20190330-00010001-sportiva-000-1-view[1]

スポンサード リンク




福田正博 フットボール原論

■コロンビアとボリビアという南米との対戦で1勝1敗。そこで浮かんできた森保ジャパンの新たな課題とは何か? 元日本代表FWの福田正博氏がこの2試合を振り返り、考察した。■

 コロンビア、ボリビアとのテストマッチは、中島翔哉(アル・ドゥハイル)が現在の日本代表では別格であることを証明する試合だった。先発出場した1戦目のコロンビア戦前半にすばらしいパフォーマンスを見せ、2戦目のボリビア戦は途中出場して決勝点をあげた。

 コロンビア戦前半の日本代表は、DFラインから最前線までがコンパクトな距離感を保ち、連動して相手からボールを奪うと、中島が敵陣のスペースで起点となって時間をつくった。そこから、味方が攻め上がった右サイドに展開しながらゴールに迫った。

 しかし、後半になるとコロンビアがレベルの高さを発揮。中島の背後に攻撃の起点をつくり、日本代表から攻撃のリズムを奪った。中島への守備対応でも安易に飛び込まず、じっくり対峙して遅らせながら味方のサポートを待った。これによって中島が封じられると、日本代表は攻撃の形が作れなくなってしまった。

 ここが今後の課題だろう。今回は招集外の大迫勇也(ブレーメン)がいれば違う形の攻撃も繰り出せたかもしれないが、FW陣には大迫の代わりがつとまる選手がいない現状を考えれば、大迫を欠く試合で攻撃の起点になる中島が封じられたときにどうするのか。攻撃のバリエーションを増やさないと厳しい。

 FWには鈴木武蔵(コンサドーレ札幌)と鎌田大地(シント・トロイデン)が招集された。Jリーグで結果を残しているものの、大迫とはプレースタイルの異なる武蔵にポストプレーを求めるのはやはり酷なこと。事実、コロンビア戦では、前線にボールがおさまらないことで2列目の選手と前線の連動が少なかった。

 一方の鎌田はボリビア戦で先発起用されたが、相手がゴール前にベタ引きする戦い方をしたこともあって、彼の持ち味であるDFラインの裏への抜け出しが発揮できる展開にならなかった。ただ、随所に光るプレーを見せてくれた。

 中盤に引いてボールを受けるにしても、プレーは丁寧で視野を確保できるボールの持ち方ができており、狭い局面でもいい判断と高い技術力をしっかり発揮していた。個人的には、彼を2列目で起用したらどうなるか見てみたい。

 大迫ほどのポストプレーができる選手はすぐに現れるものではない以上、日本代表は1トップにこだわらない戦い方をしてもいいだろう。もちろん、対戦相手や試合展開に応じてということだが、鎌田や南野拓実(ザルツブルク)を『偽9番』として起用して、ポジションを入れ替えながら攻撃を組み立てる「ゼロトップ」的な方法を模索することも考えてもいい。

 また、攻撃で存在感を示したのが中島なら、守備では冨安健洋(シント・トロイデン)が圧倒的な存在になりつつある。今回は、W杯ロシア大会を戦った昌子源(トゥールーズ)以上に落ち着きが感じられた。高さを含めた体の強さがあって、フィード能力も高い冨安が、日本代表の守備陣の中軸になる日も遠くないだろう。

 CBでは、J1リーグでの出場数が昨季5試合、今季4試合というなかで抜擢された畠中槙之輔(横浜F・マリノス)がボリビア戦で先発出場した。縦にパスをつけられるフィード能力の高さに特長があって、1対1も強く、高さもあってヘディングも強い。その能力がさらにレベルの高い相手に通用するのか、次も呼んでもらいたい選手だ。

 初招集組では、安西幸輝(鹿島アントラーズ)もまた見たいと思わせるプレーをしてくれた。守備では球際の強さがあったし、攻撃でも持ち味のエネルギッシュで推進力のあるプレーが見られた。ただ、先発したボリビア戦に関して言えば、タッチライン沿いを何度も崩していたが、引いて守る相手に対して、中央へ斜めに走り込む動きが足りなかった。それができることで相手守備が混乱するため、次回はそこにも期待したい。

 新しい選手を試す一方、香川真司(ベジクタシュ)や山口蛍(ヴィッセル神戸)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ)らW杯ロシア大会メンバーも森保体制が発足してから初めて招集された。ただ、対戦相手の実力を考えれば、中盤2列目はコロンビア戦で先発した中島、南野、堂安律(フローニンゲン)が、森保一監督にとって現時点でのファーストチョイスということなのだろう。

 同時に、香川に関しては、実績がずば抜けているだけに、堂安や中島と一緒に先発した場合に、どんなプレーをするのか見たかったというのが正直なところだ。

 先発したボリビア戦で香川は、乾貴士(アラベス)とともに、狙いを持って攻撃を組み立てていた。相手が引いて守るため前線にスペースがないなか、中盤に引いてボールを受けると左サイドの乾へのサイドチェンジや、安西を絡めた攻撃で相手を崩そうとした。乾も香川の意図を汲み、中間ポジションをとりながら、SBの安西を使いながら何度も左サイドを攻略した。それに比べると、右MFの宇佐美貴史のパフォーマンスは、やや物足りないものだった。

 今回の親善試合での1勝1敗という結果は、フルメンバーを招集していないだけに、消化不良な部分も残った。しかし、森保監督の目指しているゴールが3年後のW杯カタール大会だとするならば、ここまでは順調に来ていると言っていい。

 1月のアジア大会は準優勝に終わったものの、昨年9月に新たにスタートした森保ジャパンは、世代の融合を着実に進めている。Jリーグで結果を残した若手や、可能性のある選手、海外で試合に出ている選手を招集して刺激を与えながら、チームを成長させ、W杯ロシア大会よりも一段も二段もレベルアップしたチームをつくるため、一歩ずつ前進している。チームとしての完成度を論ずるのは、まだ早いだろう。

 多くの選手を呼んで、森保サッカーのコンセプトを伝えながら「日本代表候補の集団を大きくする」という視点に立てば、今回の2試合は収穫もあった。香川や安西、畠中など森保監督が新たに招集した選手たちの連係がさらに高まる次回、どんな化学反応をもたらすのか期待を抱かせてくれたからだ。

 日本代表は6月に2試合の親善試合を経て、6月中旬には20年ぶりにコパ・アメリカに出場する。森保監督の選手選考は、海外組だけでなく、Jリーグもしっかり観ながら選手をピックアップするだけに、どんなメンバーを招集するのか興味深い。そして、日本代表入りに向け、ここから2カ月のJリーグで多くの選手がアピールしてくれるのを楽しみにしたい。

津金壱郎●構成 text by Tsugane Ichiro
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190330-00010001-sportiva-socc&p=1



1 2019/03/30(土)
大迫がいない、じゃなくて大迫無しでも大丈夫なオプションを探して欲しい。ワントップで鎌田があがく姿を見た時は森保さんは何を考えているんだろうと思った。森保さんがやった事は大迫がいる時のフォーメーションにただ代役候補の選手をトップにぶちこんだだけ。4-2-3-1に固執するんじゃなくて色々試して欲しい。

2 2019/03/30(土)
マスコミやファンが中島、南野、堂安のプレーススタイルに夢見るのは勝手だが自分で仕掛けるのが大好きな選手をそろえても絶対に上手くいかない。プリシッチやデンベレを並べて見事に散ったドルトムントが良い例。メッシ、アザールクラスでさえワールドカップで自分でドリブルして相手を何人も交わしシュートを決めた場面など殆どない。バイタルエリアはスペースもなく守備も激しい。チームが連動してチャンスを作っているか若しくはカウンター。無理にドリブルを仕掛けてボールロストをしたチームはその代償を払っている。メッシより決定力の劣るアザールは無理な場所からドリブルで仕掛けないし連携プレーが非常に上手い。欧州のトップリーグを経験したことのないフィジカルが弱い中島、南野、堂安が今のプレーを続ければ公式戦で強豪に勝てない。だからチームで連携するためにタメためを作れる大迫が必要だ。弱い日本で守備ができない選手は先発は無理。

4 2019/03/30(土)
正直、大迫と柴崎がいれば、中盤の残りは中島はもちろん、香川でも乾でも南野でも堂安でもどんな組み合わせでもいい。
何なら代表クラスでしっかり連携を取れる選手ならある程度結果は残せるんじゃないかと思う。
ただ、大迫や柴崎をもっと効果的に使って全員で連携しながら守備や攻撃を組み立てるなら、今の中盤の3人ではまだ足りないのかなと思う。
ベルギー戦を基準に考えると、森保監督のベストメンバーではあの戦い方にならないと思うし、より徹底して中島の守備の穴を狙われる気がする。
確かに攻撃面では魅力的な部分はあるけど、個の力だけに頼って勝てるレベルではない。
サッカーは連携がある事が前提の個の力だから、その部分でまだまだ物足りないのかな、と思います。

5 2019/03/30(土)
森保監督擁護派ですが、世界で活躍されてる有能な監督と比べると、
戦術面で大きな差がありますね
選手の見極めの時期なんでしょうが、Jなり海外でプロとしてやっている選手を新しく呼ぶ場合、大迫の代わりを探しているのか?とか、違うオプションのために探してるのか?中島堂安南野との相性が良いと感じて呼ぶのか?守備陣の選び方も全くもって選考基準もコンセプトもわからない
先日のコロンビア戦でもコロンビア監督が中島の裏を狙い始めたとたんばたばたとやられ出した
ということはそこが日本の矛と盾 弱点と前半だけで若しくは事前に分析をしていたんでしょうね
結構そうやって今までの代表はやられてきましたよね
いつまで後手を踏んでれば気が済むんですかね
こうなったらこうする こうすればこうなるって分析はしてないんでしょうかね
オプション プランABC 策定できるプロの分析官を雇わなくちゃだめなんじゃないかな?

7 2019/03/30(土)
勝ち負けも大事だけど、J選手を国際試合で積極的に使って経験を積ませた方がいい!
そうすりゃカードが揃って、W杯予選や本戦でもいろいろな事ができる!!
底上げにも繋がるだろうし!
正直、ボリビア戦のDF陣はJ組だったけど、良い動きしていた。けど、前半〜後半の頭までボランチと香川以外の攻撃陣は足動いていない!これじゃ流動的に動いてるボリビア選手陣に、すぐマーク付かれるのは必然。香川のマークを外さないといけないのに周りが動いていないから、スペースも出来ないチャンスも生まれない。てか、他の攻撃陣にプライドはないのかな?香川にあれだけのマークが付くって事は、他はそこまでマーク付かなくても平気って思われている事を気付かないのか?ボリビアの作戦的中で、香川封じ成功だし。

代わりがいないというより代わりを作ろうとしていないが正しい気もする。

8 2019/03/30(土)
柴崎のいない時間帯の香川は、柴崎の役割までこなさなくてはならず、あちこちに顔を出し、結局疲弊してしまった。香川と中島のセットをもう少し長く見たかった。香川を出すなら武蔵、鎌田を出すなら南野と、組み合わせを試して欲しかった。要は、選手個々を見るだけではなく、組み合わせで試して欲しかったという事。ベストのメンバーではなく、ベストの組み合わせを考えていかないと、プラン1だけになり、過密スケジュールのコパやWCを戦いきれなくなる。今は大迫+中島・南野・堂安の二列目のプラン1しかない、早くプラン2の組み合わせを見つけなければ…。

10 2019/03/30(土)
親善試合は別にしても、アジアカップ見る限りもともと大迫の代わり以外にも課題だらけじゃないか。
いつから大迫以外は大丈夫なほどの強豪になったんだ?
W杯に何回出ようが、世界トップクラスと比較すればまだまだ日本は全ての面で発展途上国だろう。
メディアもいい加減に三銃士がどうだとか、中島が世界トップクラスだみたいに煽るのはやめた方がいい。盛り上がりはするかもしれないが、発展途上国にとってそういうのは成長の妨げにしかならん。
弱者はまず自分の立ち位置を理解することが大切。
まぁ選手本人たちは分かってると思うが、メディアがそういう攻撃の良かった面だけ切り取って騒ぐと、また俺たちのサッカー的なスペインの超劣化版みたいなのやり出すのが怖い。ってゆーか、カッコイイ崩しにばかりこだわってるのが散見されるし、そういう兆候は既にある。
魅せるサッカーじゃなくていいから勝ってくれ。

11 2019/03/30(土)
森保監督の意図がハッキリ見えた、というか誰が見ても明らかだけどね。
メンバー固定は確定で、不在時の代替選手探し。これだけでしょ。
とりあえずそれは良しとしても、監督としての能力の方が問題だね。
まずは対応力の無さ。中島の裏を狙われ中島を潰されてるのに何の手も打たない。
こういうのはアジア杯から引き続きだから無いって事だよね。
そもそもの形がカウンターサッカーで、攻撃は個の能力に依存してるんで、面白みにも欠けるしチームとしての強さも感じない。
中島や大迫が異様に目立っちゃうのは、攻撃の戦術の無さの表れとも言えるんじゃないかね。
言い換えればそれだけ依存度が高いって事であり、チームとして機能してないって事に思えるね。
それだけハッキリしちゃうと相手は対策しやすいと思うよ。
底が浅いというか伸びしろが見込めないというか、期待出来そうも無いなぁ。。。
何か、クビになった例の人っぽい。

12 2019/03/30(土)
問題は中島、南野、堂安の三人起用だからなぁ。
あの3人を中核にする前提だと前線はあれ以上どうにもならない。
問題は大迫の不在や代わりの選手じゃなく、大迫が居ないと連携が取れない3人の方にある。そもそも3人とも使われる側の選手で他を使うプレーが出来ない上に監督がタスクを科してるようにも見えんし。
そこにメスを入れられないようなら、監督交代図って1から作り直した方がいいと思うわ。
早期に4大リーグに所属出来ないようならぶっちゃけ成長も見込めんわけだし。

14 2019/03/30(土)
課題は見つけろと思えば幾らでも見付けれるが、ボリビア戦の様に総入れ替えは何の意味も持たない。
やはりレギュラーメンバーに対して絡みが見てみたいサブメンバーを落とし込んで試して置かなければ、公式戦には生きないだろう。
あの2試合で良く判った事は、中島はある程度武器になる存在だと云う事と、やっぱりボランチには柴崎は必要だと云う事だろう。
香川に関してはもう少し中島や堂安との絡みも見てみたかった気はする。

15 2019/03/30(土)
この記事での、「中島の背後に攻撃の起点をつくり」というところが大事。もし親善試合でなく相手チームが事前にしっかり対応してきた場合、当然前半から中島の背後に攻撃の起点をつくりますよね。こういう時にどう対応するかは、チームとして事前に決めておくべきですけど、森保は親善試合だからあえて対応しなかったのか、全く考えていなかったのか、、、森保って戦術的なことは一切語らず、田島やスポンサーを気持ちよくさせるための政治的な発現しかしないので、この辺が良くわからない。就任当初行っていた「可変システム」もいつの間にかしなくなったし。森保ってわざと対応していないような気もするんですよね。

16 2019/03/30(土)
ポストプレーをこなせる奴が一人か二人はいないと戦えない。
だから岡田監督は本田をトップに据えたんだ。
以前に欧州遠征のフレンドリーマッチでフランスにサンドバッグ状態にさせられたがあの時はハーフナー・マイクがトップだった。しかしボールが収まらずサンドバッグ状態になった。
走らないから好きでは無かったが本田や大迫がいないとハイプレスで押し込められてサンドバッグ状態になっちゃうよ。
大迫不在時にポストプレーをこなせる奴がいないなら致し方ないが本田のトップも考えた方が良いだろう。
日本代表のストロングポイントは2列目なんだからポストプレーがある程度出来れば2列目が活躍してくれるだろう。
鈴木武蔵の成長と鈴木優磨のダブル鈴木に期待しますよ。

18 2019/03/30(土)
大迫選手の代わりがいない
代わりがいないほどの選手に成長したことなので
非常によいことです
カズ選手がピークだった頃にカズ選手の代わりは
どうあがいてもいません
なら
大迫選手に望むプレースタイルで代わりを模索するのではなく
タイプの異なる選手を育成すべきではないでしょうか
戦術もその選手に合った戦術で取り組む
今まで出場したFWは大迫選手と同じ戦術で出場していたのでしょうか?
その選手に合った戦術に変更して試合をしてたのでしょうか?
変更してたとしたら
代わりという言葉を使うのも
なんか違うような気がしますよね

19 2019/03/30(土)
大迫に合わせるのは歓迎だが中島に合わせるのはちょっと、と言う選手がいるみたいだよ。森保さんも周りの浮かれ具合に合わせて中島をメインに祭り上げる事はないだろうけど、選手には明確にした方が良いかな。その内崩壊すると思うよ。代表戦後選手が自分の事で悩みながらチームに戻るのは成長に繋がるので構わないと思うが、他の事で悩むのは余り精神衛生上よろしくないと思う。

20 2019/03/30(土)
代わりがいないシステムを採用しているのが問題なのでは?
大迫は確かに凄い。
ただ代表として考えた場合、天才に頼るのではなく、安定したシステムを構築するべきだと思う。

22 2019/03/30(土)
正直、南野、堂安をレギュラー扱いして中核に据えるのはまだ早すぎると思う。まだ3年あるんだから選手起用はもっと柔軟にダイナミックにして欲しい。判を押したように1試合目Aチーム、2試合目Bチームを代表ウィーク毎に繰り返すのならば、選手のモチベーションにとっても逆効果だ。

23 2019/03/30(土)
親善試合でもっと試せる事あんだろ?
選手入れ替えて適合を試してしか脳ないんか?
香川呼んだのも、トルコで調子良さそうだし、中島、堂安と絡めたら発見があるかも?
って呼んだんじゃないんか? それが10分未満しか一緒にプレーさせないのは意味あんのか?
ワントップにこだわるから、ポストプレー主体から離れられなくなり、大迫の代わりがいないってなる。 発想は自由なんだから、戦術だって思い切った事、親善試合使ってやったらいいのに?
2列目小柄しかいないんだから、足元もできる長身FW2人並べれば、高いクロスもチャンスになる。 4-4-2にしたってアジアの引いた相手に中盤ポゼッション取れるんだから、怖く無いだろ?
やってみてデメリットが大きいなら辞められばいいだけ。 ズルズル1年2年経ったら、それこそチャレンジしてる場合では無いって批判されるぞ。

25 2019/03/30(土)
中島はたしかに攻撃面でスペシャルだったが(ボリビア戦でいくらテクニシャンでもキック力がないと得点は取れないことを示したのは非常によかった)、コロンビア戦で明らかなように守備はまだまだ。真剣勝負なら中島の裏はしつこく狙ってくる。
その想定、対応で相手を先んじれる雰囲気がない・・・。
相手がこちらの弱点を狙ってくることを考えてない気がする。

26 2019/03/30(土)
香川や鎌田を例の3人衆にからめてほしかったんだけど、森保監督ははじめからその気がないんだなと思った。監督の考えだから仕方ないけど、ある意味すでにメンバー固定しちゃってるようで、今後の可能性を狭めるのではないかと思ってしまう。

27 2019/03/30(土)
J組は親善試合では見栄えがすることもあるかもしれないが、公式戦では通用しないよ。堂安、南野にしてもアジアカップで良かったとは言えないし。最終予選はかなり苦労するかも。
ベルギー、オーストリア、カタール、オランダで海外組も小粒な感じ。早く脱出して上のリーグで頑張って欲しい。


29 2019/03/30(土)
新たな課題の前に、森保ジャパンはそろそろ本気で勝つためのスタメン、チーム連係、チーム戦術を固めないと、日本代表は強くなれない気がする。ただ選手任せのオールスターゲームの個のアドリブのような試合が続いていると感じる。
大迫の起用がA案なら、大迫不在時のB案、C案、D案、E案くらいは有効な戦術を考えて、B案がうまくいかない時は、C案に切り替えるなど試合中に実行して欲しい。結局、何をやりたいのかが伝わってこない。セットプレーひとつとっても、あまりに単調で工夫やバリエーションが少ないと感じる。このところ日本代表のセットプレーからの得点を見たことがない。
森保監督にはもう少し、貴重な国際試合、日本代表の貴重な時間を有効に使って欲しい。
 
30 2019/03/30(土)
大迫がいるなら戦術大迫で構わない。
だから大迫の代わりじゃなく大迫がいないときの戦術を今回試すのかと思ったけど、その意図はどうも感じられなかった。
鎌田はトップ下として武蔵と組ませたりして欲しかったね
なんせ2列目の中島、南野、堂安はパスするよりドリブル派だから鎌田や武蔵が活躍するのは難しいと思う

32 2019/03/30(土)
もしこの表題の「大迫の代わりがいない」と本気に語るなら森保監督には代表監督としての資質は絶対~~に無い!
個人を大切に期待するのはあたりまえですが、代表監督の仕事場世界を相手にするために一番良い選手を集めて監督としてその選手達を生かして勝つことが役目です。
戦略は選手を使う設計図の様な物だ!
設計図なしで大工(選手)は造れない。
大迫が居なければ他の設計図を用意するだけの事です。
それが無いから困った事の様な発言しているなら辞めなくてはならない。
そんな監督を選んだJFAは駄目だ!
日本のサッカーの未来は無い。

33 2019/03/30(土)
大迫がいるときは大迫シフトでいいだろうけど、大迫がいないなら2トップもしくは思い切って0トップっていう考えもある。
とりあえずフォーメーションも変えてかないと現状無理でしょ。なんで代役を探そうとするのかわからない。代役ではなく現状の選手で戦えるフォーメーションを考えるべき。
森保は手を打つのが遅いし、ワンパターンだし選手ありきの戦術じゃ今後はきついよ。戦術見切られたら終わりだし、中島ありきっていうけど、中島の裏攻められただけでやられてるんだからね。

35 2019/03/30(土)
中島もこれから研究されマークされる。公式戦になれば相手の良さを消す戦略でくるはずなので中島頼みでは苦しくなるのは明白。それは大迫がいても解消されないのではないか。

36 2019/03/30(土)
手放しで中島を評価できないけどな。
確かにドリブルや決定力や違いを生み出せるが、
守備は微妙だし球離れ遅すぎだし、ボール奪われた後の戻り遅いし、これじゃぁサイドDFやボランチの負荷がかかりすぎる。
きちんと戦術的な連動を確認しないと南野や堂安などやりにくそう。

38 2019/03/30(土)
その大迫だって代表初得点はかなり時間がかかったしコンスタントに点をとれるようになったのも最近だからね。数試合で結果を求めないで育成なりして行かないと。

39 2019/03/30(土)
大迫の代わりと言うなら
鎌田はタイプが違いすぎる…
同じ様な事求めるなら武蔵を経験させたら?
と思うけど…
点は入れられて無いけど、連携ややってた事は
悪くなかったと思うけど…

41 2019/03/30(土)
2列目はどーしても3枚置かないとダメか?
南米の国はほとんどどこも4―4―2の堅守速攻システム。
たらたら攻め込もうものならもうPA内はガチガチのアリの入るすき間もない状態になる。ミドルレンジの質の高いシュートが撃てる人が必要。
あとはセットプレーでの勝負に期待するしかないよ。
最近あんな簡単にシュートコーナーでいこうとするが、愚策としか言いようがない。
南米勢をゴール前パスで繋いで切り込もうなんて無謀の極致だ。

42 2019/03/30(土)
ほんとにそれ。大迫は大迫で他の選手は他の選手でバリエーションを増やして2列目の選手を変えるかフォローメンションを変えるなどしていかないと、大迫でハマってる場面は良いが大迫ではまらないあいてチームもあると思う。












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ