20190321-00010001-wordleafs-000-3-view[1]

スポンサード リンク




 キリンチャレンジカップ2019に臨む森保ジャパンに選出された吉報を受けてMF堂安律(FCフローニンゲン)は他の代表メンバー22人の顔ぶれをチェックした。そして、10人が名前を連ねたMF陣にある選手の名前を見つけたときに、思わず胸をときめかせた。

「最初に気になったのが、やはり宇佐美君でした。同じピッチに宇佐美君と一緒に立てれば、という光景を勝手にイメージしていたので」

 憧憬の念を込めて「君」づけで呼ぶのは、昨夏のワールドカップ・ロシア大会以来となる日本代表復帰を果たし、森保ジャパンに初招集された6歳年上のMF宇佐美貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)。ガンバ大阪時代から、堂安が常に背中を追いかけてきた目標だった。

 ともにガンバのジュニアユースから心技体を磨いた2人が、トップチームで初めて同じ時間を共有したのは2015シーズン。宇佐美は19ゴールをあげてエースとして君臨し、堂安はユース所属の高校2年生ながら、将来を見込まれて2種登録されていた。

 しかし、2016年6月25日をもって、宇佐美はブンデスリーガのアウクスブルクへ完全移籍。ガンバとの決別を決意したが、実は堂安も同時期にヨーロッパへ旅立つ選択肢があった。オランダの名門PSVアイントホーフェンから届いたオファーに、しかし、熟慮した末に断りを入れている。海外志向が強い堂安を思いとどまらせたのは、旅立つ直前の宇佐美からかけられたひと言だった。

「ガンバに残ったほうがいい」

 2016シーズンからプロ契約を結び、飛び級で高校3年生にしてJリーガーとなった堂安だが、ファーストステージにおける出場機会はゼロ。ガンバではまだ何も成し遂げていないぞ、という檄も込められた言葉だった。

 宇佐美にとっては、アウクスブルク移籍は2度目の海外挑戦だった。思うような結果を残せずに一度帰国したものの、19歳になった直後の2011年夏にブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンへ、翌年にはホッフェンハイムへそれぞれ期限付き移籍している。

 しかも、移籍する前年の2010シーズンは18歳ながら7ゴールをマーク。ガンバ史上で初めてとなるJリーグのベストヤングプレーヤー賞を受賞し、ピッチにこそ立たなかったものの、2011年6月にはアルベルト・ザッケローニ監督に率いられる日本代表にも抜擢されている。

 こうした軌跡を比較して宇佐美もガンバ残留を勧め、堂安も一念発起したのだろう。アイントホーフェンへ移籍しても、どうなったのかはわからない。ただ、ガンバを選択したことと2017シーズンの前半戦における活躍ぶりは、決して無関係ではなかったはずだ。

 堂安はリーグ戦初ゴールを含めた3得点を決め、宇佐美が舞台に立てなかったFIFA・U-20ワールドカップでは3ゴールをマークして日本代表をベスト16へ導いた。こうした活躍を受けて届いた、FCフローニンゲンからの期限付き移籍のオファーを、満を持して受諾する。

 くしくも宇佐美が旅立ったちょうど1年後の2017年6月25日に、パナソニックスタジアム吹田で退団セレモニーが行われた。涙を必死にこらえながら、19歳になったばかりの堂安は挨拶のなかで宇佐美に言及している。

「先輩である宇佐美貴史という存在が、自分のなかで大きな憧れでありました。(中略)自分はガンバにタイトルをもたらすことができなくて、大半の方はまだ僕のことを認めていないと思いますが、アイツは行ってよかったといつか思われるくらい、しっかりと頑張ってきます」

 言葉通りに、9ゴールをあげた2017-18シーズンの活躍が認められ、期限付き移籍から完全移籍へ移行。昨年10月には21歳以下の選手を対象として新設された若手版バロンドール、コパ・トロフィーの候補者10人にも選出されたことでも注目を集めた。

 同時に1997年1月1日以降に生まれた東京五輪世代の旗手として、DF冨安健洋(シントトロイデンVV)とともに飛び級でA代表に抜擢された。森保ジャパンが船出した昨年9月から名前を連ね、11試合で3ゴールをあげながら、憧れの先輩と邂逅できる瞬間を待ちわびてきた。

 今回の招集メンバーのなかで、2列目の両サイドを担うのは中島翔哉(アル・ドゥハイルSC)、乾貴士(アラベス)、宇佐美、そして堂安の4人。右サイドを堂安と宇佐美が争うこともあれば、両サイドで共演することも考えられる。いずれのケースを思い描いても、堂安は胸を躍らせる。

「サッカー選手である以上は、そこ(競争)は切り捨てられないところなので。同じポジションになる場合は僕も全力で奪いに行きますし、宇佐美君も同じ気持ちでいると思います。ピッチで一緒に立てれば同じ絵を描きながら、いいイメージで得点へ向かっていけるんじゃないかと」

 決勝でカタール代表に完敗を喫し、覇権を奪回できなかった先のアジアカップ。攻撃面で手詰まり感を露呈した堂安は大いなる挫折を味わわされ、傷心のままオランダへと戻った。何とか前を向こうと思考回路をポジティブにフル稼働させている、と偽らざる心境も打ち明けた。

「自分ではできると思ってあの大会に臨んだわけなので、正直、いろいろ考えました。ただ、終わってしまったものはもう仕方がないので。すべての出来事に理由があると思うので、いつになるかはわからないですけど、(アジアカップでの)出来事をよかったと思えるようにしたい」

 オランダの地でドリブルやパスが周囲よりも長けている、という感覚を実は得られていない。利き足の左足に搭載されたパンチ力に駆使し、得点力に磨きをかけてきたが、今シーズンは昨年12月2日のNACブレダ戦を最後に4ゴールのまま止まっている。

「得点を考えすぎて、ここ何試合かは壁にぶち当たっているところがある。考えるけれども考えすぎないように、という一番難しいところで、いまはメンタルを試行錯誤しながらやっています」

 袋小路に入りかかっている状況だからこそ、原点を思い出させてくれる宇佐美の存在は、堂安を内側から刺激するかもれない。ピッチの外では宇佐美と関西弁を介しながら、サッカーに関係のない他愛のない話に花を咲かせているという今回の合宿を、堂安は笑顔を浮かべながらこう表現する。

「何か新しい感じがするというか、本当に楽しみですね」

 2人が同じピッチでプレーした実戦は、ガンバ時代は2度しかない。 2015年6月3日の鹿島アントラーズ戦の終了間際の数分間と、同20日のベガルタ仙台戦の前半45分間。4年近くにおよぶ時空を超えて、成長した姿を見せられる3度目の共演を堂安は心待ちにしている。

(文責・藤江直人/スポーツライター)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00010001-wordleafs-socc&p=1



1 2019/03/21(木)
井手口も怪我さえなければここにいたかも知れないのに。期待された選手が順調に成長するのは本当に稀だと思う。

2 2019/03/21(木)
生き残りをかけた共闘でしょうか。2人共ふるいにかけられる可能性も有るからね。切磋琢磨して頑張って欲しい。

3 2019/03/21(木)
力のある日本人選手はどんどん海外へ出て行くことになる。そんな中でJリーグのチーム作り難しくなっていく。宇佐美、井手口、堂安を海外へ送り出したガンバは苦しい時代が続いている。外国人枠を多くしたのもそんな要因が影響しているのだろう。

4 2019/03/21(木)
井手口くんにはものすごく期待してたので是非焦らず慎重に復活して欲しい。あの軽やかかつ瞬発な動きがもう一度見たい

5 2019/03/21(木)
サッカー選手って、試合に出てこそ成長する。
もし宇佐美が欧州で、試合に出続けられていたら、今どんな選手になっていただろう。

7 2019/03/21(木)
個人的には、宇佐美より堂安の方が
若い割にはしっかりとした印象。
堂安も得意なプレー、ワンパターンな所も
まだ見受けられるがそこは伸ばしていって
欲しい。
何となく、宇佐美よりは期待している。

8 2019/03/21(木)
両サイドで共演…間違いなくないだろうな。左は中島選手と乾選手で決まりでしょう。その2人が揃って怪我したらあり得るだろうけど、共演なんてとても喜べない…

11 2019/03/21(木)
堂安選手は今こんな感じかもですかね。  
 宇佐美選手は、もうライバル意識メラメラですよ! 代表での生き残りは生半可な気持ちだと次は無いと全員が意識してると思う。 
 明日の代表戦 みんなの本気モードが楽しみです!

13 2019/03/21(木)
ガンバ大阪にはいた選手が注目されるのは大変嬉しく思う。これからも応援したいです。

14 2019/03/21(木)
宇佐美の選出当初の期待感は今の堂安と同じくらいだったよ。このタイプの選手は空回りしだしたら急降下するよね。

15 2019/03/21(木)
期待はずれ、それが現時点のフラットな評価。
南野も同様だし、一番は監督だよ。
その評価を変えていくのは本人達自身であり、結果で示すしかない。

17 2019/03/21(木)
堂安はブンデスリーガあたりに移籍して活躍してからメディアは取り上げてほしい。まだこれからで一人前の扱いはやめてほしい。

18 2019/03/21(木)
堂安は自分の気持ちなり感覚を素直にうまく表現できるよね

21 2019/03/21(木)
宇佐美は堂安から、努力する姿勢を学んだほうがいい。

22 2019/03/21(木)
若い時の宇佐美は才能と可能性の塊みたいなもんやったからな。こんなFWが日本に出てきたかと驚いた記憶があるわ。どこで間違えたのか。

23 2019/03/21(木)
宇佐美はどうあれ、堂安は正念場だろ。
アジア杯で、カットインを警戒しとけば封じられることが露呈したからな。
今は引き出しを増やさないと、全く伸びなくなる。

25 2019/03/21(木)
宇佐美のプレーは森保監督のサッカー観からすると真逆のタイプ
オフ・ザ・ボールの時に走れない、競れない、その都度最善のポジショニングとれない
では、宇佐美は早い段階で見切られる可能性高いね
森保氏は上手い下手の前に“闘えない”選手は容赦なく厳しい言葉をベンチで投げ掛ける監督だから

27 2019/03/21(木)
正直堂安スピードがないの露呈してきてる気が

28 2019/03/21(木)
宇佐美いいけど
代表馴染んでない。

30 2019/03/21(木)
宇佐美は南野のところだろうな。

31 2019/03/21(木)
宇佐美は何もしてないから試合に出るのは物凄く違和感あります。

32 2019/03/21(木)
Jでの実績がなくても、オランダに行った方が良かったのでは?

35 2019/03/21(木)
取材なので堂安は言わないが、すでに宇佐美を越えるていると思っているはず。
宇佐美とポジションを争うレベルなら世界と戦えない。

36 2019/03/21(木)
完全にアジアカップでリズムが狂ったな

38 2019/03/21(木)
>>そして、10人が名前を連ねたMF陣にある選手の名前を見つけたときに、思わず胸をときめかせた。
絶対ときめいてないからw

40 2019/03/21(木)
堂安の単独プレーや上から発言は気に食わん。みんなお前を生かそうと思うより周りは瞬時にいかせる選手にパス出すから。そこのポジションが自分以外いないと思うな。香川がもう一度代表に呼ばれたか考えてみなさい。君の頭の中には宇佐美とのポジション争いしかないと思うが、周りを全然いかせてないから。

41 2019/03/21(木)
宇佐美いる?
代表で活躍するとこ見たことない
ロシアで無人と同じプレー見てまだ分からないのかな
誰だよ宇佐美推ししてんのは

42 2019/03/21(木)
宇佐美も堂安も要らない。

44 2019/03/21(木)
タイトルの邂逅ってどれだけの人が意味分かるんだろうか?
調べたら「偶然の、思いがけない出会い」という意味らしい。
こういうマイナーな言葉使うのが、イケてるとでも思ってんのかね。
調べる時間が無駄なんでやめましょう!











スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ