GettyImages-669021084-800x533

スポンサード リンク




3月の代表戦シリーズ。日本代表は「宿敵」コロンビアに敗れてしまった。決勝点となったPKは相手の至近距離からのシュートがDF冨安健洋の腕に当たったもの。あの距離からの速いボールをよけることは不可能なだけに、PKの判定はかなり厳しいものだったと思う。かなり攻め込まれてはいたものの、与えた決定機は少なく、守備は機能していた。問題だったのは得点できなかったことの方だ。やはり、大迫勇也の不在の影響は大きかった。

コロンビア戦でワントップとしてテストされた鈴木武蔵はそのフィジカルの強さとスピードを生かして、コロンビアの強力DFにも脅威を与えており、「可能性」を感じさせたが、しかし、代表初出場では周囲とのコンビネーションは機能せず、決定機にもシュートを枠に飛ばすことができなかった。

続いて日本代表はボリビアと対戦したが、守りを固めるボリビアを崩せずに苦戦を強いられた。ワントップには鎌田大地が起用され、2列目には香川真司を中央に、右に宇佐美貴史、左に乾貴士とロシア・ワールドカップにも出場した経験のある選手が並んだ。

だが、それなりにボールは回るものの、「どうしてもゴールを陥れよう」という迫力ようなものが感じられなく、じれったい展開が続く。また固いブロックを崩すときの常套手段でもあるサイドからのクロスもアタッカーと合わない。「攻めてはいるが迫力を欠く」という、かなりフラストレーションがたまる試合だった。

そして、後半61分に中島翔哉と堂安律が投入され、7分遅れて南野拓実が入って、2列目には昨年秋以降、日本代表の攻撃の中心を担ってきた若手が登場した。
すると、76分に堂安から南野、中島とドリブルとパスが縦につながって待望の得点が生まれた。もちろん、それまでの日本の度重なる攻撃をスライドしながら耐えていたボリビアの守備陣がかなり疲労を溜め込んだ中で若手3人が投入されたという事情は割り引いて考えなくてはいけないが、香川中心のベテラン3人の時に比べて若手3人の方が間違いなく攻めの迫力があり、これが相手のミスパスを誘発した。

若手3人に交代してすぐの先制ゴール……。まさに「新旧交代」を実感させるような場面だった。

日本代表が南米の2チームに苦労した3月シリーズだったが、お隣の韓国では韓国代表がボリビア、コロンビアと連戦して、ボリビアには1対0、コロンビアには2対1と連勝を飾った。

韓国代表は1月のアジアカップ(韓国は準々決勝敗退)の時のメンバーをそろえたベスト布陣で戦っていたのだ。ボリビアとの初戦とコロンビア戦で5人先発を変えたが、やはりこれまでにやって来た蓄積があるのだろう。2試合とも韓国の完勝と言ってもいいような試合をやってみせた。

なにしろ、韓国はこれまでの国際試合とほぼ同じようなメンバー構成であり、やはり日本代表とは成熟度が大きく違った。そして、今や、「韓国の」というより「アジアの」と言ってもいいスターとして存在の重みを増しているエースのソン・フンミン(孫興民)も2試合にフル出場し、コロンビア戦では先制ゴールを決めている。

イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーでもエース格のソン・フンミン。トッテナムはすでにチャンピオンズリーグでも準々決勝に進出しており、高いレベルの試合が続く厳しいスケジュールの中で代表戦のために長距離移動を強いられ、2試合フル出場。1月のアジアカップでもマンチェスター・ユナイテッド戦を終えてからアブダビまで移動して中3日で中国戦にフル出場という使われ方をしている。驚くべきタフネスぶりだが、どうしても疲労や故障が心配になってしまう。

これに対して、日本代表の森保一監督は「気配りの人」と言われる通り、選手の招集についても選手に対して実に優しい(監督本人の言葉によれば「選手ファースト」)。

昨年のロシア・ワールドカップと1月のアジアカップの両方に出場している選手は、オフが短かかったうえに代表の負担が重なっている。そうなると選手のパフォーマンスにも影響するし、クラブでのポジションを失いかけている選手もいるのだ。そうした諸々の負担を考えて、森保監督は3月のシリーズではこうした主力級の招集を免除したのだ。

ボリビア戦で先発した2列目の香川や乾、宇佐美。それに、コロンビア戦でワールドカップ以来のプレーを見せた昌子源などは、アジアカップに呼ばれていなかった選手だ(柴崎岳は代表にずっと呼ばれているが、これはクラブで出場機会が少なかったからか?)。

つねにベストメンバーで戦って勝ち続けようという韓国(もっとも、アジアカップでは主力を休ませなかったツケが回ってきて、ソン・フンミンなどに疲労がたまり、準々決勝で敗退)。そして、選手の負担を軽減しながらチーム作りを進める森保監督。

どちらが良いのか、それは結果??つまり2022年のワールドカップを見なければならないが、少なくとも日本のやり方の方が選手層は厚くなるだろう。アジアカップに向けて作られたチーム。そこに、3月シリーズで選ばれた選手たちを加えて、これからの日本代表は進んでいくはず。秋以降の戦いでは、この2つのチームの中から監督の目に叶った選手たちが選ばれて、その後、ワールドカップ予選を戦っていく中で次第にメンバーが絞られていくのであろう。

ボリビア戦などは、とても面白い試合とは言えなかったが、監督にとっては多くの情報を得ることができた試合だったはずだ。「この選手は使える!」という嬉しい発見はもちろん、「この選手は国際試合では使えない」という発見ですら、森保監督にとっては貴重な収獲だったはずだ。

招集した選手をフィールドプレーヤーは全員起用し、その中でも選手交代のタイミングを微妙に調整した。たとえばボリビア戦では61分に中島と堂安を先に投入して、その後南野投入を68分まで遅らせて、わずか7分間だけだったが香川を中心において両翼に中島、堂安を置く形もテストした。こうして様々な組み合わせを観察しながら戦った森保監督のチーム作りの手腕は見事だった。

後藤 健生

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190402-00010003-jsportsv-socc&p=1



1 2019/04/02(火)
現段階親善試合だからあまり勝ち負けにこだわなくても良いのでは。戦術も今からがっちり選手に当てはめるより、使える選手使えない選手を見極め勝ち残った選手の特性から戦術を決めても遅くないと思う。特に五輪世代を筆頭に面白い選手が目白押しなのでまだ焦る必要はない。興行的に人気のある選手が呼ばれないと世間が許さない風潮も、監督が作りたいチームの構想から外れていれば徐々に呼ばなくなるだろう。縦に速いサッカーを狙っていたハリルホビッチが渋滞を起こしがちな人気選手を呼ばないでクビになった例もあるので、人気のある選手も呼びながら徐々に使いたい選手だけに絞られて行くだろうと思う。また一回ダメだと判断された選手でも今後好調であればまた呼んでもらえる土壌作りにもなり、今の監督のやり方に賛成だ。アジア予選までに核を作って欲しい。

2 2019/04/02(火)
どちらがいいかは予選を含めてのカタールW杯で分かると思う!でもその国の年齢層によるのでは?ロシアでは日本の中心選手は20代後半から30代前半だったから同じメンバーで挑むのは難しい!しかし簡単に明け渡すのではなく若手が切磋琢磨して奪うことが重要だと思います!今はまだその段階。それを繰り返してベースを作ればいい!

3 2019/04/02(火)
たくさんの選手を招集して選手層を厚くするということは非常に大事なこと。森保監督はJリーグの選手もよく見てるし、これまでザッケローニやハリルジャパンでは四年に一度しかない東アジア杯でしかやれなかったことをこの段階でやれているのは良いことだと思うけれど、その分戦術の浸透が遅く、森保監督が目指してるサッカーというのが見えづらいのも事実。ここの折り合いをどうつけていくが森保監督の手腕が問われると思う。ぜひ頑張って欲しい!

5 2019/04/02(火)
欧州とアジアの移動は大変だからなー。
まだ若いとはいえソン・フンミンのコンディション維持が心配だな。母国代表のためという気持ちはわかるけど、親善試合のためにもう少しスパーズ優先の部分もあった方が本人のサッカー人生のためにもいいと思うけどね。
宿敵のエースだけど同じアジア人として長く欧州トップで活躍する姿を見せて欲しい。

6 2019/04/02(火)
東京五輪世代も兼ねてる関係で下の代からの突き上げがあればいいけど、今んとこ冨安と堂安のみ。二人いれば凄いのかもしれないが、手薄なSBやCFなどのポジションでも出てきてほしい。
そういう意味では日本のやり方がいいと思うけどね。モチベーションにもつながると思うし

8 2019/04/02(火)
「三銃士」の得点は疲労というよりもじっと耐えていた相手が攻勢に出てきてスペースが空いたほうが大きかったように思えた
 おそらくは選手交代で連携がズレるのを期待して攻勢に転じたのだと思うが、変わったのがあの3人ではむしろ連携は良くなってしまう
 オリンピック代表監督も兼任なのでそろそろそちらに軸足を移してくるのだろうか
 6月のコパアメリカは思い切ってオリンピック代表+OA候補を中心に据えてやってみるのもいいかもしれない
 森保監督の評価はとりあえずオリンピックとW杯予選まで待たないとわからないと思う
 
9 2019/04/02(火)
別の見方をすると勝ち癖をつけたい隣国と未だテストの日本
確かに長期的に見ればベストメンバーがそろうかどうか判らないW杯予選に向けては選手層を厚くしたい狙いは良いのかも知れない
が大迫以外のFWオプションに対する戦術が全く見えなかった
またボリビアはとにかくもコロンビアはそう言う意味では豪華過ぎでありエンターテインメントとしては良かったが代表の強化試合を考えたときに相応しかったのかどうか疑問だ

12 2019/04/02(火)
現段階のベストメンバーで親善試合に臨んでたら二連勝していただろうし世界の強豪とも互角かそれ以上のパフォーマンスが出来ると思う。あくまで目標はカタールWC。その時のベストメンバーは間違いなくチームとして歴代最強でありまた若い世代もそこを目指し切磋琢磨していくだろう。森保監督になり初めて見た選手もいた中で海外でも国内でもいいパフォーマンスができてれば誰にでもチャンスが巡ってくるのがわかった。これから益々日本サッカーのレベルは間違いなく上がっていくだろう。方や韓国は今ベストで大丈夫なのか?カタールはなんとか行けるだろうがその先は低迷して行きそうな雰囲気たっぷりだ。

13 2019/04/02(火)
スポーツには余り詳しい方ではないが一度しかない勝負には技量や作戦だけでなく色々な要素が絡み合い思い通りの結果にならない事が有るからこそ真剣で面白い。

15 2019/04/02(火)
たまにある代表の試合がつまらなくても、長い目で見れば、森保の方がよい。ザック時代には固定の弊害がもろに出た。最初は実力差があるにせよ、ワールドカップ予選が始まったり、メンバーをいじれないときも出てくる。
逆にごそっとメンバー変えられる試合はたまにある親善試合だけ。韓国はワールドカップ前の大事な時期にソンフンミン怪我すると思う。森保は酒井、吉田とかうまく休ませてあげられていると思う。

16 2019/04/02(火)
正解は一つではないからね
てか、協会三銃士がスポンサーのいいなりになって操り人形にならないようにも注意しないとね、、責任の所在が曖昧になる恐れもあるしね
W杯予選も五輪も勝てなくなる悪い時期をどう乗り切るかだね

19 2019/04/02(火)
7分間ではなく、もう少し中島–香川–堂安を見せてよ、という意見が多いのだろう。コロンビア戦でも、中島–香川はそれなりの時間テストされてるから、コンビネーションの分析用サンプルはそれなり収集できたんだったらいいね。
監督への批判が多いけど、それが一番良くないという意見かなぁ。

21 2019/04/02(火)
ボリビア戦だけで評価するのは早いし、スタメンで若手三人出ていても同じような結果だったかもしれない。
中島、香川を同時起用なんかも試して欲しいけどね

22 2019/04/02(火)
W杯アジア予選に向けてメンバーをテストする時期ではあるが
そろそろ固定したい時期に来た。
逆に言うと、トップメンバーは固まっているけど
サブ組が固まっておらず、色々試している時期なのかもしれない。
 
24 2019/04/02(火)
これはサッカーだけに限らない。経済さても目先の利益を優先する韓国。長期的な投資をして、営業の選択肢を増やす日本。ノーベル賞も同様。ノーベル賞を取るために研究する韓国。人の幸福ために研究した結果、ノーベル賞を受賞する日本。
わずか1000キロしか離れていないのに、全く違う価値観を持つ。

25 2019/04/02(火)
まぁ、テストマッチですから公式戦の結果、内容で判断した方が良いでしょう。
アジアカップと直前のテストマッチでは、全然、内容と結果が違いましたから。

26 2019/04/02(火)
親善試合だし、今の時期はW杯まで時間があるから、勝ち負けよりは選手や戦術のチェックを重視すべき試合。
その点、ソン・フンミンを呼んだり、試合終盤に露骨な時間稼ぎまで行うなど、目先の勝ちに必要以上に拘る韓国代表は異様に感じた。
まあ、見栄っ張りな国民ということか。

28 2019/04/02(火)
数多く試しただけで、層厚くもなってないし、成熟度が増しているわけでもないし、どっちつかずで成果が出ていないと判断もできる。
いまだに森保監督の戦術は見えない。選手頼みな感じでジーコ時代をちょっと思い出す。

30 2019/04/02(火)
冨安はハンドの直前に後ろで手を組んでいただけに勿体なかったね。
親善試合は色んな選手を試したり戦術を試したりして収穫があればいいと思う。

31 2019/04/02(火)
保一さんはベストイレブンだけではワールドカップを勝ち抜けないという教訓を活かしていいチーム作りをしている。

32 2019/04/02(火)
数多く試したけどボリビア戦みたいな交代はあまり意味がないな。
主力とテスト組をもう少し上手く組み合わせてあげないと。

33 2019/04/02(火)
南米選手権がどのようなメンバーになるのだろう。招集拒否されてる海外選手やシーズン真っ只中のJリーグという監督としては苦しい状況。せっかくの南米とのガチンコだから可能な限りのベストメンバーで挑んで欲しいが。

35 2019/04/02(火)
日本と彼の国を比較して分析するのはちょっとやめてほしい。

36 2019/04/02(火)
ベンチメンバー使うのはいいけど、
総入れ替えのBチーム状態だと本番でどれだけやれるのかは見えにくいのでは。
限りある時間の中で判断しなきゃならないからしょうがないとは思うが。

37 2019/04/02(火)
今度の6月にある程度現状がわかると思う。1勝1敗1分できたら良いんじゃないかな?

39 2019/04/02(火)
日韓はアジアカップ準優勝、ベスト8と差をつけてますからね。
ベストメンバーでコロンビアに負けたのならまだしも、先日の試合に関してはそうではなく、テストの場でしたからね。あくまでも、W杯本番が大事ですよ。

40 2019/04/02(火)
まだ4年近くあるし、別に焦らなくて良くね?どうせ4年後にはメンバー、ガラッと変わってると思う。

42 2019/04/02(火)
この時期に勝ち負けは気にしなくていいと思う。

44 2019/04/02(火)
多くの選手を試す森保の手腕とあるけど本当にただ試しただけで手腕とかじゃない
1試合目はAチームで2試合目はBチームで〜
こういう戦い方ならその辺の草サッカーチームでもやれますよ
 
45 2019/04/02(火)
ワントップ+2列目とその後ろとではバックアッパーの厚さが露骨に違う。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ