20190407-00000252-spnannex-000-3-view[1]

スポンサード リンク




 TBSの特番「平成スポーツあったなぁ大賞」が7日放送され、元サッカー日本代表FW三浦知良(52=J2横浜FC)がVTR出演。「今だったら絶対に言わない」と26年前のあの試合でハーフタイムに自身が思わず口にした発言を悔やんだ。

【写真】まだまだ若い!7日に先発出場したカズ

 平成のスポーツで思わず「あったなぁ」と言ってしまう名場面、珍場面を貴重な映像とともに振り返る同番組。

 中学、高校、大学と10年に渡るサッカー経験があり、Jリーグでボールボーイのアルバイトをしたこともあるという俳優の向井理(37)が紹介したのは、日本悲願のワールドカップ(W杯)初出場を目前で逃した平成5年(1993年)の“ドーハの悲劇”だった。

 1993年10月28日にカタールの首都ドーハで行われたW杯アジア最終予選・日本―イラク戦。カズのゴールで先制した日本は2―1で迎えた後半ロスタイムに同点ゴールを決められ、あと一歩のところからまさかの予選敗退が決定した。「ゴンさんがすごい叫びながら崩れていく瞬間っていうのは一生忘れられない。それだけ自分としてもショックだった」。向井は、ベンチから崩れ落ちていくFW中山雅史(51=J3沼津)の姿をそう回想した。

 これを受け、VTR出演したカズは「後悔っていう言葉を使いたくないんですけど」と前置きした上で「『これでW杯行けるんじゃないか』って言ってた気がする」とハーフタイムを告白。カズがゴールを決めた試合はそれまで1次予選から全勝で「自分が点を入れて負けるっていうのはほとんどなかった」とし、「『これでW杯行けるんじゃないか』って言ってた気がするんです。あの時からもう後半に向かう中でみんなおかしかったんじゃないかって。今だったら絶対に言わないことです、ハーフタイムに。2―0で勝ってても3―0で勝ってても。そこでオフトが『シャラップ!』って言ってるんですよ、みんなに。『ちょっと静かにしろ』って」と当時日本代表を率いていたハンス・オフト監督の名前も出して後悔を語った。

 また、スタジオ出演した中山は試合中にスタンドから空き缶の投げ入れがあって試合が中断したことによりロスタイムが長くなった可能性があるとし「あれがなかったら、もしかしたら…っていうのもあるんですよ」と告白。それ以来「缶ジュースを飲んでもちゃんとごみ箱に捨てます」と話していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190407-00000252-spnannex-socc



1 2019/04/08(月)
武田が別の番組で言ってたけど「今ならあの時間帯ならボールキープとか時間稼ぎをしてただろうけど当時はそんな概念がなくてとにかくゴールに向かって行った。もう少しズル賢かったら…」ってのが印象に残ってる。
でも、あの時は韓国に勝った事で勢いが出てて本当に夢でしかなかったW杯が手に届きそうで外野はもちろん、インタビューとかでも選手達はいける!と確信してた中でラモスだけは「まだ何も決まってない」って釘を刺してたけどオフトの声すら聞こえない悪い高揚感を押さえられなかったんだろうね…
ドーハがあったからこそ今日までの初出場から6大会連続出場うち3大会は決勝T進出があると考えると感慨深いけど

2 2019/04/08(月)
勝負は終わるまではわからない事を改めて痛感しました。

3 2019/04/08(月)
あの試合で最後まで油断しない事や試合を潰す事の重要性が刻み込まれた。無駄な失敗ではなかったよ。組織力だけで戦ってたから出場しても悲惨な結果だったと思うし。

5 2019/04/08(月)
ドーハの悲劇があったからこそ、今の日本代表が6大会連続で継続してワールドカップに出場し続けているのだと思う。もちろん、昨年のワールドカップはロストフの悲劇を味わったし、また新たな境地を見つけたと思う。ドーハの悲劇を考えれば、物凄い勢いでの成長だと思う。まぁ、僕は現在24歳ですが、生きている間にワールドカップ優勝は無理だと思うけど、ベスト4以上まで行く日本代表を見たい。

6 2019/04/08(月)
あの頃の代表は当然ながら、大半がプロリーグ開幕前に研鑽を積んだ選手で、まだまだ力が足りてなかったと思う。
そんな中、カズやラモスは本当に良くやった。ラモスとか大ベテランで、今だったらスーパーサブ的に使われたんじゃないか?と思うけど、そんなラモスがいないと、中々攻撃の形すらも作れませんでしたからね。
惜しかったけど、まだまだ本大会レベルではなかったんだと思います。

8 2019/04/08(月)
枠が少なかったっていうのが大きいんだろうけど、昔はW杯出場が本当に大変だったんだなぁ・・・

9 2019/04/08(月)
あれがあったから、今の日本サッカーがあると思うし、カズさんやラモスさん、柱谷さんなどがいたからこそ、今がある。後悔や悔しい思いはあるけど、失敗からしか得られないかけがえのない経験、過去があるから、成長できていると思う。

10 2019/04/08(月)
「これでベスト8に行けるんじゃないか」
ってのは去年のロシアであったと思う。
そう考えると25年で恐ろしいほどの進歩。

11 2019/04/08(月)
カズにしたらアメリカ大会決めてればワールドカップのピッチに立てていただろうし、悔しいだろうな。
フランス大会で最後の最後にメンバーから外され、やっと掴んだワールドカップのピッチに立てる夢から突き落とされて、その悔しさが今の現役続行のパワーになっていると思う。
今の日本サッカー界があるのもカズの存在が大きく影響している。
選手としては厳しいけど、監督として将来ワールドカップにいってほしい。
10年後、カズJAPANがみたい。

13 2019/04/08(月)
あの試合のあとにフランスW杯を見ることなく亡くなられた山際淳司さんが「ワールドカップへようこそ」という文章を書かれていて、どんな強豪チームも似たような経験をしていてそれこそがワールドカップの一部なんだ、という内容だったと記憶している。
それを読んでワールドカップに出られなかったことを本気で悔しがることができるチームになったんだ、とドーハのだいぶあとだったが日本の財産になるだろうことを思って少しだけ報われた気がしたのを思い出した。
彼が存命だったらフランス以後の代表をどう書いてくれたのか興味は尽きない

15 2019/04/08(月)
前例があるから、改善や解決策が生まれる。
それをより良い方へ向かう事も出来る。
その前例を作った人たちには気の毒にも思うけど。

16 2019/04/08(月)
夜中に視てて本当に悔しかったのを覚えている。日本中で悔しさを共有した瞬間でもあったと思う。あれは振り返るとハーフタイムに隙が生まれていたということか…
でもあの悔しさは今に生きているから現役を続けて頑張ていられる一つの糧になっているのでしょうね。

17 2019/04/08(月)
GKの松永さんの半生を描いた漫画で、「最後のシュートに跳びつくことはできませんでしたか?」という問いに「アメリカが、目の前にあったんですよ・・・」と答える場面があった。
既に心はW杯初出場を決めた気分だったのだろう。
しかし個人的には、試合終了の笛が鳴るまで勝負はわからないというサッカーの面白さを、これ以上ない形で国民に示してくれた試合だと思っている。

19 2019/04/08(月)
ドーハの話になると、武田のプレーばかり批判されるけど、あの後、日本のマイボールになってるんだよ。ラモスがボールをキープしてるだけで良かったのに、無理なパスを通そうとしてカットされて、そのままコーナーキックになって失点した。武田本人もTVで、ラモスのいる前でその事言ったら、ラモスに逆ギレされてたけど。

20 2019/04/08(月)
1993年、あの時ああいう結論になるとは誰も思えなかった。1998年、アルゼンチンやクロアチアには勝てるとはとても思えなかったから負けた。
2002年、ベスト8に進むのは時期尚早に感じたら負けた。2014年、4年前に成し得たサッカーを超えようとしたら、足元の足りなさを笑われた。
そして2018年は4年前の呪縛を超えたが、新たな境地には踏み出せない心の準備の限界を迎えた。
日本のサッカーは、決して一足飛びには成長しないが、一歩一歩あの日から成長してきた。本当に一歩ずつ。そろそろ真面目にワールドカップのベスト8に入り常連になるための議論が必要だ。

22 2019/04/08(月)
Jリーグが発足した頃でもあって浮かれすぎてた感がった。
その日は,これが日本の実力だなと,確認した試合でもあった。
今現状を見て,引っ張ってきてくれたカズには感謝しかない。

23 2019/04/08(月)
本大会出てたら西ドイツと当たってた。
ブッフバルトや94年は選ばれてないけどレッズでチームメイトになったバインは福田を絶賛してたから、本大会でどれだけやれるのか見たかった。
ただ当時はオフェンシブハーフやらされてたし、FWとして覚醒したのはバインと組んでからだからあまりインパクトは残せてないかもなあ。

25 2019/04/08(月)
中学の時にドーハを夜中にリアルで見ていました。友達の家に集まって騒がない程度に応援、2ー1でリードしているのに残り10分くらいで空気が重たくなり、怖くなっていたことを覚えています。その後のニュースでイラクは負けたら100叩きの刑が待っていることを知り、最後まで攻めて来た理由を知りました。 

27 2019/04/08(月)
結果的には、あのドーハの悲劇があったからこそ、その後の日本代表の活躍があったと思うので、当時は絶望感と喪失感しかなかったけど、今となっては必要な敗戦だったのではと思えますよね。

28 2019/04/08(月)
その頃にも時間稼ぎの概念はあったよ。でも勝てばW杯に行けるという初めての経験と緊張感のなかで時間稼ぎという選択が出てくる余裕がなかったんでしょ。
サッカーもやっとプロ化したばかりで、まだアマチュアみたいなもん。気候もやばかったし、心身ともに極限状態だったんだよ。仕方ない。

30 2019/04/08(月)
月並みの意見ですが『あのドーハがあったから今の代表がある』と思います。
今回ロシアのベルギー戦が、将来『あのベルギー戦があったから世界の8強に入れた』となるはず。

31 2019/04/08(月)
枠が二つだったし、イラクも必死だったから。

32 2019/04/08(月)
ハーフタイムであんなのがあったんだ…。
今はスポーツでもメンタルトレーニングが重要視されているので、あんなことを言うなんて考えられない。リセットと後半にやるべきことの確認のみをするのが現代のメンタルマネジメント。だから今なら絶対に言わないとカズも言ったんだろうね。

33 2019/04/08(月)
あの時、イラクは酷い扱い受けていたらしい。試合後に出場停止処分喰らったり不利な判定されたり。にしても強かった。イラクの方が決定機沢山作ったよ。カズの先制で、中山の勝ち越しで勝てると思った・・イランに負けてから連勝、特に韓国に勝ったのは嬉しかっただけにあのロスタイムゴールは・・忘れられない。吉田、勝也、松永らの渋い活躍も嬉しかったな~。

35 2019/04/08(月)
あの「ドーハの悲劇」があったからこそ今の日本代表がW杯出場が当たり前になっていると思う。ただあの時の落胆は今でも覚えています。

36 2019/04/08(月)
もしあのときW杯に出ていたら、全盛期のカズ・ゴン2トップが世界の舞台で見れた
サウジが決勝トーナメント進出した大会。日本もワンチャンあったかもしれない。本当に悔やまれる。

38 2019/04/08(月)
ドーハの悲劇!日本がワールドカップまであと一歩の所で逃したシーン今でも忘れられません。でもドーハの悲劇があったから今の日本サッカーがあると思います。

41 2019/04/08(月)
たくさん教訓を得た試合でもあったね

42 2019/04/08(月)
この試合勝ってたら、カズは今は引退してたのだろうか。それとも今みたいにストイックに頑張ってるのだろうか。

44 2019/04/08(月)
逆にドーハで初出場決めてたら
案外フランス大会には出れなかった気が
かなりする。
人生における挫折には何かしらの意味があると
信じる













スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ