20190330-00179679-soccermzw-000-6-view[1]

スポンサード リンク




U-23アジア選手権予選3試合で21ゴール 1トップでは前田と上田が抜け出す

 東京五輪世代となるU-22日本代表は、3月22日から26日にかけて酷暑のミャンマーで東京五輪1次予選(日本は開催国のため免除)を兼ねたU-23アジア選手権の予選を戦った。過酷な環境に苦しみはしたものの、結果的には3戦3勝で見事に本大会の出場権を獲得。また、各ポジションのサバイバルが本格化するなか、3試合で21得点を奪った攻撃陣は多くの選手が結果を残し、メンバー入りへ猛アピールを見せた。

 U-22日本代表は3-4-2-1を基本布陣としており、1トップ2シャドーのポジションには多彩なタレントが揃う。すでにA代表に選出されている堂安律(フローニンゲン)を筆頭に、海外組では伊藤達哉(ハンブルガーSV)、国内組では三好康児(横浜F・マリノス)や“飛び級”招集されている久保建英(FC東京)らがおり、いまだ未招集の選手の中には安部裕葵(鹿島アントラーズ)といった選手たちも控えている。

 現実的に言えば、18人という東京五輪の本大会登録メンバー枠を考えると、このポジションに割り当てられるのは5~6人。かなり厳しいポジション争いが待っていると言っていいだろう。そのなかで、今大会を終えた段階での序列を考えてみたい。

 2~3枠が予想される1トップのポジション争いで抜け出しているのは、U-23アジア選手権予選で活躍した前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大/21年の鹿島入団内定)だ。

 前田はスピードという他の選手にないスペシャリティーを持っており、前線からの守備を献身的に行えるところはチームコンセプトにも合致。今大会では5得点を記録し、献身性だけでなくゴールという結果を示せたことはプラスだ。

 また、ゴール前で決定的な仕事ができるストライカーとして評価を上げる上田は、今大会でも4得点を記録。シュートまでの形をいくつも持っており、森保一監督体制になってからは最多のゴール数を誇る。ジョーカー的な役割でもしっかり結果を残せることを考えても、貴重な存在と言えるだろう。

◆最激戦区の2シャドー 堂安、三好、久保のレフティー3人がハイレベルな争い

 この2人に続くのが田川亨介(FC東京)と小川航基(ジュビロ磐田)となる。1999年生まれと一つ下の世代となる田川は、試合によってムラがあるものの、自身の特徴であるスピードを生かした攻撃は迫力満点。今季から加入しているFC東京で成長を続ければ、序列を逆転する可能性もあると見る。

 一方、世代屈指のストライカーとして期待されている小川は、クラブで出場機会が減少。代表でも結果を残すことができておらず、難しい立場にいる。2017年のU-20ワールドカップや、これまでの年代別代表で力があることを示しているだけに、クラブで出番を増やしていくことが東京五輪出場へのカギとなるのは間違いない。

 このポジションには、オーバーエイジ枠(24歳以上の3選手を本大会で登録可能)を使う可能性もあり、今後も熾烈な争いが繰り広げられそうだ。

 そして、東京五輪に向けて最も厳しいポジション争いになりそうなのが2シャドーだ。3~4枠が予想されるポジションで、最有力はすでにA代表で実績を残している堂安。A代表とは違い2シャドーの一角というのはネックになるが、力は申し分ない。森保監督も「スケジュール上難しいが、招集はどこかのタイミングでしたい」と話しており、そこでA代表で見せているパフォーマンスを披露すればメンバー入りの可能性は高いだろう。

 堂安に続くのが、U-23アジア選手権予選で活躍した選手たち。堂安と同じ左利きで言えば、三好と久保が挙げられる。前線で攻撃のリズムを生み出すタイプの三好は、今大会で7アシストを記録。決定力という面では不安が残ったが、組み立てに関わることでチームの攻撃を循環させた。年代別代表に常に呼ばれ続けた男への信頼は高いと見ていい。

 三好とは異なったタイプとして、どんどん評価を上げているのが久保だ。今大会では直接FKや、技術力の高さを見せるボレーで得点を奪取。またドリブルで局面を打開する能力で、他の選手とは違いを見せており、FC東京で培った守備面でも向上の跡が見える。この世代でも十分にやっていける力を見せており、先輩レフティー二人を追い抜いていく可能性もあるだろう。

◆未招集組ではJリーグで活躍する鹿島の安部、名古屋の相馬に注目

 左のシャドーは、さらに混戦模様だ。現状は今大会で2ゴールを奪った岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)が最有力となるが、その後には海外組の伊藤や大学組の三笘薫(筑波大/20年の川崎入団内定)や旗手怜央(順天堂大/20年の川崎入団内定)といった選手たちが控える。

 また、いまだ招集はされていないものの、Jリーグで活躍する安部と相馬勇紀(名古屋グランパス)も候補の一人。招集されてもおかしくないほどの力を示しており、今後も所属クラブで調子を維持し続けていくことが、代表入りへのポイントになる。

 東京五輪まで、残り500日を切っている。遠いようで近い、その舞台に立つ選手は誰になるのか。若き侍たちのサバイバルは、さらに激しさを増していくはずだ。

林 遼平 / Ryohei Hayashi
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190330-00179679-soccermzw-socc&p=1



1 2019/03/30(土)
楽しみな選手が増えた印象です。
少しずつではあるが日本も世界に近づきつつあると感じる。
もっと強化を加速していって欲しい。

2 2019/03/30(土)
3-4-2-1が中盤の豊富さを活かすベストな布陣だろうな。
堂安、安部、久保、三好、伊藤、杉岡、中山、板倉等々、下の世代からもまだ出てきてるだろし、どこに当てはめていくのがベストなのか問題。
CBも豊富にいるし、GKも大迫が広島でポジション掴みつつあるし、あとはCF。
大迫をオーバーエイジが解決策としてはいいんだろうけど負傷離脱の増えた大迫に任せるのもちょっと厳しくなりつつある現状。
CFの出来次第で五輪の成績は決まるな。

3 2019/03/30(土)
いまの日本代表のようなフォーメーションにして左に安倍、右に堂安、トップ下に久保が良いと思ったりもする。密かに期待してるのは伊藤達哉。あとGKには小久保ブライアンがベンフィカでトップデビューして五輪代表になってほしいという期待がある。

5 2019/03/30(土)
海外組が多くなりすぎて呼べなくなるかもしれないが、それがなければ今までで一番期待したい世代。
堂安が真ん中で力を発揮するのを見てみたい。

6 2019/03/30(土)
南米で試すのはアリだと思うけど。
誰が通用するのか、可能性があるのかをはかるには最高の場だと思う。
南米選手権はA代表の主力と五輪代表で構成していいと思う。

7 2019/03/30(土)
ワクワクしますね。安部は、一度は、召集して欲しいな。メダルは、取って欲しいです。

8 2019/03/30(土)
まだ、下の世代にもいい選手は多くいる。ボランチ、右SB、GKは手薄で世界と戦うには厳しいからオーバーエイジで補強してもいいと思う。

10 2019/03/30(土)
攻撃陣だけでこれだけのタレント。最終ラインには冨安や板倉が控える。期待しないわけにはいかない。

11 2019/03/30(土)
フル代表観てると冨安が抜けてるな。
次に堂安。
あとは本当に混沌としてきてる

12 2019/03/30(土)
二列目がストロングポイントなんだから3-4-2-1で二列目が2人しかいないフォーメーションじゃなく4-2-3-1にして3人起用するべき。堂安、久保、安部で控えに伊藤と三好かな。ただボランチの層が薄い気がするんだよな…中山と板倉をボランチで使うのか

14 2019/03/30(土)
やっと役者が揃ってきた感ある。三好は悪い選手ではないけれど黄金世代のメンバーって本当すごかったんだなって思うわ。2000年五輪組、いわゆるゴールデンエイジね。
 
15 2019/03/30(土)
相馬が左WBが出来るとすればいいオプションになるのでは?

17 2019/03/30(土)
技術的には上手い選手多いけど、小柄なのばっかだから、小川には是非入って欲しい。

18 2019/03/30(土)
個人的にはU-22には堂安は呼ばなくても良いと思う
堂安はすでにA代表でレギュラー格なんですから
それよりかは2シャドーの候補はたくさんいるので堂安以外の候補にチャンスを与えて世界と戦う機会を作ってあげた方が良いと思う

20 2019/03/30(土)
強いな。いい選手がそろっているように思う。
オーバーエイジはここにいるのか。
 
21 2019/03/30(土)
サッカー協会は手を緩めず、新たな選手のスカウティングに育成、強化と進めて貰って
このタレント達を突き上げてもらう様にして欲しいですね
…協会も外部から優秀な人を入れて世代交代
してみたら?

22 2019/03/30(土)
五輪は招集権ないから堂安と冨安は呼べない可能性の方が高いだろ。
ネイマールのような交渉の可能性は残ってはいるが。

24 2019/03/30(土)
ちびっこばかりでは限界がある。大型選手にも期待したい。

25 2019/03/30(土)
期待の若手は多いが左のシャドーはオーバーエイジで中島だったりするのかな。カタールなら出させてくれそう。

26 2019/03/30(土)
もはやメダルはリアルな目標にしていただきたい
にしても、豪華なメンバーだ
凄いのは前にこれだけいて後ろにも、
杉岡、中山、立田、町田、板倉、大南、冨安、橋岡というノッポ達が居るんだから

28 2019/03/30(土)
安部だな。
絶対安部は必要やと思う。

29 2019/03/30(土)
相馬は足が速く、ガンガン仕掛けて、FKも蹴れる
左サイドで面白いと思うな〜!

31 2019/03/30(土)
中盤から後ろは将来楽しみだけどフォワードいないねぇ…

32 2019/03/30(土)
現在のミャンマー程度の試合では何の参考にもならない。

33 2019/03/30(土)
何人かはコパで試してもらいたい。

35 2019/03/30(土)
森保さんはこっちの世代に集中して欲しい

36 2019/03/30(土)
既に鹿島の10番背負ってる安部には期待

37 2019/03/30(土)
こうみると堂安って凄いなぁ

38 2019/03/30(土)
相手にはわるいけど・・・
「眼を瞑っていても勝てる相手」ばかりでは、何もわからない。
相手のレベルが、攻守に爆発的に上がったとき、どういう状況が想定されるか、その時、どんなパフォーマンスが必要となるか、それを示せるか・・・

39 2019/03/30(土)
堂安、フォワードでいいんじゃね。中盤多いし












スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ