当時を思い出すだけで気分も悪くなる。
しかしそれを大きく覆す貢献を神戸でしてもらえたら名古屋サポとして嬉しいし救われますね。

21 2019/04/08(月)
これ神戸ユースに入りたいって有力選手も増えるだろうなぁ。
関西圏は元々有望選手が多いし、他県に流れる選手をしっかり取り込めば相当強い育成型ビッグクラブになれる。

23 2019/04/08(月)
バルサもクライフが来てからペップの時代で結果を出すまで20年かかってる。
令和生まれの子が世界に出るように育つまで、継続、発展させられるかどうか。

25 2019/04/08(月)
>「ラ・マシア」では睡眠時間を確保するため夜11時以降Wi-Fiが切られ、携帯電話の使用が制限されることなどを知り、
確かにU18では遅い
もっと早く若いときの方がいい
プロを目指す集りだものね

28 2019/04/08(月)
個々の魅力はある。
だけど日本のような和を重んじる土地柄では成功は難しいと思う。
ま、チャレンジするのは歓迎したいが。

29 2019/04/08(月)
つまり交流でもバルセロナ側が本気で取り組んでくれる。。これは非常に重要なことだね。イニエスタのいるチームである、ということも大きいと思う。

30 2019/04/08(月)
シャビを迎えたアル・サッドも同じようなアプローチを少し前からスタートさせている。
楽天とどちらが本物の強豪に仕上がるか、楽しみだ。

33 2019/04/08(月)
良い取り組みですね 
個人負担の 金額が 気になりますが

34 2019/04/08(月)
ピケよりオーラあるのが左にいるんだが

35 2019/04/08(月)
そろそろ、U-18,15,12でなく一歳きざみのチーム構成で育成の大規模化をやってほしい。あと、語学に対して真剣に考える時ではないかと思う。

36 2019/04/08(月)
これができるのも親会社の支援あってだからね。三木谷さんがスポンサーなってくれて羨ましいよ

38 2019/04/08(月)
先制されることが多いから後は守備だね。

40 2019/04/08(月)
素晴らしい試みだと思います。

42 2019/04/08(月)
一時代を築いた近年のバルサのスタイルは対策が進んでもはや当のバルサのトップチームも使っておらず、あおりを受けて育成部門から世界的選手を輩出することも激減した。
ここに固執する神戸には相応のリスクを感じている。

43 2019/04/08(月)
元々ヴィッセルのユースとか強いし、さらに強くなりそう

44 2019/04/08(月)
カタールがスペインの血を次々に入れて成功してるし日本代表が迷走してる中これはいいことだと思う

45 2019/04/08(月)
平野は神戸に居たのか?
大岩は、鹿島監督
望月は、相模原の代表
 
47 2019/04/08(月)
後は、優勝しなきゃね。それだけ

48 2019/04/08(月)
いいことだと思うけど、ぶっちゃけ本国スペインも黄金期は終えて、バルセロナもカンテラからあまりいい選手輩出できてないよね













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ