20190401-00010022-goal-000-1-view[1]

スポンサード リンク




サガン鳥栖は、スペイン人指揮官ルイス・カレーラスの下、新たなスタイルの構築を目指して2019シーズンをスタートさせたが、開幕5試合でわずか1勝と苦しんでいる。それでも、この5試合を戦って見えてきた部分もある。深刻な得点力不足に陥った要因、そして選手が語る新スタイルへの手応えとは。【取材・文=青山知雄】

◆開幕5試合で結果が出ていない鳥栖

 フェルナンド・トーレスというワールドクラスのストライカーを擁しながら、サガン鳥栖が開幕5試合で挙げた得点はわずか1。チームとしても1勝1分3敗の15位と苦しんでいる。そのトーレスも第4節で負傷交代。第5節の横浜F・マリノス戦はベンチ入りすることもできなかった。果たして鳥栖は大丈夫なのだろうか。

 クラブは今季、従来の堅守速攻スタイルから主導権を握って戦うサッカーに方向転換すべく、スペイン人のルイス・カレーラス監督を招へい。現役時代にアトレティコ・マドリーでトーレスとチームメートだった指揮官とともに、新たなスタイルを目指してシーズンをスタートさせた。

 しかし、チームは開幕から結果を出せず、練習はずっと非公開。メディアが取材する機会は基本的に公式戦当日だけに限られており、監督の考え方や選手たちの声が表に出てくることは決して多くない。試合を見ていても明確な形は打ち出せておらず、カレーラス監督の目指すサッカーが見えてこないのが現状だ。チームが目指す新スタイルは、まだベールに包まれていると言っていい。

◆指揮官が目指すのは“ポジショナルプレー”

 なかなか核心を突くことができないなか、横浜FMとスコアレスドローに終わった第5節終了後、ボランチでプレーする高橋秀人に話を聞く機会に恵まれた。“知性派MF”としてピッチに立つ彼が、カレーラス監督のスタイルと鳥栖の可能性をどう見ているのかが気になったのだ。

 まずカレーラス監督が目指しているのは、“ポジショナルプレー”だという。プレミアリーグ王者のマンチェスター・シティのようにピッチ内で均等なポジション取りをした上で、選手たちには“質的優位”で攻めることを求めているようだ。

 では、“質的優位”とは何なのか。

 例えば、攻撃と守備が2対2の状況になった場合の攻め方について考えてみる。ボールを持っている側が周囲のサポートを受けて3対2の状況を作り出すのが“数的優位”。だが、そこで2対2の状況のまま勝負させていくのが、カレーラス監督の目指す“ポジショナルプレー”、つまり“質的優位”ということになる。高橋秀も「変にサポートとか、フォローをしないことがポジショナルプレーの原則。監督もそれをやりたがっていた」と説明する。

 だが、この新スタイルを導入するにあたり、難しさが出てしまった。堅守速攻から攻撃的なサッカーへの転換がうまくいかないという簡単な話ではなく、そもそもクラブが伝統的に特長としてきた戦い方とのギャップが生まれてしまったのだ。高橋秀が続ける。

「もともと鳥栖は伝統的にフィジカルで走り勝つことで数的優位を作って、結果を出してきたチーム。キャンプから戦術を落とし込んできたけど、いざリーグ戦が始まって相手と対峙すると、自分たちにはポジショナルプレーを発揮できるだけの“個の力”がなかった。チームや選手が従来持っていた良さを監督が徐々に取り入れながら、少し戦い方が落ち着いてきたところ。ボールをつなげるようにもなってきたので、ここから徐々にポジショナルプレーに戻していこうとしている段階です」

 チームはキャンプから積み上げてきたものを緩やかに推し進めつつ、別のアプローチを始めていた。これなら現時点でうまく結果が出ていない理由もうなずける。苦しい状況にあることは変わりないが。早い時点で方向修正を図れたのは、シーズン全体を見据えてもポジティブに捉えていい。となると、一番の問題はやはり得点力不足の改善に関してだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00010022-goal-socc



1 2019/04/01(月)
昨シーズンから鳥栖を応援してDAZNで全試合観戦しています。
トーレスは完全孤立、さらに怪我、可能性を秘めたクエンカはラスト10分のみの出場、イバルボは長期離脱、豊田ー金崎コンビも中々難しい、、、
明るい材料は、松岡の成長、
とはいえ、まだまだ線も細いし、フィジカルコンタクトが厳しいと思う。キックの精度と運動量はすごい。
1年観ていただけのニワカですが、
鳥栖は堅守があってるように思います。
リスクを犯して前に出るサッカー、ポゼッションサッカーは難しいのでは無いでしょうか。
堅守からハイボールで、トヨコプターとか、分かりやすい戦術が合っていると思います。
4試合で1点では勝てない…。、

2 2019/04/01(月)
チームのメンバーを見ても、監督がしたい戦術は無理でしょうね。
そうしたいなら、選手の半分を入れ替えるか、DFとMFとFWに1人以上のレギュラーを獲得する必要がある。
まず、監督や選手に責任があるのではなく、チームのコンセプトや選手個々のレベルの把握をできていないフロントに問題がある。
それに、鳥栖に必要なのは、リーダーシップのあるDFリーダーとラストパスを出せる選手。

3 2019/04/01(月)
今節はトーレス不在、イバルボは去年から未だに不在。クエンカはコンディション不足でわずかな時間しか出れない。
鳥栖は不運が少し続いてるようにも見えるけどね。それと 権田がポルトガルに移籍。ただ、ベンチにも入れてないらしいから、今考えると 謎の移籍。うーん…

5 2019/04/01(月)
露骨な得点力不足が勝ち点を逃してる
トーレス、豊田、金崎ももともと得点力がある選手でもゴールの近くでシュートを打てないと元も子もない
その為のパサーやら、クロス上げれる選手が欲しい
クエンカ、イバルボ揃ってスタメンに出れる様になったらもう少しはマシだろうけど現状出てる選手が徹底的に練習して話し合ってやるしか突破口は無い

とりあえず応援してますので熱い試合よろしくお願いします!!!

7 2019/04/01(月)
鳥栖より危険なチームあるのだが…

8 2019/04/01(月)
ポジションナルプレー…個の力に頼るってこと?
えーー、てっきり早いパス回しと流動的なポゼッションで優位性を作っていくスタイルを目指すのだと思ってた。
だったらカレーラスである必要なくね?
jリーグをよく知り、結果(3勝2分)もだしたミョンヒ監督がいいでしょ!
個で勝てるのはトーレス、クエンカ、イバルボ、金崎、小野。
スポンサーが減った鳥栖が、高額年俸の彼等をいつまで抱えられるかわからないのに個の力に頼るなんて…

10 2019/04/01(月)
先日の引き分けのように運は持っている。運が逃げない内に、離脱者が戻ってきてもらいたい。何とかなる気がする。

12 2019/04/01(月)
今の鳥栖のメンバーで質的優位があるのはクエンカ、金崎、トーレス、三丸くらいかな、なら3トップにしてサイドからえぐる方がいいかも、トーレスも真ん中やり辛そうだし
 
14 2019/04/01(月)
順位が示す通り。我慢だ。幸い?なのは、その5試合が上位だったことと磐田に引き分けでなく勝てたこと。まだまだ巻き返せるし内容もマシになってきた。期待してるよ。

15 2019/04/01(月)
難しいよな。J1に限らずだけどヴェルディにしても福岡にしてもJ未経験の監督てのは浸透は遅いよね。我慢のロードやね。

16 2019/04/01(月)
批判ではないけど、何故今までのスタイルから変える必要があるんだろうか

18 2019/04/01(月)
皮肉なことに今のシメオネのアトレチコはユン・ジョンファン時代の鳥栖に近い。そっちのスタイルのほうが鳥栖としては順応しやすいだろうけどスペイン人を中心としたポジショナルプレーを目指すカレーラス監督の理想もわかる。どこまでサポーターが我慢できるかだね。

20 2019/04/01(月)
個の力を磨く。質的優位…
時間はかかりそうですが、習得できれば、元々フィジカルは強いチーム。 戦術のチャンネルは増えるはず! 頼むぜ!カレーラスさん
信じてるぜサガン鳥栖❣️

21 2019/04/01(月)
とにかく開幕から怪我人が多すぎる‥
早く復帰してベストメンバーで戦って欲しい

23 2019/04/01(月)
4月からが楽しみってことでいいですよね?
 
25 2019/04/01(月)
仙台とかあるから大丈夫…と思いたい…

26 2019/04/01(月)
これ以上は悪くならない。これから上昇あるのみ!

28 2019/04/01(月)
当たり前だけどトーレス一人では点は取れないし勝てる訳ないよな。今の鳥栖に仮にメッシやネイマールが入っても勝てるわけではない。

31 2019/04/01(月)
5試合で得点①なのに勝ち点④
効率は良い 

33 2019/04/01(月)
大丈夫なのか?って、大丈夫ではないよね。

34 2019/04/01(月)
少しサッカーを、かじっていればわかる。
トーレスを生かしたり金崎や豊田を生かす司令塔・パッサーがいないのが一番の要因

35 2019/04/01(月)
スペイン代表自体、常に真ん中で張っている典型的なCFのイメージ無いものな。
ビジャも得点シーンこそエリア内で駆引きはしているけど、基本サイドからの崩しが上手いし。
意外とトーレスをサイドに置く方がバランス取れたり、ゲームメイク出来るんじゃない?

36 2019/04/01(月)
クエンカとイバルボの調子UPまちだろうな

38 2019/04/01(月)
補強が中途半端すぎるんやろ。
フィニッシャー入れた所で
使い切れなきゃ意味が無い。

40 2019/04/01(月)
あのフィッカデンティにも「ポゼッションサッカー」させようとした挙句去年はあのザマだったもんな…
フロントの考え方がわからない。

41 2019/04/01(月)
トーレス「あ〜神戸行きたい(T ^ T)」

42 2019/04/01(月)
仙台なんか未だに勝ち無しだよ(笑)
次の試合
仙台に勝ち点3をプレゼントしてくれ(笑)
 
44 2019/04/01(月)
周りがごちゃごちゃ言う事ではない。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ